医療法人 恒和会 宗内科・循環器科:神奈川県大和市鶴間にある循環器専門医による内科、循環器科クリニック tel:046-293-7774 fax:046-262-4445 E-mail: naika@yamatoclinicmall.com

予約はこちら!!
宗内科・循環器科 ホーム > 院長ブログ

クリニックだよりの最近のブログ記事

敬老の日の連休が明けて9月後半に入った途端に気温が下がって来ました。特に9月21日金曜日は雨のち曇りで朝は17℃、日中は21℃。10月下旬並みの肌寒さに。

クリニックは祝日で診療実日数が少なかった上に、大和市特定健診・長寿健診が大詰め迎え、さらに気温の急激な変化で体調を崩された方が多かったようで連日混雑気味。

9月22日土曜日の夜は休日夜間急患診療所の当番。世の中は3連休なので混雑を覚悟していましたが、意外にも受診者は17名のみ。乳幼児の発熱が多めでした。あとはじん麻疹、副鼻腔炎、腹痛、高血圧などなど。

9月23日日曜日は久しぶりに晴れベースの行楽日和になりましたが、こんな日に限って朝から芝公園で循環器系の講演会でした。

休日の朝、芝公園は人影少なく静か。

DSC09641 (2) 

朝の東京タワーは心なしかスッキリ!?。

DSC09652 (2) 

都心といえども足元には季節を告げる草花たちが。

DSC09643 (2) 

セセリチョウや・・・。

DSC09656 (2) 

ツマグロヒョウモンの姿も見られました。

DSC09665 (2) DSC09658 (2) 

講演会場は3連休の中日だというのに1000人を超える同業者が参集しておりました。

DSC09673 (2) 

会場で偶然にもアメリカ留学中にお世話になった大阪の先生にバッタリ。話をしてみればアッと言う間に懐かしき日々が蘇って参りました。もちろん外観はお互いにそれなりに成長、進化を遂げておりましたが・・・。それもそのはず24年ぶりでしたから~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週も天気は不安定で、9月10日月曜日から9月12日水曜日までは時折雨が降る曇りがちの天気。9月11日火曜日9月12日水曜日には北から冷たい空気が流入して気温が下がり、日中でも24℃までしか上がりませんでした。

そんな陽気のためか、クリニックはかぜ症状の方がさらに多くなりました。健康診断で引っ掛かって受診される方もたくさん。特定健診期間もあと2週間あまりになりました。もう一息です~。

診療終了後は連日特定健診の結果判定作業に追われていましたが、9月12日水曜日は町田で開催された西神奈川内分泌・代謝疾患研究会に参加。専門外の甲状腺疾患のお話を拝聴させて頂きました。

さて遅くなりましたが今日は9月2日日曜日のレポートの続きを。251系「スーパービュー踊り子」で雨の伊豆急下田駅に11時12分着。駅近くの海鮮料理屋さんで昼食を済ませ、コーヒーを1杯飲んでから駅へ戻りました。

DSC09012 (2) 

伊豆急下田駅構内には伊豆急行の主力車輛8000系の姿が。もとは東京急行電鉄8000系を譲り受けたもので、2008年まで東横線や大井町線で使用されていました。外観は東急の赤帯から濃淡2色の青帯となったくらいで大きな変化はありませんが・・・。

DSC08997 (2) 

車内は海側がクロスシートに変更されていました。

DSC08998 (2) 

側線には185系が留置。

DSC08990 (2) 

行先は“我孫子行き”になっていましたので、14時33分発の踊り子132号に使われる車両でしょう。

DSC08994 (2) DSC08991 (2) 

185系は1981年10月にデビュー。登場時はグリーンの斜めストライプが斬新でした。

DSC08995 (2) 

12時36分「踊り子107号」が1番線に入線。折り返し13時03分発の185系「踊り子108号」になりますが、われわれはこれで帰ります。

DSC09015 (2) 

えっ、下田滞在はたったの1時間51分!?。いいんです、今回は251系と185系に乗ること自体が目的ですから~。

DSC09018 (2) 

185系はかつての157系特急「あまぎ」を彷彿させるような横顔。

DSC09020 (2) 

台風が迫りくる週末の日曜日の昼下がりのこと、乗客は少なめでした。

DSC09021 (2) DSC09022 (2) 

下の写真は普通車。1999年からリクライニングシートに取り換えられています。

DSC09026 (2) 

そして下がグリーン車。う~ん、グリーン料金に見合うほどの格差は無いかな~。

DSC09029 (2) 

廃車時期が迫っているためか、内装も傷んだまま。

DSC09032 (2) 

でも懐かしい“国鉄車”の雰囲気を醸し出していました。

DSC09028 (2) DSC09027 (2) 

窓が開く車両も今では貴重な存在かも!?。

DSC09053 (2) DSC09048 (2)

定刻に発車。乗り心地は今の水準では今一つ。帰りも雨模様で暗い海岸線を走ります。

DSC09031 (2) 

台風が接近して波が高くなって来たらヤバいかも。

DSC09033 (2) 

DSC09037 (2) 

途中でまたもや金目鯛色の2100系リゾート21と交換。

DSC09047 (2) 

伊豆高原で再度100系電車と出会って・・・。

DSC09054 (2) DSC09055 (2) 

伊東からJRに。東海道線に入るとかつての俊足振りを発揮。快調に飛ばして東京駅には15時49分に到着。

DSC09059 (2) 

185系は国鉄が最後に製造した優等列車用車両。東海道本線を颯爽と走った特急「こだま」以来の特急シンボルマークを掲げる最後の車両となりました。

DSC09061 (2) 

すでに中央本線に導入されつつあるE353系によって捻出されるE257系で置き換えられることになっており、もはや風前の灯。そんな訳で今回乗り納めをした次第でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月8日土曜日。晴れ。朝は26℃、日中は32℃。台風一過後の今週後半は連日30℃越えの日々になりました。

週末のクリニックは、週半ばの悪天候で来院出来なかった方や体調を崩した方で結構混雑。特に早めの時間はバタバタしていましたが、午後からは比較的平穏でした。

診療終了後は、新横浜経由で新幹線に飛び乗って京都へ。金曜日から大阪で開催されている第66回日本心臓病学会に参加するためですが、直接大阪へ向かっても時間的に今日は参加出来る訳ではないので、京都で前泊して明朝大阪入りする予定です。

新横浜では乗車予定の「のぞみ」の前に、今や貴重な存在の700系の姿を見かけました。新幹線で西進するにつれて天気は下り坂。名古屋を過ぎてついに雨になりました。右下の写真は伊吹山。

DSC09105 (2) DSC09110 (2) 

京都駅には何とかまだ明るい時間に到着。いつものように生き残った国鉄車両たちに挨拶が出来ました。奈良線では103系に混じって205系が活躍するようになりました。

DSC09115 (2) 

緑の103系も健在。117系は湖西線用です。

DSC09125 (2) DSC09178 (2) 

改札を出ようとしたら「SHINOBI-TRAIN」が入って来ました。

DSC09133 (2) 

「SHINOBI-TRAIN」は昨年2月から運行中の忍者がラッピングされた113系電車。もちろんこれも国鉄車両です。

DSC09126 (2) 

甲賀市と伊賀市を結ぶJR草津線の利用促進を狙った企画だそうですが、デビューからは時間が経ってもいまだに注目度は高くて、“鉄”でない女性や外国人観光客の方々が盛んにカメラを向けていました。

DSC09127 (2) DSC09128 (2) 

駅近のホテルにチェックインしてから、京都市下京区の京料理「井政」さんへ。

DSC09135 (2) DSC09138 (2) 

4代目の若夫婦お2人で切り盛りされているお店。

DSC09140 (2) DSC09143 (2) DSC09145 (2)

見目麗しく美味なる料理の数々を堪能させて頂きました。

DSC09147 (2) DSC09148 (2) DSC09151 (2) 

お店を出る頃には大雨になっていました。

DSC09152 (2) 

9月9日日曜日も雨。京都駅を7時44分の新快速に乗って8時12分には大阪駅着。シャトルバスで中之島の堂島川沿いにある大阪国際会議場へ。

DSC09181 (2) 

私は特別会員FJCCなので参加費は無料です!。その代わり年会費が高いので前払いしている様なもの。

DSC09179 (2) 

今年は先日の台風被害で関西国際空港が閉鎖になったため国内外の参加者のキャンセルがあったようで、プログラムの変更や演題の取り消しが多々。

DSC09167 (2) 

さらに追い打ちをかける北海道の地震、さらに週末大雨の天気予報・・・。

DSC09157 (2) 

そんな訳で会場内は例年よりも閑散とした印象でした。下は国際会議場の最上階から見た風景。大雨・・・。

DSC09162 (2) 

プログラムは朝8時からギッシリ組まれていましたが、早朝の会場内はどこも閑散としていました。

DSC09184 (3) 

アカデミックな雰囲気を十分に堪能してから、夕刻の新幹線で帰宅の途に。帰りの道中も悪天候が続き、当然富士山の姿も拝めず。でもお陰で暑さからは解放されました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

非常に強い台風21号の接近で先週末から全国的に天気が不安定でしたが、ついに9月4日火曜日に勢力を保ったまま徳島県南部に上陸。関西を中心に大雨や暴風、記録的高潮をもたらしながら、神戸市、能登を通って北海道へ抜けました。

DSC09066 (3) DSC09068 (2) 

中でも関西国際空港は滑走路が浸水した上に対岸と繋ぐ連絡橋に強い風に煽られたタンカーが漂流して衝突。3000人以上が空港内に孤立するという前代未聞の事態に。

DSC09073 (2) 

当地もひどい暴風雨に見舞われ、クリニックにはキャンセルの電話が次々と。こんな時はどうぞ無理をなさらないで下さいませ~。

診療終了後は大和市医師会理事会でしたが、夜になっても依然として強風が残り、何かが飛んでくるのではないかという恐怖に駆られながら歩いておりました。小田急線は一時海老名と本厚木の間で不通だったようですが、帰宅時にはダイヤは乱れていたものの動いていました。やれやれ~。

DSC09075 (2) DSC09083 (2) 

9月5日水曜日は雨のち晴れ。朝は24℃でしたが、日中は台風一過で32℃まであがりました。クリニックは昨日来院出来なかった方々で混雑しました。

診療終了後は小田急センチュリー相模大野へ。今宵は循環器系の講演会。前半の座長を仰せつかっておりましたので、少々診療を早仕舞いをさせて頂きました。ご迷惑をお掛けしました。盛会の内に終了。

DSC09104 (3) 

9月6日木曜日には未明の3時8分頃に北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7、最大震度7の地震が発生。厚真町、安平町を中心に北海道広域で被害が。また広範囲で停電となりました。

DSC09087 (3) DSC09089 (2) 

時間が経つにつれて次々と被害状況が明らかになって来ました。被災されました方々には心からお見舞い申し上げ、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

夕方からは南浦和のさいたま市文化センターで開催された竹原ピストル全国弾き語りツアー‘GOODLUC KTRACK’へ行って来ました。

DSC09090 (2) DSC09094 (2) 

「性懲りもなく、また!?」と思われるでしょうが、何だか元気をもらえるんですよね~。

DSC09095 (2) DSC09099 (2) 

コンサートの終了は夜9時半。帰宅は・・・。やっぱり南浦和はチョッと遠かった!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月最後の1週間は立て続きにやって来た台風の影響で天候がとっても不安定で気温も乱高下。8月24日金曜日は朝の通勤時が台風の影響でとてつもない豪雨になりました。

DSC08833 (2) 

また8月27日月曜日は夜になって落雷とゲリラ豪雨。落雷による停電の影響で帰宅時の電車が乱れていました。

DSC08857 (2) 

この1週間もクリニックは連日混雑気味。長引くかぜ症状の方が相変わらず多めでした。健診で引っ掛かって受診される方も多くなりました。特定健診は予約でもはやパンパン。新たに予約をお受けする余地は全く無くなってしまいました。どうかご了承下さいませ~。

この1週間、診療時間外には8月26日日曜日に品川で内科系の講演会に出席、8月28日火曜日夜は医師会で入会希望の先生との面談、8月31日金曜日夜はシリウスで開催された大和市立病院と医師会の連携の会に出席。あとはひたすら朝に夕に特定健診の結果判定作業。あと1か月の辛抱です~。

DSC08862 (2) 

さて、今日はこの夏のスリランカ紀行の続きを。8月10日金曜日はネゴンボの魚市場に立ち寄ったあと、北東へ210kmの道程をポロンナルワへ。賑やかな海辺の街を通って内陸へ入ると、水田や畑の田園地帯。さらに進むと山あり谷あり平原あり・・・。

DSC07770 (2) 

スリランカは北海道よりやや小さい島国ですが、地形は変化に富んでいて、食事休憩を含めて約6時間の道程は、それほど長く感じませんでした。

DSC07772 (2) 

途中、前を行くトラックの荷台にはゾウが!。

DSC07777 (2) 

途中の道端では野生のゾウも見ることが出来ました(咄嗟のことで写真は撮れませんでした。残念!)。「ゾウ横断注意」や「ゾウに餌やり禁止」の標識も!。

さて今日の目的地ポロンナルワは10~12世紀の間にシンハラ王朝の首都があったところ。長い間ジャングルの中で眠りに就いていた期間もあったそうです。まずは当時の仏教の中心地で城壁に囲まれたクワドラングルへ。

DSC07778 (2) 

ハタダーゲは12世紀に建てられた仏歯寺跡。

DSC07787 (2) 

スリランカでは聖なる場所で土足、ノースリーブやショートパンツ、帽子は禁止。

DSC07803 (2) 

日に焼けた石の上は熱くて素足では歩けないので、厚めの靴下が必要です!。

DSC07790 (2) 

DSC07799 (2) 

ハタダーゲの向かい側にはワタダーゲという円形の仏塔。かつては入口のムーンストーンの上で足を洗ってから仏塔内に入ったそうです。図柄は輪廻を表わしているそうで・・・。

DSC07791 (2) DSC07800 (2) 

彫刻が施された熱い石段を上がると・・・。

DSC07795 (2) 

仏塔を取り囲む仏像たち。

DSC07796 (2) 

かつてはスリランカで豊富に取れる宝石で装飾されていたそうですが、略奪の憂き目に遭って破壊されてしまっているのは何処も同じ。

DSC07797 (2) DSC07798 (2) 

DSC07809 (2) 

このクワドラングルの中には11の建造物が集まっていて、当時ポロンナルワの仏教の中心地だったそうです。

DSC07801 (2) 

DSC07805 (2) 

DSC07807 (2) 

ふと地面を見たら赤いハンミョウの仲間(?)が疾走中。

DSC07816 (2) 

派手な装いのバスは私営の路線バス。

DSC07818 (2) 

バスの屋根にはサル。空いている車の窓を探して車上荒らしをする常習犯だそうです。

DSC07820 (2) 

ランカティラカは13世紀に建てられた巨大な仏教寺院。中には頭の取れた巨大な仏像。

DSC07830 (2) DSC07834 (2) 

白い漆喰の塔、キリ・ヴィハーラ。最近塗りなおされてはいますが、700年以上ジャングルに眠っていたにもかかわらず発見時もほとんどオリジナルの塗りのままだったそうです。

DSC07837 (2) 

こちらは小振りの塔。名前は・・・?。

DSC07840 (2) 

下はお土産物屋さん。遺跡の周辺にはたくさんの野良犬とサルがうろうろ。

DSC07847 (2) 

スリランカでは動物の殺生は禁じられていて、違反すれば終身刑になるそうです。

DSC07844 (2) 

さて更に奥へ進むとガル・ヴィハーラ。一枚岩に彫られた石像群が。座像の高さは4.6m。

DSC07851 (2) 

石室内にも座像。

DSC07855 (2) 

立像は高さ7m。

DSC07859 (2) 

そしてその横には全長14mの涅槃像。

DSC07861 (2) 

多少様相は異なりますが、日本と同じ仏教国。地元の方々がお参りしている姿は日本と相通ずるものがあります。

長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先週の木曜日まで1週間お休みを頂いておりましたので、先週末は何となくまだお休みモードが続いておりましたが、今週からは本格始動です~。

週明けの8月20日月曜日は雨のち曇り。朝は20℃、日中は26℃で、先週来の涼しさが続いていましたが、台風接近に伴って8月21日火曜日は30℃、そして8月22日水曜日は32℃まで上がり、暑さがまた戻って来ました。

クリニックは気温変化が大きいためか、長引く喉かぜ、咳かぜの方がたくさん。周辺のクリニックはまだお休みのところがあるようで、持病の薬を切らして駆け込んで来られる初診の患者さんがちらほら。8月21日火曜日昼は大和市医師会事務局で会計業務。8月22日水曜日の診療終了後は武蔵溝の口で2年後に開催予定の大学同門会の打ち合わせ。

さて遅くなりましたが今日は夏季休診期間のレポートを。今年も例年の如く前々から休みに入った途端に現実逃避の旅に出ることを企てておりました。今回の目的地はスリランカ。ところが出発日が近付くにつれて台風13号が徐々に接近してくるではありませんか!。いよいよ進路がヤバくなって当日朝に成田空港に着けない可能性が濃厚になって来たため、出発前夜の8月8日水曜日の診療終了後に暴風雨の中を急遽成田空港へ向かいました。夜10時過ぎに空港近くのホテルにチェックイン。

明けて8月9日木曜日の朝はモロに台風13号の暴風域。朝9時に銚子を通って北東方向へ・・・。

DSC07580 (3) 

コロンボからの折り返し便は成田に朝7時35分到着予定でしたので、最悪欠航かと覚悟して「真っさらで予定の無い贅沢な1週間の過ごし方」を真剣に考えながら空港へ行ってみると、ありがたいことに折り返し便は遅延するものの約3時間遅れで到着予定。1時間半遅れで出発の予定になっていました。出発掲示板を見ると、台風直撃にも拘わらず各社とも意外に欠航は少なめ。

DSC07581 (2) 

DSC07584 (2)

外の様子を見ると欠航にならなかったのが奇跡に思える状況でしたが・・・。

DSC07585 (2) 

当初の変更時間通りに1時間半遅れでスリランカ航空UL0455便のエアバスA330-300は成田空港を飛び立ちました。

DSC07591 (2) DSC07595 (2) 

乗員は全員スリランカ人で機内放送は英語と日本語。CAはお腹~背中周りを露出した南国らしい制服でした。台風の影響で結構揺れました~(涙)。

DSC07611 (2) DSC07616 (4) 

成田~コロンボ間は所要9時間20分。時差は3.5時間。機内誌を手に取ってみると、一部英語、シンハラ語、タミル語が併記されているものの、メインはシンハラ語でした。

DSC07624 (2) 

シンハラ語はアルファベットとは全く異なる字面で、一体何が書いてあるのやら・・・。

DSC07619 (2) 

スリランカ上空に差し掛かると緑の多い大地が見えて来ました。

DSC07629 (2) 

かなり高い山の姿も。

DSC07630 (2)

高度を落として来ると緑の大地。まるで成田周辺に似た光景で雑木林の間に田んぼやゴルフコース(?)かと思いきや・・・。

DSC07637 (2) 

雑木林に見えた緑はヤシの木でした。う~ん、南国だ!。

DSC07639 (2) 

コロンボ近郊のバンダラナイケ国際空港には1時間ほど遅れて着陸。外へ出てみれば、気温は猛暑の日本より涼しい28℃程度。

DSC07644 (2)

到着後、空港内でスリランカ・ルピーに両替。1円が1.38ルピーでした。

DSC07677 (2) 

到着後は空港近郊のネゴンボという海沿いの街へ。ネゴンボはスリランカ最大の漁港をもつ街ですが、空港に近いので玄関口としてビーチ沿いにたくさんのホテルが並んでいます。今宵はスリランカ出身の有名な建築家ジェフリー・バワが初めて設計したホテル「ジェットウイングラグーン」に暗くなってからチェックイン。洗練された室内は・・・撮り忘れましたが派手さは無くて至ってシンプル。風変わりなのはバス、トイレが外にあること(ちょっと落ち着きません)。あとはお湯さえチャンと出てくれたら完璧でした!?。

DSC07672 (2) DSC07674 (2) 

夕食はスリランカ風のものを。左上は真ん中に卵を落とし込んだお椀型クレープ、ビッタラ・アーッパ。なかなか美味でした。スリランカ料理はもちろんカレーばかりではありません。

DSC07648 (3) 

8月10日金曜日は曇り空。明るくなってみればホテルの敷地は広大。

DSC07685 (2) DSC07695 (2) 

ホテル玄関から道路を渡るとインド洋が広がっていましたが、波は荒くて冬の日本海の如し。この季節は南西モンスーンの影響で西海岸は天気が悪いのだそうです。

DSC07698 (2) 

敷地内にはヒメコモンアサギマダラの姿が。

DSC07691 (2) 

植物はよく判りません・・・。

DSC07701 (2) DSC07704 (2) 

さて朝食を済ませてから街へ。大勢の人出賑わっていたのは漁港と隣接する魚市場でした。

DSC07722 (2) 

現地の人ばかりで観光客は皆無でしたが、ここはやっぱり突入するしかないでしょう。

DSC07720 (2) 

意外にも扱われている魚は日本人に馴染みの種類ばかりでした。

DSC07718 (2) 

那覇の牧志公設市場で見かけるような色とりどりの熱帯魚風は全く見かけません。

DSC07715 (2) DSC07716 (2) 

DSC07717 (2) 

漁港に隣接した市場ですから、もちろん鮮度は抜群!。

DSC07716 (2) DSC07723 (2) 

でも周辺に散らばったゴミから発する生臭さはかなり強烈です~。

DSC07725 (2) 

包丁ではなく鉈(なた)で魚を裁くのが日本と違うところ。周辺の人が鉈を持って歩いているのでチョッと怖い!?。

DSC07719 (2) 

港には無数の小型船が集結していました。

DSC07727 (2) DSC07729 (2) 

日本の漁船よりカラフル。

DSC07736 (2) 

道路の反対側にも渡ってみたいけれど、交通量が多くて渡るのは容易ではありません。日本と同じ左側通行なのはイギリス領だった影響でしょうか。

DSC07730 (2) 

車は日本製、バス、バイク、3輪車はほとんどインド製。

DSC07731 (2) 

タクシーは3輪車がほとんど。

DSC07740 (2) 

商店の看板はシンハラ文字で電話番号以外は解読不能。

DSC07743 (2) 

郵便ポストは昔の日本風でした。

DSC07739 (2) 

街はあまりゴミは落ちていなくて意外に清潔。

DSC07744 (2) 

民家の庭先にはパパイヤの木。

DSC07747 (2) 

これから世界遺産の古代都市ポロンナルワへ向かいます。長くなって来たので続きはまた後日~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月2日木曜日。晴れ。朝は28℃、日中は35℃。

今日は休診日でしたが、あまりの暑さで野外で活動する気にはならずもっぱら屋内活動。日中は二子玉川まで出かけて買い物とランチ。夕方からは新宿で用事を済ませてから、明治神宮前で“鉄仲間”の友人と合流して会食。友人が予約をしてくれたのは和食の名店でした。この歳になると暑い時期のコッテリ系は食す気にならず的確な選択でした。

DSC07545 (2) DSC07546 (2) DSC07547 (2) 

DSC07551 (2) DSC07552 (2) DSC07554 (2) DSC07555 (2) 

その後は場所を代えて今後の活動計画を算段・・・!?。

DSC07557 (2) 

8月3日金曜日。晴れ。朝は28℃、日中は35℃。

クリニックは相変わらずの混雑。咽頭痛や咳の方がたくさん。“来週から旅行に出かけるので何とか・・・”と言われてもある程度の時間は必要。いくら強い薬を使ったとて捩じ伏せることなど出来ません~。

診療終了後は町田のベストウェスタンレンブラントホテル東京町田で開催された循環器関連の講演会に出席。増加の一途を辿る高齢者の心房細動治療をどこまでどうするかは難しい問題です。

夜10時過ぎ、帰宅時になっても尋常でない暑さ。今宵も熱帯夜に間違い無し~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先週末は台風13号の影響で一過性に気温が下がりましたが、週明け7月30日月曜日から暑さが戻って8月1日水曜日8月2日木曜日も日中は34~35℃まで上がりました。もちろん夜は熱帯夜。一体いつまでこの暑さが続くのでしょう。今年は梅雨明けが異常に早かったので、やっと8月!?って気分ですね~。

下の写真は暑くて益々元気なユリの花。

DSC07491 (2) 

いかにも“夏”って花ですね~。

DSC07492 (2) 

今週のクリニックは連日混雑気味。この暑さで体調の優れない方が多数。めまい、動悸、息切れ、胸部圧迫感・・・などなど。冷房によると思われるかぜ症状の方も相変わらずたくさん。でもこの時期、夜も冷房無しという訳にはいきませんからね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月27日金曜日は曇り時々晴れ。朝は23℃、日中は29℃。暑さが一段落して過ごしやすい1日になりました。

クリニックは朝からとっても混雑。月末の週末だからか、厳しい暑さが和らいだからか、はたまた週末に台風がやって来るからか・・・。予約外の方が多くて時間帯によってはだいぶお待たせしてしまったかも。

台風12号が前代未聞の通常と逆走するコースで接近中~。

DSC07503 (2) 

7月28日土曜日は朝から不穏な天気で雨が降ったり止んだり。朝は22℃、日中は28℃。夜になって台風12号が関東地方に最接近して風雨が強まりました。

悪天候にもかかわらずクリニックは意外に予約のキャンセルの方は少なめで皆さん頑張って来て下さいました。それでも予約外の方が少なめでしたので診療はほぼ予約時間通りに進みました。診療終了後は所用で都内まで出かけましたが、交通機関に大きな混乱はありませんでした。今宵開催予定だった隅田川花火大会は延期に。

DSC07506 (2) 

7月29日日曜日は雨のち晴れ。朝は24℃、日中は31℃。台風12号は当初の予測より南寄りを辿って午前1時に三重県に上陸、正午に広島、夕方には九州に上陸。

DSC07508 (2) 

先日の西日本豪雨の被災地を通過。幸い大きな人的被害は無かったようで・・・。

DSC07511 (2) DSC07528 (2) 

午後から天候が回復して来たので千代田線で日比谷へ。いつの間にやら日比谷駅と東京ミッドタウン日比谷が直接繋がっていました。広々とした地下広場は災害時には帰宅困難者の一時避難場所にもなるそうです。

DSC07512 (2) 

地上35階建てで高層階はオフィス。

DSC07515 (2) 

日比谷、銀座あたりを散策して参りました。途中でチョッとカロリー補給も(!)。

DSC07513 (2) DSC07524 (2) 

台風が過ぎ去って暑さが徐々に戻って来た感じです。週明けからはまた暑くなりそうで・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月23日月曜日から7月25日水曜日にかけても晴れて厳しい暑さ。特に7月23日月曜日は、埼玉県熊谷市で41.1℃、東京都青梅市、岐阜県多治見市、山梨県甲府市でも40℃超えとなってまたもや記録が塗り替えられることになりました。当地でも朝は28℃、日中は36℃でした。

今週もクリニックは連日混雑気味。やはり冷房でかぜをひいた方が多数。暑さと脱水のためか膀胱炎の女性もちらほら。大和市特定健診・長寿健診は間もなく9月末まで予約が埋まってしまいそうな勢いです。

下の写真は今が盛りのサルスベリ(百日紅)の花。

DSC07487 (2) 

元は中国南部の原産だそうで、比較的長い間花が咲いているので百日紅ともいうのだそうです。

DSC07488 (2) 

今週の診療時間外は7月24日火曜日の昼に大和市医師会事務局で会計業務、7月25日の昼に当医療ビル6軒7科のミーティングで外に出た以外は朝7時過ぎから夜9時過ぎまでひたすらクリニックにこもって健診結果や紹介状、意見書、診断書等々の作成作業に追われておりました。9月末まではこんな状況が続きそう。ふ~うっ。7月25日の夕方にはゲリラ豪雨 。でもそのお陰で少し涼しくなりました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月20日金曜日から7月22日日曜日にかけても晴れて相変わらずの暑さ続き。連日熱帯夜で朝になっても27℃。日中は33~35℃。朝の出勤時から汗だくの日々でした。昨今は沖縄の方が涼しい様で~。

DSC07483 (2) DSC07485 (2) 

今週末のクリニックはやはり混雑気味。先日も書きましたが夏かぜの方が結構いらっしゃいます。お腹の具合が悪い方もちらほら。健康診断や人間ドックで引っ掛かって受診される方も多めでした。

7月21日土曜日の診療終了後は特定健診の判定作業を少々こなしてから横浜へ。馬車道で大学同窓会神奈川支部幹事会でした。少々時間が余ったのでみなとみらいに立ち寄ってから馬車道へ。

DSC07471 (2) DSC07473 (2) 

意外にも馬車道駅で下車したのは今回が初めて。地上に出てキョロキョロしてしまいました。指定のお店の外観はチョッと心配な感じ(?)でしたが、個室でチャンと会議をしてから懇親会に突入~。

DSC07475 (2) DSC07477 (2) 

7月22日日曜日は新宿へ。西新宿のオリンパスプラザ東京で考慮中のコンパクトカメラを触らせて頂いてからギャラリーを見学。その後、ティンバーランドでセールになっていた夏用のウォーキングシューズを購入し、書店に寄って数冊購入、さらに駅前のスーパーで食料品も・・・。

DSC07479 (2) DSC07481 (2) 

案の定、荷物を抱えて最寄り駅から自宅までの道程では汗だくに~。

東京では本日35.6℃と今年の最高記録を更新したそうで・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

三連休が明けて7月17日火曜日から7月19日木曜日にかけては連日晴れ。朝は27℃、日中は33~35℃まで上がって先週来の記録的猛暑が続きました。19日木曜日には京都で39.8℃を記録。一体いつまでこの暑さが続くのでしょう。

クリニックはここのところ混雑続き。暑さで就寝中も冷房が欠かせない毎日ですが、そのためかかぜをひいた方が多くなりました。全身倦怠感や食欲不振など、いわゆる夏バテ様の不定愁訴の方も多め。特定健診はスタッフ一同頑張っておりますが・・・。

7月18日水曜日は夕方少々早仕舞いさせて頂いて相模大野へ。今宵はホテルセンチュリー相模大野で開催された循環器系の講演会に出席させて頂きました。

DSC07437 (2) 

DSC07440 (2) DSC07445 (2) 

テーマは心房細動と心不全。前半の基調講演の座長を私めが務めさせて頂きました。多くの先生方にご出席頂き恙なく終了。

7月19日木曜日は休診日でしたが、日中はランチと買い出し、さらに所用で役所に出かけて来ました。

夕方からは東京ミッドタウンのビルボードライブ東京へ。今宵はアメリカのシンガーソングライターDiane Birchのステージでした。

DSC07462 (2) 

ステージ上は、自らピアノとキーボードを操り、あとはドラムとベースの計3人のみ。

DSC07468 (2) 

どこか“懐かしさ”を感じる曲調と歌声。講評の中に「キャロル・キングを彷彿させる歌声」とありましたが、確かにそんな感じかも。

帰宅時もまだまだ気温は下がらず。明日も暑そうです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月9日月曜日からの1週間は7月12日木曜日のみ雨でしたが、その日を除けば晴れベースで連日30℃越えの日々。特に後半は全国で40℃に迫る猛暑日となって先週の記録的豪雨被害からの復旧を急ぐ被災地にとっては過酷な暑さとなりました。

下の写真は暑い中でも夜な夜な元気なヤモリくん。

DSC07250 (2) 

今週のクリニックは相変わらずの混雑続き。暑さで体調を崩された方が多い様子。特定健診は連日予約枠がパンパン。既に9月前半まで予約枠が埋まってしまいました。そんな中で7月14日土曜日だけビックリするほどガラガラ。元来予約は一杯だったのに、予約外の方が少なかった上にキャンセルの方も結構いらした様子。どうやら3連休の初日で天気が良かったからのようで・・・。その反動が怖いです~。

下の写真は暑い中でやはり元気なユリの花。

DSC07332 (2) 

診療終了後は7月9日月曜日は大和市医師会と大和市立病院の連携会議に医師会側の一員として出席。7月10日火曜日は大和市医療センターで休日夜間急患診療所の当番。7月13日金曜日はやはり大和市地域医療センターで大和市医師会内科医会総会で会計報告。

DSC07333 (2) 

そして7月14日土曜日は所用で都内へ。

DSC07344 (2) 

暑さも相俟って少々お疲れ気味の状態で連休に突入です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は週の前半は先週から引き続き記録的な猛暑続き、後半は西日本を中心とした特別警報レベルの大雨と、とんでもない1週間になりました。

当地でも7月2日月曜日から7月4日水曜日にかけては連日朝から25℃、日中は30℃超え。神奈川県内では6月25日7月1日の1週間に計154人が熱中症で搬送されたそうで・・・。

月が替わってクリニックは連日混雑気味。暑さのせいか息切れや動悸を訴える方が多くて、出来るだけ暑い時期には避けたいホルター心電図検査も必要に迫られて今年は予約がパンパン。今までは無かったことです。7月3日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。

一方、週の後半は前線が日本列島を縦断。沖縄や小笠原を除いて全国で雨降りに。

DSC07230 (2) 

とくに西日本を中心に各地で豪雨となって“これまでに経験したことがないような”大雨に。大雨特別警報が各地に発令されて7月8日日曜日正午現在、11府県で計68人が死亡、9府県で少なくとも52人が行方不明に。謹んでお見舞い申し上げます。

7月7日土曜日は青山のフレンチレストランREIMS YANAGIDATEでクリニックの納涼会。特定健診で多忙なこの時期を乗り越えるためには必須の行事?。

DSC07234 (2) DSC07235 (2) DSC07237 (2) 

DSC07239 (2) DSC07242 (2) DSC07244 (2) 

少量多品種で健康的メニュー。これで9月一杯乗り切れるかな~。

DSC07247 (2) DSC07248 (2) 

食事中に千葉県東方沖を震源とする最大震度5弱の地震!。

DSC07252 (2) 

都内も大和も震度3でしたが、昨今はチョッと揺れると「ややっ、ついに来たか??」と身構えてしまいますね~。

幸い交通機関には影響なく無事に帰宅~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月29日金曜日6月30日土曜日も晴れ。両日とも朝は25℃、日中は31℃まで上がって、厳しい暑さになりました。桜の葉も夏の日差しのもとでピカピカ。

DSC07130 (2) 

6月29日金曜日には関東甲信で早くも梅雨明け宣言!。6月の梅雨明け宣言は初めてのことだそうで、梅雨入りから梅雨明けまでたった23日というのも40年振りだそうです。今年は春の訪れも桜の開花も前倒しでしたが、これも温暖化の影響でしょうか!?。

DSC07131 (2) 

クリニックはこの季節意外に調子の悪い方が多め。“窓を開けっ放し”、“冷房をかけっ放し”で寝て「かぜをひいてしまいました~」なんて方がちらほら。暑さのせいか、めまい、立ちくらみ、食欲不振、息切れ、動悸・・・なんて方も。春の健診で引っ掛かって受診される方もこの頃は多め。

6月30日土曜日の診療終了後は恒例の院内ワックスがけでした。開院以来お願いしている専門の方たちが要領よく作業をして下さって、くすんでいたクリニックの床は見違えるようにピカピカになりました。

DSC07133 (2) DSC07135 (2) 

今年は梅雨明けに合わせたかのような絶好のタイミングになりましたが、もちろん仕組んでいた訳ではありません。

DSC07136 (2) DSC07137 (2)

帰りは所用で町田へ。いつもながら町田では人の多さに圧倒されてしまってどうも苦手です。そそくさと退散~。

DSC07140 (2) 

駅に戻ると検査上がりでピカピカの美しい8000形6連に遭遇しました。

DSC07143 (2) 

クリニックの床や電車のように人間もピカピカにリニューアル出来れば良いんですけどね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半の6月25日月曜日から6月27日水曜日にかけては晴れベースの天気が続いて連日最高気温が30℃前後の日々でした。

2018FIFAワールドカップ ロシアは初戦で6月19日対コロンビア戦で2-1で勝利したあと、第2戦は6月25日0:00スタートの対セネガル戦でしたが2-2で引き分けに終わりました。

クリニックは連日それなりに混雑。週明けから一気に30℃越えの日々になったのに、なぜかかぜ症状の方が増えました。冷房のせい(?)はたまたワールドカップで寝不足のせい(??)。中には喉の痛みと高熱の方も。皆様、体調管理にはくれぐれもご注意下さいませ~。

この時期近所ではノウゼンカズラが花盛り。ノウゼンカズラは中国原産で平安時代には日本に渡来していたそうです。

DSC07058 (2) 

6月27日水曜日は診療終了後直ちに溝の口へ。久しぶりに降り立った溝の口は、若かりし頃に当直のバイトで駅近くの救急病院に来ていた頃とは全くの様変わり。違う街になっていました。

DSC07128 (2) 

今宵は2年後の幹事役を仰せつかった母校循環器内科同門会の打ち合わせ。

DSC07127 (2) DSC07129 (2)

前回幹事と次回幹事に加えて、現教授と新旧医局長合わせて7人で会食しながら・・・。もっ、もちろん“打ち合わせのための会食”であることは言うまでもありません~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月22日金曜日。晴れ。朝は19℃、日中は28℃。貴重な梅雨の晴れ間になりました。

クリニックは朝から混雑。体調が悪い時やご高齢の方はなかなか雨の日には来にくいもの。久しぶりに晴れると混雑します。

当院が予約制にしたのは2009年7月のことで既に9年になりますが、内科の性格上、かぜ、腹痛の方や急に体調を崩された方など予約外で受診される急性疾患の方も多くいらっしゃいますので、完全予約制には出来ません。あくまで“予約優先”という程度の緩い予約制です。そんな訳で調子の悪い時にはガマンせずに受診して下さって結構です。また天気の悪い時には予約があってもどうぞ無理はなさらずに~。

6月23日土曜日。曇りのち雨。朝は20℃、日中は24℃。 昨日とは一転して天気が悪くなりました。クリニックは朝のうちは予約外の方で混雑しましたが、雨が降り出した昼前には待合室が閑散としていました。

診療終了後は所用で羽田から夕方の飛行機で福岡へ。羽田は大雨でしたが福岡は晴れていました。

DSC07051 (2) DSC07053 (2) 

6月24日日曜日の福岡地方は晴れ。朝は20℃、日中は29℃。午前中に仕事が終わって、帰り際に櫛田神社を覗いて来ました。

DSC07068 (2) 

櫛田神社は古くより博多の氏神・総鎮守として信仰を集めている神社。

DSC07063 (2) 

現在7月1日から15日にかけての博多祇園山笠に向けて準備中。

DSC07061 (2) 

近所では祭りに向けて安全祈願の神事が執り行われているところでした。

DSC07067 (2) 

境内には博多祇園山笠の飾り山が常設展示されています。下の写真は表と裏。

DSC07056 (2) DSC07057 (2) 

博多祇園山笠のクライマックス「追い山」は7月15日の午前4時59分、一番山笠が櫛田入り奉納を皮切りに合計8つの山笠が次々に櫛田入りを行い、まだ薄暗い博多の街へと駆けだして行くそうで・・・。いつかは見てみたいものです。

さて櫛田神社を後にして空港へ向かう途中、毎度のことながら博多駅へ挨拶に。

DSC07073 (2) 

特段珍しい車両の姿は無し。

DSC07070 (2) DSC07075 (2) 

そんな中、新幹線の電光掲示板の横に「博多南線」の掲示板を発見。日中は1時間に1本の運行ですが、ちょうど良い時間に列車があったので乗ってみることに。

博多南線はその筋では有名なのでご存知の方も多いかと思いますが、山陽新幹線の終点博多駅から車両基地(博多総合車両所)までの回送線を旅客線化した路線。

新大阪からの「こだま」が到着して、そのまま博多南行きになります。車両は今や貴重な500系8連。700系やN700系が運用に就くこともあるそうです。

DSC07088 (2) 

DSC07092 (2) 

旅客営業上は在来線扱い。営業キロは8.5kmで運賃は200円。それに特定特急券100円が必要なので、計300円かかります。特急扱いですがJRグループで唯一列車名の無い特急。

DSC07082 (2) 

たった300円で動いている新幹線車両に乗れるので、かなりお得!?・・・なんて考えていたら、案の定日曜日とあって新幹線車両に乗車すること自体が目的と思われる親子連れがたくさん乗っていました。

DSC07095 (2) DSC07100 (2) 

DSC07096 (2) DSC07101 (2) 

発車して少しスピードが乗って来たところで、本線から岐れて高架線下へ。

DSC07107 (2) DSC07102 (2) 

左手に車両基地が広がって来たところがもう終点です。所要時間はたったの8分。物足りなくて“降りたくない~”と駄々をこねる子供たちも。

DSC07109 (2) 

ホームの有効長は8両ギリギリでホーム幅も普通よりだいぶ狭い感じ。

DSC07112 (2) DSC07114 (2) 

DSC07117 (2) DSC07119 (2) 

ホーム上で車内清掃をしてこのまま折り返し博多行きとなり、さらに博多から新大阪行きの「こだま」として運用されるようでした。

DSC07123 (2) 

日中は1時間に1本なので、荒涼とした車両基地のはずれにある小駅を想像していましたが、みどりの窓口もある立派な有人駅でした。

DSC07125 (2) DSC07126 

これで寄り道はおしまい。夕方の飛行機は梅雨前線に煽られて結構揺れました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は梅雨らしい毎日。かろうじて6月19日火曜日は晴れ間があって27℃まで上がりましたが、6月18日月曜日6月20日水曜日6月21日木曜日は雨が降ったり止んだりの典型的な梅雨空で、日中も20℃前後までしか上がりませんでした。

6月17日日曜日の15時27分には群馬県南部を震源とする最大震度5弱の地震がありましたが・・・。

DSC07039 (2) 

翌朝6月18日月曜日の朝7時58分には大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が!。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

DSC07037 (2) 

東日本大震災の直後は真剣に地震対策を考えていましたが、最近は時間が経っていつの間にやら忘れかかっておりました。格言通り“天災は忘れたころに・・・”。地震対策を見直すチャンスにしなければなりませんね~。

今週のクリニックは天気が悪いにもかかわらず混雑気味。先週末でかぜを召された方が少々増えました。特定健診・長寿健診は予約枠パンパンの状態が続いています。だいぶ先まで予約枠が埋まって来ました。ご希望の方はどうぞお早めにご予約下さいませ~。

月曜日の診療終了後は大和市医療センターで介護保険関連の研修会。知らないと困る内容でしたが参加人数は低調。火曜日の昼は大和市医師会事務局で会計業務。他の診療時間外はひたすら黙々と健康診断の結果作成作業・・・。9月末までの長丁場です。

6月21日木曜日は休診日。夕方から久しぶりに六本木の東京ミッドタウン内のライブレストラン「ビルボードライブ東京」へ行って来ました。

DSC07040 (2) 

夜6時半の開演間近になっても外が明るいと思ったら、今日は夏至でした(もちろん開演時にはカーテンが閉まります)。

DSC07043 (2) 

今宵のステージは八神純子with後藤次利の“The Night Fright 5”。

DSC07044 (2) 

学生時代にリアルタイムで聴いておりましたが、早いものでもう40年も前の話。それでも抜群の歌唱力は若い頃と寸分違わず。どうやって若さを保っているのでしょうか~。

帰りの電車はまだ帰宅ラッシュの名残で混雑していましたが、それでも小田急複々線工事完成前に比べたらずいぶん楽になりました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月16日土曜日。曇り時々雨。朝は16℃、日中は18℃で肌寒い一日になりました。

クリニックはそれなりに混雑。かぜ症状の方は少なめですが、動悸、全身倦怠感、食欲不振、息切れ等々、いわゆる不定愁訴の方が多め。先週は30℃まで上がったのに今日は20℃にも届かない季節外れの低温。気候変化に順応出来ない方が多いのかも。春の健診で引っ掛かって再検査で受診される方もちらほら。特定健診・長寿健診の方はやっぱりたくさん。

診療終了後は少々溜まって来てしまった事務仕事を少しだけ片付けてから都内へ。乃木坂駅で落ち合って4人で創作料理“サルドゥマキノ”さんで会食。

DSC06920 (2) DSC06921 (2) DSC06923 (2)

いつもながら手抜きの無い繊細な料理の数々を堪能させて頂きました。

DSC06924 (2) DSC06927 (2) DSC06929 (2) 

今日の様に寒い日は暖かい料理が美味しい~。

DSC06931 (2) DSC06933 (2) 

帰りは徒歩で表参道へ。さっ、寒い~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月8日金曜日の夜からその週末にかけては台風5号の影響で不安定な天気。

DSC06817 (2) DSC06820 (3) 

金曜日の夜になって降り出した雨は6月11日月曜日がピークとなりました。月曜日の通勤時間帯の混乱が懸念されていましたが、意外に“普通”の雨でした。

DSC06823 (2) 

週末から週明け前半のクリニックは、連日天気が悪かった割にはそれなりに混雑。雨が降っても風さえ強くなければ皆さん頑張って来て下さいます。特定健診・長寿健診は佳境に差し掛かって検査枠はパンパン。時間帯によっては一般診療に影響して少々お待たせしてしまうことも。もっ、申し訳ございません~。

6月13日水曜日の診療終了後は相模大野へ。循環器関連の講演会の座長を仰せつかっておりましたので少々夕方の診療を早仕舞いさせて頂きました。

DSC06826 (2) 

前半の「動脈硬化疾患に対する抗血小板療法」に続いて後半は「薬剤起因性消化管傷害における最新の知見」の講演。

DSC06824 (2) DSC06827 (2) 

循環器領域ではしばしば抗凝固療法、抗血小板療法が必要となりますが、合併症としての消化管出血は大きな問題。日常臨床で大いに役立つお話を拝聴させて頂きました。

会場を出たのは夜10時過ぎでした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月4日月曜日6月5日火曜日は晴れて気温が上昇。特に月曜日は各地で今年一番の暑さを記録し、北海道内陸部では軒並み30℃超えに。当地でも28℃まで上がりました。ところが一転して6月6日水曜日は朝から雨で終日17~19℃。一気に関東甲信、東海、近畿地方が梅雨入りとなりました。

クリニックは特定健診・長寿健診の方々で連日混雑していましたが、かぜ症状や体調を崩されて受診される方は少なめ。健診は既にだいぶ先まで予約枠が埋まって来ました。受診ご希望の方はどうぞお早めにご予約下さいませ~。

さて今日はまたまた5月27日日曜日の山口行きレポートの続きを。山口線の長門峡駅でSL「やまぐち」号のD51200の発車シーンを狙いましたが見事に撃沈。気を取り直して今度は徳佐駅の発車シーンを狙うことに。徳佐駅は12時43分の発車。先回りして待ち構えていると、定刻通りになかなかの煙を吐きながらやって来ました!。

IMG_8158 (2) 

煙が客車に少々かかりましたが・・・。

IMG_8168 (2) 

まあ許容範囲内!?。

IMG_8170 (2) 

大きな汽笛を鳴らしながら眼前を通過して行きました。

IMG_8178 (2) 

直ちに撤収してSL「やまぐち」号の終点津和野へ。津和野着は12時59分。到着後ほどなく客車の入換作業が始まりました。

IMG_8187 (2) IMG_8197 (2)

入換作業が終わるとゆっくりターンテーブルに近付いて来て・・・。

IMG_8201 (2) 

そろりそろりとターンテーブルに乗りました。

IMG_8207 (2) 

その後ゆっくりと方向転換。

IMG_8211 (2) IMG_8212 (2) 

IMG_8214 (2) IMG_8216 (2) 

IMG_8218 (2) 

留置線に入ってしばし小休止。

DSC06664 (2) 

ここで復路に備えて点検と給水を受けます。

DSC06668 (2) 

DSC06671 (2) 

留置線に入ったのを見届けてわれわれも駅前のカフェでしばし小休止。

DSC06682 (2) 

さて下り15時17分発の下り列車に乗るべく津和野駅へ戻ると、D51200は既に客車の先頭に立ってスタンバイしていました。上りSL「やまぐち」号は15時45分発。

DSC06685 (2)

客車は5両編成で前後に展望車が連結されています。最後部5号車のスハテ35形から順に眺めてみます。

DSC06686 (2) 

戦前の客車に見られた採光窓の付いた二重屋根構造。

DSC06687 (2)

一見とてもクラシカルな客車に見えますが、車端には昭和29年6月新潟トランシス製造を表わす標記が!?。

DSC06712 (2) 

実はこの編成、「最新技術で快適な旧型車両を再現」したJRグループ最新の客車なのです。もちろんドアは旧来の手動ドアではなく自動ドア、照明は電球色LED、温水洗浄便座付き洋式便器、車椅子スペースも完備。

下の写真は4号車オハ35形と3号車ナハ35。

DSC06688 (2) DSC06689 (2)

日除けのブラインドも古風に演出。

DSC06707 (2) 

旧型客車には無かった冷房装置は目立たないように取り付けられています。

DSC06708 (2)

2号車スハ35、そして1号車オロテ35形は1等車を示す白帯。

DSC06690 (2) DSC06691 (2)

オロテ35形はグリーン車扱いで大型リクライニングシートが備えられています。

DSC06703 (2) DSC06698 (2) 

そして先頭にはD51形蒸気機関車200号機。

DSC06704 (2) 

罐圧は十分に上がって時折安全弁が吹いていました。準備万端。

DSC06694 (2) 

DSC06696 (2) 

下は相棒が撮ってくれたツーショット。

IMG_3765 (2) 

さて発車を見届けることなく15時17分発の益田行きに乗車。

DSC06714 (2) DSC06717 (2) 

山陰本線との接続駅、益田には15時58分着。

DSC06719 (2) DSC06721 (2) 

ここから萩・石見空港まではバスでも12分ほど。たった2便の東京便が就航しているだけの小さな空港でした。

DSC06723 (2) 

折り返し東京便が降りて来て17時45分発ANA1104便になります。機種はA320。意外にも満席に近い状態でした。

DSC06725 (2) 

羽田空港には19時20分着。

夜行日帰りの旅は充実していましたが、年齢的にそろそろ辛くなって来たかも!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月2日土曜日。晴れ。朝は18℃、日中は25℃。今週末は好天に恵まれました。予報では梅雨入り前の貴重な週末の晴れ間になるかも(?)。

クリニックは朝早い時間帯が混雑。季節柄か春の健診で引っかかった方が多くいらっしゃいました。土曜日はお勤めの方が多いので国保の特定健診の方は少なめですが、動悸や胸痛を訴える方が多くてやっぱり検査は多めでした。

診療終了後は東京駅へ。そのまま東北新幹線「はやぶさ」に飛び乗って仙台経由で松島まで出かけて来ました。

DSC06747 (2) 

目的地は松島の瑞巌寺。瑞巌寺は平安時代の初めに創建され江戸時代に伊達政宗によって再興された由緒あるお寺。平成20年から「平成の大修理」と震災被害を受けた参道の復旧工事が行われていましたが、この春全ての工事が終了。6月24日の落慶法要に向けて現在様々な行事が開催されています。

(下はJR東日本の情報誌“トランヴェール”6月号の記事)

DSC06816 (2) 

日が長い季節とは言え、診療が終わってからでもまだ明るいうちに松島に着けるとは新幹線さまさまです。

参道の途中には津波到達地点を示す立札がありましたが、結構本堂近く。

DSC06748 (2) DSC06754 (2)

今宵の目的は瑞巌寺落慶記念コンサート「竹原ピストルin瑞巌寺」。

DSC06749 (2) DSC06752 (2) 

落慶記念で竹原ピストル・・・う~ん、チョッと面白そうということで足を延ばした次第。

DSC06794 (2) 

会場は本堂。何と国宝の建物内そのものの中です!。

DSC06761 (2) 

建物は書院造で屋根は入母屋造本瓦葺。

DSC06758 (2) 

コンサートの入口とは思えませんね~。もちろん靴を脱いで下駄箱にしまっての入場ですが、素足は厳禁で靴下着用が義務付けられています。

DSC06762 (2) 

会場内は残念ながら一切撮影禁止ですが、桃山文化を伝える彫刻や襖絵は豪華絢爛。コンサート開演前には一般的アナウンスに加え、立ち上がらないようにとか、足を踏み鳴らさないようにとか、周辺を触らないようにとか、国宝ならでは(!?)の諸注意がありました。

開演時間19時ちょうどに一角の襖が開いてTシャツにバンダナを巻いた普段の出で立ちの竹原ピストルが登場。金箔に松があしらわれた襖絵の前でコンサートが始まりました。私の席は前から7列目の正面。それでも真ん中よりは後ろでしたが、とても狭い会場なので、ちっ、近い~。

DSC06788 (2) 

楽器はギターとハーモニカだけ。独特の世界観の歌を持ち前のハスキーボイスと抜群の歌唱力で2時間近く熱唱。荘厳な雰囲気の中で迫力のステージでした。

帰りは真っ暗な境内を通り抜けて・・・。

DSC06768 (2) 

DSC06770 (2) 

仙石線の松島海岸駅へ。

DSC06771 (2) DSC06773 (2) 

21時04分発の電車で仙台駅に21時41分着。

DSC06774 (2) DSC06776 (2) 

仙台駅で在来線ホームを偵察に行きましたが、珍しい車両は見当たらず。

DSC06777 (2) DSC06779 (2) 

今晩は最近東側に新しく出来たJRのホテルに投宿することにしました。

DSC06781 (2) 

翌朝カーテンを開けると眼下に仙台駅。

DSC06796 (2) 

DSC06810 (2) 

居ながらにして駅の観察が出来る“鉄”にはうってつけの部屋だったのでした。

DSC06804 (2) 

朝食を済ませて早々の新幹線で帰宅の途に。

あれっ、ここまで来て松島は?、青葉城は??。今回は日曜日夕方に用事があるので直ぐ帰らねばなりません。まあ、またの機会にね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月1日金曜日。晴れ。朝は19℃、日中は26℃。梅雨入り間近にしては湿度が低めで久しぶりに清々しい朝になりました。

クリニックは朝から混雑。6月になったからでしょうか(!?)、しばらくいらっしゃっていなかった方がちらほら。かぜ症状の方も増えて来ました。特定健診・長寿健診は本日スタート。検査もバタバタしてました。

さて今日も先日の山口行きのレポートの続きを。山口線の長門峡に5月27日日曜日10時22分に到着。後続(・・・とは言っても1時間半以上あと)のSL「やまぐち」号を迎え撃ちます。ビデオとカメラを設置して準備万端。

やがて遠くに汽笛が聞こえて、昨年から本線運転に復帰したばかりのD51形200号機が長門峡駅構内に入って来ました!。おぉ、素敵な黒煙!!。

IMG_8128 (2) 

ところが発車時間が迫って来たところで一陣の風が。ああっ、煙が流れてしまう~。

IMG_8130 (2)

その上に発車の汽笛を吹鳴したところで、列車から駆け下りて来た興奮したお兄さん2人が画面内に入って来るではありませんか!。

IMG_8131 (2) 

さらに動き出した機関車を追いかけて疾走!!。あ~ぁ~。

IMG_8132 (2) 

煙もショボショボだし・・・。

IMG_8135 (3) 

少し出始めた煙も横に流されるし、人物を画面から外すと客車の後ろが切れるし・・・。

IMG_8141 (2) 

ワタワタしているうちに・・・。

IMG_8144 (2) 

D51200は悠然と眼前を通過して行きました。

IMG_8147 (2) 

散々な結果に終わりましたが、ビデオに記録されたドラフト音と汽笛はとっても素敵でした。気を取り直して先へ進みますが、続きはまた後日~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

気が付けば5月も最終週に突入。5月28日月曜日5月29日火曜日は晴れたり曇ったりでしたが、5月30日水曜日は昼過ぎから雨になりました。5月28日月曜日には早くも九州北部と四国、山口が梅雨入り。平年より8日早い梅雨入りだそうです。

今週のクリニックは概して平穏な日々でしたが、ややかぜ症状の方が増えた感じ。いまだに大和市内の所々でインフルエンザが局地的に燻っているようです。火曜日の昼は大和市医師会事務局で会計業務。水曜日の昼は当医療ビル6件7科のミーティング。

さて今日は先週末の続きをレポートします。5月26日土曜日に東京発22:00の「サンライズ瀬戸」に乗車。23時23分の熱海発車後に寝る態勢に入りましたが、振動と騒音の中でも意外に良く眠れて、次に外を見たら大阪に運転停車中でした。しっかり起き出したのは5時25分の姫路発車前。

DSC06554 (2) 

外は朝日に照らされた日本の田園風景。

DSC06555 (2) 

流れる車窓風景を個室寝台から眺める至福のひととき。こんな機会を味わえるのは、今や定期列車ではこの「サンライズ」だけ。

DSC06566 (2) 

6時少し前に“おはよう放送”が入りました。

DSC06577 (2)

岡山着は6時27分。私どもはここで下車。

DSC06586 (2)

高松行きのマリンライナーがお出迎え。これに乗って瀬戸大橋から朝の瀬戸内海を眺めてみたい衝動に駆られましたが・・・。

DSC06594 (2) 

「サンライズ」はここで分割され、まずは6時31分に「サンライズ瀬戸」高松・琴平行きが発車して行きました。

DSC06590 (2) 

その後6時34分に「サンライズ出雲」出雲市行きが発車。

DSC06595 (2) DSC06598 (2) 

「サンライズ」を見送った後、岡山駅構内のカフェで軽く朝食を摂り・・・。

DSC06603 (2)

新幹線ホームへ上がると、東海道ではとうに見られなくなった500系「こだま」に遭遇しました。貴重な500系にも乗りたいけれど・・・。

DSC06605 (2) 

先を急ぐために今回は7時15分発の「さくら541号」鹿児島中央行きに新山口まで乗車。

DSC06608 (2) 

新山口には8時26分着。新山口では黄色単色塗りの山陽路の115系が。

DSC06609 (2) DSC06614 (2) 

新山口からは山口線に乗車します。後発の山口行き普通列車でも良いのですが、乗り心地を体験するためにわざわざ先行する8時52分発の特急「スーパーおき」米子行きに15分間のみ乗車。キハ187系は大出力エンジンに軽量車体を載せ、制御付自然振子装置を搭載して2001年から運用開始された車両。今となっては陳腐化してしまった内装や振動、騒音が気になりますが、パワフルな加速は健在。山口には9時07分着。

DSC06617 (2) 

ここからはさらに普通列車に乗り継ぎ。

DSC06619 (2) 

単行のキハ40は“明治維新150年”と“レノファ山口FC”のラッピングが施されていましたが、煤けていて残念な状態に。

DSC06623 (2) 

一端には“日本国有鉄道”の銘板が残っていました。

DSC06623 (4) DSC06620 (2) 

山口駅の古いホーム上屋の柱には“国鉄建物財産標”も。国鉄が解体されてから30年以上経つのにまだまだ国鉄の遺産がたくさん。

DSC06634 (2) DSC06626 (2) 

9時47分発益田行き普通列車で最初の目的地である長門峡駅に10時22分到着。

DSC06627 (2) 

ここはホーム1本1線のみの無人駅。実は今までも何回か訪れていますが、今回も性懲りも無く蒸気機関車の写真を撮るためにここまで遥々やって来たのでした。

DSC06639 (2) 

あと1時間半ほどで蒸気機関車D51が牽引するSL「やまぐち」号がやって来ます。駅の益田寄りは線路がほんの少し高めの築堤上を通っています。

DSC06642 (2) 

その先は小さな踏切を渡って列車は鉄橋上に躍り出ます。

DSC06643 (2) 

なかなか雰囲気の良い古い鉄橋。

DSC06646 (2) 

ここは沿線でも有名撮影地の一つ。鉄橋の向こう岸には既に多くのカメラマンが陣取っていました。

DSC06645 (2) 

でもわれわれは“写真”が好きなのではなくて“機関車”そのものが好きなカマ屋ですので、駅近で発車シーンを狙うことにします。

長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月26日土曜日。曇りのち晴れ。朝は19℃、日中は26℃。

クリニックはそれなりの混雑でしたが、ほぼ予約時間通りに診療が進行。今週は平穏な1週間でした。

診療終了後は東京駅へ。今日は22時00分発「サンライズ瀬戸」に乗車します(!)。ご存知のようにサンライズは現在唯一残った定期の寝台特急。乗車するのは2016年12月21日以来です。

DSC06492 (2) 

9番線ホームで待っていたら、以前より早めの21時35分頃に入線して来ました。

DSC06494 (2) 

リニューアルされたようで車体はピカピカ。

DSC06498 (2) 

DSC06500 (2) DSC06503 (2) 

岡山までは「サンライズ瀬戸」高松・琴平行きと「サンライズ出雲」出雲市行きが併結されて14両編成で運転されます。

DSC06517 (2) 

車輛は基本2階建て構造。

DSC06516 (2) 

ビジネスユースを想定してシングル個室中心の構成。残念ながら食堂車はありません。

DSC06544 (2) 

少数の「サンライズツイン」や下の写真のような「ノビノビ座席」(船の桟敷席のような感じです)もあって、様々な場面で利用できそう。

DSC06515 (2) DSC06525 (2) 

車内は狭い空間を有効活用するために考え抜かれた構造です。

DSC06520 (2) 

さて前回はB寝台「シングル」でしたが、今回は6室しかないA寝台「シングルデラックス」が取れました。

DSC06504 (2) 

DSC06514 (2) 

車内に入ると、太った人は擦れ違えないくらいの狭い通路。

DSC06543 (2) 

廊下から数段階段を上がるとそれぞれの個室の扉。テンキーで施錠出来ます。

DSC06511 (2) DSC06530 (2) 

部屋に入ると車体カーブに合わせた大きな1枚窓。2階なので視線は高めです。

DSC06512 (2) 

ベッドはもちろんですが、小テーブルや椅子、洗面台も備えられていて快適な一夜が過ごせそう。

DSC06507 (2) 

DSC06509 (2) DSC06531 (2) 

枕元にはライトやオーディオ、時計、空調などのコントロールパネル。以前あったテレビは撤去されています。スリッパ、寝間着、アメニティグッズも。

DSC06561 (2) DSC06506 (2) 

アメニティグッズの中にはシャワー室で使うシャワーカードも入っていました。シャワー室のリーダーにこのカードを通すと6分間お湯が出ます。

DSC06548 (2) DSC06540 (2) 

さてどこへ行くかって!?。

長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は5月23日水曜日に天気が崩れて寒くなりましたが、その日以外は晴れベースで連日25℃超えの日々が続きました。

今週もクリニックは比較的平穏。今どきのような“良い季節”は内科はヒマで、その分ほかの季節よりもゆっくり診療が出来ます。待ち時間も少なめで、時間帯によっては待合室で座る間もなく呼ばれて慌てて診察室に入って来られる患者さんも。

今週は診療終了後に連日のように大和市医療センターへ出向いておりました。まず5月20日日曜日は休日夜間急患診療所当番であったことは既にご報告しましたが、5月22日火曜日は大和市内科医会講演会。今回は循環器領域で小生が座長をさせて頂きましたので、少々診療終了時間を繰り上げさせて頂きました。今回は血管治療をテーマに大和成和病院内科の土井尻達記先生と外科の乗松東吾先生に講演をお願いしました。多数の先生方にご参集頂きまして深謝~。

DSC06461 (2) DSC06466 (2) 

5月23日水曜日は大和市医師会胸部レントゲン読影会に参加。北里大学呼吸器内科准教授の久保田勝先生による肺がんの解説。毎回目からウロコ!?です。

DSC06470 (2) DSC06487 (2) 

 5月25日金曜日は公益法人大和市医師会の定時総会でした。平成29年度の決算報告と平成30年度の収支予算書の説明は会計担当理事の小生のお役目。大きなトラブルもなく無事終了してホッとしました。終了後は懇親会に参加。

DSC06482 (2) DSC06490 (2) 

帰り際、相模大野駅でVSEの回送列車と遭遇。“お疲れ様”とお互いを労いながら帰宅の途に就きました。

気付けばもう今週もおしまい!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月14日月曜日からの1週間は晴れベースの天気続き。連日気温が高めで特に5月17日木曜日には29℃まで上がりました。この時期としては記録的な気温の高さだそうです。

クリニックはここのところ平穏な日々。感染症の少ない時期は予約外でいらっしゃる方が少ないので、予約時間が大きくズレ込むこともありません。それでも診療時間外は連日紹介状や診断書、意見書作成など事務仕事が多くて自由にはなりません。

5月17日木曜日は休診日でしたが、朝から校医をさせている学校の健康診断へ。1年生から3年生と特別支援学級の約380名を担当させて頂きましたが、朝8時50分からノンストップで頑張っても終了は昼過ぎになってしまいました。終了後はクリニックへ戻ってレセプトコンピュータの入替作業の立ち合い。ふ~っ。

5月19日土曜日は診療終了後に都心へ。夕方友人と神宮前で落ち合ってから銀座へ移動して会食。帰りはそれなりの時間に。

5月20日曜日は晴れ。朝は13℃、日中は21℃で爽やかな陽気になりました。天気が良かったので運動がてら街歩きに出かけました。宛もなく千代田線に乗って表参道で下車。メインストリートは当然混雑していたので、伊藤病院とアップルストアの間から裏道に入って青山北町団地の北側を東へ。いつの間にか小洒落たカフェやブティックがたくさん出来ていましたが、その並びの中ではチョッと異質な蕎麦店「しろう」でランチ。

DSC06444 (2) 

外観、内観とも古民家風で、古そうでお洒落な空間になっていました。

DSC06442 (2) DSC06443 (2) 

腹ごしらえのあとは外苑西通り沿いのアンティークショップを冷やかしてから青山通りを通って絵画館前のイチョウ並木へ。

DSC06445 (2) 

木陰は涼しくて爽快~。

DSC06449 (2) 

突き当りは絵画館。

DSC06446 (2) 

DSC06447 (2) 

並木を進み神宮球場の裏を抜けて行くとやがて工事中の大きな建物が・・・。そう、国立競技場です。

DSC06451 (2)

下の写真は千駄ヶ谷側から眺めたところ。意外に工事が進捗している様子。

DSC06452 (2) 

千駄ヶ谷駅前の喫茶店で小休止後は、代々木をかすめて明治神宮へ。

DSC06454 (2) 

明治神宮の森は別天地です~。

DSC06455 (2) 

都内に居ることを忘れさせてくれました。

DSC06456 (2) 

DSC06457 (2) 

でも原宿側の鳥居をくぐると、一気に現実世界へ引き戻されました。

DSC06458 (2) 

雑踏を通り抜けて明治神宮前駅から千代田線に乗って帰途に就きました。

帰宅後は大和市医療センターへ。今宵は大和市休日夜間急患診療所の当番でした。夜8時から11時までの勤務で受診者は僅かに13名。ここが平穏なことは多分とっても良いこと!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週後半の5月11日金曜日5月12日土曜日は両日とも晴れ。朝は10~13℃、日中は22~24℃で、前日までの不安定な天気から一転して高気圧に覆われてすっきり晴れました。

クリニックは相変わらず平穏な日々。かぜ症状の方は少なめでしたが、喉から熱を出された方はチラホラ。胸痛、動悸、息切れを訴える方も。連休が明けてから痛風発作の方が目立つのはなぜでしょうね~。

金曜日の昼は大和市健康づくり推進課による医療機関向けの特定健診・長寿健診の説明会。今年も例年通り6月から健診の季節が始まります。夜は会計士さんが来訪。土曜日の診療終了後は所用で横浜経由都内へ。

東京駅で“スーパービュー踊り子”の251系に遭遇しました。1990年のデビュー、2002年のリニューアルからも随分時間が経って、ついに先日5月8日にJR東日本から新型E261系を2020年春デビューさせることが発表されました。・・・とすると、あと2年ほどで引退!?。

DSC06431 (2) 

さて今日は先週ゴールデンウィーク中のレポートを。5月4日金曜日は晴れベースの天気で22℃まで上がりました。どこへ行っても混雑していそうでしたので、混雑とは無縁そうでかねてから訪ねてみたかった国立ハンセン病資料館まで行ってみることにしました。ご存知のように「ハンセン病」はかつては「らい病」と呼ばれ、長年に亘り国による隔離政策が取られて来ました。場所は東京都東村山市にある国立療養所多磨全生園に隣接しています。まだ医者になって間もない頃に全生園に隣接する結核研究所付属病院(現在の複十字病院)に何回か診療に行ったことがありましたが、その時にはじめて隣の広大な敷地が全生園であることを知りました。その後報道などで「らい予防法」廃止や国家賠償への動きなどは断片的に知っていましたが、訪れる機会が無いまま30年以上が経過して・・・。

登戸から南武線の府中本町へ。ここで武蔵野線に乗り換えて新秋津駅下車。

DSC06389 (2) 

徒歩5分ほどのところに西武池袋線の秋津駅があります。

DSC06390 (2) DSC06388 (2)

DSC06438 (2) 

両駅の中ほどから南へ畑の点在する市街地を抜けて行くと、多磨全生園の裏口に。

DSC06387 (2) 

入口を入ると右手に野球場とテニスコート、左手に永代神社。

DSC06372 (2) 

多くの入所者が参っていたであろう神社の周辺は静寂に包まれていました。

DSC06374 (2) 

全生園の敷地面積は357,766㎡。ピンと来ませんがとてつもなく広大であることは間違いありません。昭和22年には入所者数1221人を数えたそうです。

DSC06375 (2) 

かつては強制的に隔離収容され敷地外に出ることは禁じられていたそうです。

DSC06376 (2) 

この敷地内だけで生涯を終えた方々も数多くいらしたことでしょう。

DSC06378 (2) 

戦後治療法が確立してからも長年に亘って隔離政策が続けられ、やっと「らい予防法」が廃止されたのは平成8年のこと。驚いたことに、つい最近のことなのです。

DSC06377 (2) 

敷地内を通って資料館へ向かう道は見事な桜並木になっていました。

DSC06379 (2) 

時折ウォーキング中の地元の方と擦れ違いますが・・・。

DSC06380 (2) 

DSC06381 (2) 

資料館脇には史跡マップが掲げられていました。監房、見張所、豚舎、牛舎、礼拝堂、劇場、火葬場まで・・・。

DSC06382 (2) 

国立ハンセン病資料館は展示室、図書館、映像ホールや研修室を備えた立派な施設でした。入場は無料。

DSC06383 (2) 

館内は撮影禁止でしたが、展示は判りやすく内容は充実していました。

DSC06436 (2) 

ハンセン病の方々が偏見と差別の中で多大の苦痛と苦難を強いられて来た様子が伺え知れます。

DSC06441 (2) DSC06433 (2) 

ハンセン病に限りませんが、偏見と差別のない社会の実現のためには、客観的で正確な知識の習得が不可欠。

DSC06386 (2) 

是非、足を運ばれてみることをお勧めします~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ゴールデンウィーク明け、5月7日月曜日から5月9日水曜日にかけては低気圧や前線の通過で生憎の天気が続きました。月曜日こそ日中20℃を越えたものの、火曜日、水曜日は日中でも14~16℃までしか上がらず肌寒い~。月曜日に奄美地方、火曜日には沖縄地方が梅雨入り。

クリニックは連休明けでさぞや混雑するかと思いきや、予想外に平穏な日々でした。連休後半は気温が高かったせいか、かぜをひいた方も少なかったようです。動悸、息切れ、全身倦怠感など、体調が優れない方はちらほら。

5月8日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。会計担当理事の私めには平成29年度の決算報告という大事なお仕事がありましたが無事承認を頂けて何よりでした。5月9日水曜日の診療終了後は新百合ヶ丘のホテルモリノへ。

DSC06422 (2) 

今日は母校関連のTAMAカンファレンスに出席。演題は心臓血管外科の先生による「脂肪幹細胞の臨床再生医療」と臨床腫瘍学の先生による「地域連携で支えるがん診療~新薬への対応を含めて」の2題でしたが、自分の専門領域以外の最新知見を得られるのがこの会の魅力です。

カンファレンス終了後はOB、現役交えて遅くまで歓談。自宅に帰り着いたのは日付が変わる頃でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

新年度に入ったと思ったのも束の間、いつの間にかもう5月に突入してしまいました。月日の経つのは速いものですね~。

ゴールデンウィークの狭間の5月1日火曜日5月2日水曜日は天候に恵まれて気温も高め。世の中、9連休なんて方も少なくない様ですが、当院は例年の如くカレンダー通りに診療。でも朝の通勤電車は普段の平日よりも明らかに空いていて、スーツケースやリュックを携えた方が目立ちました。チョッと勤労意欲が低下気味!?。

クリニックは皆さん出かけてしまって閑かと思いきや結構混雑。寒暖の差が大きいためか体調が優れない方やかぜ症状の方が多め。また祝日の並びの関係か例年にも増して近隣のクリニックで臨時休診のところが多かった様で、他院かかりつけの患者さんで薬を切らして飛び込んで来られる方も少なからず。火曜日の夜は連休中にも拘わらず大和市医師会事務局で医師会会計の内部監査~。

さて今日は先日の北海道行きの続きをレポートします。前夜遅くに旭川入り。翌4月29日日曜日は快晴となりました。旭川地方の最低気温は2℃(!)、最高気温は24℃で何と気温差20℃以上。

DSC05803 (2) 

快晴の割に大雪山系が薄ぼんやりと霞んで見えるのは、ロシア極東の森林火災の影響でPM2.5濃度が上昇しているためだとか。

DSC05799 (2) 

まずは朝一番で旭山動物園へ。ここは日本最北の動物園ながら一般的な動物の姿形を見せることに主眼を置いた「形態展示」ではなく、行動や生活を見せる「行動展示」を実施して注目を集め、一時は入場者数が日本一の上野動物園に肉薄するほどに。今年の夏期開園期間が昨日始まったばかり。

DSC06293 (2) 

入園料は大人820円。園内はゴールデンウィークとあって大混雑。外国人観光客もたくさんいらしていました。

DSC05809 (2) DSC05817 (2) 

噂に違わぬユニークな展示方法。動物たちがとっても近くに感じられました。

DSC05824 (2) 

DSC05835 (2) DSC05837 (2) 

柵や水槽には各所に覗き穴があけられていて色々な角度から動物を観察出来ます。巨大なホッキョクグマも眼前に。

DSC05847 (2) 

ホッキョクギツネ、ユキヒョウ、シロフクロウなどの寒いところの動物は季節外れの暑さでぐったり?。

DSC05850 (2) DSC05877 (2) 

DSC05861 (2) DSC05863 (2) 

同じ目の高さで巨大なアムールトラが迫って来ると思わず後ずさりしてしまいます。

DSC05870 (3) 

でもチョッと近過ぎて、マーキングする習性のある動物には「お尻を向けたら要注意!」の注意を促す札が。

DSC05867 (2) 

観客の頭上にアムールヒョウ。ヒョウの肉球は初めて見たかも。

DSC05887 (2) 

DSC05884 (2) DSC05881 (2) 

さらにレッサーパンダも・・・。

DSC05855 (2) 

観客の頭上を渡り・・・。

DSC05858 (2) 

オラウータンも観客の頭上を・・・。

DSC05965 (2) DSC05955 (2) 

そして巨大なカバや・・・。

DSC05991 (2) DSC05997 (2) 

さらにヘビさえも・・・!?。当然のことながら落下物には要注意。

DSC05897 (2) 

別にジャイアントパンダのようなスーパースターや超レアな動物が居る訳ではなく・・・。

DSC05856 (3) DSC05882 (2) DSC05890 (2) 

DSC05895 (2) DSC05900 (2) DSC05905 (2) 

ゾウやライオン、サイなどのメジャーな動物さえ居ませんでしたが・・・。

DSC05904 (2) DSC05907 (2) DSC05910 (2)

DSC05911 (2) DSC05971 (2) DSC06004 (2)

何だかとっても充実感がありました。

DSC05916 (2) DSC05935 (2) DSC05938 (2) 

DSC05948 (2) DSC05967 (2) 

朝一番に入場して気付けば午後3時近くに。

DSC05984 (2) DSC05998 (2) 

う~ん、予定よりだいぶ長居してしまいました。これから美瑛、富良野方面へ向かう予定ですが、チョッと長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ゴールデンウィーク目前の4月27日金曜日4月28日土曜日は、両日とも晴れベースの天気で朝は16℃、日中は25℃近くまで上がりました。

クリニックはやはり連休を前にして“心配”になった方々で結構混雑。“連休中に悪くなったら・・・”と不安に感じるのは致し方ないこと。来て頂くことで不安が解消するならいくらでも・・・!?。

さて土曜日は診療終了後に羽田へ。途中大和から横浜まで遅ればせながら初めて相鉄の東急直通線対応の新車20000系に乗車しました。

DSC05767 (2) 

相鉄の新しいイメージカラーの濃紺色(ヨコハマ・ネイビーブルー)。

DSC05764 (2) 

荷物棚、仕切板、貫通扉にガラス板が採用されていて開放的な室内。

DSC05762 (2) 

高い天井はスッキリ。通路天井にもモニター画面が設置されていました。ドアには乗客が開閉操作出来るスイッチも。

DSC05760 (2) DSC05763 (2) 

多くの新機軸が意欲的に盛り込まれた車両とお見受けしました。

さて羽田からは17:55発のJAL557便で旭川へ。機材はボーイング737-800。19:30到着時の旭川は6℃でヒンヤリとしていました。

DSC05773 (2) 

旭川駅周辺は2011年にモダンな新駅舎が完成。さらに2015年にイオンモール旭川駅前やJRイン旭川。真新しい北彩都病院も駅前に出来て、かつて知っている旭川駅前の面影は無くなっていました。

DSC05789 (2) 

今宵は旭川市内に投宿。

DSC05796 (2) 

今回は珍しく!?“鉄”とは無縁の旅です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は天候が不安定。4月23日月曜日は曇り。朝は15℃、日中は18℃で、前日の日曜日に比べると10℃も低くなりました。

下の写真は帰宅時に出会ったGSEの姿。デビューからまだ1か月あまりですが、すっかり“日常”に溶け込みました。出合わせたホーム上の人たちがスマホをかざしてちやほやされていたのも当初だけ~。

DSC05688 (2) 

4月24日火曜日から4月25日水曜日にかけては低気圧に伴った前線の通過で天気は下り坂。特に水曜日の午前中はとんでもない大雨に。

DSC05690 (2) DSC05702 (2)

DSC05701 (2) 

クリニックは悪天候にもかかわらず結構混雑。先週末から暑くなったり寒くなったりで体調を崩した方がたくさん。先週はかぜ症状の方が少なくなっていたのに、今週に入って再び増加。喘息様の咳が止まらない方も増えました。人間なんて環境変化の前では弱い存在です。ずっと前から調子が悪かったのに“連休前に・・・”なんて方もちらほら。

火曜日の診療終了後は大和市医師会内科医会講演会。北里大学の小林清典先生による「潰瘍性大腸炎の診断と治療の最新情報」と題する消化器領域の講演でした。時々は自分の専門外の講演も聴いておかないとね~。

水曜日の昼は当医療ビル6件7科のミーティング。夜は大和市医師会事務局で医師会の決算打ち合わせ。来月は内部監査、そして総会が控えていますので、会計担当理事の私としては憂鬱な季節の到来!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週末は初夏の様な気候。4月20日金曜日4月21日土曜日も晴れて、朝は13~14℃、日中は26℃まで上がりました。

クリニックはといえば、午前中は少々混雑したものの午後からは閑散とした感じ。陽気が良くなってかぜの方が激減。さらに花粉症の方も減って、かつ特定健診が始まる前ですから、一年を通して今が一番平穏な時かも知れません。受診されるなら今のうち!?。

4月21日土曜日の診療終了後は浜松町へ。途中横浜駅で快速「ぶらり横浜・鎌倉号」に遭遇しました。4月から6月の週末に日立~鎌倉間で運転されている臨時列車ですが、車両は651系7両編成。かつては「スーパーひたち」で活躍していましたが、今ではオリジナル車の定期運用は無し。薄汚れた車体がチョッと寂しい感じでした。

DSC05658 (2) 

さて今宵は浜松町の世界貿易センタービル内の浜松町東京会館で2年に1回の母校循環器内科の同門会でした。

DSC05661 (2) 

恥ずかしながら世界貿易センタービルに来たのは小生初めて。日本にも“World Trade Center ”があったんですね(失礼~)。

DSC05667 (2) DSC05668 (2) 

40階建ての当ビルは、昭和45年3月の竣工当時36階建てだった霞が関ビルを抜いて日本一になったそうですが、それも束の間、昭和46年6月には47階建ての京王プラザホテルに日本一の座を譲り渡したそうです。明智光秀みたいな存在!?。会場は39階でしたが、今では隣のビルが眺望を遮って・・・。

DSC05662 (2) 

同門会は全国からOB・OGが多数参集。懐かしい顔ぶれが勢揃い。さらに現役医局員が一同に会して大盛況でした。

DSC05664 (2) DSC05670 (2) 

お土産は循環器内科の年報。後輩の先生方の華々しい活躍ぶりが良く判ります。

DSC05666 (2) 

次回はオリンピックの年。なんと私が次回の幹事役を仰せつかってしまいました。今からかなり憂鬱です~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は不安定な天気。4月16日月曜日は晴れのち曇り、4月17日火曜日は曇りのち雨、そして4月18日水曜日は雨のち晴れ。まさに“春に3日の晴れなし”。

クリニックは朝のうち多少混雑するものの比較的平穏な日々。かぜ症状の方も少なくなりました。花粉症はスギは終息、ヒノキもピークを過ぎて、今シーズンは既に卒業された方が多くなって来ました。私自身はまだ怖くて内服薬だけは継続していますが・・・。

4月19日木曜日は久しぶりに爽やかな青空が広がりました。朝は12℃、日中は21℃。

今日は休診日でしたが、朝から所用で外出しておりました。既にツツジはあちらこちらで開花。

DSC05638 (2) DSC05639 (2)

道すがらのケヤキの木も若葉がとっても綺麗。

DSC05643 (2) 

そして大輪の花はクレマチスでしょうか。

DSC05647 (2) 

夕方からは六本木へ。六本木ヒルズで早めの夕食を摂ったのち・・・。

DSC05648 (2) 

EXシアター六本木へ。今宵は「井上陽水コンサート2018 ROCK PICNIC」でした。

DSC05650 (2) 

なんと偶然にも私どもの座席は前から4列目のど真ん中のベストポジション!。新旧取り混ぜての15曲を堪能させて頂きました。

DSC05652 (2) DSC05655 (2) 

日中は暖かかったけれど、帰り道はまだチョッと風が冷たくて上着は必要でした。でも今週末は夏日の予報が!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は気温が高めで推移。4月9日月曜日4月10日火曜日はともに晴れて日中は18℃まで、4月11日水曜日は曇り時々雨で強風に見舞われましたが、日中の気温はそれでも20℃まで上がりました。

今週のクリニックは平穏な日々。かぜ症状の方は少なくなりましたが、気温差のせいか疲労感や息切れ、動悸、めまいなどの不定愁訴の方が多め。例年ならそろそろ花粉症の方が少なくなる時期ですが、今年はまだまだ多め。スギ、ヒノキの花粉に加えてPM2.5や黄砂が更なる増悪因子になっているそうで、最近マスコミではそれを“ハイブリッド花粉”と呼んでいるようです。確かに手強そうな命名で・・・。

4月12日木曜日。晴れ。昨日の荒天から一転、朝から晴れて気温は26℃まで上がりました。

今日は天気の良い休診日となったので五日市まで出かけて来ました。五日市は時々現実逃避のために出かけるところ。11時過ぎに到着して、まずは山菜料理の「黒茶屋」でランチ。

DSC05479 (2) DSC05467 (2) 

いつものように平日限定“お昼のお手軽コース”を選択しました。のらぼう、百合根、菜の花、蒟蒻、筍、独活、蕗、わらび・・・。今の季節ならではの味覚を満喫させて頂きました~。

DSC05457 (2) DSC05458 (2) DSC05460 (2)

DSC05463 (2) DSC05464 (2) DSC05466 (2)

その後は周辺を散策。

DSC05468 (2) 

寒くも暑くもない季節。

DSC05481 (2) 

渓流の水音を聴きながらのそぞろ歩きは爽快でした。

DSC05483 (2) 

足元を見れば春の花々が・・・。

DSC05472 (2) DSC05475 (2) DSC05490 (2)

DSC05493 (2) DSC05492 (2) DSC05494 (2)

DSC05487 (2) 

流石にまだまだ水は冷たくて足を浸ける気にはなりません。

DSC05485 (2) 

DSC05489 (2) 

新鮮な空気を思いっきり吸い込んでリフレッシュ・・・するにはまだ花粉が!?。トホホ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月6日金曜日。晴れのち曇り。朝は14℃、日中は21℃。

クリニックは午前中やや混雑しましたが、総じて平穏な日々。花粉症の方は相変わらず多めです。

夜になって前線を伴った低気圧の通過で強風を伴った雨に。昨今このパターンの荒天が多いですね~。

DSC05382 (2) 

4月7日土曜日。晴れ。朝は16℃、日中は21℃。昨夜の暴風雨は朝には上がって台風一過を思わせるスッキリとした青空が広がりました。

DSC05379 (2) 

まだ4月初旬なのにソメイヨシノはすっかり葉桜に。

DSC05381 (2) 

そんな中でまだ花を咲かせている桜が。

DSC05361 (2) 

幹に付けられた標識には“センダイヤ”とありました。センダイヤは山桜の栽培品種で、高知市内の仙台屋の庭にあったサクラを牧野富太郎博士が命名したものだそうです。

DSC05368 (2) 

カエデも花を咲かせていました。

DSC05378 (2) 

そして早くもツツジが開花!。

DSC05377 (2) 

ところで当院はこの4月で開院から17周年を迎えました。これを祝して土曜日の夜はクリニックのスタッフと都内のイタリアンのお店で食事会。

DSC05386 (2) DSC05387 (2) DSC05388 (2)

DSC05390 (2) DSC05391 (2) DSC05392 (2)

DSC05393 (2) DSC05395 (2) DSC05397 (2)

開院から17年も経ったとは俄かには信じがたいものがありますが、昨年からでも空調、レントゲン読取装置、レセプトコンピュータ、予約システム等々の更新が必要になったことが月日の流れを物語っています。

そろそろ医者も更新が必要!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月2日月曜日から4月4日水曜日にかけての新年度スタートの日々は連日晴れて日中の気温は22~25℃まで上がりました。

クリニックは気候が良くなったせいか平穏な日々。スギに代わってヒノキの花粉が飛び出したせいか、今頃になって新たに花粉症症状が出て来た方がたくさん。喘息用の長引く咳の方、健康診断の方もちらほら。

4月3日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。相変わらず議事、報告事項はたくさん。4月4日水曜日診療終了後は大和市地域医療センターで大和市医師会内科医会講演会。今宵は「糖尿病合併症としての認知症とフレイル」と題して東京医大高齢総合医学分野主任教授の羽生春夫先生による講演でした。増加の一途を辿る認知症は糖尿病と密接に関連。日々の診療現場で直ぐに役立つ知識を伝授して頂きました。

お彼岸に雪が降っていたのにここ数日は記録的に暖かい日々が続いて木々が一斉に芽吹きました。下の写真は3月17日の通勤途中のケヤキの木。

DSC04762 (2) 

3月27日にはうっすら緑に染まり・・・。

DSC05059 (2) 

3月30日にははっきり緑に。

DSC05192 (2) 

そして3月31日・・・。

DSC05193 (2) 

4月2日と更に濃くなって・・・。

DSC05338 (2) 

そして4月4日にはモサモサに。

DSC05342 (2) 

桜並木も花は散って緑に変わりました。あっと言う間に季節は巡って行きます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月31日土曜日。晴れ。朝は6℃、日中は16℃。

3月最終日のクリニックは比較的平穏。特に午後からは皆さんどこかへお出かけでしたでしょうか?。ほぼ予約時間通り診療が進みました。気温差が大きい季節は、何故だか胸部違和感や動悸、息切れを訴える方が多くなるような気がします。かぜ症状の方は少なくなりました。

診療終了後は羽田空港へ。鶴間駅ホーム脇の桜もそろそろ終わり。

DSC05195 (2) 

京急横浜駅のホーム川崎寄りには“鉄”向きの販売機?を発見しました。

DSC05197 (2) 

今日は循環器関連の講演会に出席するために福岡へ。17時発のANA265便はボーイング787でした。

DSC05199 (2) 

西日に向かって穏やかなフライト。博多上空はモヤっていました。もしや黄砂?、それともPM2.5??。

DSC05203 (2) DSC05208 (2) 

到着後は地下鉄で博多駅へ。車両はJR筑肥線に直通するブラックフェイスのJR九州305系。

DSC05212 (2) DSC05213 (2) 

DSC05230 (2) 

博多駅には別に用事がある訳ではありませんが、ここまで来たらやっぱりJR九州の車両に挨拶をしておかないとね~。

DSC05215 (2) DSC05217 (2)

JR九州は水戸岡デザインの個性的な車両ばかり。

DSC05219 (2) DSC05223 (2)

その後屋台で有名な中洲へ。水のある風景は風情があります。

DSC05245 (2) 

川辺には所々に小振りの桜がありました。

DSC05242 (2) 

DSC05249 (2) 

岸辺を屋台をのぞきながらそぞろ歩き。

DSC05233 (2) DSC05235 (2) 

DSC05236 (3) DSC05238 (2) 

今宵は博多泊まりです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月30日金曜日。晴れ。朝は9℃、日中は17℃。昨日の季節はずれの暖かさは一段落しましたが、まだ気温は高め。それでも一度暖かさに慣れてしまうと、チョッと気温が低いだけでも寒く感じてしまいますね~。

今日のクリニックはそれなりに混雑。長引く咳の方が多くなって来ました。花粉症の方は今週になって更に増えた感じ。ヒノキが飛び出したからでしょうか。

診療終了後は大和市地域医療センターへ。今日は大和市医師会への入会希望の先生と面談。早めに終了したらスケジュールが重なっていた大和市内科医会役員会に顔を出そうと思っていましたが、面談が長引いてしまってそちらは失礼してしまいました。申し訳ございません~。

さて昨日休診日の続き。朝から横浜市青葉区の寺家ふるさと村で春を満喫して来たものの、桜は少なめでしたので何となく不完全燃焼。桜はこの時期しかない!と頑張って夕方から今度は東京都世田谷区の東宝スタジオまで出直して来ました。ここは例年スタジオ付近を流れる仙川沿いの桜のライトアップをして下さるのですが、今年は3月31日から4月4日の予定。残念ながら私はその期間は予定が入っていて来れそうもありません(以前のライトアップの様子はこちら→)。

DSC05179 (2) 

上流側から下流へ向けて川沿いを散策。

DSC05136 (2) 

枝垂桜や大島桜も満開。

DSC05144 (2) DSC05146 (2) 

川側へ延びた大きな枝が見事です。

DSC05148 (2) 

DSC05152 (2) 

コサギやヒドリガモ、カルガモ、コガモの姿も。

DSC05155 (2) DSC05142 (2)

例年ライトアップされるスタジオ付近は左右から枝が延びてトンネル状。

DSC05157 (2) 

ライトアップが無くても十分見応えがあります。

DSC05159 (2) DSC05161 (2) 

DSC05164 (2) 

ライトアップ時は大混雑になりますが、今日ならのんびりお花見が出来ます。

DSC05165 (2) 

DSC05186 (2) 

1日で2カ所ハシゴしたのでチョッと疲れましたが、今年も十分に桜を堪能したのでした~。ゲップ!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は晴れベースの天気が続いて気温も高め。日中は20℃前後まで上がりました。

先週3月24日土曜日に東京で史上3番目に早くソメイヨシノが満開になりましたが、今週に入って3月26日月曜日には大阪で史上最速、そして3月27日火曜日には横浜でも満開になりました。

そんな中、今週のクリニックはそれなりに混雑気味。暖かくなったのに気温差が大きいからか、かぜ症状の方はそれなりに多め。花粉症の方は相変わらず。喘息様の咳の方がちらほら。インフルエンザの方は皆無でした。時節柄か健康診断の方が多くなりました。

3月27日火曜日の昼は会計業務で大和市医師会事務局へ。夜は大和市地域医療センターで診療報酬点数改定説明会。今回は改定内容が膨大で説明会も2時間弱の長丁場に。3月28日水曜日は休日夜間急患診療所の当番。季節が良くなって受診患者さんは少なめでした。やはりインフルエンザの方はいらっしゃいませんでした。

先週後半からは出勤途上でお花見の毎日。

DSC05042 (2) 

毎年同じ光景の繰り返しのはずですが、毎年感動するのは日本人だからでしょうか。

DSC05045 (2) DSC05050 (2) 

DSC05054 (2) 

DSC05058 (2) 

帰り道、暗い夜道で眺める桜はまた違った雰囲気。

DSC05060 (2)

街灯の色によって全く違った色合い。

DSC05064 (2) 

DSC05062 (2) DSC05074 (2) 

今年はヤマブキの開花も例年よりも早い様です。

DSC05081 (2) 

帰宅時もさほど寒くないので夜桜見物も快適。明日はさらに気温が高くなるそうで~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 

今週は天候が不順。3月19日月曜日は曇りのち雨で、朝は9℃、日中は18℃まで上昇。翌3月20日火曜日は雨のち曇りで朝は8℃だったのに湾岸低気圧の通過とともに北から高気圧が張り出して夜に向けて気温はグングン低下。これだけ気温差が大きいと体調管理が大変ですね~。

DSC04814 (2) DSC04819 (2)

クリニックはほどほどの混雑。かぜ症状の方と花粉症の方が多め。中には肺炎の方や久しぶりにインフルエンザの方もいらっしゃいました。なぜか動悸や胸痛を訴える方が多くて、検査が立て込みました。肺炎球菌ワクチン接種の年度内駆け込みの方もチラホラ。

下の写真は今週通勤途中で見かけた春の訪れを告げる花々の姿。

DSC04780 (3) DSC04782 (2)

気付けばもうお彼岸。季節は確実に進んでいます。

DSC04785 (2) DSC04790 (2) 

DSC04804 (2) DSC04806 (2) 

本日午後から新たに受付カウンター上に診療状況をお知らせするためのモニターが登場!。でもスタッフが上手く使いこなせるようになるまでは少々お時間を頂くことになるかも知れません。

DSC04817 (2) 

先週末に予約システムも更新しました。予約画面がチョッと見やすくなったはず。

インフルエンザの流行が落ち着いて特定健診が始まるまでの期間が1年でもっとも落ち着く期間。この時期にいろいろと機器の更新を企てております~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月16日金曜日。曇りのち雨。朝は13℃、日中は17℃。午後からは雨が降り始めて気温がみるみる低下。夜はヒトケタまで下がりました。

クリニックは今日も平穏。特に冷たい雨になった夕方には待合室はガランとしました。入って来る患者さんは口々に“こんなに待たないの初めて”とか“今日やってますか?”とか“今はお休み時間ですか?”とか・・・。いやいや季節が良くなって来ると例年こんなもんなんですよ~。

3月17日土曜日。晴れ。朝は3℃、日中は11℃。天気は回復したものの気温は冬に逆戻り。

クリニックは天気が回復したせいか比較的混雑。花粉症で苦しむ方が多め。年度変わりで転居される方も多い季節。紹介状を希望される方もちらほら。

一昨日は高知、昨日は宮崎、そしてついに本日東京でも桜の開花宣言が発表されました。平年より9日早いそうです。

朝の通勤時に桜並木を見上げると、自宅近くでもだいぶ蕾が膨らんでいました。

DSC04760 (2) 

もう一息でしょうか。

DSC04761 (2) 

ふと視線を下すと古木の幹に小さな花が!。

DSC04759 (2) 

来週末には見頃になるでしょうか。

花粉さえ無ければとっても良い季節なんですけどね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は晴れベースの天気が続いて次第に気温が上昇。日中の気温は3月12日月曜日は13℃、3月13日火曜日は18℃、そして3月14日水曜日は20℃まで上がりました。

クリニックは気候が良くなって平穏な日々。長引くかぜ症状の方がちらほら。流行に乗り遅れまいと(!?)いまだに時折インフルエンザの方がいらっしゃいます。気温の上昇とともに花粉症の方は激増。私も連日内服中~。

月曜日の帰宅時は19時48分の桜ケ丘~高座渋谷間で発生した人身事故で大和で折り返し運転中でした。とほほ~。

DSC04713 (2) DSC04716 (2)

火曜日は診療終了後は大和市地域医療センターへ。4月から始まる大和市がん検診の説明会でした。水曜日の昼は当医療ビル6件7科のミーティング。

近所では早咲きのオカメザクラが満開でした。

DSC04724 (2) 

オカメはカンヒザクラとマメザクラを交配して作られた品種。

DSC04718 (2) 

ソメイヨシノの蕾をだいぶ膨らんで来ました。本格的な春はもう間近。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月9日金曜日は雨のち曇り。朝は15℃、日中は12℃。前日からの雨は夜半の低気圧の通過に伴って関東では今年一番の大雨になりました。大和市でも引地川の洪水が心配されるほどに。朝の小田急線は速度規制で遅れが出ていてロマンスカーは運休になっていました。翌3月10日土曜日は曇りのち晴れで、天気は回復に向かいましたが、朝は6℃、日中は12℃。暖かくなったり寒くなったりで、薄着で良いのか厚着が必要なのか戸惑いますね~。

週末のクリニックはそれなりの混雑。一時のインフルエンザ・ラッシュは鳴りを潜めましたが、かぜ症状の方は依然として多め。花粉症で苦しむ方が多数。

土曜日の診療終了後は所用で横浜へ。東口で用事を済ませてからみなとみらいで会食。

下はランドマークから見た夕景。

DSC04702 (2) 

横浜市の日の入りは17時45分頃。

DSC04701 (2) 

あっと言う間にとっぷりと・・・。

DSC04706 (2) 

春の日だってやっぱり釣瓶落とし(!?)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は不安定な天気。3月5日月曜日の午後から3月6日火曜日の未明にかけては激しい雨。3月7日水曜日は一時青空が見えたものの、また3月8日木曜日は終日雨になりました。気温も月曜日は朝から12℃、日中は16℃まで上がったのに水曜日、木曜日は真冬の気温に逆戻りして、特に木曜日は日中でも6℃止まりでした。

クリニックはこんな不安定な気候のためか、かぜ症状の方がたくさん。先週末は気温が高くて強風だったために花粉が大量に飛散。そのため花粉症の患者さんの中には昨年効いていたお薬で抑えきれないと受診される方がちらほら。水曜日はなぜか連続して胸部の違和感や動悸を訴える方がいらっしゃって検査が立て込みましたが、これも気候の影響でしょうか。

先日近所の書店で「資料原版復刻全国蒸気機関車配置表」(徳永益男所蔵、松本謙一解説。イカロス出版。2018年1月31日発行)を見つけました。

DSC04690 (2) 

中を見ると・・・薄汚いコピーに何やら意味不明の数字と記号の羅列!?。

DSC04696 (2) 

いやいや、これはとっても貴重な資料。昭和6・13・19・24・30・34・44年の蒸気機関車配置表なのです。

特に戦時中の資料は極秘扱い。昭和19年の配置表にはどのページにも“省外極秘”とか“軍資秘”のスタンプが押されていて時代背景が推察されます。樺太鉄道局の配置表も。

DSC04694 (2) 

この本の私なりの楽しみ方の1例を呈示しますと、例えば下の写真は昭和50年3月に私が北海道の岩見沢第一機関区で撮影した9600型蒸気機関車59610号機の最晩年の姿。大正10年11月に川崎造船所(兵庫)で新製され札幌管内に配属て以来、昭和50年8月に廃車されるまで一貫して北海道で活躍した機関車です。

img161 (2) 

昭和6年の配置表で探すと、根室本線の新得機関区に59610の数字を見つけました。新得機関区は根室本線最大の難所、狩勝峠越えのための前線基地でしたので、日夜峠越えに活躍していたことでしょう。

DSC04698 (2) 

昭和13年、昭和19年の配置表ではそのまま新得機関区に残存していましたが、戦後の昭和24年の配置表では富良野に移動になっていました。元の新得機関区には新鋭強力機D51が配置されており、狩勝越えの職を追われたのでしょうが、根室本線や富良野線でのんびり過ごしていたのかもしれません。さらに昭和30年の配置表では道央の岩見沢機関区へ移動となっています。

DSC04699 (2) 

以後は終生岩見沢機関区で過ごしていたようですが、昭和34年の配置表では昭和30年には無かった数字に付けられた符号によって機関士座席が右側に改造され、動力逆転機と煙除けが装備され、入換専用機になったことが判ります。少なくともこの頃からは本線運用に就くことなく黙々と岩見沢構内で入換作業をこなす日々を送っていたのでしょう。そして廃車目前に私が巡り合ったというわけ・・・。

人それぞれにドラマがある様に、機関車1台1台にもドラマがあります。そんなことを空想しながら数字と記号の羅列を眺めていると、瞬く間に時間が過ぎて・・・。何と不健康で非生産的なこと!。鉄道とはまさしく金を失う道であります。

それにしても国鉄営業線から蒸気機関車が消えてから40年以上が経過。今さらこのような本を出版して営業的に成り立つのでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月に入った途端に気温が上昇して春めいた日々。3月2日金曜日3月3日土曜日は14~15℃、3月4日日曜日は19℃まで上がりました。

クリニックはインフルエンザの方はもはや珍しい存在になりましたが、花粉症で苦しむ方が激増。1階の耳鼻科さんも凄まじい混雑ぶりの様でした。

3月2日金曜日の診療終了後は横浜へ。ホテルニューグランドで開催された高尿酸血症関連の講演会に出席。その道の大家の先生が最新の知見を判りやすくご講演下さり、とっても勉強になりました。

3月3日土曜日の診療終了後は所用で東京へ。東京駅のホームで「スーパービュー踊り子」の251系に遭遇しました。久しぶりにじっくり眺めてみましたが、見れば見るほど特徴的な形態。1990年の登場からだいぶ時間が経ち、そろそろ行く末が心配になる頃です。

DSC04657 (2) 

3月4日日曜日は朝から神田へ。日曜日の朝とあって流石に神田小川町交差点あたりも静か。

DSC04659 (2)

今日は「健康長寿社会を目指して」というセミナーに参加して来ました。循環器学会、腎臓病学会、糖尿病学会のそれぞれ重鎮の先生方の講演とパネルディスカッション。今後の課題が浮き彫りに・・・。

講演会終了後は歩いて小川町から靖国通りを駿河台下へ。

DSC04663 (2) 

三省堂書店や書泉グランデに立ち寄って時間調整のあと、さらに歩いて九段下へ。気温が上がって汗だく。さらに強風のために大量の花粉が飛散した様子で目と鼻が~。

DSC04671 (2)

坂道を上がり北の丸公園の田安門をくぐって日本武道館へ。

DSC04670 (2) DSC04668 (2) 

今日はオールナイトニッポン50周年記念「あの素晴らしい歌をもう一度コンサート」を観覧にやって来ました。午後4時開演。

DSC04665 (3) 

出演は泉谷しげる、イルカ、宇崎竜童、太田裕美、尾崎亜美、海援隊、きたやまおさむ、坂崎幸之助、藤井フミヤ、南こうせつ、森山良子、渡辺美里・・・。

50年前に深夜放送を聴いていたかつての“若者”たちが参集しておりましたが、周囲を見渡せば皆さん立派な大人(!?)になっておりました。オープニングはきたやまおさむの“帰って来たヨッパライ”。

DSC04679 (2) 

公演中は当然写真撮影禁止でしたが、泉谷しげる出演中のみご本人の“写真撮っていいぞ~”の掛け声で一斉に写真撮影。本当に良かったのでしょうか??。

DSC04682 (2)

休憩を挟んで延々4時間の長丁場でしたが、時間を忘れさせてくれるひと時でした。でもお尻が痛い・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月の最終週、2月26日月曜日から2月28日水曜日にかけては晴れたり曇ったりのやや不安定な天気。それでも朝の気温は0℃、日中の気温は10℃を下回らなくなりました。

クリニックはといえば、インフルエンザの方は日に日に減少。それと引き換えに花粉症の方が急に増えて来ました。いよいよ本格的な花粉の季節の到来です。スギのみの方は桜が散る頃まで、ヒノキもある方はゴールデンウィーク明けまで、辛いトホホの季節が続きます。時節柄か健康診断を希望される方も増えて来ました。

診療終了後は2月26日月曜日はクリニックに来客、2月27日火曜日は二子玉川で開催された動脈硬化をテーマにした第8回SKY Conferenceに出席。

DSC04647 (2) DSC04648 (2)

今宵は「大動脈疾患治療の進歩」と題して聖マリアンナ医大心臓血管外科の西巻博先生による講演。会場のエクセルホテル東急30階からの多摩川周辺の夜景は見事でした。

DSC04650 (2) 

2月28日水曜日は大和市地域医療センターで開催された第181回大和市胸部レントゲン読影会に参加。北里大学呼吸器内科の久保田勝先生による症例呈示。胸部レントゲンはごくごく普通の検査法のひとつですが、写真の見方によっては見えないものが見えてくる(!?)奥の深~い検査法。時々ブラッシュアップしておかないとね~。

気付けば2月も終わり。明日から3月ですが天気は下り坂の様子。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月19日月曜日から2月21日水曜日にかけては連日晴れのち曇りの天気。少しだけ寒さが緩んで日中10℃を越える日もありました。

クリニックはかぜ症状の方がたくさん。それでもインフルエンザの方はだいぶ少なくなりました。健診で引っ掛かって再検査を希望される方が増えて来たのは年度末が近付いて来たからでしょうか。

大和市から接種対象年齢の方へ通知があったようで、肺炎球菌ワクチンの接種を希望される方が急に増えました。当院では予約で接種致します。3月末までですのでご希望の方はどうぞお早めに。

2月19日月曜日の診療終了後は大和市医師会の予算委員会。2月20日火曜日の昼は大和市医師会事務局で会計業務。2月21日水曜日は昼は当医療ビルのミーティング、夜は横浜へ。工事中の横浜駅はだんだん背が伸びて来ました。

DSC04509 (2) 

東日本大震災の影響を受けて当初より完成が遅れるそうですが、2020年のオリンピックまでには完成の予定とか。

今宵は高血圧関連の講演会に出席させて頂きました。最近降圧剤の新薬が無いためか高血圧関連の講演会は久しぶり。 明日からの診療に役立つ知識を仕入れさせて頂きました~。

DSC04512 (2) 

帰宅時に女子パシュートで金メダル獲得のニュースを知りました。現在金3、銀5、銅3と素晴らしい成績。先日開会式だと思ったら今週日曜日にはもう閉会式!?。光陰矢の如し。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月17日土曜日。晴れ。朝は0℃、日中は12℃。

今日のクリニックは比較的平穏。予約時間に大きな遅れも無くて淡々と診療が進みました。

診療終了後は羽田空港へ。今日は女満別空港へ飛んで昨年中途半端に終わってしまった流氷見物のリベンジをするつもりでした。羽田には余裕をもって到着。

24番のボーディングブリッジでは搭乗機の準備は万端。

DSC04492 (2) 

ところが搭乗時刻になって女満別空港が猛吹雪のため天候調査中との放送が入り、やがて恐れていた事態に!!。

DSC04494 (3) DSC04497 (3) 

今まで私自身は1972年に宮崎から東京へ帰る際のハイジャック事件による羽田空港閉鎖時と1994年の留学中にプエルトリコからボルチモアへ戻る際に大雪でボルチモア・ワシントン国際空港が閉鎖になった時くらいしかキャンセルの経験ありませんでしたので、今回のキャンセルは今までの人生で3回目の貴重な体験!。

DSC04495 (2) 

相棒と2人でキャンセルの諸手続きを済ませてから、そのまま帰宅する気にもならず、何故か元麻布の東郷さんで夕食を摂ることに!?。

DSC04498 (2) DSC04499 (2) DSC04500 (2)

いつもの様に少量多品種のヘルシーな内容。

DSC04502 (2) DSC04503 (2) DSC04504 (2) 

春らしさを演出したメニューを堪能させて頂きました。

DSC04505 (2) DSC04507 (2) DSC04508 (2)

-10℃に備えて着込んでいたせいか、妙に蒸し暑く感じられた一夜でした!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月16日金曜日。晴れのち曇り。朝は1℃、日中は9℃。

クリニックはほどほどの混雑。インフルエンザの方は先週から激減して、ここのところはポツリポツリといった感じです。気温の変化が大きくなってきたせいか、はたまた花粉の季節に差し掛かったせいか、長引く咳の方が多くなって来ました。

本日、小田急の新型ロマンスカー70000形にお初にお目にかかりました!。早朝にこっそり試運転をしている様子。

DSC04488 (2) 

愛称はGSE(Graceful Super Express)。2階に運転席、1階に展望席という小田急伝統のスタイルを踏襲。大きな1枚ガラスで前面展望はとっても良さそうです。

DSC04489 (2) 

3月17日に正式デビューの予定ですが、その前に2月25日に試乗会、3月10日にお披露目会が設定されています。

私も試乗会に応募しましたが、待てど暮らせど案内状が届きません・・・(涙)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週末は天気が下り坂。2月9日金曜日は晴れましたが、2月10日土曜日は夜になって雨が降り出しました。いよいよ平昌オリンピックが金曜日から開幕!。

クリニックはインフルエンザの方がビックリするくらい減りました。水曜日までは“次々”って感じでしたが、金曜日、土曜日はポツリポツリに。このまま終息してくれそうです。金曜日の診療終了後は税理士さんが来訪。土曜日の診療終了後は暗くなるまでひたすら事務仕事~。

さて今日は今更ですが1月14日日曜日の松本行きのレポートが残っておりました。松本までE351系スーパーあずさの乗り納めをしてから姨捨まで足を延ばし、帰りは新鋭E353系の初乗りです。

現在書店に並んでいる「とれいん」誌の表紙はそのE353系。

DSC04189 (2) 

E353系は昨年12月23日にデビュー。当面は4往復の「スーパーあずさ」に充当されていますが、来る3月17日のダイヤ改正ですべての「スーパーあずさ」がE351系からこのE353系に置き換えられる予定です。

今回は松本発14時49分の「スーパーあずさ22号」に乗車。ホームで待っていたら駅西側の留置線から北へ向かってE353系編成がそろりそろりと出て来ました。

DSC04135 (2) 

デビュー直後とあって足回りもピカピカです。

DSC04136 (2) 

そして長野方から2番線に入線して来ました。

DSC04138 (2) 

先頭部は近未来的プロフィール。前照灯も尾灯もLEDが並んでいます。

DSC04142 (2) 

前面にヘッドマークやシンボルマークらしきものはなく、E353のロゴのみ。列車が入って来た時に列車名が判らないのは何となく寂しい感じ。

DSC04143 (2) 

連結時に扉が開いて貫通式になるのは、連結部の基本編成新宿方と付属編成松本方のみで、最前部、最後部は扉のようなデザインですが実際は開きません。

DSC04144 (2) 

DSC04150 (2) DSC04160 (2)

編成は基本編成9両+付属編成3両の12両。うち1両がグリーン車。

DSC04159 (2) 

普通車のシートはブルー系。枕は上下可動式。シートピッチは960mm。室内照明はLEDによる間接照明。空調は個別吹き出しで、座席ごとに風向と風量調節が可能。全席に電源コンセントが設置されています。

DSC04156 (2) 

グリーン車のシートは赤系。普通車より重厚なシートでシートピッチも1160mmと200mm広くなっていますが、料金ほどの居住性の差は無いかも。

DSC04157 (2) 

多目的室や大型車椅子対応トイレ、もちろんAEDも完備されています。

DSC04158 (2) 

DSC04163 (2) 

DSC04165 (2) 

DSC04164 (2) 

14時35分、隣のホームにはE351系の「スーパーあずさ15号」が到着。

DSC04146 (2) 

E353系に比べてみれば確かに古ぼけた感じに見えますが、そのスタイリングは今もってなかなかのもの。

DSC04149 (2) DSC04162 (2) 

さてE353系「スーパーあずさ22号」は14時49分に松本を発車。もちろん滑り出しはスムーズで音も静か。乗り心地は悪くありません。でもカーブにさしかかると、E351系は制御付自然振子制御方式で最大車体傾斜角度5度なのに対してE353系は空気ばね式車体傾斜方式で1.5度に抑えられているせいか、カーブでの線路への追従性はE351系の方が滑らかな感じ。線路の軋み音もE351系の方が少ないような・・・。もちろんインテリアに関しては新しいE353系の方が現代のニーズにマッチしていて快適。室内空間もだいぶ広く感じます。気付けば早くも甲府盆地にさしかかって、車窓には雪を冠った富士山の姿が。

DSC04169 (2) 

新宿着は17時24分。乗客が降りると直ちに清掃作業に入って18時00分発の「スーパーあずさ29号」として松本へ折り返します。

E351系は現在次々に長野工場で解体中だそうです。時の流れは速いもので、JR化後に誕生した車両も引退の時期を迎えました・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半、2月5日月曜日から2月7日水曜日にかけては連日冬晴れ。朝は-2~-3℃の厳しい寒さが続きました。日本海側、特に福井や石川では1981年(五六豪雪)以来37年ぶりの記録的豪雪となって、福井県内国道8号線の車両立往生は2日以上にわたったそうです。いやはや・・・。

DSC04389 (2) 

クリニックは相変わらず午前中を中心とした混雑続き。やはりインフルエンザの方が多めでしたが、明らかに峠は越えた感じです。晴れ続きのせいか花粉症対策を所望する患者さんも増えて来ました。

月曜日の診療終了後は横浜へ。循環器関連の講演会に参加させて頂きました。火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。

横浜駅で遭遇した7000系は東急への直通用の新型車両20000系によって置き換えられる予定。

DSC04387 (2) 

寒さももうしばらくでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月3日土曜日。曇りのち晴れ。朝は-1℃、日中は8℃。

クリニックは朝のうちは混雑していましたが“朝の波”が過ぎ去れば比較的平穏な土曜日でした。今日は花粉症のお薬も一緒に所望される方がちらほら。インフルエンザに気を取られているうちに花粉症シーズンがいつの間にか目前に。そちらの対策もそろそろですね~。

診療終了後は新百合ヶ丘へ。今宵は駅前のホテル・モリノで、私が大学院時代にお世話になった恩師の先生を囲む会に参加させて頂きました。

DSC04322 (2) 

インフルエンザで欠席の方もいらして最終的に12人が参集。でも時間を過ぎても主賓の姿が見えません!?。連絡を取ったら失念されてご自宅に!。そんな訳でだいぶ遅れて主賓が到着~。齢93歳になられますが、年齢を感じさせぬお話しぶりと健啖ぶりに30年前の様々な思い出が蘇って参りました。不肖の弟子である私、学問的な面は無理でも達観した人生のあり方は少しでも見習いたいと思っておりましたが未だ叶わず・・・。

夜10時過ぎにお開き。とっても良い会でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月2日金曜日。雪のち曇り。朝は-1℃、日中は4℃。昨夜遅くから降り始めた雪は朝方まで。

天気図は最近よく見るパターン。先週22日ほどではありませんでしたが、朝の通勤時にはそれなりの積雪になりました。

DSC04305 (2) DSC04293 (2) DSC04296 (2) 

クリニックは、雪にもかかわらず朝から相変わらずの混雑。前回の雪に比べればこれしき!?。

DSC04315 (2) 

インフルエンザの流行は1月28日までの1週間で推計274万人と前週よりはやや減少に転じましたが、まだまだ油断出来ません。当院の状況も明らかに流行のピークは越えた感じですが、今年は「初めてインフルエンザに罹りました~」なんて方が多め。そのせいか発症からだいぶ時間が経ってから受診される方がしばしばですが、熱が出てから48時間を経過するともはや抗インフルエンザ薬は役に立ちません。どうぞ早めに受診して下さいませ~。

帰り道はもう足元の心配が要らなくなっていました。ふと気付けば街中のコブシの木の花芽が膨らんで・・・。

DSC04321 (2) 

寒くても着実に春は近付いている様子。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月の最後の週、1月29日月曜日から1月31日水曜日にかけても相変わらず冬型の気圧配置が続き、天気は晴れベースながら寒さが厳しい日々。連日朝は-2~-3℃まで下がりました。

クリニックは相変わらずインフルエンザの方々がたくさん。インフルエンザ迅速診断検査は元来皆さんにやらなければならない検査ではないのですが、昨今は検査をしなければ、ご本人やご家族、学校、勤務先などが許して下さらない雰囲気。検査結果は偽陰性も少なくないので、症状は明らかなのに検査が陰性の場合は困ったことに。検査をやるかやらないかも含めて、医師の“裁量”をお許し頂ければと常々・・・。

1月31日水曜日の夜は皆既月食。20時48分に欠け始めて21時51分には皆既食。ちょうど帰宅時、鶴間駅から空を見上げると欠け始めたところ(21時13分)。

DSC04275 (2) 

自宅の最寄り駅で降りて自宅まで歩いている時に空を見上げたら、赤くなっていました!(22時10分)。

DSC04291 (2) 

なかなか幻想的。この後は23時8分から元に戻り始めて0時12分に完全に元に戻るそうです。

私のコンパクトデジカメでの手持ち撮影ではこの程度が限界です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週後半も相変わらずの極寒状態。1月26日金曜日1月27日土曜日も晴れて朝は-4~5℃。月曜日の雪がまだまだ溶けません。

下の写真は土曜日の朝、通勤時の電車内から見た日の出。寒さが厳しいほど綺麗に見えます。

DSC04262 (2) 

インフルエンザは前代未聞のA型、B型の同時流行で相変わらず猛威を奮っていますが、報道では15~21日の1週間で過去最高の推定患者数283万人を記録したとのこと。

1月27日土曜日の夜は大和市休日夜間急患診療所の当番でしたが、受診者数70名のうち58名にインフルエンザ迅速診断検査を実施。そのうち34名が陽性で、A型10名、B型24名でした。発症早期の方にも積極的に検査をしたので、偽陰性の方も多く実際の患者数はもっと多いかもしれません。

まれに熱以外の“息苦しい”とか“めまい”とか“血圧が心配”とかで受診された方がいらっしゃいましたが、救急待合室は四方八方インフルエンザの方ばかり。お土産にインフルエンザなんてことにならなければ良いのですが・・・とっても心配です。

まだしばらくは要注意です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月22日月曜日の午後から降り出した雪は1月23日火曜日の未明には止みましたが、朝は-5℃まで冷え込んだために路面はカチコチ。

DSC04234 (2) 

駅までの道のりはツルツルのためかなりスリリングでした。

DSC04236 (2) DSC04238 (2) 

DSC04235 (2) 

クリニックはそんな訳で足元の悪かった1月23日火曜日の午前中は患者さんが少なめで比較的平穏でしたが、雪解けが進んだ午後からは結構な混雑に。さらに1月24日水曜日は雪解けが進んだのと近隣医療機関が休みのところが多いことが重なってか、終日とんでもない混雑になりました。昨今はかぜ症状を訴える方の半数以上がインフルエンザ。関東一円インフルエンザ流行警報レベルに達したそうです。感染性胃腸炎の方もさらに増えて来ました。

1月25日木曜日は休診日。強い冬型の気圧配置で晴れ続きの日々ですが、次第に寒さが厳しさを増して今朝は-8℃、日中でも4℃までしか上がらず。昭和45年以来48年ぶりの記録的な寒さになりました。

近所でも北側の道路は雪解けが進まず。

DSC04239 (2) 

DSC04240 (2) DSC04241 (2) 

今日は午後から原宿の太田記念美術館へ。裏通りに入ると表通りの賑やかな雑踏がウソのようです。

DSC04245 (2) 

ここは浮世絵専門の美術館。今は「明治維新150年 幕末・明治 激動する浮世絵」展を開催中。

DSC04244 (2) 

浮世絵というと江戸時代を思い浮かべますが、文明開化、明治維新や日清、日露戦争など、近代化の道を突き進む世相を巧みに描いた作品の数々が浮世絵のイメージを変えてくれます。2月25日まで。

DSC04250 (2) DSC04247 (2) 

帰りに寒くてたまたま立ち寄ったDouble Tall Cafe。場所柄あまり期待していなかったのに(失礼!)、意外に本格派で美味しいコーヒーにビックリ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月22日月曜日。曇りのち雪。朝は1℃、日中は3℃。低気圧の通過に伴って昼前からみぞれ、そして午後から本格的な雪になりました。関東一円に大雪警報発令!。

クリニックはといえば朝から大混雑。この週末でかぜをひいた方やインフルエンザにかかった方に加えて、“雪が降り出す前に”と、本来は今日の午後や明日の予約の方々までが今日の午前中に集中。時間帯によっては一時は2時間半待ちに~。やっと午前中の診療が終わって外を見たら・・・!。

DSC04205 (2) 

案の定、午後からは一転して閑散。それでもポツリポツリと重装備で雪中行軍でいらっしゃる方々が。決して早仕舞いしてしまう訳にも行きません。

帰りの江ノ島線の電車は1時間以上の遅れでしたが、健気にそろりそろり動いていました。

DSC04213 (2) 

普段は客待ちのタクシーが行列している駅前通りも閑散。

DSC04220 (2) 

まるで雪国の様な光景。

DSC04224 (2) 

いつもと違う風景をチョッと愉しみながら・・・。

DSC04225 (2) DSC04226 (2) 

ヨチヨチ歩いて帰宅しました。

DSC04230 (2) 

DSC04228 (2) DSC04232 (2) 

明朝の凍結がとっても心配~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月19日金曜日1月20日土曜日は両日とも晴れ。朝は3℃、日中は10℃。

今週後半もクリニックは相変わらずの大混雑。インフルエンザの方が引っ切り無しに来院されました。中にはご家族複数で罹られて一緒にいらっしゃる方も。

皆さん、熱が出たら朝一番に来院されたいお気持ちは分かりますが、チョッとだけズラして頂くと待ち時間が減るかも。午前中は大混雑でも午後からは待ち時間無しなんて時間帯もありますので~。

土曜日の診療終了後は渋谷へ。いつもの様に渋谷駅周辺は恐ろしいほどの混雑ぶり。

DSC04181 (2) 

近年の渋谷の変貌ぶりは著しいものがありますが・・・。

DSC04185 (2) 

高校時代は勝手知ったる通学路でしたので、銀座線のガードと東急東横店がランドマークとして残存する間は方向を見失うことは無さそうです。

DSC04182 (2) 

さて今宵はその高校のクラス会でした。いつの間にか卒業後40年(!)もの歳月が経過。半数以上が参集しておりましたが、卒業以来会っていなかったメンバーもチラホラ。かつての紅顔の美少年、美少女たちも還暦直前ともなればそれなりの進化(?)を遂げていて、直ちには識別困難なケースも。でも話をすればたちまち40年前に遡って・・・。

二次会はカラオケボックスへ。このメンバーだと全て知っている曲で安心!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半、1月15日月曜日1月16日火曜日は晴れて朝は-1~0℃、日中は12~13℃でしたが、1月17日水曜日は昼から雨になって寒さは緩み、朝は7℃、日中は14℃でした。つい先日正月だったのに気付けばもう1月半ば。“あけまして・・・”なんて挨拶が何だか間の抜けな感じになって来ました。

今週のクリニックも大混雑。かぜ、感染性胃腸炎、インフルエンザの方に加え、血圧や不整脈、健診の再検査、更には早くも花粉症症状を訴える方も。インフルエンザはいよいよピークが近付いて来た感じ。A型が優勢になりましたが、まだまだB型も負けてはいません!?。

あるA型インフルエンザを発症された奥様が「主人にうつしたら大変なのでタミフルを出してもらえませんか?」とのご要望。お気持ちは分かりますが、予防投与の対象は原則として発症患者さんに同居している高齢者(65歳以上)、慢性呼吸器疾患または慢性心疾患患者、代謝性疾患患者(糖尿病等)、腎機能障害患者さんに限られ、さらに予防目的で使用するタミフルはすべて保険適応外になります。もちろん診察しないで処方箋を交付することは禁じられています。どうぞご勘弁下さいませ~。

さて今日は1月14日日曜日の続きを。E351系の乗り納めでスーパーあずさ5号で松本に10時38分に到着。折角ですので篠ノ井線に乗り継いで日本三大車窓の一つである姨捨まで足を延ばす予定。

DSC04066 (2) DSC04072 (2) 

入線して来た11時09分松本発の篠ノ井線長野行きはE127系100番台の2両編成でした。平成10年営業開始のJR世代の車両です。

DSC04067 (2) 

休日のせいか、長野まで遊びに行く若者で車内は一杯でした。松本、長野の2大都市を結ぶシャトルにしては2両では足りないのかも。松本を発車すると北アルプスを遠望しながら松本盆地を抜け、単線なので時折対向列車待ちをしながら高度を上げて冠着峠越えへ。

DSC04074 (2) 

聖高原、冠着、姨捨と進むと、次第に雪が多くなって来ました。

DSC04075 (2) 

冠着トンネルを抜けて姨捨駅が近付いて来ると・・・。

DSC04076 (2) 

進行方向右手にスイッチバックの引き上げ線が。

DSC04077 (2) 

さらに進むとポイントが見えて来ました。

DSC04078 (2) 

右に岐れて下って行くのが通過線。蒸気機関車の時代とは変わって車両性能が良くなった現在ではスイッチバックを必要とする車両は皆無。駅に停まらない通過列車はスイッチバックを使わずにここを通過して行きます。

DSC04079 (2) 

本線上にはホームは設置されておらず通過列車はホームに入りません。姨捨駅に停まる列車だけが左上のスイッチバック引き上げ線に入ります。

DSC04080 (2) 

引き上げ線を上がって行くと姨捨駅のホームが見えて来ました。ここだけが水平。

DSC04081 (2) 

山影に入っているせいか、ホーム部分は雪に覆われていていかにも寒そう。

DSC04082 (2) 

11時52分姨捨駅に到着。下車したのはわれわれ2人のみでした。

DSC04083 (2)

ここで進行方向を変えてバックで発車。運転士は前へ移動することなく、後部運転席から身を乗り出して前方を注視しながらの逆行運転です。

DSC04084 (2) 

先ほどの引き上げ線に入って再度進行方向を変えて、姨捨駅ホームの下方を篠ノ井方面へ下って行きました。

DSC04087 (2) 

帰りの列車が来るまで1時間あまり。ここからの眺めを堪能したいと思いますが、長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

成人の日の連休が明け、いよいよ今週から今年も本格始動。出だしの1月9日火曜日は前線通過に伴う雨が未明には上がって日中はスッキリと晴れ渡り、朝は4℃、日中は16℃とこの季節にしては暖かくなりましたが、週の後半に向けて次第に厳しい寒さに。1月12日金曜日は好天にもかかわらず、朝は-2℃、日中は4℃までしか上がらず。日本海側は記録的な豪雪となって、信越線では普通電車が踏切で立往生。乗客430人が11日夜から12日朝まで車内に缶詰めに・・・。

連休明けのクリニックはやっぱり混雑続き。この連休中にかぜをひいた方がたくさん。インフルエンザの方もだいぶ増えて来ました。相変わらずA型、B型が混在していますが、ややA型が優勢になって来た感じ。感染性胃腸炎の方もちらほら。

1月9日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。さらに1月12日金曜日は小田急センチュリー相模大野で大和市医師会新年会。

DSC03920 (2) 

例年のごとく診療を終えてから遅刻してソッと会場入り。偉い先生方のご挨拶は既に済んでいて、ちょうど乾杯に入る絶妙なタイミング。もっ、もちろんそれを狙っていた訳ではありません!。

DSC03922 (2) 

2次会までお付き合いして会場を出たのは夜11時ころ。正月明けにはチョッときつい~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月5日金曜日。曇り。朝は-1℃、日中は6℃。

正月明けのクリニックは案の定朝から大混雑。正月中に体調を崩された方が次々と。それでも例年よりは平穏で、午後からの診療は落ち着いていました。インフルエンザの方はA型、B型ともポツリポツリ。

午前11時過ぎに待合室で患者さんの携帯電話が一斉に緊急地震速報の警報アラーム!。ちょっと身構えて“次に何をするべきか”考えながら診療を続けていましたが、いつまで経っても揺れる気配無し。

DSC03849 (2) DSC03848 (2) 

結局富山と茨城で同日に起きた地震を同一と捉えた結果の誤報だったそうです。やれやれ~。

1月6日土曜日。晴れ。朝は-1℃、日中は9℃。日付が変わったばかりの午前0時54分頃に突き上げるような地震が!。千葉県北西部を震源地とする最大震度4の地震でしたが、日中の緊急地震速報の記憶がまだ新鮮でしたのでチョッとビックリしました~。

DSC03846 (2) 

クリニックは意外にも普段の土曜日と変わらない雰囲気。休み明けの慌ただしさはありませんでした。もっとも3連休ですから、まだまだお休みモードの方が多いのかもしれません。

診療終了後は都内芝公園へ。下の写真は斜光に照らされた東京タワー。

DSC03857 (2) 

今宵はザ・プリンスパークタワー東京で開催された感染症関連の講演会に出席させて頂きました。

DSC03862 (2) 

インフルエンザ、マイコプラズマ、咳喘息、副鼻腔炎・・・。今の季節にタイムリーな感染症の最新知見を仕入れさせて頂きました。

DSC03859 (2) 

ホテル内には立派な正月飾りがそこここに。

DSC03850 (2) DSC03860 (2) 

まだ正月気分が抜けきれませんね~。

でもこの連休を超えたら本格始動・・・頑張ります!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今年最後の週も晴れて乾燥した冬型の天気が続きました。

クリニックは12月27日水曜日の午前中で年内の診療を終了。予約外のかぜ症状やインフルエンザの方が多めでしたが、然したる混乱もなく無事に今年の診療を終了しました。

DSC03686 (2) 

診療終了後はスタッフ総出で大掃除。12月に入ってから小まめに掃除をしておいてくれたお陰で、それほど時間もかからずに終了。今年一年お疲れ様でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月25日月曜日。雨のち晴れ。朝は9℃、日中は15℃。昨夜からの雨は未明に上がりました。

今年最後の月曜日、クリニックは朝から混雑。この連休中にかぜをひいた方が多かったようです。インフルエンザの方もちらほら。年末にかけて疲れが出やすい季節、ご自愛くださいませ~。

以下に今年11月以降に撮ったクリスマスツリーの写真をお目にかけます。

DSC03316 (3) DSC03301 (2) DSC03283 (2) 

DSC03353 (1) DSC03356 (1) DSC03358 (1) 

DSC03370 (1) DSC03372 (1) DSC03397 (2) 

DSC03401 (2) DSC03403 (2) DSC03575 (2) 

DSC03597 (2) DSC03652 (2) DSC03646 (3) 

すべて明朝までには片付けられてしまうかと思うと不憫ですね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月22日金曜日から12月24日日曜日にかけての週末は、日曜日にやや雲が多めだったものの晴れベースの天気でした。

22日金曜日は、前日の休診日と翌日からの連休の狭間なので、クリニックはさぞや混雑するかと覚悟しておりましたが、意外に空いていて拍子抜けでした。診療時間外はいつの間にか溜まってしまった書類書き。

23日土曜日は天皇誕生日で祝日。翌日の日曜日と相俟って連休でしたが、さすがにこの時期は雑事が多くて動きがとれず。駅前まで買い物に出かけたくらいで自宅で雑用をこなしておりました。

下の写真は乾燥した冬空の下、丸坊主になったイチョウ並木。

DSC03674 (2) 

24日日曜日の午前中は自宅で掃除。午後からは読み終わった本をリュックに詰めて神田神保町の古書店街へ。以前にも書いたように、本をゴミに出してしまうのは忍びなくて専門の本は専門の古書店に持ち込むことにしています。その本を必要とする方に有効に活用して頂ければ良いのであって高く売ることが目的ではありません。インターネットオークションやメルカリはどうも抵抗があります。

DSC03677 (2) DSC03675 (2) 

古書店で得た僅かなお金は、往復の電車賃と帰りに立ち寄った喫茶店ミロンガでのコーヒーとケーキ代に消え去り・・・いやむしろ足が出てしまいました。

今日はクリスマスイブ。今年もあと1週間です。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入っても冬型の晴れ渡った乾燥した毎日。朝は連日-1~0℃、日中は10℃前後で厳しい寒さが続きました。

ここのところクリニックは連日混雑気味。かぜ症状や感染性胃腸炎の方もそれなりに多いのですが、年末が近付くといつもなら気にならない体調の変化を心配されて受診される方が急に増えます。中には半年以上前の健診結果を持参される方も。一人暮らしのお年寄りが心細くなられて「年末年始だけ入院出来る病院はありませんか?」なんてご相談も。インフルエンザは連日複数の患者さんが見えられるようになりました。当院では今のところA型とB型の方が半々で互角の勝負。

12月19日火曜日の昼は会計業務のために医師会事務局へ。12月20日水曜日の昼は当医療ビル6件7科のミーティング。12月21日木曜日の休診日は夕方から東京中野へ。

私自身は中野駅は今まで降り立った記憶がはっきりせず、もしかして初めてかも!?。中野駅北口を降り立つと正面に「中野サンモール商店街」のアーケード。大勢の通行人で賑わっていました。

DSC03658 (2) 

都心に近い割には妙に野暮ったくて田舎臭い雰囲気(もちろんいい意味です!)が懐かしい感じ。

DSC03661 (2) 

今宵中野まで遠征して来た目的は中野サンプラザホール。

DSC03663 (2) 

竹原ピストル全国弾き語りツアー“PEACE OUT”を聴きに来たのでした。最近テレビコマーシャルなどでブレイクしたためか会場は満席。観客は中年層を中心に若者から高齢者まで幅広い年齢層でした。

DSC03671 (2) DSC03668 (2) 

ステージ上は終始ソロで、楽器はギターとハーモニカのみ。ライブハウスがそのまま巨大化しただけの素朴な雰囲気がとっても良い感じ。

DSC03669 (2) DSC03665 (2) 

それでも圧倒的な歌唱力に引込まれて気付けば2時間以上が経過。ハスキーボイスの弾き語りは私の心の琴線に触れまくり!?。

熱気を帯びた会場から外へ出たら寒さで震え上がりました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

週末の12月15日金曜日12月16日土曜日はともに晴れベースの天気。相変わらず気温は低めで朝は0~1℃、日中は9~12℃でした。

クリニックはやはりかぜひきの方が多め。インフルエンザの方はいらっしゃいませんでしたが、感染性胃腸炎の方はちらほら。中に勤務先から「ノロウイルスの検査をして診断書を貰って来るように」と言われたという方が。残念ながら検査キットによるノロウイルス抗原検査は3歳未満、65歳以上の必要性のある方のみが保険適応。他の検査法は通常の医療機関で行うことが出来ず、食中毒や集団感染の原因究明などの目的で行政機関や研究機関等で行われます。悪しからず~。

土曜日の診療終了後は元麻布へ。和食レストラン“東郷”さんで友人と会食。

DSC03602 (2) DSC03606 (2) DSC03608 (2) 

メニューはいつものようにお腹に優しい多品種少量の構成。

DSC03609 (2) DSC03610 (2) DSC03612 (2) 

DSC03613 (2) DSC03614 (2) DSC03616 (2) 

食後はカロリー消費のために歩いて六本木けやき坂まで。

DSC03619 (2) 

坂の下に着いた時には琥珀色とキャンドル色のLEDによる“CANDLE and AMBER”でしたが・・・。

DSC03621 (2) 

DSC03622 (2) 

坂を上がっている途中で白色と青色のLEDによる“SNOW and BLUE”に変わりました。

DSC03625 (2) DSC03627 (2) 

後ろを振り返ると、小さく東京タワーの姿が。

DSC03628 (2) 

東京タワーには♡マーク。

DSC03630 (2) 

おっさん二人連れには全く似つかわしくないシチュエーションでした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入って冬型の気圧配置が強まり、寒さがいよいよ本格化。冬型のおかげで晴天続きだったものの、12月11日月曜日の朝はまだ9℃あった気温が、12月12日火曜日の朝は2℃、そして12月13日水曜日の朝はついに-1℃まで下がりました。上空1500mには-6℃の寒気が!。

DSC03577 (2) DSC03580 (2)

今週前半のクリニックは相変わらずかぜ症状の方がたくさん。それでもインフルエンザは月曜日にB型、水曜日にA型の方がおひとりずついらっしゃった程度で、まだまだ流行はこれからといった感じ。感染性胃腸炎はますます多くなって来ました。

12月12日火曜日の診療終了後はみなとみらいのヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルへ。ロビーには立派なクリスマスツリー。

DSC03576 (2) 

今宵は糖尿病薬に関する講演会を拝聴させて頂きました。現在糖尿病は数多の薬が使える環境にありますが、それ故に何をどう使うか“戦術の立て方”が大いに悩ましいところ。とっても参考になりました。

12月13日水曜日の診療終了後は循環器系の講演会に出席するために大和へ。今宵は座長を拝命していたので午後診療を少々早仕舞いさせて頂きました。

DSC03573 (2) 

高齢化社会で今後も増えて行くであろう心房細動の合併症としての脳梗塞をどう防いでいくか、循環器内科と神経内科の立場からそれぞれ講演をして頂きました。明日からの診療に大いに役立つ内容でした。

気付けば今年の診療もあと2週間。年内にやらねばならないことが・・・まっ、いいか~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月8日金曜日。曇りのち雨。朝は1℃、日中は11℃。寒々とした一日になりました。

今日のクリニックはかぜ症状の方が多め。感染性胃腸炎の方もちらほら。気温が下がったせいか、血圧が心配になって来院される方も増えました。

下の写真は鶴間駅前にある「矢倉沢往還」の石碑。両脇のドウダンツツジが真っ赤になっていました。

DSC03553 (2) 

診療終了時には結構な雨降りになっていましたが、今宵は市内某所で大和市医師会の忘年会。普段めったにお目にかかれない他科の先生にもお目にかかれる貴重な機会ですが、近年参加人数がチョッと少なめでやや淋しい感じ!?。

帰宅する頃には日付が変わっていました~。

12月9日土曜日。晴れ。朝は1℃、日中は10℃。天気は回復しましたが寒さは相変わらず。

やはり今日もかぜ症状の方が多めでしたが、今日はA型インフルエンザの方が2人。まだ“それらしき人”が周辺にいない季節のせいか、結果をお話しても「まっ、まじ~!?」と俄かには信じられないご様子でした。

診療終了後は都内半蔵門へ。今宵はイタリアンのお店「エリオ・ロカンダ・イタリアーナ」でクリニックの忘年会でした。今年はスタッフ全員が参加。

DSC03564 (2) DSC03554 (2) DSC03556 (2) 

いつもながら厳選された食材。

DSC03557 (2) DSC03558 (2)

とっても美味なイタリアンでしたが、少々カロリー過多な内容。

DSC03559 (2) DSC03560 (2) DSC03561 (2)

ベテラン揃い(年齢的に・・・)の当院スタッフにはややヘビー過ぎたかな~(!?)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

師走に入ってから天気の良い日が続いていましたが、気温は低めで朝は2~5℃、日中は10~14℃。

クリニックはかぜ症状の方に加え、感染性胃腸炎の方が増えて来ました。インフルエンザは12月4日月曜日にA型、12月6日水曜日にB型の方がそれぞれお一人ずついらした程度で、流行はまだまだこれからのようです。インフルエンザワクチンは、この機に及んで国家検定に不合格となった製品が発生したとかで、また供給が悪化している模様。ワクチン不足はまだまだ続きそうです。

12月5日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会、12月6日水曜日の診療終了後は第4回の「病診連携を一層進める会」に出席。今回は桜ヶ丘中央病院と南大和病院でした。最近、診療終了後の行事が立て続くと疲れるようになりました!?。

12月7日木曜日は晴れ。朝は2℃、日中は11℃。今日は久しぶりにフリーの休診日でしたので、また五日市まで出かけて来ました。いつものようにまずは「黒茶屋」で腹ごしらえ。

DSC03526 (2) 

窓外の名残の紅葉を愛でつつ山菜料理~。

DSC03524 (2) DSC03525 (2) 

DSC03515 (2) DSC03518 (2) 

栗、芋、きのこ、柿など、秋の味覚を堪能させて頂きました。

DSC03519 (2) DSC03520 (2)

DSC03521 (2) DSC03522 (2) DSC03523 (2) 

食後は付近を散策。川の流れは清らかですが、流石にこの季節は寒そうです。

DSC03527 (2) 

紅葉はまだ何とか見られました。

DSC03544 (2) 

中には真っ赤に色付いたモミジも。

DSC03529 (2) 

う~ん、見事な赤。

DSC03532 (2) 

DSC03533 (2) 

近くの大きな水車の羽には・・・。

DSC03536 (2) 

DSC03543 (2) DSC03538 (2) 

色付いた落葉が付いて、なかなか風流!?。

DSC03541 (2) 

その後、山あいのギャラリー「ネオ・エポック」へ。

DSC03545 (2) 

建物は戦時中に日本光学の保養施設として建てられたものを修復したもの。中では手芸品や陶器、絵画などを展示、販売していました。

DSC03548 (2) DSC03547 (2) 

そうこうしている間に、冬至が近付いて来たせいかアッと言う間に陽が傾いて、山の谷間では寒さが深々と・・・。

今日は二十四節気の“大雪”(たいせつ)でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月1日金曜日は雨のち晴れ。朝は9℃、日中は13℃。12月2日土曜日は晴れ。朝は4℃、日中は10℃。

気付けばもう師走。月日の流れは速いものです~。

クリニックはかぜの方がさらに多くなって来ました。かぜの方は早めの時間帯に予約外でいらっしゃる方が多いため、ここのところ午前も午後も早めの時間帯が混雑しています。その波が過ぎ去ったあと、遅めの時間帯はとっても平穏ですので、少々ゆっくり来て頂くのも“手”かと・・・。

下の写真は鶴間駅で見送った上り電車。最近歩くのが遅くなったのか、鶴間駅で電車に乗り遅れることが多くなって来たかも!?。

DSC03407 (2) 

厚生労働省は1日、インフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表しました。でも当地ではまだまだこれから。ピークは例年通りに1月末から2月初旬頃でしょうか。

インフルエンザワクチンは11月までギリギリの供給状態が続いていましたが、ここへ来てやっと先行きが見えて来ました。現在予約して頂いている皆様は大丈夫そうですので、どうぞご安心下を。

下の写真は土曜日の帰り道。イチョウは12月に入ってもまだ葉が残っている木も。

DSC03423 (2) 

下はなぜか4枚だけ葉が残っていた桜の木。

DSC03425 (2) 

12月に入って朝晩の冷え込みは師走らしくなって来ました。体調管理にお気を付け下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月の最終週は講演会が目白押し。

11月26日日曜日は朝からグランドプリンスホテル新高輪で開催された循環器関連の講演会に出席。心房細動の抗凝固療法に関する5演題を拝聴させて頂きました。

DSC03375 (2) DSC03379 (2) 

11月27日月曜日は大和市地域医療センターで大和市医師会の「病診連携を一層進める会」の第3回に出席。今回は大和成和病院と大和病院の説明会でした。

11月28日火曜日はやはり大和市地域医療センターで大和市医師会内科医会講演会。

DSC03376 (2) 

北里大学循環器内科の下浜孝郎先生による講演「PCIにおけるデバイスと薬物治療の変遷」で、座長は私めが務めさせて頂いた関係で少々診療終了時間を繰り上げさせて頂きました。

クリニックは比較的平穏な日々が続いていましたが、11月29日水曜日には久しぶりにB型インフルエンザの方がいらっしゃいました。相変わらずかぜ症状の方は多め。健診後の精密検査を希望される方がちらほら。

下の写真は水曜日帰宅時に出会ったLSE7000系。来春3月のダイヤ改正後もしばらく活躍する見通しに。

DSC03386 (2) 

今週は前半飛ばし過ぎで少々お疲れ気味です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この一週間は11月22日水曜日の夜から11月23日木曜日の午前中にかけて前線を伴った低気圧の影響で激しい雨に見舞われましたが、週末は好天に恵まれ、文字通り小春日和となりました。

クリニックは、相変わらず喉や咳のかぜの方が多めでしたが、それでも先週までの混雑ぶりは鳴りを潜めて、だいぶ落ち着いて来ました。ちらほらいらしたインフルエンザの方は今週は皆無。ワクチンの方はやや見通しが立って来たかも。

以下は今週の通勤途中で撮った写真。

イチョウは間もなく見納め!?。

DSC03335 (1) 

楓やドウダンツツジの紅葉も終わりかかっています。

DSC03338 (1) DSC03340 (1) 

DSC03339 (1) 

柿はもう少しで食べごろ?。

DSC03345 (1) 

今週は21日火曜日昼は医師会の会計業務、22日水曜日昼は当クリニックビルのミーティング、23日木曜日の休診日は法事で外出、24日金曜日夜は会計士さんと面談。気付けば師走まであと僅かです・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週末は寒気が流れ込んで気温が下がり、全国的に師走の寒さとなりました。朝は4~5℃、日中は12~13℃。

寒くなったせいか、かぜ症状の方がますます増えて来ました。高血圧の初診の方もちらほら。インフルエンザワクチンについては、何とかギリギリで予約の方分が確保出来る程度。新規の予約は受けられない状況が続いています。

診療終了後は11月17日金曜日は大和市地域医療センターへで新規医師会入会希望の先生と面談。11月18日土曜日は黙々と溜まってしまった事務仕事をこなしておりました。

11月19日日曜日は神田神保町で書店巡りをして参りました。収穫は6冊!。

下はかつて名作の呼び声高かった写真集「北辺の機関車たち」。極寒の冬の北海道における蒸気機関車の活躍を捉えた写真集です。

DSC03322 (3) 

(株)キネマ旬報社から昭和46年8月20日に発行された当時は私はまだ小学生6年生。当時の小遣いでは買えませんでしたが、このたび(株)復刊ドットコムによって今年5月20日に復刻版として発刊され、約半世紀ぶりに念願かなって入手した次第。

DSC03324 (2) DSC03325 (2) 

厳しい撮影環境での作品の数々。当時20代前半であられた3人の著者のバイタリティに感服させられます。

DSC03326 (2) DSC03327 (2) 

車窓に見える女の子も現在は少なくとも50歳以上のはず。時間は容赦なく過ぎ去って行きます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半、11月13日月曜日の午後から11月14日火曜日にかけては雨降り。11月15日水曜日になってやっと天気が回復しました。

クリニックは相変わらずそこそこの混雑。かぜ症状の方は多めですが、今のところインフルエンザは鳴りを潜めています。気候のせいか気管支喘息発作の方がちらほら。困ったことに継続すべきステロイド吸入を中断していた方ばかり。発作の無い時のこそ治療の継続が大切です。本日いらしたご高齢の女性は立派な肺炎で市内の病院を紹介させて頂きました。

診療終了後は、11月13日月曜日はウェブデザイナーのYさんと打ち合わせ。11月14日火曜日は聖マリアンナ医大横浜市西部病院で病診連携の会“M-net研究会”に出席。パーキンソン病の講演を拝聴させて頂きました。懇親会では院長先生をはじめ懐かしい顔ぶれと懇談。11月15日水曜日は相模大野へ。駅頭には例年の如く立派なクリスマスツリーが出現していました。

DSC03298 (2) 

今夜は小田急センチュリー相模大野で開催された大和市循環器医の病診連携の会に出席。こちらは座長を拝命しておりましたので診療を少々早めに切り上げさせて頂いておりました。

DSC03312 (2) 

大和市立病院の吉澤智治先生による「地域医療連携パスの現状2017」に続いて、東海大学循環器内科教授の伊苅裕二先生による「私が考える心血管イベント抑制のための治療戦略~血糖・脂質・血圧・体重のトータルコントロール~」。膨大な内容を判りやすく解説して下さり、明日からの診療にとっても役立つ内容でした。両先生に感謝!。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月11日土曜日。曇りのち晴れ。朝は15℃、日中は19℃。

今日のクリニックはほどほどの混雑。土曜日は平日に来院出来ない会社勤めの方が多いので、平均年齢は平日より低めですが、最近はお一人で来院出来ないご高齢の方がご家族に伴われて土曜日に来院される方が増えて来ました。高齢化の進展で認知症の方も増えて規則的な内服が困難な方も。悩ましき問題です~。

診療終了後は渋谷へ。久しぶりの渋谷はやっぱり恐ろしいほどの混雑ぶりでした。

DSC03256 (2) 

スクランブル交差点を渡ってTSUTAYA側からJR渋谷駅方向を見ると、渋谷ヒカリエと東急百貨店の間には建設中の新しいビルの姿が。高校時代は通学路だった渋谷ですが、段々と当時の面影は少なくなって・・・あれっ、40年以上も前の話!?。

DSC03267 (2) 

あまりの人の多さと騒音で、めっ、めまいが。

DSC03268 (2) 

さて今宵は道玄坂にある中華料理店で鉄道模型店「モデルスイモン」さん主催の懇親会に参加させて頂きました。会場の真ん中のテーブルには例年のごとく各社の新製品や試作品が並べられていました。

DSC03269 (2) DSC03270 (2) 

発売間近の12mmゲージのC55は素晴らしい出来栄え。

DSC03281 (2) 

プラ製客車の試作品も気になるところ。

DSC03271 (2) DSC03280 (2) 

中華の回転テーブルに乗って、料理の合間に試作品のDF50が回って来ました(!)。

DSC03274 (2) 

小型モーターでファンが回転するギミックが心憎い。

DSC03277 (2) 

同好の士と懇談しながらの至福のひとときは、瞬く間に過ぎ去ったのでした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先週末11月4日土曜日から11月9日木曜日にかけては、11月8日水曜日のみ曇っていたものの他の日は概ね良いお天気が続きました。11月7日火曜日は立冬でしたが、気温は朝晩寒い日があっても日中は20℃を超える日々でした。

クリニックはここのところ混雑続き。文化の日を越えたら急にかぜ症状の方が増えました。11月6日月曜日には当院で今シーズン2人目(南半球帰りの方を除いて)のA型インフルエンザの方がいらっしゃいました。2番手であることをお話したら、ご本人曰く「銀メダルとは残念!。来年は金メダルを・・・!?」。滅相もありません!。

インフルエンザワクチンは相変わらず細々としか入って来ません。綱渡り状態で予約の方を何とかこなすのみ。新たな予約はお引き受け出来ない状況が続いています。

診療終了後は11月7日火曜日は医師会理事会。 11月8日水曜日は循環器関連の講演会出席のため町田まで。相変わらず何やかやと気忙しい日々。

休診日の11月9日木曜日、明るいうちに近所を歩いてみたら、イチョウ並木がだいぶ黄色く色付いていました。例年よりも早め??。

DSC03246 (2) 

夏みかんやアケビも既に美味しそうな色に。

DSC03244 (2) DSC03250 (2) 

立冬を越えて、着実に季節は秋から冬へと移り変わっています。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月1日水曜日。晴れ。朝は9℃、日中は22℃ 。爽やかな秋晴れになりました。

朝方は放射冷却で今日も気温がひとケタ。 朝の通勤途中には既に真っ赤なモミジが見られましたが、単に紅くなるのが早い品種?。

DSC03189 (2) 

クリニックは今日も比較的平穏でした。天候は不安定でも基本的には良い季節ですからね~。でもそんな中、長引く咳の方はチラホラ。喘息の方も多くなりました。気温が低くなって来たせいか、血圧が高くなって受診される方も目立つようになりました。

本日夕方は少々早仕舞いさせて頂いて相模大野へ。

DSC03193 (2) 

ホテルセンチュリー相模大野で開催された「心・腎から考える糖尿病治療講演会」に出席。特別講演1の座長を務めさせて頂きました。

DSC03190 (2) DSC03198 (2)

題目は日本医科大学循環器内科教授の佐藤直樹先生による「糖尿病を合併した心不全への新たなるアプローチを考える」。糖尿病を合併した心不全は予後不良ですが、近年使えるようになった糖尿病治療薬SGLT2阻害薬は心不全治療に役立ちそう。示唆に富んだご講演でした。

でも連夜の遅い帰宅で少々お疲れモードです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月30日月曜日。晴れ。朝は14℃、日中は20℃。台風22号は29日20時に三宅島、22時に銚子市の東90km付近を通過。30日0時に三陸沖で温帯低気圧になりました。

DSC03183 (2) DSC03185 (2) 

台風22号から変わった低気圧の影響で、日本列島は強い冬型の気圧配置となり、全国的に北風が吹き荒れました。気象庁は東京地方と近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表。いよいよ寒い季節の到来!?。

クリニックは徐々にかぜ症状の方が増えて来ました。B型インフルエンザの方が先週金曜日に引き続いて本日いらっしゃいましたが、金曜日の患者さんの奥様でした。家族内感染は避け難いですね~。

診療終了後は夜8時から11時まで休日夜間急患診療所の当番でした。今宵の受診者は僅かに10名。発熱、腹痛、水ぼうそう、じんましん・・・。珍しく子供よりも大人のほうが多めでした。何人か怪しげな熱の方にインフルエンザ迅速診断検査を実施しましたが、いずれの方も陰性でした。やれやれ。

10月31日火曜日。晴れ。朝は7℃、日中は17℃。一気に気温が下がって、朝晩の通勤時間帯が辛くなって来ました。それでもクリニックは比較的平穏。

診療終了後はみなとみらいへ。循環器系の講演会に参加させて頂きました。下の写真は闇夜に聳え立つランドマークタワー。

DSC03187 (2) 

臨床試験の少ない高齢者の心房細動治療をどうするかは、実に悩ましいところ。そのあたりの“痒いところ”を心臓血管研究所の山下武志先生がクリアカットに解説して下さいました。明日からの診療に大いに役立つご講演でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

台風21号が去ったと思ったら南方に台風22号が発生。そのためか今週も天気が目まぐるしく変化しました。

その影響かクリニックは今週後半になってかぜ症状の方が増えて来ました。27日金曜日には今シーズン当院初のB型インフルエンザの方が受診。

ところで既に報道等でご存知かと思いますが、今シーズンはインフルエンザワクチンの供給が滞っています。そのために当院でも現在は新規にワクチン接種の予約が取れない状況です。また今後の供給状況によっては予約済みの方々にもご迷惑をお掛けするかも知れません。どうぞご承知おき下さいませ。

今週は24日火曜日の午前は止むごと無き理由で臨時休診とさせて頂きました。ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。午後は平常通り。25日水曜日は当クリニックビル6件7科のミーティング。26日木曜日は休診日でしたが、就学時健診のために学校医をさせて頂いている小学校へ。今年の受診者は約120人で、女の子の方がやや多めでした。大きなトラブルもなく終了。

就学時健診の帰り、および28日土曜日の帰宅時に江ノ島線の車窓から大野工場の解体線を眺めて見ると、解体待ちの3100形NSEロマンスカーの中間車の姿が。

DSC03168 (2) 

小田急電鉄としては来年3月のダイヤ改正前に車両収容スペースの確保を目的として、同一車種で複数車両を保存しているものの一部を解体することにしたそうです。今後3100形3両と20000形1両が解体される予定。

今週末はこんどは台風22号が接近中~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月23日月曜日。雨のち晴れ。朝は20℃、日中は22℃。台風21号は午前3時頃に静岡県御前崎市付近に上陸。その後、小田原、八王子、つくば市へと抜け、東北太平洋沖を北上。午後3時には北海道の東の海上で温帯低気圧に変わりました。

DSC03136 (2) 

私はと言えば、着替えとタオル持参の上しっかり長靴で足元を固めて何時もよりも早めに自宅を出ましたが、小田急線はロマンスカーと千代田線との相互乗り入れ以外は通常通り運転されていて、いつもよりも空いている電車で楽々通勤でした。

ところで昨日の衆院選の結果は蓋を開けてみれば自公大勝。

DSC03141 (2) 

野党の混乱でやや得をした感じ!?。

クリニックはと言えば、天候は割と早めに回復したのに患者さんは少なめでした。雨が長く続いていたので、台風一過で久し振りに晴れて皆さん忙しかったのでしょうか?。

診療終了後は大和市医療センターへ。今夜は大和市医師会の第2回「病診連携を一層進める会」で、中央林間病院とみどり野リハビリテーション病院のプレゼンでした。

DSC03143 (2) 

近くの病院でもなかなか“顔の見える”連携は難しいもの。各病院で行われている医療の現状が良く判って、とても良い企画でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月20日金曜日10月21日土曜日は雨が降ったり止んだり。気温は日中16~17℃まで上がりました。台風接近に伴って天気は不安定。

DSC03077 (2) 

クリニックはそれなりに混雑。特に土曜日は台風接近を見越してか、月曜日予約の方が先回りして受診される方がちらほら。天候不順なためか、調子の悪い方も多い様です。

土曜日の夜はクリニックから中央林間経由で半蔵門へ。エリオ・ロカンダ・イタリアーナで3人で会食でした。

DSC03069 (2) DSC03070 (2) 

外は激しい雨でも店内は満席!。

DSC03071 (2) DSC03076 (2) 

いつもながらの本場イタリアンを堪能させて頂きましたが、明らかにカロリーオーバー。この償いはいずれどこかで・・・!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1週間前の木曜日は晴れて暑かったのに、その後10月13日金曜日以降は連日の雨模様。天気図ではしっかり秋雨前線が居座って・・・。

DSC03055 (2) DSC03053 (2) 

気温も日を追うごとに下がり、10月16日月曜日には終日11~12℃に。例年の12月の気温だったそうで、この時期としては46年ぶりの寒さだったそうです。

DSC03057 (2) 

クリニックは連日そこそこの混雑。かぜの方は寒い割にはまだそれほど多くはありません。これからでしょうか?。寒くなって来たせいか、血圧がらみの新患の方は増えて来ました。

10月13日金曜日の診療終了後は大和市地域医療センターで社会保険診療懇話会でした。これは学問的な会ではなく、文字通り保険診療に関する勉強会。保険医療を行う医療機関には参加が義務付けられています。

DSC03050 (2) 

10月17日火曜日は昼は会計業務のために医師会事務局へ。夜は大和市医師会内科医会の講演会。今宵は認知症関連の講演会で「新オレンジプランと改正道路交通法について」。講師はさいたま市認知症医療センターの丸木雄一先生でした。現在65歳以上の方は27.7%。高齢者の交通事故が盛んに報じられる昨今、認知症が疑われる方の運転免許症の取り扱いをどうするかは大きな問題。多くの事例を提示しながら解りやすく解説して下さいました。

帰り道はまだ体が寒さに慣れないせいか、真冬よりも却って辛い!?。連日の冷たい雨で青空が恋しいです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3連休明け、10月10日火曜日から10月12日木曜日にかけては連休に引き続き概ね晴れの天気。最高気温は27~28℃とこの時期にしては高めの日々でした。

クリニックは休み明けの割には平穏。「柿が赤くなれば医者が青くなる」(注:柿が実をつけて赤くなる頃は気候が良くて病人が減り医者が困るという意味)季節だから!?。

そんな中、10月11日水曜日にはA型インフルエンザの方が来院。コントロールの青線の上にA型を示す赤線がクッキリ~。南半球帰りの方を除くと今季当院の第1号でした。

DSC02962 (2) 

10月12日木曜日は休診日。天気が良かったので調布市の深大寺まで出かけて来ました。まずは深大寺そばで早めのランチ。

DSC02966 (2) DSC02968 (2) 

食後に神代植物公園へ。ちょうど秋のバラフェスタの期間で園内は普段より混雑していました。

DSC03038 (2) 

深大寺門から入ると自然林の間を抜ける風が爽やか。

DSC02971 (2) 

見上げると木々の狭間から秋のうろこ雲が見えました。

DSC02969 (3) 

それでも驚いたことにアブラゼミやニイニイゼミの声が聞かれました。温暖化は深刻!?。

DSC02970 (2) 

林を抜けると大温室前の噴水の両脇にたくさんのバラ。

DSC02972 (2) 

国内外のたくさんの品種が花を咲かせていました。

DSC02975 (2) DSC02976 (2) DSC02977 (2)

DSC02978 (2) DSC02979 (2) DSC02980 (2)

DSC02981 (2) DSC02982 (2) DSC02983 (2) 

DSC02984 (2) DSC02986 (2)

あたり一面、バラの芳香が~。

DSC02987 (2) DSC02988 (2) DSC02996 (2)

DSC02998 (2) DSC02999 (2) DSC03008 (2)

DSC03018 (2) DSC03019 (2) 

DSC03013 (2) DSC03020 (2) DSC03009 (2) 

秋らしく赤トンボや女郎蜘蛛の姿も。

DSC02990 (2) DSC03026 (2) 

下はうろこ雲を背景に赤トンボの姿を。

DSC02995 (2) 

秋とはいえ日向はまだまだ暑くて、早々に退散して参りました。

夜になって雨が降り出しました。明日から一気に気温が下がる予報。かぜを召しませぬようお気を付け下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月6日金曜日は曇りのち雨、翌10月7日土曜日は雨のち曇り。両日とも朝は14~15℃、日中は17~20℃で、折角の満月の夜は冷たい雨になってしまいました。

クリニックはそれでも比較的平穏な日々。かぜ症状の方や体調を崩された方も少なめで、診療はほぼ予約通りに進行しました。

金曜日の診療終了後はエイズの勉強会で大和市地域医療センターへ。今夜は「日常化するHIV感染症」という演題で横浜市民病院感染症内科の立川夏夫先生のご講演でした。

DSC02882 (2) 

日本ではHIV感染者・AIDS患者報告数は近年やっと横ばいになって来ましたが、世界的に見れば15~49歳の約0.8%がHIVに感染。世界一のアフリカのスワジランドではHIV感染率が何と27.4%!。まだまだ・・・。

土曜日の診療終了後は所用で品川へ。診療が時間通りに終了したので、チョッとだけ行きがけに上野駅に立ち寄ってみました。本日は団体専用の「カシオペア」の運転日。

DSC02867 (2) 

「カシオペア」の一般運転は2016年の春で終了しましたが、旅行シーズンを中心にツアー専用で時々運転されています。ただしもう青函トンネルを抜けることはありません。因みに今日は盛岡行きでした。

DSC02868 (2) DSC02877 (2) 

牽引機はEF81形交直両用電気機関車の80号機。かつて「北斗星」を牽引していたいわゆる星ガマ。

DSC02873 (2) 

一旦後継機のEF510形に任務を譲っていましたがEF510形がJR貨物に売却されたためまた返り咲き。老体に鞭打って(?)その任にあたっています。

DSC02880 (2) 

発車を見送っていては会に遅刻してしまうので早々に撤退。そのうちまた乗りたいところですが・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月に入って最初の週明け。10月2日月曜日の夜から10月3日火曜日の日中にかけては雨になったものの気温は高め。朝は19~20℃、日中は24℃でした。

クリニックはやっと6月から9月までの大和市特定健診・長寿健診の怒涛の日々が過ぎ去って、10月に入った途端に平穏な日々となりました。それでもしばらくは診療時間外の健診判定作業は続きますが・・・。火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。

下の写真は小紫(コムラサキ)。見た目は綺麗ですが、鳥が食べないということは美味しくはないのでしょうね~。

DSC02839 (3) 

10月4日水曜日は曇りのち晴れ。朝は19℃、日中は22℃。 気温が下がって来ました。近隣の医療機関がお休みの水曜日はかぜ症状の方が普段よりやや多めでしたが概して平穏・・・と思っていたら、夕方になって“昨日の未明に両肩が急に痛くなって、その後も軽い症状が続いているんです”って患者さんが受診。何となく嫌な直感が働いて心電図検査をしたら下壁の急性心筋梗塞(!)でした。5時をだいぶ過ぎていましたが、大和市立病院で引き受けて下さいました。感謝!。自転車で来院された患者さんは急に車椅子に乗せられ、さらに救急車で搬送されることになってビックリしておられました。

今日は中秋の名月。本当の満月は10月6日で暦とはチョッとズレがあります。でも今宵の「ほぼ満月」は十分綺麗でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月29日金曜日9月30日土曜日はともに晴れベースの天気。朝は15~17℃、日中は24℃で木曜日とは一転して爽やかな秋晴れになりました。

クリニックは9月末を迎えて混雑気味。6月1日から始まった特定健診・長寿健診も今週末でおしまい。予約制を導入する前までは、駆け込み受診の方で9月末は大混乱になるのが常でしたが、予約制を取り入れてからはさしたる混乱は無し。今年も平穏無事に終了しました。もちろんまだまだ健診判定作業は続きます。

土曜日の診療終了後は第65回日本心臓病学会学術集会に参加するために新横浜から夕方の新幹線に乗車。会場は大阪の国際会議場ですが、明日早朝に大阪入りすることにして今夜は京都で途中下車。ホテルに荷物を置いて、鴨川と高瀬川に挟まれた木屋町の「鳥彌三」で夕食にしました。

DSC02785 (2) 

ここは天明8年(1788年)創業の老舗。

DSC02795 (2) 

建物は登録有形文化財。風情ある趣です。

DSC02786 (2) 

実は全くの想定外だったのですが、まだ鴨川納涼川床が設置されていました。川床とは納涼のために川岸に張り出して設置された野外席。つまるところリバーサイドのテラス席です。

DSC02787 (2) 

基本メニューは「水炊き」のコースのみ。

DSC02764 (2) DSC02775 (2) 

鶏ガラを3日間炊き込んで作る白いスープは絶品でした。

DSC02766 (2) DSC02777 (2)

鱧はお勧めに従って注文したエキストラ。こちらは今日まで。

DSC02779 (2) DSC02772 (2) 

最後は雑炊にして・・・。

DSC02782 (3) DSC02784 (2) 

お店を出て鴨川側から見たのが下の写真。

DSC02792 (2) 

京都の夏の風物詩である川床も、大和市の健診と同じく9月30日(つまり本日!)でおしまい。10月1日は一日休業にして撤去するのだそうです。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

お彼岸の連休が明けて、気が付けばいつの間にか9月も最終週に突入していました。

9月25日月曜日9月26日火曜日は晴れて秋らしい陽気になりましたが、9月27日水曜日9月28日木曜日は生憎の空模様。特に水曜日の夜から木曜日にかけては前線の影響で豪雨に見舞われたところもありました。

連休明けのクリニックはお彼岸にかぜをひいた方がたくさんいらっしゃいました。気温差の影響か体調が優れない方もちらほら。大和市の特定健診・長寿健診は今週一杯で終了。いよいよ大詰めです~。

今週前半の昼休みは月曜日は所用で官庁へ行き、火曜日は近隣同業の先生と面談、そして水曜日は当医療ビル6件7科のミーティングと、“休む”どころではありませんでした。昼以外の診療時間外は早朝から深夜までひたすら健診の判定作業や事務仕事。もっ、もう少しの辛抱!?。

木曜日は休診日でしたが終日雨が降ったり止んだり。朝から外出していましたが夕方からは所用で新宿へ。帰りにヨドバシカメラに立ち寄って買い物。

DSC02734 (2) 

雨のせいか、人出はいつもより少なめ。

DSC02737 (2) 

それにしても暗くなる時間が日に日に早くなり、気温もグッと下がって来ました。

DSC02740 (2) 

一雨ごとに秋が深まって行きます。明朝はこの秋一番の冷え込みとなる見通し。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月22日金曜日。曇りのち雨。朝は18℃、日中は25℃。秋雨前線の影響で天気は不安定。午後からは突発的な豪雨に見舞われました。

クリニックは悪天候でもそれなりに混雑。かぜの方は少なめでも体調の優れない方はたくさん。健診で引っ掛かって受診される初診の方が多くて時間が掛かりました。タイミングによっては長時間お待たせしてしまった時間帯も。もっ、申し訳ございません~。

定期通院の患者さんの次回受診は10月~11月。インフルエンザワクチンの接種をお勧めする季節になりました。最近は多くの方が接種を希望されますが、「今まで打ったことが無いから」とか「今まで罹ったことがないから」とか「外に出ないから」なんて仰って打たれない方も。ご高齢の方や慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、糖尿病、腎機能障害、ステロイド内服などによる免疫機能不全の方などは、万一罹ってしまった時に重症化するリスクが高いので、ぜひ接種をお考え下さいませ~。

さて本日はこの夏の東南アジア紀行の最終回を。8月15日火曜日はカンボジアのシェムリアップからベトナム航空VN836便でベトナムのハノイに19時50分着。ハノイの韓国系の高層ホテルの窓からは、空港とハノイ中心部を結ぶニャッタン橋が良く見えました。日系企業が施工して2015年に完成したもの。

DSC02254 (2) 

ライトアップは色調が七変化。

DSC02264 (2) 

さて翌日の8月16日水曜日は酷い雨でした。前夜はライトアップでクッキリ見えていたニャッタン橋もぼんやり。今回の旅で最初で最後の雨降りになってしまいました。

DSC02265 (2) 

眼下に広がるハノイの街もどんより。

DSC02267 (2) 

雨ですが、予定通りユネスコ世界遺産に登録されている景勝地ハロン湾を目指すことに。

出発はちょうど朝の通勤時間帯。ハノイ周辺は恐ろしい数のバイクが縦横無尽に。なんでもベトナムには約400万台のバイクが走っているとか。

DSC02270 (2) 

ハノイ市内の雑踏を抜け、高速道路をしばらく走り、さらに延々と一般道路を走ってハロン湾までは約150km、約3時間半の道程。やっと到着したハロン湾の船着き場にはたくさんのクルーズ船が待ち受けていました。

DSC02276 (2) 

ほとんどがランチクルーズ船の様で、それぞれ乗客の到着を待って11時半に一斉に出航。

DSC02283 (2) 

奇岩が浮かぶ湾内を進みます。

DSC02298 (2) 

周辺は水墨画で見たような光景。水上生活の方もいらっしゃる様です。

DSC02295 (2) DSC02311 (2) 

客室内ではランチタイムが始まりました。

DSC02282 (2) DSC02284 (2) DSC02285 (2) 

ほどなく漁船が横付けされて・・・。

DSC02287 (2) 

漁師さんがシャコ、アサリ、カキ、カニを持ち込んで来ました。これらの“食材”をその場で購入して、そのまま船内で調理してくれるという寸法。

DSC02288 (2) DSC02289 (2) 

二枚貝はチョッと心配だしカニも・・・という訳でシャコを購入。

そのうちに何やら船が集まるエリアに。

DSC02320 (2) 

名前の付いた岩(名前はう~ん、忘れました!)があって、それを見るために船が集まっているのでした。

DSC02334 (2) DSC02341 (2) 

背後には林立する岩山。

DSC02338 (2) 

客室内ではさらにランチコースが進んで・・・。

DSC02290 (2) DSC02293 (2) DSC02309 (2) 

先ほどのシャコもこんな姿になって登場。

DSC02310 (2) DSC02316 (2) 

デザートは太くて短い独特のバナナ。

DSC02317 (2) DSC02319 (2) 

ランチが終了する頃に船着場に到着。

DSC02333 (2) DSC02308 (2) 

鍾乳洞見物のために下船します。

DSC02362 (2) 

DSC02346 (2) DSC02357 (2) 

食後の程よい運動になりましたが、鍾乳洞の中も高温多湿。洞内を巡るうちに汗だくになりました。

DSC02358 (2) 

再びクルーズ船に乗り込んで帰途に。

DSC02365 (2) 

下船後は来た道を戻ります。帰りは夕方のラッシュ時間帯に当たってやっぱりバイクが縦横無尽に。交通ルールは・・・もしかして無い??。

DSC02385 (2) 

さてハノイに戻って空港へ。2015年1月に完成した真新しい空港は大成建設の作だそうです。

DSC02393 (2) 

JL752便東京成田行きは日付が変わって8月17日木曜日の0時05分発。機材はボーイング787-8。

DSC02396 (2) 

成田までは5時間25分のフライト。映画観るのも寝るのも中途半端な時間で、さらにそこに食事が出て来るので、ほぼ徹夜状態で帰国しました。

これで弾丸東南アジア3か国の旅はおしまい。次回はゆっくりと巡ってみたいものです~。完。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月19日火曜日は晴れて日中は30℃まで上がりましたが、9月20日水曜日は曇り時々雨で優れない天気だったせいか日中は27℃止まりでした。それでも朝は両日とも20~21℃で過ごしやすい気候になりました。

3連休明けのクリニックはさぞや混雑するかと覚悟していましたが、案に相違してほどほどの混雑でした。それでも両日とも近隣で休診のクリニックがあったせいか、当院初診の患者さんが多めでした。「薬が無くなってしまった」と飛び込んで来られる方もちらほら。

特定健診・長寿健診はいよいよ大詰め。火曜日の昼は医師会事務局で会計業務、水曜日夜は休日夜間急患診療所の当番でしたが、それ以外の診療時間外はひたすら健診結果の判定作業に勤しんでおります。いよいよラストスパートです。

下の写真は最近送られてきた医師向けリクルート誌の広告やチラシ。

DSC02544 (3) 

募集先は矯正施設(刑務所、拘置所、少年院、少年鑑別所)の矯正医官と国立ハンセン病療養所の医師。広告主は何と法務省矯正局や厚生労働省のお役所です。

DSC00455 (2) DSC00457 (2) 

なんと「本気で、誰かと向き合ったことはあるか」というキャッチとともに写っているモデルはEXILEのATSUSHIさん!。

DSC00438 (2) 

このような広告は以前には考えられなかったことですが、2004年4月に新たな臨床研修制度が導入されてから大学の医局制度が崩壊し、大学医局からの派遣が取りやめになったことが背景にあるのでしょう。医師不足ではなく医師偏在による結果。かつての医局制度も悪いことばかりでは無かったようで・・・。

私ももう少し若ければ!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月13日水曜日。晴れ。朝は21℃、日中は29℃。

クリニックは結構混雑。かぜ症状の方はほどほどですが、動悸や息切れ、めまいなど、体調の優れない方が多めでした。健診で引っ掛かって来院する方もちらほら。

診療終了後は町田へ。ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田で開催された内分泌・代謝疾患の研究会に参加させて頂きました。今回は精巣機能低下症の診断と治療がテーマ。普段はなかなか聴けない興味深いお話が聴けました。感謝です~。

9月14日木曜日。晴れ。朝は22℃、日中は29℃。

今日は天気の良い休診日となったので、急遽五日市まで行って来ました。日差しも強いし蝉の声も聴かれて、夏の名残がまだまだ居座っていましたが、路傍には既にヒガンバナが咲きだしていました。

ランチは2か月前にも来た山菜料理の黒茶屋へ。

DSC02568 (2) 

いつもの様に“お昼のお手軽コース”に。

DSC02569 (2) DSC02570 (2) DSC02572 (2) 

季節の山菜やキノコなど、山の幸を堪能させて頂きました。

DSC02574 (2) DSC02575 (2)

DSC02576 (2) DSC02578 (2) DSC02579 (2) 

しばし清流の音を聞き、山の空気に浸ってから帰途につきました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月11日月曜日は晴れ時々曇り、9月12日火曜日は曇り時々雨。両日とも朝は22~24℃、日中は28~29℃。スッキリしない週明けでした。とくに火曜日の日中天候が不安定となって、雷鳴が聴こえたかと思ったら一時停電に!。・・・でも大丈夫。幸か不幸か当院では電子カルテではないので全く動じません!?。

さて本日もお盆休みのレポートの続きを。8月15日火曜日は朝からカンボジア、シェムリアップ近郊のアンコール・トムへ。

DSC02089 (2) 

アンコール・トムは12世紀後半に建造された城砦都市。一辺3kmの堀に囲まれています。

DSC02095 (2) 

5つの城門のうち南大門から中へ。

DSC02093 (2) 

DSC02096 (2) 

四面塔の顔の長さは約3m!。

DSC02098 (2) 

奥へ進むと中央にバイヨンと呼ばれる寺院跡。

DSC02109 (2)

回廊の壁面は精緻なレリーフで覆われています。

DSC02114 (2) 

下は戦へ向かう行軍の様子。

DSC02115 (2) 

DSC02119 (2) DSC02120 (2) 

DSC02121 (2) 

ここもまだまだ修復中です。

DSC02129 (2) 

第二回廊へ上がると・・・。

DSC02126 (2) 

四面頭がたくさん。

DSC02130 (2) 

DSC02141 (2) 

DSC02142 (2) 

下がカンボジア紙幣200リエルにも描かれている代表的な“顔”です。

DSC02156 (2) 

下の写真は遺跡内で見かけたトラフタテハ。東南アジアでは広範囲に分布する普通種。それにしても熱帯の蝶はとっても綺麗です~。

DSC02158 (2) 

さてアンコール・トムを後にして・・・。

DSC02161 (2) 

DSC02168 (2) 

タ・プロームの遺跡へ。

DSC02171 (2) 

ここは12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたそうです。

DSC02172 (2) 

ここでは先日レポートしたベン・メリアと同じく、熱帯の樹木の浸食による遺跡の破壊が。

DSC02173 (2) 

DSC02186 (2) 

DSC02188 (2) 

DSC02190 (2) 

こんなところから誰かが覗いています!?。

DSC02197 (2) 

DSC02196 (2) 

木々を排除するのは容易では無さそうですが・・・。

DSC02198 (2) 

DSC02203 (2) 

このままでは遠からず崩壊してしまいそう。

DSC02213 (2) DSC02212 (2) 

DSC02214 (2) 

諸行無常の響き在り・・・です。

DSC02216 (2) 

さてカンボジア観光はこれでおしまい。ベトナム航空VN836便18時05分発でカンボジアのシェムリアップからベトナムのハノイへ向かいます。所要時間は1時間45分。機材はエアバスA321-200でした。

DSC02231 (2) 

やはり短いフライトでも機内食の提供がありましたが、晩ご飯にしてはチョッと・・・。

DSC02234 (2) DSC02241 (2) 

ハノイに1泊してから帰ります。

長くなって来たので続きはまた後日~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月9日土曜日。晴れ。朝は20℃、日中は28℃。秋晴れの一日になりました。

クリニックは朝早めの時間帯がとっても混雑。なぜか予約外の方が朝に集中しました。「何で今日は混んでるんですか?」なんて患者さんに尋ねられても「??」って感じ。でもそれも束の間、昼前にはその反動か待合室はガラガラに。「今日は何で空いているんですか?」と患者さん。「う~ん・・・」。

診療終了後は事務仕事をこなし、少々遅くなってから西麻布の創作和食「サルドゥ・マキノ」さんへ。

DSC02551 (2) 

今夜は放射線科の先輩と、眼科の後輩の同業者3人で会食。お店のカウンターに座ったらどこかで見たようなお顔が・・・。近隣の大和市医師会の眼科の先生でした。そちらも同業者3人連れでしたので、医者がズラリと6人カウンターに並ぶことに。こちらサイドは大いに盛り上がりましたが、お店にはご迷惑をお掛けしたかも!?。

DSC02552 (2) DSC02554 (2) 

いつものように考え抜かれた美しい料理を堪能。

DSC02555 (2) DSC02556 (2) DSC02557 (2) 

あれっ、1品撮り忘れました~。

DSC02558 (2) DSC02559 (2) 

その後お店を変えて話の続きをしていたら、気付けば電車が無くなっているではありませんか!。ありゃりゃ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月8日金曜日。曇りのち晴れ。朝は22℃、日中は28℃。

クリニックはやっぱり混雑気味。連日の特定健診・長寿健診でチョッとお疲れモードですが、もう少しの辛抱です。

診療終了後は大和市医師会内科医会の講演会に出席。今日は消化器分野、内視鏡診断と治療のお話でした。こんなにたくさんの内視鏡写真を見せて頂いたのは初めてかも!?。

さて今日もお盆休みのレポートの続きを。8月14日月曜日はアンコール・ワットを観光したのちに密林に埋もれたベン・メリアの遺跡へ。その後シェムリアップへ戻って小休止後、今度はトンレ・サップ湖へ向かいました。トンレ・サップ湖は東南アジア最大の湖で、100万人以上の水上生活者が暮らしています。今回はその中でもベトナム人が多く住むチョンクニアへ。

大小様々なクルーズ船が発着する乗り場から沖合へ。クルーズ船とは言っても・・・。

DSC01993 (2) 

水は決して綺麗ではありませんが、水上を軽快に飛ばすボートは爽快。

DSC01988 (2) 

大きな建物は商店でしょうか。

DSC01989 (2) 

小振りの個人住宅はどの家も開放的で戸締りなど出来そうもありません。

DSC01995 (2) 

でも衛星放送アンテナが付いている家もあって、意外に裕福な暮らしぶりなのかも。

DSC01997 (2) 

子供たちは部屋から直接川へ飛び込んで遊んだり・・・。

DSC02002 (3) 

家の前で釣りをしたり、部屋に吊るしたハンモックでうたた寝したりで、それなりに快適そうには見えますが・・・。

DSC02042 (2) 

炊事も洗濯も、おそらくはトイレも同じ水・・・う~ん、なかなか日本人には辛いかも。

DSC02043 (2) 

大きな建物は学校です。

DSC02000 (2) 

船でお迎え?。

DSC02001 (2) 

こちらは集団下校でしょうか!?。

DSC02038 (2) 

所々に観光客向けの商店やレストランも。

DSC02003 (2) DSC02040 (2) 

DSC02037 (2) DSC02005 (2) 

そのうちの1軒に立ち寄って小休止。観光客向けなのでしょうが、ワニ、ナマズ、アナコンダなどが飼われていました。

DSC02018 (2) DSC02019 (2) 

DSC02009 (2) DSC02007 (2) 

2階建てのそれなりに大きな建物でしたが、基礎は竹を束ねた浮きのみ。

DSC02035 (2)

2階に上がってみると、水上は結構な賑わいでした。

DSC02027 (2) 

このあたりがメインストリートでしょうか。

DSC02021 (2) 

晴れていれば美しい夕景が見られたでしょうが残念。

DSC02031 (2) 

帰路に着いての道すがら。広大な蓮畑に立ち寄ってみました。

DSC02045 (2) 

DSC02062 (2) 

時折雲の切れ間から輝く夕日に照らされる蓮の花がとっても綺麗でした。

DSC02066 (2) 

蓮の枝に着いたピンクの塊は巨大なタニシの卵!。

DSC02049 (2) DSC02063 (2) 

チョッと喉が渇きましたが、道端の商店の店先にはたくさんの瓶が。

DSC02067 (2) 

瓶の正体はなんとガソリンでした。そう言えばガソリンスタンドをあまり見かけませんからね~。

DSC02067 (3)

夕食を済ませたあとは、繁華街のナイト・マーケットへ。

DSC02079 (2) 

世界中からの観光客で賑わっていました。

DSC02080 (2) 

売られている商品は値段が有るようで無し。交渉次第でいくらでも・・・。

DSC02082 (2) DSC02083 (2) 

朝4時過ぎから活動を開始してホテルに戻ったのは夜10時過ぎ。いつもながらチョッと動き過ぎです。もう少し優雅に旅すれば良いものを、根が貧乏性ですからね~。

カンボジア紀行はまだ続きます。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月5日火曜日は晴れのち曇り。朝は19℃、日中は28℃。9月6日水曜日は雨のち曇り。朝は21℃、日中は24℃。相変わらず暑いんだか寒いんだか良く判らない日々が続いています。

クリニックはそれなりに混雑。今週に入ってかぜ症状、特に咳が止まらない方が増えました。ここ最近の気温変化の影響でしょう。診療終了後は、昨日火曜日は大和市医師会理事会。本日水曜日は病診連携の会。今宵は全4回シリーズの初回で大和市立病院でした。夏休み体制の8月から一転、9月に入って何かと忙しくなって来ました。

さて今日もお盆休みのレポートの続きを。8月14日月曜日は早朝にアンコール・ワットの日の出を拝みに行ってからホテルに戻って朝食。その後、シェムリアップから東へ直線距離で約50kmの密林の中にあるベン・メリアという巨大寺院の遺跡を目指しました。

プノンペンにも通じる道路の両脇には多くのパラソル。

DSC01845 (2) 

どうやら竹筒に入ったご飯を売っているようです。

DSC01846 (2) 

ココナッツ風味で美味しいらしいのですが・・・やっぱり勇気がありません~。

DSC01849 (2) 

幹線道路を外れると、車よりもバイクや自転車が多くなります。

DSC01853 (2) 

覗き見る未舗装の脇道はいい感じです。

DSC01859 (2) 

車で約1時間かかってやっと到着。入口の欄干には保存状態の良い5つの蛇の頭を持つ神ナーガ。

DSC01862 (2) 

暑い参道を進むと・・・。

DSC01864 (2) 

すさまじい瓦礫の山が見えて来ました!。

DSC01866 (2) 

ここは修復されないまま放置されている遺跡の一つ。

DSC01868 (2) 

成長の早いジャングルの木が崩壊を助長している様子。

DSC01870 (2) 

DSC01876 (2) DSC01877 (2) 

ここが造営されたのはアンコール・ワット建造前の11世紀末~12世紀初頭。貴重な寺院の遺跡ですが・・・。

DSC01880 (2) 

今のところ修復の予定は無いそうです。

DSC01881 (2) 

遺跡の存在が明らかになった後も内乱で放置され、ポル・ポト派の支配が終わって地雷の撤去が進んだ比較的近年になって入れるようになったそうです。

DSC01884 (2) 

全貌が明らかになればアンコール・ワットを凌ぐ規模とか。

DSC01886 (2) 

遺跡上には簡素な木道が組まれていて、それに沿って見学することが出来ますが、それを外れるのはとっても危険!?。

DSC01888 (2) 

回廊の天井も落ちてしまっています。

DSC01892 (2) 

DSC01893 (2) 

それにしても熱帯植物の繁殖力にはビックリ。

DSC01899 (2) 

昼なお暗い密林に埋もれた遺跡はチョッと迫力があります。

DSC01902 (2) 

いつの日にかアンコール・ワットのように修復される日が来るのでしょうか。

DSC01903 (2) 

DSC01908 (2) 

凄まじい光景に圧倒されて、暑さも忘れて歩き回って来ました。

DSC01911 (2) 

DSC01917 (2) 

拙い写真では迫力が伝わらないでしょうがご容赦を。

DSC01922 (2) 

DSC01956 (2) 

DSC01964 (2) 

カンボジア紀行はまだ続きます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月4日月曜日。曇り時々雨。朝は20℃、日中は23℃。肌寒い一日になりました。

週明けのクリニックはそれなりに混雑。案の定かぜ症状の方が多くなって来ました。やはり先週末から朝晩の気温が下がったためでしょうか。長寿健診・特定健診の予約は既に9月末までパンパン。もう、こっ、これ以上は・・・。ご容赦下さいませ~。

さて今日はお盆休みの東南アジア行きの続きを。8月13日日曜日はアユタヤからバンコクのスワンナプーム国際空港へ。新しくて広大な空港です。

DSC01634 (2) DSC01639 (2) 

14時05分発のバンコク・エアウェイズPG913便でカンボジアのシェムリアップへ向かいました。機材はA320。フライト時間はたった1時間10分ですが、シートベルトサインが消えるや否や機内食が出て来ました!。

DSC01646 (2) DSC01649 (2) 

慌ただしくかきこむと、もう着陸態勢に入っていました。眼下には広大な湿地帯が。

DSC01654 (2) 

着陸直前にはヤシの木に囲まれた高床の住宅が見えました。

DSC01659 (2) 

シェムリアップ国際空港はアンコール・ワットの玄関口。日本からの直行便はありませんが、中国、韓国、香港ほか近隣諸国からの国際便が就航しています。

DSC01663 (2) 

平屋建てなので、ボーディング・ブリッジなどというものはありません。

DSC01662 (2) 

一旦ホテルにチェックインしてから・・・。

DSC01673 (2) 

夕食を食べに外出。

DSC01681 (2) DSC01683 (2) 

外国人向けにアレンジされているのでしょうが、なかなか美味でした。

DSC01685 (2) DSC01691 (2) 

さて今回シェムリアップへ来た目的は、もちろんアンコール・ワットを見るため。翌8月14日月曜日はホテルを朝4時代に出発!。まずはチケット売り場へ。夜明け前のチケット売り場は海外からの観光客で大混雑でした。チケットは不正が無いように顔写真入り。10日間のうちの3日間有効でUS$62.00でした。

DSC02526 (2) 

アンコール・ワットの入口付近に陣取って日の出を待ちました。やがて空の色が茜色に染まって来ましたが、チョッと雲が多め。

DSC01711 (2) 

残念ながら雲の間からの日の出になってしまいました。

DSC01733 (2) 

それでも幻想的な雰囲気は堪能出来ました。

DSC01750 (2) 

日が昇ると大勢の観光客が遺跡内へ移動開始。

DSC01754 (2) 

アンコール・ワットは12世紀前半に30年以上かけて建立されたヒンドゥー教寺院。

DSC01757 (2) 

プノンペンに王都が移ると一時は忘れ去られるも、その後再発見され、16世紀には仏教寺院へ改修されています。

DSC01759 (2) 

壁面を埋め尽くす細かいレリーフの数々が圧巻。

DSC01766 (2) 

1970年代からのカンボジア内戦で破壊されるも、1992年には世界遺産に登録されて現在も修復過程にあります。

DSC01769 (2) 

DSC01770 (2) 

もちろんレリーフの題材にはそれぞれ深い意味が・・・。

DSC01791 (2) 

DSC01795 (2) 

DSC01799 (2) 

急峻な階段の上は第三回廊。

DSC01802 (2)

DSC01801 (2) DSC01804 (2) 

第三回廊まで上がると風が抜けて爽快でした。周辺は鬱蒼とした森林。屋根上を歩くサルの姿も見られました。

DSC01807 (2) 

DSC01808 (2) 

下は西側の入口方向を望んだところ。

DSC01812 (2) 

下は東側へ回って見たところ。

DSC01836 (2) 

以上は“朝めし前”のお仕事。そろそろお腹が空いて来たので一旦ホテルへ戻って朝食にすることに。

長くなって来たので続きはまた後日~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月1日金曜日は曇りのち雨、9月2日土曜日は雨のち晴れで、両日とも最高気温は24℃止まり。特に土曜日の朝は17℃まで下がって何だか秋の気配。朝の通勤時間帯は上着が無いと寒いくらいになりました。

クリニックは相変わらず特定健診・長寿健診の方が多いものの、概して平穏な日々。かぜ症状の方は少なめでしたが、ここ数日の気温の低下でまた増えて来そうな予感!?。

土曜日の診療終了後は半蔵門へ。中央林間から東急8500系に乗車。

DSC02508 (2) 

もはやクラシックな内装外観となりましたが、何だかこの時代の電車が落ち着きますね~。

DSC02507 (2) DSC02509 (2) 

今宵は麹町のイタリアンレストラン“エリオロカンダ・イタリアーナ”で5人で会食。

DSC02516 (2) DSC02519 (2) 

メンバーはかつて一緒にイタリアを旅した面々。毎年の恒例行事となっています。

DSC02520 (2) DSC02522 (2) 

本日のメインは北海道天塩のソイを取り分けて・・・

DSC02524 (2) DSC02525 (2) 

美味しい食事と楽しい話であっと言う間に時間が過ぎて・・・。また来年を楽しみに~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月28日月曜日。晴れのち曇り。朝は22℃、日中は30℃。朝は爽やかな風にビックリ。急に涼しくなって否が応でも夏の終わりを実感させられます~。

今日のクリニックは朝から混雑。気温の変化が大きくなると体調の悪い方が途端に増えます。診療時間以外はひたすら健診結果の判定作業。あと1ヶ月の辛抱です~。

さて本日は7月の九州行きレポートの最終回を。いつの間にか1か月以上経過してしまいました。前回は7月17日新八代から乗車した「おれんじ食堂」が水俣駅を発車して肥後の国と薩摩の国の境を超えたところまででした。

薩摩に入るとしばらく田園地帯を軽快に走って・・・。

DSC01112 (2) 

出水駅に到着しました。ここには肥薩おれんじ鉄道の車両基地が。

DSC01118 (2) 

出水は鶴の飛来地としても有名なところ。ホームにも鶴の姿。

DSC01133 (2) 

新幹線駅として駅舎は立派。

DSC01128 (2) 

でも肥薩おれんじ鉄道が使っている部分は片隅のここだけ。

DSC01129 (2) 

駅前にはC56形蒸気機関車が静態保存されていました。

DSC01120 (2) 

かつては栗野~水俣間の山野線(昭和63年2月廃止)に吉松機関区のC56形が、川内~薩摩大口間の宮之城線(昭和62年1月廃止)に鹿児島機関区のC56形がそれぞれ運用に就いていましたが、その真ん中に当たる出水はC56形とはあまり縁が無さそう。

下は参考までに古い鉄道路線図。

DSC01238 (2) 

出水機関区にはD51形しか配置されておらず、C56形の配置はありませんでした。そもそも92号機は宮崎機関区の配置でした。

DSC01121 (2) 

それでも92号機は栄えあるお召列車の牽引機。つべこべ言わずに保存されているだけでも喜ばなければいけません。

DSC01123 (2) DSC01124 (2) 

青、赤、黄色を使ったカラーリングはチョッと??ですが、保存状態は悪くありませんでした。

DSC01127 (2) 

ちなみに下の写真は私が撮った宮崎駅構内で入れ替え作業中の92号機。近くに来てくれなくてこんな遠い写真しかありませんが・・・(昭和47年11月撮影)。

img177 

さて出水を発車してからいよいよランチタイム。

DSC01105 (2) 

地元出水市の農園レストラン「三蔵」さんによる地元食材に拘ったメニュー。

DSC01132 (2) DSC01136 (2) 

移り行く車窓を眺めながらの食事は最高。食事が始まってからは列車はゆっくり走行してくれています。

DSC01142 (2) 

やがて列車は阿久根駅に到着。

DSC01157 (2) 

ここも水戸岡デザインの駅。待合室や・・・。

DSC01144 (2) DSC01146 (2) 

レストラン、出札口も木を多用。

DSC01153 (2) DSC01155 (2) 

DSC01156 (2) 

駅舎内に図書館まで!。

DSC01154 (2) 

下は駅の外観。元は昭和24年に竣工した木造駅舎。

DSC01151 (2) 

改修されて2014年5月に新装開業しました。

DSC01152 (2) 

そして駅前にはかつて寝台特急「なは」で使用されていた寝台客車オハネフ25 2209とオハネフ25 206。

DSC01148 (2) 

かつては宿泊施設として使われていたようですが、今は財政難で閉鎖になっているようでした。

DSC01147 (2) 

私自身は、かつて熊本で学会があった際に飛行機で帰る同僚を尻目にわざわざ京都まで乗って帰った車両です。

DSC01150 (2) 

さて阿久根を発車すると、メインディッシュ「いずみ鶏の蒸し焼き」が出て来ました。

DSC01160 (2) 

列車は途中の小駅構内のはずれで停車。ちょうど海が見える場所です。

DSC01162 (2) 

揺れない車内でゆっくり食事を・・・という心遣い。

DSC01161 (2) DSC01169 (2) 

停まっている間に後続の普通列車が追い抜いていきます。

DSC01166 (2) 

そしてデザート、食後のコーヒーまで堪能。

DSC01171 (2) DSC01172 (2) 

海は南下するに従って更に青くなったような気がします。

DSC01175 (2) 

DSC01178 (2) 

そして最後の停車駅が薩摩高城(さつまたき)。無人駅ですが、やはり地元の方が名産品を準備して出迎えて下さいました。

DSC01198 (2) DSC01196 (2) 

希望者は乗務員の方が先頭に立って遊歩道を海岸まで散策。

DSC01191 (2) 

しばし夏の海を眺めながら海風に当たっておりましたが・・・う~ん、やっぱり暑い!。

DSC01195 (2) 

14時19分に終点川内駅に到着。新八代を10時08分に発車してから実に4時間11分にも及ぶ行程でしたが、飽きの来ない列車旅でした。

DSC01209 (2) DSC01211 (2) 

川内からは九州新幹線で博多へ。そして福岡空港から羽田空港へ戻って来ました。

DSC01216 (2) DSC01217 (2) 

下はおれんじ食堂の乗車証明書。

DSC01201 (2) DSC01202 (2) 

そして現地で消費し切れずに、結局自宅まで持って帰ったお土産品の一部です。

DSC01244 (2) 

海の日の連休の九州行きのレポートはやっとこれでおしまい。

次からは今更ながらお盆休みのレポートをお届けします~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月25日金曜日8月26日土曜日は両日とも晴れのち曇り。朝から26℃前後、日中は32~35℃で厳しい残暑になりました。

クリニックはほどほどの混雑。健診で引っ掛かって受診される方が多くなりました。かぜ症状の方はちらほら。喉を腫らせていらっしゃる方が増えました。めまい、息切れ、動悸、全身倦怠感など、暑い時期に多い症状の方も。

土曜日の診療終了後は東京ミッドタウンへ。夏休み最後の週末とあってか、ミッドタウンは混雑していました。

今宵はミッドタウンホールで17時から開催された糖尿病セミナーに参加させて頂きました。下の写真は左が到着時、右が帰宅時。

DSC02482 (2) DSC02484 (2) 

SGLT2阻害剤の発売から3年余り、多くの臨床データが蓄積されて循環器疾患における位置付けが定まって来ました。解りやすいご講演を聴かせて頂いたお陰で頭の中がスッキリ!?。

8月27日日曜日。曇り時々晴れ。朝は24℃、日中は29℃。昨日までに比べると、気温が下がって急に秋めいた感じに。

今日は日中近場に買い物に出かけていましたが、夕方から南青山のブルーノート東京へ。今夜はイギリスのグループMATT BIANCOのステージでした。

DSC02486 (2) DSC02487 (2) 

元来はラテン、ジャズ、ファンクの融合したようなサウンドでしたが、今回はややジャズの要素が強くなった感じのするステージでした。パワーを頂いて帰宅。

帰宅時の青山、表参道あたりはいつもより人出が少ない感じでした。夏休みも終わりに近付いたからでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月21日月曜日8月22日火曜日はやはり相変わらず曇りベースの天気。朝は23~25℃、日中は30~32℃。週が明けてやっと夏休みモードから脱却して本格始動・・・のはずでしたが、何だかチカラが入らず~。

クリニックはそこそこの混雑でしたが、普段は土曜日にしか来れない会社員の方が現れたり、授業時間帯に学生さんが現れたりで、まだまだ世の中は夏休みが続いている様子。そういえば朝の通勤電車も空いていました。かぜの方は依然として多め。

火曜日の昼は医師会事務局で会計業務。でも他の診療時間外はひたすら健診の判定作業。この過酷な状況は9月一杯まで続きます。

さて今日は7月17日、九州行きのレポートの続きを。あれっ、お盆休みのレポートはどうしたかって?。いろいろと滞っておりまして・・・しばらくお待ち下さいませ~。

前日は熊本泊まり。翌7月17日月曜日は朝の鹿児島本線普通列車で新八代へ向かいました。

DSC01027 (2) DSC01030 (3) 

第三セクターの肥薩おれんじ鉄道(旧鹿児島本線の八代~川内)の運行する観光列車「おれんじ食堂」に乗車するためです。「おれんじ食堂」の始発駅は新幹線接続駅の新八代で、八代~新八代間はJR九州に乗り入れて来ます。

新八代駅の上り線ホームに回送列車が到着。

DSC01028 (2) DSC01032 (2) 

一旦博多方へ引き上げてから下り線側の側線で待避したのち、下り線ホームに入線して来ました。

DSC01038 (2) 

編成は2両。肥薩線同様にこちらも水戸岡鋭治氏のデザイン。

DSC01039 (2) DSC01040 (2) 

金、土、日、祝日を中心に朝、昼、夕の3便運行されています。われわれが乗車したのは2便のSPECIAL LUNCH。

DSC01046 (2) 

本来の起点駅、八代駅ではくまモンのラッピングの単行普通列車が発車を待っていました。肥薩おれんじ鉄道は19両のディーゼルカーを所有していますが、おれんじ食堂の2両編成以外は基本的に単行。

DSC01047 (2) 

この「おれんじ食堂」のコンセプトは、風光明媚な景色を眺めながら沿線の“食”を堪能すること。

旧鹿児島本線は区間によっては意外に海岸線ギリギリを走ります。

DSC01062 (2) 

車窓は梅雨が明けて夏本番の光景。向こうは天草。

DSC01065 (2) 

こんな静かな海でのんびりしたい・・・と一瞬思いましたが、この暑さではのんびりなど出来るはずはなく、冷房の効いた車内から眺めるのが一番!?。

DSC01071 (2)

各停車駅では地元の方々による「駅マルシェ」が開催され、予め配られたクーポン券と引き換えにその土地の名物のお土産を頂けるという趣向。

DSC01077 (2) DSC01055 (2) 

そんな訳でところどころで途中下車しながら、その土地の名物を堪能。

DSC01080 (2) 

今は第三セクターとは言っても、元来は鹿児島本線ですから、ローカル駅でもホームは長大。駅施設も立派です。

DSC01079 (2) IMG-2693 (2) 

DSC01082 (2) 

DSC01083 (2) 

さて停車中に車内を探索。

DSC01084 (2) 

内装は水戸岡デザインの常としてwoodyな雰囲気。

DSC01101 (2) 

DSC01102 (2) 

DSC01087 (2) 

運転台の横には小さな展望席。

DSC01086 (2) 

2号車の隅にはお菓子ブッフェ。八代市のマドレーヌと芦北町の塩せんべい。

DSC01103 (2) DSC01089 (2) 

次駅表示はマニュアル操作。

DSC01088 (2) 

お土産のカレーパンと芦北産甘夏入りのサーターアンダギー。津奈木町のジュースが配られました。

DSC01090 (2) DSC01093 (2) 

水俣駅は意外にこじんまりしていましたが・・・。

DSC01095 (2) 

内装はリニューアルされて瀟洒。やはり水戸岡デザインです。

DSC01096 (2) 

水俣を出ると、ほどなく袋駅~米ノ津駅間の小さな川(境川)にかかる小さな石橋(境橋)が見下せる場所で列車は徐行。ここが肥後と薩摩の境界で、薩摩藩主の参勤交代の主要道路であったのにもかかわらず、防衛上長らく橋は架けられていなっかったそうです。この橋が架けられたのは明治16年になってからだそうです。

DSC01111 (2) 

ここを過ぎるといよいよ薩摩の国。

でも、チョッと長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月18日金曜日8月19日土曜日は曇り時々雨。朝は23~24℃、日中は29~30℃。相変わらずスッキリしない不安定な天気続き。

お盆明けのクリニックはそれなりに混雑。暑い季節の割にはかぜ症状の方が多めでした。お盆休み中に薬が切れてしまってなんて方もチラホラ。近隣ではまだお休みのクリニックもあるようで、当院新患の方もたくさん。タイ帰りで下痢、オーストラリア帰りでA型インフルエンザ・・・なんて患者さんがいらっしゃるのもこの時期ならではかも!?。

土曜日の診療終了後はお盆休み期間の“ツケ”をこなすために黙々と事務仕事。そろそろ帰ろうかという時に、雷鳴と激しい雨音。ブラインドの隙間から外を覗いたら・・・ありゃりゃ~。

DSC02409 (2) 

下は18時55分時点の雨雲レーダー。ちょうど大和にさしかかったところでした。

DSC02406 (2) 

小田急線は一時運転見合わせになっていたようですが、その後はしばらく45km以下の速度制限下での運転。ロマンスカーと千代田線直通運転は休止になっていました。

DSC02418 (2) 

DSC02422 (2) 

いつまでこんな天気が続くのでしょう。このまま秋になってしまうのでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月7日月曜日から8月9日水曜日にかけては迷走する長寿台風5号の影響を受けて天候は不安定。天気が目まぐるしく変化しました。

8月8日火曜日には北陸地方を通過して本日8月9日水曜日の午前3時に山形県沖の日本海で温帯低気圧に。18日18時間の長寿台風で史上3位の記録になったそうです。台風一過の今日は東京で37℃、横浜で35℃!。

DSC01364 (2) 

クリニックはお盆休み前でさぞや混雑するかと思いきや、意外に平穏な日々。悪天候の影響もあったのかも知れません。陽気のせいか長引く咳の方がちらほら。「息苦しい」とか「動悸がする」とか「めまいがする」なんて方がこの季節は増えますが、今週になってから目立つようになりました。

昨日の朝、自宅の外壁に小さな緑色のムシが張り付いているのを見つけました。クサカゲロウの一種です。

DSC01359 (2) 

英名はGreen lacewingもしくはGolden eyeと美しい名前が付いています。Green lacewingは納得しましたが、Golden eyeかどうかは相手が小さ過ぎてはっきりしませんでした。

DSC01361 (2) 

台風の強風によってどこからか連れて来られたのでしょうか。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月最初の週末、8月4日金曜日8月5日土曜日は相変わらず曇りベースの不安定な天気。金曜日は雨が降って気温は29℃止まりでしたが、土曜日は一時晴れ間が出たためか31℃まで上昇してムシムシ。いい加減にスッキリした夏空が見たいものです~。

7月21日9時に発生した長寿台風5号は明日九州を縦断しそう。九州豪雨から1か月。復旧ままならぬ被災地が心配。

DSC01338 (2) DSC01335 (2) 

クリニックは長寿健診・特定健診で検査が多いことを除けば比較的平穏な日々。診療終了はほぼ時間通りです。ただこの時期はお盆前に片づけておかねばならない事務仕事が山積。週末の診療後は黙々と事務仕事をこなしておりました。

土曜日の帰宅時は小田急線が遅れていました。最近は大雨や人身事故でたびたび遅れていましたが、今宵は代々木上原駅での乗客と電車の接触事故に加えて、参宮橋駅での“車掌の欠乗”とのこと。

DSC01328 (2) 

“欠乗”って車掌さんが置いてけぼりになってしまったということでしょうか!?。う~ん・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月31日月曜日から8月2日水曜日にかけての月末月初は、相変わらず不安定な天気が続きました。特に8月1日火曜日は神奈川県内で記録的な大雨!。海老名では1時間に120ミリの雨を記録したそうで、大和では引地川で氾濫危険水位を超えました。小田急線も一時運転見合わせに。

日本の南の海上では台風5号が迷走中。大雨の犯人は君か!?。

DSC01316 (2) 

クリニックは8月1日火曜日の午後は大雨のため閑散としていましたが、その反動のためか8月2日水曜日は朝から混雑しました。気候が不安定なためか、暑い割にはかぜ症状の方が多め。長寿健診・特定健診は既に今季の予約は満杯!。ビックリです~。

診療終了後は月曜日は大和市地域医療センターで大和市医師会の入会金規定に関する会議。火曜日は大和市内某所で納涼会を兼ねた大和市医師会移動理事会。もちろんチャンと会議を済ませてから納涼会に突入したことは言うまでもありません。水曜日の昼は近くの循環器専門病院の院長先生が来訪、夜はひたすら健診結果判定作業。

厚生労働省が先週公表した簡易生命表によると日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性が80.98歳で男女とも世界2位!(ちなみに1位は男女とも香港だそうです)。日本の優れた医療制度を誇るべきでしょうが、最近長寿を素直に喜べない風潮が蔓延しているのは淋しい限り。健康な日常生活を送れる健康寿命は女性74.21歳、男性71.19歳だそうで、この10年前後のギャップを少しでも縮めていくことが私どもの仕事と覚えたり。“ピンピンコロリ”は難しいですね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月28日金曜日7月29日土曜日は曇り一時雨。朝は24~25℃、日中は31℃。この1週間はスッキリしない梅雨のような天気が続きました。

クリニックは金曜日も土曜日もほどほどの混雑。かぜの方が少なくなり予約外の方が減ったので、待ち時間は一時のように酷いことにはならなかったはず。ただ予約自体はパンパンで、特定健診・長寿健診は既に9月まで満杯に。トホホ~。

さて今日は海の日の連休の九州行きのレポートの続きを。7月16日日曜日、鹿児島中央駅から「はやとの風2号」に乗って吉松駅に11時11分着。駅周辺を散策してからいよいよ矢岳越えへ。

DSC00756 (2) 

ここからは11時49分発の「しんぺい2号」人吉行きに乗り継いで大畑へ向かいます。現在、吉松~人吉間の列車は5往復のみ。そのうち日中の2往復が特急「いさぶろう」と「しんぺい」です。下りの吉松行きが「いさぶろう」、上りの人吉・熊本行きが「しんぺい」。

DSC00765 (2) 

愛称の由来は「いさぶろう」が人吉~吉松間が建設された当時の逓信大臣山縣伊三郎、「しんぺい」は同じく鉄道院総裁の後藤新平。

DSC00763 (2) DSC00764 (2) 

車両は「はやとの風」と同じく種車は国鉄時代の一般型気動車キハ40系。こちらも水戸岡鋭治氏のデザインです。

DSC00762 (2) 

発車間際に肥薩線の普通列車が到着。

DSC00768 (2) 

キハ40系の“特急”と“普通列車”が並びました。生い立ちは一緒なので“顔”は当然のことながら瓜二つ。

DSC00769 (2) 

明治42年当時の鹿児島本線最後の開通区間であった人吉~吉松間の矢岳越えは、開通当初から名だたる急勾配区間として有名。スイッチバックとループ線を駆使して峠を越えて行きます。下は吉松駅構内の資料展示館の図。

DSC00751 (2) 

「しんぺい2号」の車内は「はやとの風」から乗り継いだ方に吉都線から乗り継いだ方が加わって満席でした。定刻に発車。左へ上がって行く線路が人吉方面。

DSC00757 (3) 

吉松駅発車直後から結構な勾配区間が始まり、キハ40系はゆっくりだけど確実に高度を稼いで行きます。

DSC00775 (2) 

次第に山深くなって鹿児島県と宮崎県の県境を越えると、車窓右手に「復員軍人殉難碑」がチラッと見えました。ここで昭和20年8月22日に多くの復員兵を乗せた列車が勾配を登り切れずにトンネル内で立往生。蒸気機関車の煙が車内に充満したため多くの乗客が列車から降りて避難しているところに列車が逆走。56人が亡くなりました。折角生きて本土に辿り着いたのに・・・。

DSC00776 (2) 

現代車両は立往生の懸念も無く真幸(まさき)駅に無事到着。吉松の標高が213m、真幸の標高が380mですので、167m上がって来ました。ここで5分停車。

DSC00778 (2) 

駅舎内やホームでは地元の方が特産品や飲料・食料などを販売。

DSC00779 (2) 

駅舎は明治44年開設当時のままで、やはり良い雰囲気です。真幸駅は宮崎県で初めて出来た駅、また肥薩線で唯一宮崎県の駅ですが、近年の乗降客数は1~2名/日だそうで・・・。

DSC00780 (2) 

真幸駅はスイッチバック駅。逆向きに発車して引き上げ線に入って停車。車内を運転士さんが前後に移動して再度逆向きに上がって行きます。下に先ほどに通った線路が見えて・・・。

DSC00782 (2) 

ホームを下に見ながら登って行きます。

DSC00784 (2) DSC00786 (2) 

ホーム上では地元の方々が手を振ってお見送り。

DSC00789 (2) 

延々と勾配を登りつつトンネルをいくつか抜け、矢岳第二トンネルと矢岳第一トンネルの間で列車は一時停車。

DSC00797 (2) 

ここは「日本一の車窓」として有名なビューポイント。

DSC00795 (2) 

「日本三大車窓」の一つにも数えられています(ちなみに他の二つは根室本線狩勝峠越えと篠ノ井線姨捨越え)。

DSC00798 (2) 

右手の遠くには桜島も見えました!。

DSC00801 (2) 

やがて列車は肥薩線で最長(2096m)の矢岳第一トンネルに。

DSC00804 (2) 

坑口上部には「引重致遠」(いんじゅうちえん)の文字。当時の鉄道院総裁後藤新平の揮毫。ちなみに反対の熊本側には当時の逓信大臣山縣伊三郎による「天險若夷」(てんけんじゃくい)の文字が掲げられていて、続けて読むことにより「天下の難所を平地のようにしたおかげで重いものを遠くへ運べる」という意味になるのだそうです。

DSC00806 (2) 

このトンネルを抜けるとサミットを越えて熊本県に入りました。ほどなく標高536.9mの矢岳(やたけ)駅に到着。ここでも5分停車。ここにはSL展示館がありますが、私的には5分では見切れないので、あとで戻って来るスケジュール。

DSC00810 (2) 

矢岳駅を発車すると、あとはひたすら下り坂。半径300mのループ線に差し掛かります。

DSC00751 (3) 

途中、大畑(おこば)駅が見下ろせるポイントで停車。

DSC00817 (2) 

さらに人吉方面が見えるポイントでも停車。

DSC00851 (2) 

DSC00821 (2) 

大畑駅には12時49分に到着。ここでも5分停車です。やはり駅構内では地元の方による特産品等の販売が。

DSC00825 (2) 

さて、われわれはここで下車。「しんぺい2号」が12時54分に発車して行くのを見送ってから、静まり返った駅周辺でのんびり~。

DSC00827 (2) DSC00781 (2) 

駅舎内にはありとあらゆるところに訪問者の名刺が貼られていました。

DSC00829 (2) 

ここも明治42年の開業以来の駅舎。待合室の真ん中に七夕飾り。

DSC00832 (2) 

標高は294.1mしかありませんが、待合室を吹き抜ける風は意外に涼やか。

DSC00836 (2) 

ただ日向の暑さはただものではありません。さすがに南九州ですからね~。

DSC00833 (2) 

駅周辺に人家は無し。

DSC00834 (2) 

駅構内には蒸気機関車時代の給水塔の一部が残っていました。

DSC00837 (2) 

今となっては貴重な産業遺産かも。

DSC00843 (2) 

右がループ線へ上がる矢岳方面、左が人吉方面。

DSC00839 (2) 

しばらく蝉の声以外は聴こえない静寂の世界にしばし浸っておりました。

DSC00844 (2) 

やがて列車の音が近付いて来て・・・。

DSC00831 (2) 

先ほどの「しんぺい2号」が人吉で折り返して「いさぶろう3号」として戻って来ました。車内はやはりほぼ満席。

DSC00848 (2) 

13時44分発の「いさぶろう3号」で先ほど通過して来た矢岳へ戻りますが、ちょっと長くなって来たので、続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月21日金曜日は晴れ、7月22日土曜日は晴れのち曇り。両日とも朝は25℃、日中は31~32℃で相変わらずの暑さ続きでした。

クリニックはこの暑さにもかかわらず、かぜ症状の方がたくさん。“冷房かけっぱなしで寝たら・・・”なんて方が多いようで。

金曜日の診療終了後は大和市勤労福祉会館へ。大和市立病院主催の地域医療連携懇談会でした。

DSC01266 (2) 

診療科ごとの小規模の連携の会は今までも有りましたが、病院を挙げての会は今回が初めて(画期的!)。市立病院側も医師会側も大勢が参加して、正に“顔の見える連携”に役立ちそうでした。

土曜日の診療終了後は院内のワックス掛け。開院以来、医療機関を多数手掛ける専門業者の方にお願いしています。

DSC01267 (2) 

数時間の作業で隅々まで見違えるように綺麗になりました。

DSC01271 (2) 

人間も身体の隅々までワックスが掛けられれば良いのにね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月18日火曜日。曇り一時激しい雷雨。朝は26℃、日中は32℃。天候は不安定で各地で突風や雷雨、大きな雹(ひょう)が降ったところも。神奈川県下でも広範囲で停電。

連休明けのクリニックは、大混戦を覚悟して診療に望みましたが意外に平穏。特に午後からは悪天候のため一時は待合室はガランとしていました。昼は会計業務のため医師会事務局へ出かけていましたが、帰りにしっかり雷雨に捕まりました~。

7月19日水曜日。晴れ。朝は24℃、日中は30℃。昨日とは打って変わって天気は安定。風は爽やかでした。本日関東甲信から中国、四国地方にかけて一気に梅雨明け。

クリニックは昨日の反動か、はたまた周辺のクリニックが休診のためか、予約外の方が多くて終日混雑気味でした。診療終了後は健診の結果判定作業。

さて今日は先週末の鹿児島行きのご報告を。7月16日日曜日の鹿児島地方は晴れ。朝は25℃、日中は34℃。まずは逆光の桜島に挨拶。

DSC00652 (2) 

混雑した鹿児島中央駅のコンコースを抜けて在来線ホームに降りると・・・。

DSC00672 (2) 

そこには懐かしき国鉄形415系交直流両用近郊形電車の姿。まだ健在でしたか~。

DSC00658 (2) 

でも主流はブラックフェイスの817系。

DSC00666 (2) 

こちらとて運用開始は2001年10月ですから、決して新車ではありません。

 DSC00671 (2) 

さて今回鹿児島まで来た第一の目的は肥薩線の完乗。肥薩線は鹿児島県霧島市の隼人駅から吉松、人吉を経由して熊本県八代市の八代駅に至る124.2kmの非電化路線。開業は古くて1903年1月。海側を通る路線が開通するまで、こちらが鹿児島本線でした。

(下の地図はJTB時刻表2017年6月号より)

DSC01252 (2) 

学生時代に来た時は都城から吉都線で吉松に入ったため、隼人~吉松間を乗り残しておりました。

今回まず乗車するのは9時26分発の「はやとの風2号」。鹿児島中央駅と肥薩線吉松駅を結ぶ観光特急です。2両編成。

DSC00675 (2) 

漆黒のボディのデザインはクルーズトレインの“ななつ星”を手掛けた水戸岡鋭治氏ですが、種車は国鉄時代の一般型気動車キハ40系です。車内はレトロな木目調。

DSC00678 (2) DSC00679 (2) 

乗客の中には外国人観光客の姿も。いわゆる“鉄”の姿は見かけませんでした。

ほぼ満席で定刻に発車。う~ん、加速も振動も騒音もレトロ!?。お世辞にも“特急”の乗り心地ではありません。鹿児島駅を過ぎると大きな桜島の姿を眺めつつ錦江湾に沿って快走。

DSC00683 (2) 

桜島がだんだんと遠ざかって小さくなり、10時6分に隼人着。

DSC00688 (2)

予め予約をしておくとここで積み込まれた「百年の旅物語かれい川」弁当が食べられたのですが、しっ、知らなかった~。

隼人から肥薩線に入ると意外に山深くて険しい地形を国鉄型キハ40系は“国鉄速度”で走ります。

今や超有名駅となった嘉例川駅に10時22分着。ここで8分停車します。

DSC00706 (2) 

その間に駅舎内で地元の方々が販売している特産品を購入したり駅舎を見学したり。特急が停車する無人駅は珍しい!?。軒下には七夕飾り。

DSC00707 (2) 

駅舎は1903年(明治36年)の開通当時からの木造駅舎で登録有形文化財。なかなか良い味を出しています。

DSC00694 (2) 

JTB時刻表2017年6月号の表紙も飾りました。

DSC01227 (2) 

今や有名観光地の仲間入り~。

DSC00695 (2) DSC00697 (2) 

DSC00699 (2) DSC00698 (2) 

10時30分に嘉例川駅を発車。次の霧島温泉駅で5分停車ののち、大隅横川駅に10時48分着。ここでは6分停車。

DSC00722 (2) 

軒下にはほうずきが飾られていました。

DSC00726 (2) 

ここの駅舎も嘉例川駅と並んで開業当初からの木造建築。やはり登録有形文化財に登録されています。

DSC00709 (2) 

柱には第二次世界大戦時に機銃掃射で撃ち抜かれた弾痕が。

DSC00717 (2) DSC00718 (2) 

10時54分に発車。かつて山野線(栗野~水俣間、1988年2月廃止)との分岐駅であった栗野駅に停車後、終点の吉松駅に11時11分に到着。

DSC00727 (2) 

かつては鉄道の要衝であった吉松駅構内は広いけれどガランとしていました。

DSC00729 (2) DSC00730 (2) 

長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月15日土曜日。晴れ。朝は24℃、日中は32℃。三連休の初日は好天に恵まれて暑さの厳しい1日になりました。

クリニックは、三連休とは言っても普段の土曜日と全く変わらぬ雰囲気。相変わらずかぜ症状の方は多め。特定健診・長寿健診の予約は目一杯。さらにこの季節は会社の健診で引っ掛かって受診される方も多めです。

診療終了後は急いで横浜、京急蒲田経由で羽田空港へ。三連休とあって流石に空港は混雑していました。羽田空港で友人と合流。

DSC00624 (2) 

今日は16時40分ANA627便で鹿児島へ。私にとってボーイング787初乗りの予定でしたが、不運にも767へ機種変更になっていました。とほほ~。離陸直後に眼下に江の島が。

DSC00626 (2) 

さらにしばらく飛ぶと雲の中から夏姿の富士山。

DSC00631 (2) 

定刻よりやや遅れて18時半に鹿児島空港着。市内に入って城山へ上がると、何とか明るいうちに桜島を拝むことが出来ました。噴煙は全く無し。

DSC00639 (2) 

眼下の神社ではお祭り。大層な人出のようで・・・。

DSC00637 (2) 

夕食には地のモノを堪能させて頂きました。

DSC00641 (2) DSC00643 (2) 

DSC00648 (2) DSC00650 (2) 

また電車に乗りに来たのかって?・・・ううっ、ドキッ!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月10日月曜日7月11日火曜日はともに晴れ。朝は24~25℃、日中は31~32℃で連日の真夏日。

高気圧が南から張り出して、日本中どこへ逃げても暑い!?。

DSC00583 (2) DSC00586 (2) 

週明けのクリニックはとっても混雑。かぜ症状の方がたくさんいらっしゃいました。厳しい暑さのためか、“身体が重くて怠い~”なんて方がちらほら。特定健診・長寿健診は佳境を迎えて予約はパンパン。既に9月の予約も入り始めました。

7月10日月曜日の診療終了後は大和市医療センターで新入会希望の先生と面談。神奈川県内の保健所長を歴任されて来られた大先輩で、逆に教えて頂くことばかり!?。

7月11日火曜日は少々診療を早仕舞いさせて頂き相模大野へ。久しぶりにやや明るいうちに電車に乗りましたが、相模大野の解体線にはHiSE10000形ロマンスカー中間車の姿が!。これは2018年3月のダイヤ改正を前に、喜多見検車区の保存車を整理して新型ロマンスカー70000形2編成分のスペースを空けるための苦肉の策とか。せっかく保存されていたのに今更解体はチョッと残念~。

DSC00597 (2) 

さて、今宵は循環器関連の講演会「血管病変とリスクマネージメントを考える会」の座長を仰せつかっておりました。

DSC00601 (2) 

動脈硬化性疾患では抗血栓療法が多用されますが、当然出血が止まりにくくなるため消化管出血は大敵。循環器内科、心臓血管外科、消化器内科、消化器外科、脳外科など、多くの領域の先生方が一同に会してディスカッション。日常臨床にとても役立つ講演会でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月7日金曜日7月8日土曜日はともに晴れ。朝は22~23℃、日中は30℃前後で相変わらずの暑さ続きでした。九州地方では記録的な集中豪雨で甚大な被害が・・・。

クリニックは相変わらず特定健診・長寿健診の方々に加え、かぜ症状の方や感染性胃腸炎の方もいらして、かなりの混雑。この季節は例年予約がパンパンになってしまい、お待たせしてしまう可能性が高いです。どうかお時間にゆとりを持っていらして下さると助かります~。

7月7日金曜日の診療終了後は大和市医療センターで医師会入会希望の先生と面接。普通だったらもう引退を考える年齢でのご開業で、そのバイタリティには脱帽ですが、自分より年上の先生との面会は緊張します。

7月8日土曜日の診療終了後は横浜へ。横浜西口のイタリアンレストランCAMBUSA(カンブーザ)で当院スタッフと納涼会でした。

DSC00489 (2) DSC00490 (2) DSC00492 (2) 

厳選された素材を使った料理の数々。特にピザが秀逸でした。

DSC00494 (2) DSC00495 (2) DSC00498 (2) 

DSC00499 (2) DSC00501 (2) DSC00502 (2) 

カプチーノのラテアートには3Dバージョンも。

DSC00503 (2) DSC00504 (2) DSC00505 (2)

DSC00506 (2) DSC00507 (2) DSC00508 (2) 

これで健診の後半戦を乗り切れるでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月3日月曜日。晴れ時々曇り。朝は25℃、日中は34℃。今日も蒸し暑い一日でした。

クリニックは相変わらず特定健診・長寿健診の方で混雑。暑い割には今日もかぜ症状の方がたくさん。やはり冷房の影響でしょうか。

診療終了後は年1回の大和市医師会と大和市立病院との連携に関する合同委員会に参加。開放病床・高度医療機器利用報告、大和市立病院外来・入院患者動向報告、大和市立病院現況報告などが行われました。大和の中核病院である大和市立病院との連携はとっても大切です~。

7月4日火曜日。雨時々曇り。朝は26℃、日中は32℃。気が付けばいつの間にやら台風3号が接近していました。

DSC00460 (2) 

診療終了後は大和市医師会理事会。議事・報告事項はいつも通り多岐にわたって盛りだくさん。終わって外へ出たら結構な雨降りになっていました。

DSC00463 (2) 

日付が変わる頃には992ヘクトパスカル。房総半島沖を約65キロメートルの速度で通過。

7月5日水曜日。曇り。朝は24℃、日中は29℃。関東の直ぐ南を進んだ台風3号は関東の東の海上で温帯低気圧に。でも梅雨前線の影響で「台風一過」とはならず、むしろ島根、九州北部などで記録的な豪雨となって甚大な被害が。梅雨入り当初は空梅雨が心配されていたのにね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月1日土曜日。曇り時々雨。朝から25℃、日中は30℃まで上がって蒸し暑い一日になりました。

天気図では梅雨前線がどっしり~。

DSC00418 (2) 

7月初日の土曜日、クリニックはそれなりに混雑。特定健診・長寿健診の方に加えて、かぜ症状の方が増えて来ました。こんな陽気のせいか、息苦しい、ドキドキする、めまいがする、疲れる・・・なんて訴えの方が次々と。掴みどころの無い訴えで困ってしまう方も。

診療終了後は、事務仕事を少々こなしてから中央林間から田園都市線で都内へ。今宵は表参道駅で合流して4人で会食。時々お世話になっている西麻布のsalle de Makino(サルドゥマキノ)さんへ。

DSC00419 (2) DSC00422 (3) DSC00423 (2) 

独創的でいながら和の基本を忠実に守り抜いた繊細な料理の数々。いつもながら感心!。

DSC00426 (2) DSC00427 (2) DSC00428 (2) 

お腹にも優しいです~。

DSC00430 (2) DSC00435 (2) 

帰りは乃木坂まで歩いて千代田線で帰宅。小田急線は人身事故の影響で混雑していました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月26日月曜日から6月28日水曜日にかけては曇りか雨のスッキリしない梅雨らしい天気が続きました。朝は21~22℃、日中は26~27℃で蒸し暑い日々。

クリニックは相変わらず長寿健診・特定健診で混雑気味。健診で来院された方に「ところでがん検診の方は受けられていますか?」とお尋ねしてみると意外に受けていない方が多数。「この歳になって今更がんが判ってもね~」とか「ボケて長生きするよりがんで早死にする方が」なんてやや厭世的な返答をされる方も。何だか私が医者になった30年前よりも皆さん生きることに対する執着が薄れてしまったような気がします・・・。

6月28日水曜日の診療終了後は町田へ。夕刻の町田駅前はいつものように大混雑。

DSC00406 (2) 

今夜はベストウェスタンレンブラントホテル東京町田(もとのホテルザエルシィ町田)で開催された糖尿病関連の講演会に参加して来ました。

DSC00408 (2) 

ご高名な木村玄次郎先生のご講演は、判りやすくてしかも目からウロコの内容。流石!。参加して良かった~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この1週間は天気が目まぐるしく変わって梅雨らしい日々になりました。 クリニックは特定健診・長寿健診で慌ただしいことを除けば概して平穏な日々。それでも会社や学校での健診で引っかかった方の受診が目立ちました。

6月17日土曜日は診療終了後に都内へ。友人と会食後、ホテルのラウンジに場所を移して悪だくみ(?)を考えていたら、いつの間にか結構な時間になっていました~。

DSC00318 (2) 

6月20日火曜日の昼は医師会事務局で会計業務。その他の時間は山積みの健診の結果判定作業。6月21日水曜日は前線を伴った低気圧の通過で台風並みの暴風雨。さすがにこの日は患者さんは少なめでしたが、雨が上がった夕方から混雑する良くないパターンに。昼は当医療ビル6件7科のミーティング。

DSC00321 (2) 

6月22日木曜日の夜は新百合ヶ丘のホテルモリノで開催された‘TAMAカンファレンス’に出席。今年は母校の感染症学と代謝内分泌学の2教授の講演。専門外の講演を聴ける貴重な機会です。

DSC00325 (2) 

終了後は誘われるがままラウンジで歓談。同席された元上司はこの春に学長を退任されていつの間にか副理事長。同席の教授たちも皆顔見知りの後輩。肩書きは恐れ多いけれど、昔のよしみでお互いに好き勝手に言いたいことを言えるところが良いところ(失礼~)。会場を出たのは夜11時過ぎでした。

最近、月日の流れが 速くてね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入って、いよいよぐずついた天候の日が多くなって来ましたが、ついに6月6日火曜日に九州地方と山口で梅雨入り、そして翌6月7日水曜日には一気に関東甲信越までの梅雨入りが発表されました。

DSC00129 (2) 

クリニックは特定健診・長寿健診が始まって連日忙しい日々。でもどういう訳か火曜日だけ患者さんが少なくて優雅に(!?)過ごせましたが、その反動はしっかり水曜日に。やっぱりね~。

6月6日火曜日の診療終了後は総会後新体制下での(・・・とは言ってもほとんど顔ぶれは変わりませんが)大和市医師会理事会。議事、報告事項とも多岐にわたる課題が山積。

6月8日木曜日は休診日でしたが、朝から学校健診へ。風が強い上に時折雨が。

DSC00123 (2) DSC00124 (2) 

私の担当は1年生から3年生までの低学年と特別支援学級の約350人。朝8時50分にスタートしてぶっ続けで飛ばして何とか昼過ぎに終了~。

DSC00125 (2) 

午後はそのまま所用でつきみ野に立ち寄ってから夕方帰宅。何だかどっと疲れました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月26日金曜日は雨が降って終日20℃以下で推移しましたが、以後5月27日土曜日から5月31日水曜日にかけての月末は気温が上がって日中は26~28℃の日々。5月とは思えない夏日続きでした。特に内陸部では真夏日になったところも。

DSC00095 (2) 

クリニックは気温が高い割にはかぜ症状の方が多め。感染性胃腸炎の方がちらほら。新学期や新年度の健診で引っ掛かった方々の受診も多くなって来ました。

27日土曜日は診療終了後に都内へ。糖尿病薬の講演会に参列して参りました。SGLT2阻害薬が使えるようになってから早くも3年が経過して種々のデータが出揃って来ました。使い方さえ間違わなければとっても役に立つ薬。

DSC00083 (2) 

気付けば5月ももう終わり。通勤途中で見かけるアジサイの花もだんだんと色付いて来ました。

DSC00097 (2) 

いよいよ特定健診の季節が始まります~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半5月22日月曜日から5月24日水曜日にかけても晴れベースの天気。連日朝は19℃、日中は26~28℃まで上がって夏日が続きました。

クリニックは相変わらずかぜ気味の方が多め。季節柄か健康診断の方がちらほら。それでも概して平穏な季節です。

路傍では今年もドクダミの花が咲き始めました。ジメジメした日陰にヒッソリと咲いているし名前もおどろおどろしいので、あたかも毒が有りそうなイメージですが、“どくだみ”の名称は「毒矯み」(毒を抑える)から来ているのだそうです。名前でだいぶ損をしてるかな!?。

DSC00070 (2) 

22日月曜日の診療終了後は税理士の先生と面談、23日火曜日の夜は大和市医師会定時総会でした。会計担当理事の私が平成28年度決算報告と平成29年度収支予算書の報告。事務局の皆様や税理士の先生方のおかげで無事に終わってホッと致しました。

DSC00080 (2) 

24日水曜日の昼は会計業務で医師会事務局へ。夜は胸部レントゲン読影会に参加。

何だか相変わらず小忙しい日々が続いております~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この週末は移動性高気圧に覆われて晴天に恵まれ、気温は7月中旬並みになりました。大和でも最高気温は5月20日土曜日は26℃、5月21日日曜日は29℃。もう熱中症や光化学スモッグに注意しなければならない季節になりました。

クリニックは暑い割にはかぜ症状の方がたくさん。長引く咳の方が例年より多い様な気がします。動悸や息切れ、めまいを訴える方は暑さのせいもあるかも!?。

20日土曜日は診療終了後に横浜へ。一昨日に引き続き横浜ベイシェラトンで開催された聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院開院30周年記念祝賀会に参列させて頂きました。

DSC00033 (2) 

横浜市副市長を筆頭に、医療局、健康福祉局、各福祉保健センター、消防署、警察署、さらに周辺の医師会、医療機関、大学関係、それに西部病院OBや現職の方々が集まって、盛大な会でした。懐かしい顔ぶれにもお目にかかれて楽しいひとときでした。

お土産に頂いたクッキーには大学校章の焼印まで!。

DSC00037 (2) DSC00066 (2) 

その後は湘南新宿ラインで新宿へ移動。

DSC00035 (2) 

21日日曜日は朝から高輪へ。グランドプリンスホテル新高輪で開催された循環器関連の講演会「高齢者心房細動のトータルケアを考える」に出席させて頂きました。

DSC00055 (2) 

各領域の第一人者の先生方が判りやすく解説して下さって非常に有意義な会でした。

でも行楽日和だった週末はこれでおしまい~(涙)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

連休明けの5月8日月曜日から5月10日水曜日にかけては、天気は下り坂でしたが気温は高め。朝は14~16℃、日中は22~24℃でした。

長かったゴールデンウイーク明けのクリニックは、月曜日午後と火曜日午前は少々混雑したものの以後は平和な日々でした。お盆や年末などの長い休みの前は大混雑になることが多いようですが、休み明けは概して平穏な気がします。

それでも連休中にかぜをひいた方はたくさん。しぶといことにインフルエンザの方もまだいらっしゃいました。めまい、動悸、息切れ、全身倦怠感など不定愁訴の方が目立つのは陽気のせいかも知れません。

下の写真は5月10日、雨の朝のツツジです。

DSC09979 (2) 

月曜日の夜は大和市医師会理事会。会計担当理事の小生にとっては総会を前に決算の承認を頂く大切な理事会でしたが、皆さんのお陰で無事に終了。水曜日の夜は大和市医師会で新入会希望の先生と面談。私と同じ循環器内科の先生でした。新しい仲間が出来ることは嬉しい限りです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月1日月曜日。晴れ一時雷雨。朝は14℃、日中は24℃。ゴールデンウィークの狭間、天候は不安定で一時はビックリするような雷雨になりました。

今日はやんごと無き用事で午前中を休診とさせて頂いておりましたが、午後からは通常通りの診療。暖かくなって来ても、結構かぜ症状の方が多め。意外に初診の方が多かったのは近隣でお休みのクリニックがあったのでしょうか。

診療終了後は大和市地域医療センターへ。今夜は大和市医師会の会計監査でした。5月下旬の総会を前に、毎年この連休の狭間が監査の日に当たってしまいます。

さて本日からJR東日本の超豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」の運行がスタートしました。下は今日の朝日新聞の夕刊。

DSC09896 (2) 

実は私も募集が始まるだいぶ前からパンフレットを取り寄せて眺めておりました。

DSC09897 (2) 

豪華なパンフレットの中には・・・。

DSC09898 (2) 

優雅な別次元の世界が広がっておりました。

DSC09899 (3) 

ある時、恐る恐る家人に見せたら・・・。

DSC09900 (2) 

無下もなく即座に却下。

DSC09901 (2) 

宝くじが当たったら考えます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月28日金曜日。晴れ。朝は12℃、日中は18℃。

ゴールデンウィーク入りを目前にしてクリニックは案の定混雑しました。軽微な症状でも“連休に入るので念のために来ました”なんて方が多数。毎回長期の休み前になると、随分前に引っ掛かった健診の結果を携えて来院される初診の方が増えるのは何故でしょう。昼はレントゲンCR装置のメンテナンス作業。夜は紹介状や書類書き。

4月29日土曜日のゴールデンウィーク初日は、朝は快晴でしたが不安定な天候で夕方一時豪雨になりましたが、翌4月30日日曜日は終日晴れて行楽日和になりました。気温も日中は22~23℃まで。

近所の桜並木はすっかり若葉に。

DSC09881 (2) 

ツツジの植え込みもイチョウ並木もいつの間にか初夏の装いに変身。

DSC09882 (2) DSC09884 (2) 

4月29日土曜日も30日日曜日も朝から横浜へ出かけておりました。

DSC09887 (2) 

このゴールデンウィークは、やんごと無き私的用件で連日横浜通いをしなければなりません。

DSC09890 (2) 

申し訳ありませんが明日5月1日月曜日は午前中臨時休診させて頂きます。午後は通常通りです。

DSC09891 (2) 

変則的な診療体制でご迷惑をお掛けしますが、どうぞご容赦下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月24日月曜日4月25日火曜日は晴れて青空が広がりましたが4月26日水曜日は曇りがちの天気になりました。朝は10~13℃、日中は17~18℃。

4月も終わりに近付いて気温が高くなったのに、今週に入ってから感染性胃腸炎の方がちらほらお見受けするようになりました。インフルエンザの方もまだまだいらっしゃいます。報道によると先週埼玉ではインフルエンザのために学校閉鎖になった高校があったそうで、例年と違う流行パターンのようです。新年度に入って健康診断の方も増えました。さらに大型連休を見据えて「今のうちに」受診される方も増えてきて小忙しい日々でした。

月曜日の夜は大和市医師会事務局で会計士さん交えて医師会の決算書類の点検、火曜日の夜は診察室のパソコン入れ替え作業、そして水曜日の夜は大和市地域医療センターで胸部レントゲン読影会。なかなか真っ直ぐ自宅に帰れません・・・。

DSC09679 (2) 

この4月になって大和市教育委員会から大和市学校嘱託医の委嘱状、聖マリアンナ医大から内科学(循環器内科)講師の辞令、さらにこの春に更新した日本内科学会認定医や循環器学会専門医の認定証が続々と送付されて来ました。これらが送られて来ると新年度に改まったことを実感させられます。

もう年度替わりかと思っていた矢先に、早くも大型連休直前になっていました。最近とみに月日の流れが速くてね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月21日金曜日4月22日土曜日は曇り。朝は11~12℃、日中は17~18℃止まりで、薄ら寒い週末になりました。

クリニックはゴールデンウィークを前にして(?)やや混雑気味。特に土曜日は予約外で受診された方が多くて、時間帯によってはだいぶお待たせしてしまったかも。

土曜日の診療終了後はクリニックのスタッフと表参道へ。表参道に着く頃には予想外にチャンとした雨降りになっていました。雨の中を徒歩で根津美術館の脇を抜けて西麻布まで。今日は開院16周年記念でsalle de Makinoさんで食事会。

DSC09619 (2) DSC09620 (2) DSC09622 (2) 

いつもながら独創的かつ繊細で美しい料理を堪能させて頂きました。

DSC09625 (2) DSC09627 (2) DSC09629 (2) 

本日のご飯はハヤシライス。デザートは5品!。

DSC09631 (2) DSC09632 (2) 

これでまたしばらくは仕事する意欲が湧いたかな~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月19日水曜日4月20日木曜日は両日とも晴れベースの天気で、日中は20℃代まで上がりました。

クリニックは陽気が良くなったのに、かぜ気味の方はそれなりに多め。動悸や息切れ、全身倦怠感、気分不快など、いわゆる“不定愁訴”の方が多くなったのは季節的な問題かもしれません。まだインフルエンザの方がいらっしゃいました。

近所ではツツジが満開に近づいて来ました。

DSC09604 (2) 

ツツジはかつては5月のイメージでしたが、最近は早咲きの品種が増えたのか、温暖化の影響なのか・・・。

DSC09605 (2) 

イチョウも少し見なかったうちにさらに青々として来ました。

DSC09608 (2) 

そしてケヤキの葉も大きく育ってモサモサに。季節の進みが速い!。

DSC09609 (2) 

木曜日の休診日は近所で用事を済ませてからそのまま所用で横浜へ。午後から雲が出て風が強くなって来ました。

DSC09615 (2) 

横浜駅ではMUE-Trainに遭遇。

DSC09617 (2) 

MUE-TrainはJR東日本が2008年に209系電車を改造して製作した試験車両。普段はなかなかお目にかかれない代物です。

DSC09618 (2) 

その後は横浜から新宿へまわって別の用事を済ませてから明治神宮前で友人と合流。銀座へ移動して会食ののち日比谷へ移動して・・・。う~ん、チョッと疲れました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週の週明けは急速に発達した低気圧とそれに伴う前線の通過でとんでもない荒れ模様になりました。4月17日月曜日は朝は晴れていたものの、夜になって雨脚が強まり、深夜から4月18日火曜日の朝方まで暴風雨が続きました。

DSC09602 (3) 

火曜日の朝は、私が家を出る朝6時半頃はまだまだ風雨ともに強くて、桜並木の路上は悲惨な状況~。

DSC09598 (2) 

風雨の中、苦労して駅まで辿り着いたのに・・・。

DSC09599 (2) DSC09600 (2) 

鶴間駅に降り立つ頃には雨は小降りに。

DSC09603 (2) 

そして診療開始時には太陽の光が降り注いでいました。う~ん、何だか腑に落ちない気分!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月15日土曜日。晴れ。今日は朝から14℃、日中は21℃まで上がりました。

一気に暖かくなった上に風が強めだったせいか花粉が一斉に飛散したようで、花粉症症状が悪化した方が多数いらっしゃいました。かぜの方は少なくなりました。

診療終了後は東京ミッドタウンへ。ミッドタウン内の桜はほぼ散り去っていました。

DSC09532 (2) 

今日はビルボードライブ東京でギルバート・オサリバンのステージでした。私自身はギルバート・オサリバンのステージを観に来るのは今回で3回目(!)。

DSC09534 (2) 

代表曲「アローン・アゲイン・ナチュラリー」は誰しもが耳にしたことがある名曲ですが、私は中学生の頃にリアルタイムでラジオで聴いていた世代。あまりの懐かしさに感涙!?。

懐メロを堪能したあとは六本木から銀座へ移動。

DSC09543 (2) 

週末の夜、銀座は賑わっていました。外国人観光客が多数。

DSC09545 (2) 

昨日から東京国際フォーラムで開催されている第114回日本内科学会に合わせて都内に参集した昔の医局仲間、先輩後輩6人でレストラン・オザミで会食。

DSC09548 (2) 

昔話と近況報告に花が咲いて・・・。

DSC09552 (2) DSC09553 (2) DSC09554 (2) 

DSC09555 (2) DSC09556 (2) DSC09557 (2) 

何とか終電に間に合いました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月14日金曜日。晴れ。朝は7℃、日中は20℃まで上がりました。

今日のクリニックはそれなりの混雑。気温差のためか、かぜ症状の方が多め。それでも今日はインフルエンザの方はいらっしゃいませんでした。やっと終焉でしょうか!?。新年度になって健診を希望される方がチラホラ。昨今なぜだか動悸を訴える方が多くて2台のホルター心電図はフル稼働中。これも陽気のせい??。

気付けば通勤途中のイチョウ並木では若葉が芽吹いていました。

DSC09507 (2) 

鮮やかな緑が美しい季節です。

DSC09506 (2) 

そして下はケヤキ。

DSC09509 (2) 

数えきれないくらいの若葉が一斉に。木々の生命力には感服させられます。

DSC09514 (2) 

唐突ですが“若葉のころ”と言えば、われわれ世代が真っ先に思い浮かべるのはビージーズの曲でしょうが、気付けば既に半世紀近く前の曲。今の若者にはどのように聴こえるのでしょうか。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は不安定な天気。4月10日月曜日は晴れて日中は15℃まで上がりましたが、翌4月11日火曜日は冷たい雨で日中も9℃止まり。さらに4月12日水曜日は日中晴れて20℃まで上がったのに夜は一時激しい風雨・・・。女心と春の空、桜が咲くと天気が悪いですね~。

月曜日の朝は6時42分に発生した相模大野~小田急相模原間の人身事故の影響で、朝の番号札を出す時間が少々遅れてしまいました。もっ、申し訳ありません~。さらに火曜日の朝も直前を走る電車のドア点検の影響で少々電車が遅れていました。

クリニックは月曜日の午前・午後と、水曜日の午前中が混雑。悪天候の火曜日は午前中はほどほどでしたが午後は空いていました。雨が降ると予約外で受診される方が少なくなり、さらに雨だと来院が難しい障害のある方やご高齢の方のキャンセルが増えるので途端に空きます。混んでて怒られた午後に、空いててビックリされたり・・・。予約制にしてもなかなか均等にはなりません。予約外での受診は雨の日の夕方がお勧めかも!?。

クリニックではまだインフルエンザの方がちらほら。気温差が大きいせいか、体調の優れない方やかぜの方も増えて来ました。ご用心下さいませ~。

写真は10日月曜日の朝。

DSC09463 (3) 

木によっては今が満開!?。

DSC09462 (2) 

そして以下は翌日火曜日、雨の夜の桜。

DSC09474 (2) 

地面を見ればだいぶ散ってしまったように見えますが・・・。

DSC09492 (2) 

見上げればまだ大丈夫。

DSC09477 (2) 

DSC09490 (2) DSC09483 (2) 

“夜目、遠目、傘のうち”だからでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

桜が満開時期を迎えたのに週の後半の天気は優れず。4月7日金曜日は曇り空でしたが、8日土曜日9日日曜日は雨が降ったり止んだりの生憎の空模様になりました。気温は朝は14~16℃、日中は16~19℃。

クリニックは少々混雑気味。気温差のせいか、かぜ症状の方がちらほら。動悸、息切れ、全身倦怠感を訴える方や、高血圧症の初診の方が多めでした。インフルエンザはA型、B型ともにまだ細々ながら残存しています。

7日金曜日の夜は少々早仕舞いをさせて頂き大和へ。もちろんプレミアムフライデーでも花見でもありません。

大和は駅構内は混雑しているのに駅の西側はとっても静か。

DSC09426 (2) 

今夜は抗凝固薬関連の講演会「かかりつけ医が知っておきたい深部静脈血栓症」。座長を仰せつかっていたので少々早仕舞いさせて頂いたのでした。 特別講演は新潟大学の榛沢和彦先生による災害後の静脈血栓塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)に関するご講演で、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震などの避難所で実際に活動された経験に基づくお話は、非常に示唆に富む内容でした。30名以上の先生方にご参集頂いて大盛況でした。

DSC09433 (2) 

8日土曜日の夜は芝公園で開催された昨年11月に発売された抗凝固薬ダビガトラン(商品名プラザキサ)の中和薬イダルシズマブ(ブリズバインド)に関連する講演会に参加。使用機会は極めて少ないとはいえ、出血性合併症などの非常時に備えるための注射薬。薬価が約20万円(!)もするので自院に常備は出来ませんが、知識としては知っておかないとね~。

DSC09430 (2) 

そして9日日曜日の朝は品川へ。上野東京ラインの開通から丸2年も経つのに、いまでも品川で常磐線の車両を見ると違和感を覚えます。

DSC09434 (2) DSC09436 (2) 

日曜日の朝なのに品川駅はやっぱり混雑。

DSC09437 (2) DSC09438 (2) 

DSC09444 (2) 

今日は新しく慢性心不全の適応が追加されたエプレレノン(セララ)の講演会に参加させて頂きました。武器が増えれば治療の幅が広がりますが、上手く使いこなさなければ宝の持ち腐れ。今回の講演会で頭の整理が出来ました!?。

こうしてお花見時期の週末は講演会への参加で終始してしまいましたが、ど~せ雨降りでしたから、逆に良かったかも~??。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月3日月曜日から4月5日水曜日にかけての今週前半は、晴れて穏やかな天候になりました。気温は朝は5~8℃、日中は14~19℃。

クリニックは新年度に入っても比較的平穏な日々。4月になったというのにまだインフルエンザの方が時々いらっしゃいます。“新年度早々に休みか~”なんて嘆く方も。時節柄か新しい職場や資格の申請・取得に必要な健康診断を希望される方が増えました。

水曜日の午後はペースメーカー外来。勤務医時代からの“腐れ縁”の方を中心に開業後も継続していました。近年は新規の方をお受けしておりませんでしたので患者さんもだいぶご高齢になられました。通院が困難になった方も増えて来て、そろそろ当院におけるペースメーカー外来の役割も終了!?。

下は街中で花を咲かせた若い桜。何だか花の付き方が例年より疎らかも。

DSC09396 (2) 

一方、下は近くの桜並木の老木。こちらは安定した貫禄の花の付き方。

DSC09402 (2) 

ちょうど今が満開のようです。

DSC09403 (2) 

桜並木でも植え替えが進んで新旧交代が進んでいますが、老木でもまだまだ元気な木がたくさん。

DSC09404 (2) DSC09414 (2) 

夜になっても暖かいので、夜桜見物しながら帰宅。

DSC09406 (2) 

インターネットのニュースでも「ホームレスの平均年齢60歳超す」とか「高齢化するヤクザ、50歳超えが4割」なんて見出しが気になる今日この頃でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月28日火曜日29日水曜日は晴れ。両日とも朝は3℃、日中は13℃程度でした。すべての学校が春休みに入ったからか、今週に入ってガクッと朝の電車が空きました。いつもこのくらいだと助かります~。

クリニックはとっても平穏な日々。懸案は一時少なくなったインフルエンザがまた再燃して来たこと。今週に入ってA型もB型もまたチラホラ見かけるようになりました。

火曜日の夜は大和市地域医療センターで大和市医師会内科医会の幹事会。

DSC09227 (2) 

今年度の総括と来年度の活動方針の確認しました。

翌水曜日の夜もまたもや大和市地域医療センターへ。夜8時から11時まで休日夜間急患診療所の当番でした。

DSC09226 (2) 

こちらもとっても平穏で受診者は僅かに8人。うち3名がB型インフルエンザでした。

医者と坊主は閑が良い!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月27日月曜日。雨のち晴れ。朝は4℃、日中は9℃までしか上がらず、午前中は凍えるような冷たい雨になりました。

悪天候のためか、週明けの割にはクリニックは平穏。診療時間中に“空白”の時間も。これぐらいゆとりがあると楽チンです~。

桜は開花宣言が出された割には寒さのためか開花が進んでいませんでしたが、帰宅途中の桜の幹に小さな花が付いているのを発見!。

DSC09221 (2) 

見上げてみると暗闇に薄ぼんやりと白いものが。ストロボを焚いてみたら既に結構花が開き始めていました。

DSC09222 (2) 

見ごろは今週末から来週にかけてでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月24日金曜日25日土曜日は晴れ。気温は日中12℃前後でした。

クリニックはほどほどの混雑。インフルエンザはまだ僅かに残存。季節柄か健康診断の希望者がちらほら。

土曜日の朝、通勤途上の街中では辛夷(こぶし)の花が満開になりました。

DSC09141 (2) 

一方、帰宅時に所用で立ち寄った相模大野の駅頭では桜が満開!。・・・もちろんイミテーションです。

DSC09140 (2) 

東京都心では21日、横浜では25日に桜開花が発表されました。

でもクリニックや自宅周辺ではまだ開花の気配は無し。これから寒の戻りもあるそうでまだ時間がかかりそう!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3連休明けの3月21日火曜日は雨になってしまいました。気温も終日ひとケタ止まり。天候に恵まれた休み明けが雨では労働意欲が削がれます。

クリニックは連休明けで大混雑になるのではないかと覚悟していましたが、この悪天候に阻まれて意外に平穏でした。昼は医師会に出向いて会計業務。

3月22日水曜日は昨日から一転して青空が広がりました。朝は5℃、日中は14℃。

昨日の悪天候で出足をくじかれていた患者さんが一気に来院されたのか、クリニックは久しぶりに結構な混雑に。インフルエンザはまだまだしぶとく生き残っています。昼は当医療ビル6件7科のミーティング。

さて今日は先週末の続きを。3月18日土曜日は診療終了後に富山へ。

DSC09029 (3) 

富山駅の新幹線改札口を出たら正面に路面電車のりばがありました。

DSC09030 (2) 

新幹線改札口と路面電車のりばが直結しているのは全国でもここだけかも!?。この路面電車の正式名称は富山地方鉄道株式会社富山軌道線。

DSC09031 (2) 

運行は南富山駅前~富山駅、南富山駅前~大学前、それに環状線の3系統です。

DSC09034 (2) 

<