医療法人 恒和会 宗内科・循環器科:神奈川県大和市鶴間にある循環器専門医による内科、循環器科クリニック tel:046-293-7774 fax:046-262-4445 E-mail: naika@yamatoclinicmall.com

予約はこちら!!
宗内科・循環器科 ホーム > 院長ブログ

日々の診療の合間に・・・の最近のブログ記事

1月22日月曜日。曇りのち雪。朝は1℃、日中は3℃。低気圧の通過に伴って昼前からみぞれ、そして午後から本格的な雪になりました。関東一円に大雪警報発令!。

クリニックはといえば朝から大混雑。この週末でかぜをひいた方やインフルエンザにかかった方に加えて、“雪が降り出す前に”と、本来は今日の午後や明日の予約の方々までが今日の午前中に集中。時間帯によっては一時は2時間半待ちに~。やっと午前中の診療が終わって外を見たら・・・!。

DSC04205 (2) 

案の定、午後からは一転して閑散。それでもポツリポツリと重装備で雪中行軍でいらっしゃる方々が。決して早仕舞いしてしまう訳にも行きません。

帰りの江ノ島線の電車は1時間以上の遅れでしたが、健気にそろりそろり動いていました。

DSC04213 (2) 

普段は客待ちのタクシーが行列している駅前通りも閑散。

DSC04220 (2) 

まるで雪国の様な光景。

DSC04224 (2) 

いつもと違う風景をチョッと愉しみながら・・・。

DSC04225 (2) DSC04226 (2) 

ヨチヨチ歩いて帰宅しました。

DSC04230 (2) 

DSC04228 (2) DSC04232 (2) 

明朝の凍結がとっても心配~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月21日日曜日。晴れ。朝は2℃、日中は11℃。

今日は昼から駅前までウォーキングがてら買い物へ。寒いけれど日差しは暖かで、少しは春が近付いて来たかも。それなりに一生懸命歩いたのに帰りに思わずカロリー補給。これで帳消し!?。

DSC04179 (3) DSC04187 (2)

さて今日は先週1月14日日曜日の姨捨行き続きを。E351系「スーパーあずさ」の乗り納めをしてスイッチバック式の姨捨駅に11時52分に到着。降り立ったのは案の定われわれ2人のみでした。乗って来た電車が行ってしまうとあたりは静寂そのもの。

1934年に建てられた駅舎はリニューアルされて綺麗になっていました。

DSC04086 (2) 

駅舎の横には2017年5月から運行されているクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が姨捨駅に立ち寄るために整備された夜景バー「更級の月」の建物。残念ながら四季島運行時のみの営業。

DSC04101 (2)

そして肥薩線矢岳越え(九州)、旧根室本線狩勝峠(北海道)と合わせて「日本三大車窓」と言われた姨捨駅からの車窓は・・・。

DSC04097 (2) 

善光寺平が一望のもと!。

DSC04098 (2) 

中央を流れるのが千曲川、そして川中島あたり。

DSC04099 (2) 

これだけ広大な土地、武田信玄も上杉謙信もさぞや欲しかったことでしょう。

DSC04103 (3) 

右下方には重要文化的景観、棚田100選に選ばれた「姨捨の棚田」。

DSC04119 (2) 

山側は雪に覆われていましたが・・・。

DSC04118 (2) 

日当たりの良い下の方は雪はありませんでした。

DSC04121 (2) 

これらの風景を見るために、ホームのベンチが全て線路に背を向けているのが普通の駅とは異なるところ。

DSC04117 (2) 

駅舎は2010年にリニューアルされたそうです。

DSC04107 (2) 

2016年の乗車人員は僅かに1日平均56人。

DSC04108 (2)

無人駅ですが、待合室はとっても綺麗。

DSC04111 (2) 

ただ暖房が無いので、寒くてじっとはしていられません~。

DSC04110 (2) 

片隅に姨捨山の民話。

DSC04109 (2) 

かつて貧しかった村では口減らしのために60歳になった年寄りを山に捨てる掟があったそうで・・・。私も間もなく山に捨てられる年ごろ!?。

DSC04114 (2) DSC04113 (2) 

さて帰りの松本方面の列車は13時02分発茅野行き。

DSC04104 (2) 

篠ノ井方面からホーム下方の線路を登って来ました。

DSC04122 (2) 

ホーム下を通過してスイッチバックの引き上げ線に入り・・・。

DSC04123 (2) 

進行方向を変えてバックでホームに入って来ました。

DSC04126 (2) 

ここで一足先に入線していた対向列車と交換。

DSC04124 (2) 

駅名標の標記がスイッチバックを端的に表現しています。

DSC04100 (2) 

車内はやはり混雑していました。途中で長野行き特急「しなの」と交換したり・・・。

DSC04130 (2) 

EH200牽引のタンカー貨物を追い抜いたりしながら・・・。

DSC04132 (2) 

13時57分に松本駅着。ホームにはやはり2両ではとても乗り切れないほどの乗客が待っていました。松本駅ではかつて東海道線で君臨していた211系近郊電車の姿も。

松本駅構内で遅めのランチ。「松本丼」とやらはヒレカツに山芋かけて玉子とじにしたもの。う~ん・・・。

DSC04134 (2) DSC04133 (2) 

さて松本からは昨年末にデビューしたての新型スーパーあずさで帰りますが、長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月19日金曜日1月20日土曜日は両日とも晴れ。朝は3℃、日中は10℃。

今週後半もクリニックは相変わらずの大混雑。インフルエンザの方が引っ切り無しに来院されました。中にはご家族複数で罹られて一緒にいらっしゃる方も。

皆さん、熱が出たら朝一番に来院されたいお気持ちは分かりますが、チョッとだけズラして頂くと待ち時間が減るかも。午前中は大混雑でも午後からは待ち時間無しなんて時間帯もありますので~。

土曜日の診療終了後は渋谷へ。いつもの様に渋谷駅周辺は恐ろしいほどの混雑ぶり。

DSC04181 (2) 

近年の渋谷の変貌ぶりは著しいものがありますが・・・。

DSC04185 (2) 

高校時代は勝手知ったる通学路でしたので、銀座線のガードと東急東横店がランドマークとして残存する間は方向を見失うことは無さそうです。

DSC04182 (2) 

さて今宵はその高校のクラス会でした。いつの間にか卒業後40年(!)もの歳月が経過。半数以上が参集しておりましたが、卒業以来会っていなかったメンバーもチラホラ。かつての紅顔の美少年、美少女たちも還暦直前ともなればそれなりの進化(?)を遂げていて、直ちには識別困難なケースも。でも話をすればたちまち40年前に遡って・・・。

二次会はカラオケボックスへ。このメンバーだと全て知っている曲で安心!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半、1月15日月曜日1月16日火曜日は晴れて朝は-1~0℃、日中は12~13℃でしたが、1月17日水曜日は昼から雨になって寒さは緩み、朝は7℃、日中は14℃でした。つい先日正月だったのに気付けばもう1月半ば。“あけまして・・・”なんて挨拶が何だか間の抜けな感じになって来ました。

今週のクリニックも大混雑。かぜ、感染性胃腸炎、インフルエンザの方に加え、血圧や不整脈、健診の再検査、更には早くも花粉症症状を訴える方も。インフルエンザはいよいよピークが近付いて来た感じ。A型が優勢になりましたが、まだまだB型も負けてはいません!?。

あるA型インフルエンザを発症された奥様が「主人にうつしたら大変なのでタミフルを出してもらえませんか?」とのご要望。お気持ちは分かりますが、予防投与の対象は原則として発症患者さんに同居している高齢者(65歳以上)、慢性呼吸器疾患または慢性心疾患患者、代謝性疾患患者(糖尿病等)、腎機能障害患者さんに限られ、さらに予防目的で使用するタミフルはすべて保険適応外になります。もちろん診察しないで処方箋を交付することは禁じられています。どうぞご勘弁下さいませ~。

さて今日は1月14日日曜日の続きを。E351系の乗り納めでスーパーあずさ5号で松本に10時38分に到着。折角ですので篠ノ井線に乗り継いで日本三大車窓の一つである姨捨まで足を延ばす予定。

DSC04066 (2) DSC04072 (2) 

入線して来た11時09分松本発の篠ノ井線長野行きはE127系100番台の2両編成でした。平成10年営業開始のJR世代の車両です。

DSC04067 (2) 

休日のせいか、長野まで遊びに行く若者で車内は一杯でした。松本、長野の2大都市を結ぶシャトルにしては2両では足りないのかも。松本を発車すると北アルプスを遠望しながら松本盆地を抜け、単線なので時折対向列車待ちをしながら高度を上げて冠着峠越えへ。

DSC04074 (2) 

聖高原、冠着、姨捨と進むと、次第に雪が多くなって来ました。

DSC04075 (2) 

冠着トンネルを抜けて姨捨駅が近付いて来ると・・・。

DSC04076 (2) 

進行方向右手にスイッチバックの引き上げ線が。

DSC04077 (2) 

さらに進むとポイントが見えて来ました。

DSC04078 (2) 

右に岐れて下って行くのが通過線。蒸気機関車の時代とは変わって車両性能が良くなった現在ではスイッチバックを必要とする車両は皆無。駅に停まらない通過列車はスイッチバックを使わずにここを通過して行きます。

DSC04079 (2) 

本線上にはホームは設置されておらず通過列車はホームに入りません。姨捨駅に停まる列車だけが左上のスイッチバック引き上げ線に入ります。

DSC04080 (2) 

引き上げ線を上がって行くと姨捨駅のホームが見えて来ました。ここだけが水平。

DSC04081 (2) 

山影に入っているせいか、ホーム部分は雪に覆われていていかにも寒そう。

DSC04082 (2) 

11時52分姨捨駅に到着。下車したのはわれわれ2人のみでした。

DSC04083 (2)

ここで進行方向を変えてバックで発車。運転士は前へ移動することなく、後部運転席から身を乗り出して前方を注視しながらの逆行運転です。

DSC04084 (2) 

先ほどの引き上げ線に入って再度進行方向を変えて、姨捨駅ホームの下方を篠ノ井方面へ下って行きました。

DSC04087 (2) 

帰りの列車が来るまで1時間あまり。ここからの眺めを堪能したいと思いますが、長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月14日日曜日。晴れ。朝は-2℃、日中は8℃。

今日は早起きして新宿駅へ。この3月に正式に引退が決まったJR東日本のE351系の乗り納めと、その後継として昨年12月23日にデビューしたばかりのE353系の試乗のために松本へ、さらに足を延ばして日本三大車窓のひとつである篠ノ井線の姨捨(おばすて)を訪問するという日帰り企画を実行します。

実はE351系の乗り納め企画は今回で2回目。前回は2016年3月27日に決行したのですが、後継のE353系試作車の不具合が続いてデビューが昨年末までずれ込んだので、新車の試乗を兼ねて第2回を企画した次第。

自宅の最寄り駅で朝7時に友人と落ち合って新宿まで。今回は8:00発のE351系「スーパーあずさ5号」に乗車します。

DSC03935 (2) 

E351系は1993年12月23日に営業を開始。曲線区間の多い厳しい山岳路線を走る中央東線の特急「あずさ」のスピードアップを可能とするために、JR東日本としては初めての制御付き自然振子装置を採用して、最高速度130km/h、表定速度90km/h以上の俊足を実現しました。

DSC03944 (2) 

ホーム上では引退を睨んで写真に収める同好の士がちらほら見受けられましたが、寒い季節の休日とあってか車内はガラガラでした。まずは車内を点検。下の写真は普通車。

DSC03950 (2) 

シートの座り心地もなかなかのもの。

DSC03953 (2) 

一方、下の写真は9号車のグリーン車。

DSC03954 (2) 

確かにシートは大きめでシートピッチも広いけれど、値段の差ほどは居住性に差は無いかも!?。

DSC03955 (2) 

その時、ふと隣のホームを見たらE351系の先代189系による「ホリデー快速富士山」の姿が!。

DSC03959 (2) 

東海道本線のビジネス特急「こだま」の時代から脈々と受け継がれた旧国鉄色の風格はやっぱり格別です~。

DSC03963 (2) 

さてE351系「スーパーあずさ5号」は定刻の8時ちょうどに静かに発車。立川、八王子と停車して高尾を過ぎると本領発揮。曲線のきつい勾配も何のその、軽快に飛ばします。乗り心地も良好で、まだまだ当分は現役でやって行けそうです。

下は鳥沢駅の先にある新桂川橋梁上からの光景。

DSC03973 (2) 

大月を過ぎ笹子トンネルを抜けて甲府盆地へ。

DSC03982 (2) 

甲府を9:29に発車すると、やがて左手に南アルプス、右手に八ヶ岳の姿が・・・。

DSC03991 (2) 

DSC03995 (2) 

甲府の次は小淵沢に停車。キハ110系の小海線が見えました。

DSC04003 (2) 

小淵沢を9:53に発車すると八ヶ岳は次第に山容を変え、やがて遠ざかって行きました。

DSC04025 (2) 

茅野の手前で右手下方に旧線のトラス橋。

DSC04031 (2) 

茅野、上諏訪と停車。この辺りはとっても寒そう。遠目に凍結した諏訪湖も見えました。

DSC04035 (2) 

岡谷を10:20に発車すると、1983年(昭和58年)に開通した塩嶺トンネルを抜けて10:27にはもう塩尻着。中央西線が左手に離れて行くとほどなく終点松本に到着。定刻は10:38着ですが、途中に徐行区間があったため3分ほど遅れて到着しました。

DSC04051 (2) 

すぐ横の側線には後継のE353系の姿が。

DSC04057 (2) 

松本駅構内には中央西線や飯田線からのJR東海の車両の姿も。

DSC04058 (2) 

隣のホームには名古屋行きの特急「しなの」が入って来ました。

DSC04061 (2) 

最後部は展望グリーン車。

DSC04065 (2) 

さて、ここからは篠ノ井線に乗り継いで姨捨に向かいますが、チョッと長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

成人の日の連休が明け、いよいよ今週から今年も本格始動。出だしの1月9日火曜日は前線通過に伴う雨が未明には上がって日中はスッキリと晴れ渡り、朝は4℃、日中は16℃とこの季節にしては暖かくなりましたが、週の後半に向けて次第に厳しい寒さに。1月12日金曜日は好天にもかかわらず、朝は-2℃、日中は4℃までしか上がらず。日本海側は記録的な豪雪となって、信越線では普通電車が踏切で立往生。乗客430人が11日夜から12日朝まで車内に缶詰めに・・・。

連休明けのクリニックはやっぱり混雑続き。この連休中にかぜをひいた方がたくさん。インフルエンザの方もだいぶ増えて来ました。相変わらずA型、B型が混在していますが、ややA型が優勢になって来た感じ。感染性胃腸炎の方もちらほら。

1月9日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会。さらに1月12日金曜日は小田急センチュリー相模大野で大和市医師会新年会。

DSC03920 (2) 

例年のごとく診療を終えてから遅刻してソッと会場入り。偉い先生方のご挨拶は既に済んでいて、ちょうど乾杯に入る絶妙なタイミング。もっ、もちろんそれを狙っていた訳ではありません!。

DSC03922 (2) 

2次会までお付き合いして会場を出たのは夜11時ころ。正月明けにはチョッときつい~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月7日日曜日。晴れ。朝は-1℃、日中は10℃。

今日は寒いけれど天気が良かったので午後から葛飾柴又まで行って来ました。ご存知“寅さん”の聖地ですが、実は私は初めて。

小田急線代々木上原から千代田線の直通電車で綾瀬を過ぎて常磐線の金町駅で下車。JR駅に近接する京成金町駅から京成金町線に乗り換え。

DSC03864 (2) DSC03868 (2) 

京成金町線は京成高砂と京成金町を結ぶ僅か2.5km、3駅の単線で、4両編成の電車が中間の柴又駅で列車交換を行うダイヤ。日中は15分間隔の運転です。京成金町駅の1面1線ホームで待っていると、程なく電車が入って来ました。

DSC03865 (2) 

車体には“芝山鉄道”の標記。芝山鉄道は成田空港建設に絡んで1981年に設立された第三セクター鉄道で、路線は東成田駅~芝山千代田駅間2.2kmのみ。日本で一番保有路線が短い鉄道会社だそうです。

DSC03869 (2)

現有車両もこの3500形4両編成1本のみで、京成電鉄からのリース車両。

DSC03866 (2) 

発車するとたった1kmで隣駅の柴又駅に到着。因みにさらに1.5kmで終点の京成高砂駅です。

DSC03870 (2) 

上下の電車が同時に到着する柴又駅は、正月も7日というのにまだまだ参拝客で大混雑でした。

DSC03871 (2) 

駅前広場には“寅さん”と“さくら”の等身大の銅像。

DSC03897 (2) DSC03896 (2) 

帝釈天へ向かう狭い参道はラッシュ並みの混雑。

DSC03874 (2) 

参道の両脇にはたくさんの飲食店や土産物店が軒を並べていてとっても賑やかでした。名物は草だんごや塩せんべいのようで、老舗の川魚料理店もたくさん。

DSC03875 (2) DSC03877 (2)

程なくして参道の突き当りに柴又帝釈天の大きな門が見えて来ました。

DSC03878 (2) 

柴又帝釈天は通称で、ここは正式には経栄山題経寺という日蓮宗のお寺。この門は二天門といって明治29年の建立だそうです。

DSC03880 (2)

境内は結構広くて立派。

DSC03886 (2) 

正面には帝釈堂。手前の拝殿は昭和4年、奥の内殿は大正4年の完成だそうで、戦火には遭っていないのですね~。

参拝客の行列が門の外まで繋がっていたので、脇からそっと簡易的なお参りだけ。

DSC03883 (2) 

おみくじは大吉でした!。くじ運の悪い私には珍しいこと。次回の宝くじは“いける”かな~!?。

DSC03887 (2) 

気分を良くして来た道を引き返して来ました。

DSC03893 (2) 

参道は夕方になって少し人出が少なくなって来たかも。

DSC03894 (2) 

帰りの京成金町線は同じ3500形ながら京成電鉄の車両でした。

DSC03898 (2) 

JR金町駅から常磐線に乗り、綾瀬駅で始発の小田急線直通の千代田線に乗り換えれば、あとは寝て帰るだけ~。予想外に葛飾柴又は近いのでした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月5日金曜日。曇り。朝は-1℃、日中は6℃。

正月明けのクリニックは案の定朝から大混雑。正月中に体調を崩された方が次々と。それでも例年よりは平穏で、午後からの診療は落ち着いていました。インフルエンザの方はA型、B型ともポツリポツリ。

午前11時過ぎに待合室で患者さんの携帯電話が一斉に緊急地震速報の警報アラーム!。ちょっと身構えて“次に何をするべきか”考えながら診療を続けていましたが、いつまで経っても揺れる気配無し。

DSC03849 (2) DSC03848 (2) 

結局富山と茨城で同日に起きた地震を同一と捉えた結果の誤報だったそうです。やれやれ~。

1月6日土曜日。晴れ。朝は-1℃、日中は9℃。日付が変わったばかりの午前0時54分頃に突き上げるような地震が!。千葉県北西部を震源地とする最大震度4の地震でしたが、日中の緊急地震速報の記憶がまだ新鮮でしたのでチョッとビックリしました~。

DSC03846 (2) 

クリニックは意外にも普段の土曜日と変わらない雰囲気。休み明けの慌ただしさはありませんでした。もっとも3連休ですから、まだまだお休みモードの方が多いのかもしれません。

診療終了後は都内芝公園へ。下の写真は斜光に照らされた東京タワー。

DSC03857 (2) 

今宵はザ・プリンスパークタワー東京で開催された感染症関連の講演会に出席させて頂きました。

DSC03862 (2) 

インフルエンザ、マイコプラズマ、咳喘息、副鼻腔炎・・・。今の季節にタイムリーな感染症の最新知見を仕入れさせて頂きました。

DSC03859 (2) 

ホテル内には立派な正月飾りがそこここに。

DSC03850 (2) DSC03860 (2) 

まだ正月気分が抜けきれませんね~。

でもこの連休を超えたら本格始動・・・頑張ります!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

皆様、あらためましてあけましておめでとうございます。今年は天気は良いけれど寒さの厳しい正月三が日になりました。

私はといえば、例年の如く大晦日を実家で過ごし、元旦には北陸新幹線に乗って金沢へ行って参りました。

金沢では2日の早朝に白山比咩神社へ初詣に。ここは全国2000以上ある白山神社の総本社。

DSC03703 (2) DSC03721 (2)

創建は崇神天皇(すじんてんのう)7年(前91)とか!?。

DSC03713 (2) 

時折雪がチラつく天候でしたが、幸い寒さはそれほどでもありませんでした。

DSC03724 (2)

DSC03714 (2) DSC03719 (2) 

その後は2日、3日と「のと里山海道」を通って能登、和倉温泉へ。

DSC03731 (2) 

雪は少ないものの尋常ではない風。

DSC03734 (2) 

青空がのぞいたかと思った矢先にまた吹雪になるといった不安定な天候でした。

DSC03792 (2) DSC03797 (2) 

3日の帰りがけ、金沢駅で七尾線用の413系に挨拶。413系は国鉄末期に老朽化した急行形電車の車体を近郊型に更新改造した車両。

DSC03813 (2) 

今や貴重な国鉄型ですが、やはり最近の車両に比べると著しく見劣りが・・・。

DSC03820 (2) DSC03816 (2) 

因みに下の写真が最近本線筋で使われている車両。

DSC03830 (2) 

DSC03808 (2) 

帰りの北陸新幹線からの車窓は、いつものように日本海側から太平洋側への僅かな時間のうちに天気が一変。大宮近くからは富士山の姿が遠望出来ました。

DSC03835 (2) 

さてそろそろ日常に向けてリハビリをしないとね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月30日土曜日。晴れ。朝は-2℃、日中は10℃。

今日は休日夜間急患診療所の当番にあたっていたため、朝から大和市医療センターへ。診療開始前から外にはズラ~っ行列が出来ていました。来る人来る人発熱の方がほとんど。インフルエンザの方がたくさん!。

最終的には午前、午後合わせて受診者数は167名にのぼりました。そのうち約半数にインフルエンザ迅速診断を行い、さらにその半数がインフルエンザ陽性でした。現在A型とB型が混在していますが、6:4くらいでA型が優勢になって来ました。そのほか感染性胃腸炎の方もちらほら。帯状疱疹の方が2人。

帰りの鶴間駅のポスターには新春用が登場。ロマンスカー4種が登板していますが・・・。

DSC03687 (2) 

来年3月には新車のGSE70000形(Graceful Super Express)がデビューの予定。

下は“鉄道ファン”最新号より。

DSC03690 (2) 

DSC03688 (3) 

ポスターの顔ぶれも2019年からは変わることでしょう。その時に最古参のLSE7000形が現役で残っていてくれることを願いつつ・・・。

明日はいよいよ大晦日。当方は例年通り実家に親族が集まって新年を迎える予定。今年も一年お世話になりました。良いお年をお迎え下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月25日月曜日。雨のち晴れ。朝は9℃、日中は15℃。昨夜からの雨は未明に上がりました。

今年最後の月曜日、クリニックは朝から混雑。この連休中にかぜをひいた方が多かったようです。インフルエンザの方もちらほら。年末にかけて疲れが出やすい季節、ご自愛くださいませ~。

以下に今年11月以降に撮ったクリスマスツリーの写真をお目にかけます。

DSC03316 (3) DSC03301 (2) DSC03283 (2) 

DSC03353 (1) DSC03356 (1) DSC03358 (1) 

DSC03370 (1) DSC03372 (1) DSC03397 (2) 

DSC03401 (2) DSC03403 (2) DSC03575 (2) 

DSC03597 (2) DSC03652 (2) DSC03646 (3) 

すべて明朝までには片付けられてしまうかと思うと不憫ですね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月22日金曜日から12月24日日曜日にかけての週末は、日曜日にやや雲が多めだったものの晴れベースの天気でした。

22日金曜日は、前日の休診日と翌日からの連休の狭間なので、クリニックはさぞや混雑するかと覚悟しておりましたが、意外に空いていて拍子抜けでした。診療時間外はいつの間にか溜まってしまった書類書き。

23日土曜日は天皇誕生日で祝日。翌日の日曜日と相俟って連休でしたが、さすがにこの時期は雑事が多くて動きがとれず。駅前まで買い物に出かけたくらいで自宅で雑用をこなしておりました。

下の写真は乾燥した冬空の下、丸坊主になったイチョウ並木。

DSC03674 (2) 

24日日曜日の午前中は自宅で掃除。午後からは読み終わった本をリュックに詰めて神田神保町の古書店街へ。以前にも書いたように、本をゴミに出してしまうのは忍びなくて専門の本は専門の古書店に持ち込むことにしています。その本を必要とする方に有効に活用して頂ければ良いのであって高く売ることが目的ではありません。インターネットオークションやメルカリはどうも抵抗があります。

DSC03677 (2) DSC03675 (2) 

古書店で得た僅かなお金は、往復の電車賃と帰りに立ち寄った喫茶店ミロンガでのコーヒーとケーキ代に消え去り・・・いやむしろ足が出てしまいました。

今日はクリスマスイブ。今年もあと1週間です。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入っても冬型の晴れ渡った乾燥した毎日。朝は連日-1~0℃、日中は10℃前後で厳しい寒さが続きました。

ここのところクリニックは連日混雑気味。かぜ症状や感染性胃腸炎の方もそれなりに多いのですが、年末が近付くといつもなら気にならない体調の変化を心配されて受診される方が急に増えます。中には半年以上前の健診結果を持参される方も。一人暮らしのお年寄りが心細くなられて「年末年始だけ入院出来る病院はありませんか?」なんてご相談も。インフルエンザは連日複数の患者さんが見えられるようになりました。当院では今のところA型とB型の方が半々で互角の勝負。

12月19日火曜日の昼は会計業務のために医師会事務局へ。12月20日水曜日の昼は当医療ビル6件7科のミーティング。12月21日木曜日の休診日は夕方から東京中野へ。

私自身は中野駅は今まで降り立った記憶がはっきりせず、もしかして初めてかも!?。中野駅北口を降り立つと正面に「中野サンモール商店街」のアーケード。大勢の通行人で賑わっていました。

DSC03658 (2) 

都心に近い割には妙に野暮ったくて田舎臭い雰囲気(もちろんいい意味です!)が懐かしい感じ。

DSC03661 (2) 

今宵中野まで遠征して来た目的は中野サンプラザホール。

DSC03663 (2) 

竹原ピストル全国弾き語りツアー“PEACE OUT”を聴きに来たのでした。最近テレビコマーシャルなどでブレイクしたためか会場は満席。観客は中年層を中心に若者から高齢者まで幅広い年齢層でした。

DSC03671 (2) DSC03668 (2) 

ステージ上は終始ソロで、楽器はギターとハーモニカのみ。ライブハウスがそのまま巨大化しただけの素朴な雰囲気がとっても良い感じ。

DSC03669 (2) DSC03665 (2) 

それでも圧倒的な歌唱力に引込まれて気付けば2時間以上が経過。ハスキーボイスの弾き語りは私の心の琴線に触れまくり!?。

熱気を帯びた会場から外へ出たら寒さで震え上がりました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月17日日曜日。晴れ。朝は1℃、日中は8℃。スッキリした冬空の日曜日になりました。

今日は午前中から六本木ヒルズへ。ヒルズ内のクリスマスツリーは前衛的すぎて・・・。

DSC03647 (2) DSC03646 (2) 

今日はTOHOシネマズ六本木ヒルズで「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観て来ました。自宅からは新百合ヶ丘が最寄りの映画館ですが、休みの日の早めの時間帯は郊外よりも都心の映画館の方が空いているので、いつも一気に都心へ出てしまいます。案の定15日に封切られたばかりの新作でも昨日深夜時点で予約が取れました。ただしチョッと首が凝る座席なのは致し方ないところ。

DSC03648 (2) 

まだ封切られたばかりなので、ストーリーに関しては触れない方が良いでしょうが、次回作への伏線はチャンと張られていました。一体いつまで続くのでしょう。

次々と繰り広げられる迫力の戦闘シーンと大音響。上映が終わって暗い館内から外へ出たら、チョッとめまいが~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

週末の12月15日金曜日12月16日土曜日はともに晴れベースの天気。相変わらず気温は低めで朝は0~1℃、日中は9~12℃でした。

クリニックはやはりかぜひきの方が多め。インフルエンザの方はいらっしゃいませんでしたが、感染性胃腸炎の方はちらほら。中に勤務先から「ノロウイルスの検査をして診断書を貰って来るように」と言われたという方が。残念ながら検査キットによるノロウイルス抗原検査は3歳未満、65歳以上の必要性のある方のみが保険適応。他の検査法は通常の医療機関で行うことが出来ず、食中毒や集団感染の原因究明などの目的で行政機関や研究機関等で行われます。悪しからず~。

土曜日の診療終了後は元麻布へ。和食レストラン“東郷”さんで友人と会食。

DSC03602 (2) DSC03606 (2) DSC03608 (2) 

メニューはいつものようにお腹に優しい多品種少量の構成。

DSC03609 (2) DSC03610 (2) DSC03612 (2) 

DSC03613 (2) DSC03614 (2) DSC03616 (2) 

食後はカロリー消費のために歩いて六本木けやき坂まで。

DSC03619 (2) 

坂の下に着いた時には琥珀色とキャンドル色のLEDによる“CANDLE and AMBER”でしたが・・・。

DSC03621 (2) 

DSC03622 (2) 

坂を上がっている途中で白色と青色のLEDによる“SNOW and BLUE”に変わりました。

DSC03625 (2) DSC03627 (2) 

後ろを振り返ると、小さく東京タワーの姿が。

DSC03628 (2) 

東京タワーには♡マーク。

DSC03630 (2) 

おっさん二人連れには全く似つかわしくないシチュエーションでした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月14日木曜日。晴れ。朝は-1℃、日中は10℃。昨日に引き続き寒さの厳しい一日になりました。

今日は休診日。夕方から表参道へ出かけて来ました。まずはベジタリアンレストランのBROWN RICE CANTEENで早めの夕食。“一汁三菜”は豆腐料理を主菜とした定食。身体にはとっても良さそうですが、大食漢の方には向きません。

DSC03581 (2) 

その後、表参道の欅並木のイルミネーションを眺めながら・・・。

DSC03586 (2) 

DSC03588 (2) 

DSC03584 (2) DSC03589 (2) 

骨董通りを通って南青山のブルーノート東京へ。

DSC03590 (2) 

今宵のステージはイギリスのジャズファンクグループ、INCOGNITO。

DSC03591 (2) DSC03600 (2) 

目下私めが最高にお気に入りのグループで、来日のたびに馳せ参じております。

DSC03592 (2) 

店内はほぼ満席。いつものように迫力のステージを堪能させて頂きました。

DSC03594 (2) 

下の写真は帰り道、骨董通りで見かけた大きなクリスマスツリー。

DSC03597 (3) 

骨董通りも帰りの電車内も年末の割には空いていました。最近は忘年会をやる会社がだいぶ減っているようですからね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入って冬型の気圧配置が強まり、寒さがいよいよ本格化。冬型のおかげで晴天続きだったものの、12月11日月曜日の朝はまだ9℃あった気温が、12月12日火曜日の朝は2℃、そして12月13日水曜日の朝はついに-1℃まで下がりました。上空1500mには-6℃の寒気が!。

DSC03577 (2) DSC03580 (2)

今週前半のクリニックは相変わらずかぜ症状の方がたくさん。それでもインフルエンザは月曜日にB型、水曜日にA型の方がおひとりずついらっしゃった程度で、まだまだ流行はこれからといった感じ。感染性胃腸炎はますます多くなって来ました。

12月12日火曜日の診療終了後はみなとみらいのヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルへ。ロビーには立派なクリスマスツリー。

DSC03576 (2) 

今宵は糖尿病薬に関する講演会を拝聴させて頂きました。現在糖尿病は数多の薬が使える環境にありますが、それ故に何をどう使うか“戦術の立て方”が大いに悩ましいところ。とっても参考になりました。

12月13日水曜日の診療終了後は循環器系の講演会に出席するために大和へ。今宵は座長を拝命していたので午後診療を少々早仕舞いさせて頂きました。

DSC03573 (2) 

高齢化社会で今後も増えて行くであろう心房細動の合併症としての脳梗塞をどう防いでいくか、循環器内科と神経内科の立場からそれぞれ講演をして頂きました。明日からの診療に大いに役立つ内容でした。

気付けば今年の診療もあと2週間。年内にやらねばならないことが・・・まっ、いいか~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月8日金曜日。曇りのち雨。朝は1℃、日中は11℃。寒々とした一日になりました。

今日のクリニックはかぜ症状の方が多め。感染性胃腸炎の方もちらほら。気温が下がったせいか、血圧が心配になって来院される方も増えました。

下の写真は鶴間駅前にある「矢倉沢往還」の石碑。両脇のドウダンツツジが真っ赤になっていました。

DSC03553 (2) 

診療終了時には結構な雨降りになっていましたが、今宵は市内某所で大和市医師会の忘年会。普段めったにお目にかかれない他科の先生にもお目にかかれる貴重な機会ですが、近年参加人数がチョッと少なめでやや淋しい感じ!?。

帰宅する頃には日付が変わっていました~。

12月9日土曜日。晴れ。朝は1℃、日中は10℃。天気は回復しましたが寒さは相変わらず。

やはり今日もかぜ症状の方が多めでしたが、今日はA型インフルエンザの方が2人。まだ“それらしき人”が周辺にいない季節のせいか、結果をお話しても「まっ、まじ~!?」と俄かには信じられないご様子でした。

診療終了後は都内半蔵門へ。今宵はイタリアンのお店「エリオ・ロカンダ・イタリアーナ」でクリニックの忘年会でした。今年はスタッフ全員が参加。

DSC03564 (2) DSC03554 (2) DSC03556 (2) 

いつもながら厳選された食材。

DSC03557 (2) DSC03558 (2)

とっても美味なイタリアンでしたが、少々カロリー過多な内容。

DSC03559 (2) DSC03560 (2) DSC03561 (2)

ベテラン揃い(年齢的に・・・)の当院スタッフにはややヘビー過ぎたかな~(!?)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

師走に入ってから天気の良い日が続いていましたが、気温は低めで朝は2~5℃、日中は10~14℃。

クリニックはかぜ症状の方に加え、感染性胃腸炎の方が増えて来ました。インフルエンザは12月4日月曜日にA型、12月6日水曜日にB型の方がそれぞれお一人ずついらした程度で、流行はまだまだこれからのようです。インフルエンザワクチンは、この機に及んで国家検定に不合格となった製品が発生したとかで、また供給が悪化している模様。ワクチン不足はまだまだ続きそうです。

12月5日火曜日の診療終了後は大和市医師会理事会、12月6日水曜日の診療終了後は第4回の「病診連携を一層進める会」に出席。今回は桜ヶ丘中央病院と南大和病院でした。最近、診療終了後の行事が立て続くと疲れるようになりました!?。

12月7日木曜日は晴れ。朝は2℃、日中は11℃。今日は久しぶりにフリーの休診日でしたので、また五日市まで出かけて来ました。いつものようにまずは「黒茶屋」で腹ごしらえ。

DSC03526 (2) 

窓外の名残の紅葉を愛でつつ山菜料理~。

DSC03524 (2) DSC03525 (2) 

DSC03515 (2) DSC03518 (2) 

栗、芋、きのこ、柿など、秋の味覚を堪能させて頂きました。

DSC03519 (2) DSC03520 (2)

DSC03521 (2) DSC03522 (2) DSC03523 (2) 

食後は付近を散策。川の流れは清らかですが、流石にこの季節は寒そうです。

DSC03527 (2) 

紅葉はまだ何とか見られました。

DSC03544 (2) 

中には真っ赤に色付いたモミジも。

DSC03529 (2) 

う~ん、見事な赤。

DSC03532 (2) 

DSC03533 (2) 

近くの大きな水車の羽には・・・。

DSC03536 (2) 

DSC03543 (2) DSC03538 (2) 

色付いた落葉が付いて、なかなか風流!?。

DSC03541 (2) 

その後、山あいのギャラリー「ネオ・エポック」へ。

DSC03545 (2) 

建物は戦時中に日本光学の保養施設として建てられたものを修復したもの。中では手芸品や陶器、絵画などを展示、販売していました。

DSC03548 (2) DSC03547 (2) 

そうこうしている間に、冬至が近付いて来たせいかアッと言う間に陽が傾いて、山の谷間では寒さが深々と・・・。

今日は二十四節気の“大雪”(たいせつ)でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月3日日曜日。晴れ。朝は4℃、日中は14℃。

少々運動不足気味の休日。午後遅くなってから、やおら豪徳寺まで出かけて来ました。

小田急線の豪徳寺駅を降り、懐かしい雰囲気の商店街をのんびり歩いて10分あまりで山門に着きました。

DSC03434 (2) DSC03433 (2) 

豪徳寺は1480年創建。その後1633年に彦根藩の井伊家の菩提寺として整備されたそうで、幕末の大老で桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓もここにあります。

山門を入ると、夕陽に照らされた紅葉がとっても綺麗!。

DSC03435 (2) 

境内には立派な三重塔もありました。

DSC03437 (2) 

以下、下手な写真で申し訳ありませんが、三重塔とその周辺の紅葉をご覧下さいまし~。

DSC03438 (2) 

DSC03440 (2) 

DSC03441 (2) DSC03442 (2) 

DSC03443 (2) DSC03446 (2) 

とても東京23区内とは思えない雰囲気。

DSC03448 (2) 

DSC03456 (2) 

まるで京都にいるみたい!?。

DSC03473 (2) DSC03474 (2) 

DSC03486 (2) 

DSC03500 (2) DSC03501 (2) 

DSC03491 (2) 

そして豪徳寺は招き猫発祥の地としても有名。

DSC03471 (2) 

あまりの数の多さにビックリ。

DSC03460 (2) DSC03470 (2) 

奥まったところにある井伊家の墓所に足を踏み入れると、そこには江戸で亡くなった歴代藩主や家族の墓が。

DSC03475 (2) 

DSC03479 (2) DSC03489 (2) 

下は大老井伊直弼の墓。

DSC03483 (2) 

そうこうしているうちに、夕闇が迫って来て途端に寒くなりました。早々に帰路に。

DSC03504 (2) DSC03505 (2) 

上左は世田谷線、上右の写真は小田急線豪徳寺駅の架線の隙間から見た大きな満月。

今宵は今年最大の「スーパームーン」だったそうで・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

12月1日金曜日は雨のち晴れ。朝は9℃、日中は13℃。12月2日土曜日は晴れ。朝は4℃、日中は10℃。

気付けばもう師走。月日の流れは速いものです~。

クリニックはかぜの方がさらに多くなって来ました。かぜの方は早めの時間帯に予約外でいらっしゃる方が多いため、ここのところ午前も午後も早めの時間帯が混雑しています。その波が過ぎ去ったあと、遅めの時間帯はとっても平穏ですので、少々ゆっくり来て頂くのも“手”かと・・・。

下の写真は鶴間駅で見送った上り電車。最近歩くのが遅くなったのか、鶴間駅で電車に乗り遅れることが多くなって来たかも!?。

DSC03407 (2) 

厚生労働省は1日、インフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表しました。でも当地ではまだまだこれから。ピークは例年通りに1月末から2月初旬頃でしょうか。

インフルエンザワクチンは11月までギリギリの供給状態が続いていましたが、ここへ来てやっと先行きが見えて来ました。現在予約して頂いている皆様は大丈夫そうですので、どうぞご安心下を。

下の写真は土曜日の帰り道。イチョウは12月に入ってもまだ葉が残っている木も。

DSC03423 (2) 

下はなぜか4枚だけ葉が残っていた桜の木。

DSC03425 (2) 

12月に入って朝晩の冷え込みは師走らしくなって来ました。体調管理にお気を付け下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月30日木曜日。曇り時々雨。朝は10℃、日中は12℃。

今日は休診日でしたが、所用で朝から二子玉川へ。途中立ち寄った駅構内のカフェではオーディオテクニカの最新製品を試すことの出来るコラボ中でした。カフェラテも・・・!?。

DSC03389 (2) 

下の写真は二子玉川ライズ・オフィスの上から眺めた多摩川。今にも雨が降り出しそう。

DSC03391 (2) 

多摩川鉄橋を東京メトロ8000系が渡って行くのが見えます。

DSC03392 (2) 

さて用事が終わってからは玉川高島屋へ立ち寄ってランチ。屋上庭園のモミジがとっても綺麗でした。

DSC03394 (2) 

遠くまで行かなくてもここで十分!?(負け惜しみです~)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月の最終週は講演会が目白押し。

11月26日日曜日は朝からグランドプリンスホテル新高輪で開催された循環器関連の講演会に出席。心房細動の抗凝固療法に関する5演題を拝聴させて頂きました。

DSC03375 (2) DSC03379 (2) 

11月27日月曜日は大和市地域医療センターで大和市医師会の「病診連携を一層進める会」の第3回に出席。今回は大和成和病院と大和病院の説明会でした。

11月28日火曜日はやはり大和市地域医療センターで大和市医師会内科医会講演会。

DSC03376 (2) 

北里大学循環器内科の下浜孝郎先生による講演「PCIにおけるデバイスと薬物治療の変遷」で、座長は私めが務めさせて頂いた関係で少々診療終了時間を繰り上げさせて頂きました。

クリニックは比較的平穏な日々が続いていましたが、11月29日水曜日には久しぶりにB型インフルエンザの方がいらっしゃいました。相変わらずかぜ症状の方は多め。健診後の精密検査を希望される方がちらほら。

下の写真は水曜日帰宅時に出会ったLSE7000系。来春3月のダイヤ改正後もしばらく活躍する見通しに。

DSC03386 (2) 

今週は前半飛ばし過ぎで少々お疲れ気味です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この一週間は11月22日水曜日の夜から11月23日木曜日の午前中にかけて前線を伴った低気圧の影響で激しい雨に見舞われましたが、週末は好天に恵まれ、文字通り小春日和となりました。

クリニックは、相変わらず喉や咳のかぜの方が多めでしたが、それでも先週までの混雑ぶりは鳴りを潜めて、だいぶ落ち着いて来ました。ちらほらいらしたインフルエンザの方は今週は皆無。ワクチンの方はやや見通しが立って来たかも。

以下は今週の通勤途中で撮った写真。

イチョウは間もなく見納め!?。

DSC03335 (1) 

楓やドウダンツツジの紅葉も終わりかかっています。

DSC03338 (1) DSC03340 (1) 

DSC03339 (1) 

柿はもう少しで食べごろ?。

DSC03345 (1) 

今週は21日火曜日昼は医師会の会計業務、22日水曜日昼は当クリニックビルのミーティング、23日木曜日の休診日は法事で外出、24日金曜日夜は会計士さんと面談。気付けば師走まであと僅かです・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週末は寒気が流れ込んで気温が下がり、全国的に師走の寒さとなりました。朝は4~5℃、日中は12~13℃。

寒くなったせいか、かぜ症状の方がますます増えて来ました。高血圧の初診の方もちらほら。インフルエンザワクチンについては、何とかギリギリで予約の方分が確保出来る程度。新規の予約は受けられない状況が続いています。

診療終了後は11月17日金曜日は大和市地域医療センターへで新規医師会入会希望の先生と面談。11月18日土曜日は黙々と溜まってしまった事務仕事をこなしておりました。

11月19日日曜日は神田神保町で書店巡りをして参りました。収穫は6冊!。

下はかつて名作の呼び声高かった写真集「北辺の機関車たち」。極寒の冬の北海道における蒸気機関車の活躍を捉えた写真集です。

DSC03322 (3) 

(株)キネマ旬報社から昭和46年8月20日に発行された当時は私はまだ小学生6年生。当時の小遣いでは買えませんでしたが、このたび(株)復刊ドットコムによって今年5月20日に復刻版として発刊され、約半世紀ぶりに念願かなって入手した次第。

DSC03324 (2) DSC03325 (2) 

厳しい撮影環境での作品の数々。当時20代前半であられた3人の著者のバイタリティに感服させられます。

DSC03326 (2) DSC03327 (2) 

車窓に見える女の子も現在は少なくとも50歳以上のはず。時間は容赦なく過ぎ去って行きます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月16日木曜日。晴れ。朝は7℃、日中は15℃。天気は良いけれどこの時期らしくヒンヤリ~。

今日は休診日。夕方からBunkamuraオーチャードホールへ。

DSC03318 (2) 

今宵はART GARFUNKEL JAPAN TOUR 2017に行って参りました。アート・ガーファンクルはポール・サイモンとともに1964年から1970年までサイモン&ガーファンクルとして活動。「明日に架ける橋」「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロー・フェア」などの驚異的なヒットの連続でグラミー賞を受賞しています。映画「卒業」のサントラも大ヒット。

DSC03320 (2) 

広いステージ上には、終始アート・ガーファンクルとキーボード奏者、アコースティックギター奏者の計3人のみ。往年と変わらない第一声を聴いた聴衆からは思わず“おおっ”という感動の声と拍手が沸き起こりました。奇をてらった音響や照明効果は一切無く、ただ“聴かせる”ためのしっとりとしたコンサートでした。往年の名曲を淡々と披露されていましたが、さすがに76歳という御年のせいか、コンサート時間自体は休憩時間を挟んで2時間弱と短め。それでも観客は十分満足して帰途に就いたのでした。

でも欲を言えばやっぱりポール・サイモンとのデュオを聴きたい!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半、11月13日月曜日の午後から11月14日火曜日にかけては雨降り。11月15日水曜日になってやっと天気が回復しました。

クリニックは相変わらずそこそこの混雑。かぜ症状の方は多めですが、今のところインフルエンザは鳴りを潜めています。気候のせいか気管支喘息発作の方がちらほら。困ったことに継続すべきステロイド吸入を中断していた方ばかり。発作の無い時のこそ治療の継続が大切です。本日いらしたご高齢の女性は立派な肺炎で市内の病院を紹介させて頂きました。

診療終了後は、11月13日月曜日はウェブデザイナーのYさんと打ち合わせ。11月14日火曜日は聖マリアンナ医大横浜市西部病院で病診連携の会“M-net研究会”に出席。パーキンソン病の講演を拝聴させて頂きました。懇親会では院長先生をはじめ懐かしい顔ぶれと懇談。11月15日水曜日は相模大野へ。駅頭には例年の如く立派なクリスマスツリーが出現していました。

DSC03298 (2) 

今夜は小田急センチュリー相模大野で開催された大和市循環器医の病診連携の会に出席。こちらは座長を拝命しておりましたので診療を少々早めに切り上げさせて頂いておりました。

DSC03312 (2) 

大和市立病院の吉澤智治先生による「地域医療連携パスの現状2017」に続いて、東海大学循環器内科教授の伊苅裕二先生による「私が考える心血管イベント抑制のための治療戦略~血糖・脂質・血圧・体重のトータルコントロール~」。膨大な内容を判りやすく解説して下さり、明日からの診療にとっても役立つ内容でした。両先生に感謝!。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月12日日曜日。晴れ。朝は8℃、日中は15℃。

午前中は自宅で雑用をこなしておりましたが、午後からは水道橋まで。東京ドームで開催された桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」に行って参りました。

DSC03292 (2) 

ソロ活動30周年、御年61歳とのことでしたが、年齢を感じさせないパワフルなステージ。会場内の約5万5千人が酔い痴れました。

DSC03293 (2) DSC03294 (2) 

いや~、パワー貰ったな~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月11日土曜日。曇りのち晴れ。朝は15℃、日中は19℃。

今日のクリニックはほどほどの混雑。土曜日は平日に来院出来ない会社勤めの方が多いので、平均年齢は平日より低めですが、最近はお一人で来院出来ないご高齢の方がご家族に伴われて土曜日に来院される方が増えて来ました。高齢化の進展で認知症の方も増えて規則的な内服が困難な方も。悩ましき問題です~。

診療終了後は渋谷へ。久しぶりの渋谷はやっぱり恐ろしいほどの混雑ぶりでした。

DSC03256 (2) 

スクランブル交差点を渡ってTSUTAYA側からJR渋谷駅方向を見ると、渋谷ヒカリエと東急百貨店の間には建設中の新しいビルの姿が。高校時代は通学路だった渋谷ですが、段々と当時の面影は少なくなって・・・あれっ、40年以上も前の話!?。

DSC03267 (2) 

あまりの人の多さと騒音で、めっ、めまいが。

DSC03268 (2) 

さて今宵は道玄坂にある中華料理店で鉄道模型店「モデルスイモン」さん主催の懇親会に参加させて頂きました。会場の真ん中のテーブルには例年のごとく各社の新製品や試作品が並べられていました。

DSC03269 (2) DSC03270 (2) 

発売間近の12mmゲージのC55は素晴らしい出来栄え。

DSC03281 (2) 

プラ製客車の試作品も気になるところ。

DSC03271 (2) DSC03280 (2) 

中華の回転テーブルに乗って、料理の合間に試作品のDF50が回って来ました(!)。

DSC03274 (2) 

小型モーターでファンが回転するギミックが心憎い。

DSC03277 (2) 

同好の士と懇談しながらの至福のひとときは、瞬く間に過ぎ去ったのでした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

先週末11月4日土曜日から11月9日木曜日にかけては、11月8日水曜日のみ曇っていたものの他の日は概ね良いお天気が続きました。11月7日火曜日は立冬でしたが、気温は朝晩寒い日があっても日中は20℃を超える日々でした。

クリニックはここのところ混雑続き。文化の日を越えたら急にかぜ症状の方が増えました。11月6日月曜日には当院で今シーズン2人目(南半球帰りの方を除いて)のA型インフルエンザの方がいらっしゃいました。2番手であることをお話したら、ご本人曰く「銀メダルとは残念!。来年は金メダルを・・・!?」。滅相もありません!。

インフルエンザワクチンは相変わらず細々としか入って来ません。綱渡り状態で予約の方を何とかこなすのみ。新たな予約はお引き受け出来ない状況が続いています。

診療終了後は11月7日火曜日は医師会理事会。 11月8日水曜日は循環器関連の講演会出席のため町田まで。相変わらず何やかやと気忙しい日々。

休診日の11月9日木曜日、明るいうちに近所を歩いてみたら、イチョウ並木がだいぶ黄色く色付いていました。例年よりも早め??。

DSC03246 (2) 

夏みかんやアケビも既に美味しそうな色に。

DSC03244 (2) DSC03250 (2) 

立冬を越えて、着実に季節は秋から冬へと移り変わっています。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月3日金曜日。晴れ。朝は13℃、日中は21℃。文化の日は絶好の行楽日和となりました。

良い天気になったので、行く先を決めないまま取り敢えず最寄り駅へ。3連休とあって上り電車は混雑していたので、まずは下り電車に乗車。折角ならロマンスカーにとも思いましたが、さすがに満席でした。そのまま急行で終点小田原まで行って、そこから箱根に上がろうかと箱根登山線に乗り換えようとしましたが異常な混雑。何と今日は箱根大名行列の開催日だったのでした。

DSC03226 (2) 

それならばと東海道線ホームへ移動。折しもリゾート列車「伊豆クレイル」が停車中でした。車内をのぞき見しましたが、予約無しで乗れるはずもなく・・・。

DSC03228 (2) 

向かいのホームに滑り込んで来た普通列車熱海行きに乗車。穏やかな紺碧の相模湾を眺めながら根府川、真鶴、湯河原と進み、終点熱海駅に到着しました。

DSC03230 (2) 

ここで降りてランチにしようかと思いましたが、隣のホームにJR東海の島田行きの電車が停まっていたので、もう少しだけ駒を進めることに。

DSC03231 (2) 

丹那トンネルを抜けて、函南、三島と進んで、結局沼津で降りました。

DSC03233 (2) 

沼津駅は観光地ではないので3連休でも落ち着いた雰囲気。

DSC03236 (2) 

駅前には沼津機関区跡のモニュメントがありました。かつては東海道本線の要衝だったところ。C58230は1970年まで沼津機関区の入換専用機として最後まで在籍していた蒸気機関車。

DSC03234 (2) 

沼津でランチ後は211系熱海行きで隣駅の三島まで。かつては東京駅の主役だった211系も今では東京口では見られなくなりました。

DSC03237 (2) 

三島からは新幹線ひかり466号で帰宅。新幹線の三島駅ホームから見える大きな富士山に冠雪は無く、いまだに夏姿さながらでした。

DSC03240 (2) 

世間一般の方は3連休でしょうが、当院は明日の土曜日は診療。がっ、頑張ります~(涙)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月2日木曜日。晴れのち雨。朝は9℃、日中は20℃。

今日は休診日。朝からいくつかの用事を済ませて、夕方から表参道へ。まずはYOKU MOKU青山本店のブルー・ブリック・ラウンジでティータイム。季節限定のピスタチオのケーキは上品な甘さでした。

DSC03205 (2) DSC03224 (2) 

表参道交差点で上空を見上げてみれば秋の空。

DSC03210 (2) 

やけに多くのヘリコプターが巡回していましたが、本日イバンカさんが来日したためでしょうか。

DSC03209 (2) DSC03216 (2) 

ケヤキ並木は少し紅葉が始まっていましたが・・・。

DSC03211 (2) 

木によって紅葉の程度にずいぶんと差がありました。

DSC03219 (2) 

国旗が掲げられているのは明日の文化の日・・・というか明治節(明治天皇の誕生日)のため!?。

明日からの3連休は行楽日和になる予報。久しぶりに晴れの週末になってくれるでしょうか。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11月1日水曜日。晴れ。朝は9℃、日中は22℃ 。爽やかな秋晴れになりました。

朝方は放射冷却で今日も気温がひとケタ。 朝の通勤途中には既に真っ赤なモミジが見られましたが、単に紅くなるのが早い品種?。

DSC03189 (2) 

クリニックは今日も比較的平穏でした。天候は不安定でも基本的には良い季節ですからね~。でもそんな中、長引く咳の方はチラホラ。喘息の方も多くなりました。気温が低くなって来たせいか、血圧が高くなって受診される方も目立つようになりました。

本日夕方は少々早仕舞いさせて頂いて相模大野へ。

DSC03193 (2) 

ホテルセンチュリー相模大野で開催された「心・腎から考える糖尿病治療講演会」に出席。特別講演1の座長を務めさせて頂きました。

DSC03190 (2) DSC03198 (2)

題目は日本医科大学循環器内科教授の佐藤直樹先生による「糖尿病を合併した心不全への新たなるアプローチを考える」。糖尿病を合併した心不全は予後不良ですが、近年使えるようになった糖尿病治療薬SGLT2阻害薬は心不全治療に役立ちそう。示唆に富んだご講演でした。

でも連夜の遅い帰宅で少々お疲れモードです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月30日月曜日。晴れ。朝は14℃、日中は20℃。台風22号は29日20時に三宅島、22時に銚子市の東90km付近を通過。30日0時に三陸沖で温帯低気圧になりました。

DSC03183 (2) DSC03185 (2) 

台風22号から変わった低気圧の影響で、日本列島は強い冬型の気圧配置となり、全国的に北風が吹き荒れました。気象庁は東京地方と近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表。いよいよ寒い季節の到来!?。

クリニックは徐々にかぜ症状の方が増えて来ました。B型インフルエンザの方が先週金曜日に引き続いて本日いらっしゃいましたが、金曜日の患者さんの奥様でした。家族内感染は避け難いですね~。

診療終了後は夜8時から11時まで休日夜間急患診療所の当番でした。今宵の受診者は僅かに10名。発熱、腹痛、水ぼうそう、じんましん・・・。珍しく子供よりも大人のほうが多めでした。何人か怪しげな熱の方にインフルエンザ迅速診断検査を実施しましたが、いずれの方も陰性でした。やれやれ。

10月31日火曜日。晴れ。朝は7℃、日中は17℃。一気に気温が下がって、朝晩の通勤時間帯が辛くなって来ました。それでもクリニックは比較的平穏。

診療終了後はみなとみらいへ。循環器系の講演会に参加させて頂きました。下の写真は闇夜に聳え立つランドマークタワー。

DSC03187 (2) 

臨床試験の少ない高齢者の心房細動治療をどうするかは、実に悩ましいところ。そのあたりの“痒いところ”を心臓血管研究所の山下武志先生がクリアカットに解説して下さいました。明日からの診療に大いに役立つご講演でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

台風21号が去ったと思ったら南方に台風22号が発生。そのためか今週も天気が目まぐるしく変化しました。

その影響かクリニックは今週後半になってかぜ症状の方が増えて来ました。27日金曜日には今シーズン当院初のB型インフルエンザの方が受診。

ところで既に報道等でご存知かと思いますが、今シーズンはインフルエンザワクチンの供給が滞っています。そのために当院でも現在は新規にワクチン接種の予約が取れない状況です。また今後の供給状況によっては予約済みの方々にもご迷惑をお掛けするかも知れません。どうぞご承知おき下さいませ。

今週は24日火曜日の午前は止むごと無き理由で臨時休診とさせて頂きました。ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。午後は平常通り。25日水曜日は当クリニックビル6件7科のミーティング。26日木曜日は休診日でしたが、就学時健診のために学校医をさせて頂いている小学校へ。今年の受診者は約120人で、女の子の方がやや多めでした。大きなトラブルもなく終了。

就学時健診の帰り、および28日土曜日の帰宅時に江ノ島線の車窓から大野工場の解体線を眺めて見ると、解体待ちの3100形NSEロマンスカーの中間車の姿が。

DSC03168 (2) 

小田急電鉄としては来年3月のダイヤ改正前に車両収容スペースの確保を目的として、同一車種で複数車両を保存しているものの一部を解体することにしたそうです。今後3100形3両と20000形1両が解体される予定。

今週末はこんどは台風22号が接近中~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月22日日曜日。終日激しい雨で気温は16~17℃。超大型で非常に強い台風21号が速度を上げながら接近中~。

DSC03133 (2) 

そんな悪天候の中、朝から第41回日本鉄道模型ショウへ行って来ました。会場は例年の如く京急蒲田駅近くの大田区産業プラザ。入口で友人と合流して3人で入場。

DSC03131 (2) 

パンフレットによれば今年は昨年より多い99社が参加。大手から零細まで鉄道模型メーカーと、関連する工作器具、電子機器、展示ケース、家具、グッズ、書籍などを扱う会社が出展。

DSC03101 (2) 

悪天候のためか例年よりだいぶ空いていましたが、かえって見やすくてラッキー!?。

DSC03117 (2) 

以下は個人的に気になったモノのスナップを羅列。

エンドウのブースでは近作や発売予定品の展示。

DSC03082 (2) DSC03083 (2) 

関空特急「はるか」や419系は間もなく発売。

DSC03084 (2) DSC03085 (2) 

アクラスではプラキットの80系湘南電車がズラリ。

DSC03086 (2) DSC03087 (2) 

クハ76は特製品。右はマイクロエースのプラ製189系。

DSC03088 (2) DSC03089 (2) 

模型工房サイトウの大型のED16やEF57は魅力的ですが、価格は軽自動車並み!?。

DSC03090 (2) DSC03091 (2) 

ED62はモデルワムのOJゲージ(1/45、24mmゲージ)。

DSC03094 (3) 

下もOJゲージのクマタ貿易のEF510。音も光もデジタルコントロールで完璧!?。

DSC03096 (2) 

YFSトレーディングはミニチュア人形の専門店。700体10000円。都会のラッシュ時を再現したら大変なことに。

DSC03098 (2) DSC03097 (2) 

でんてつ工房の塗装済みキットの103系はなかなか良い感じ。

DSC03099 (2) 

U-TRAINSのキハ40系は何だかイメージが違うかな!?。

DSC03103 (2) 

モデルシーダーはLED照明を組み込んだ車両を展示。

DSC03105 (2) 

ワールド工芸は精力的にマイナー車両も模型化してくれるありがたい存在。

DSC03107 (2) 

天賞堂ブースではプラ製181系直流特急型電車とカンタムEF5861がお召列車を牽引して周回していました。高級ブラス製品の予定品はC58とED71。

DSC03112 (2) DSC03114 (2) 

DSC03113 (3) 

モーリンはジオラマ製作に欠かせないバラスト各種を販売しています。

DSC03115 (2) 

ネコ・パブリッシングのブースにはKATO製品の塗り替え特製品がありました。

DSC03116 (2) 

入口付近には例年通り巨大レイアウトが設置されていて、モニターを見ながらの体験運転が可能。

DSC03118 (2) DSC03119 (2) 

ヤードには気になる車両が並んでいました。

DSC03121 (2) 

さて帰りは京急川崎で途中下車。川崎駅地下街の牛タン屋さんで友人の力作を眺めながら3人でランチ。

DSC03130 (2)

アルモデルのキットをベースにしたBタンクは、なかなか良い雰囲気~。

DSC03128 (2) 

その後帰路に就きましたが、駅から自宅までの間で恐れていた通り下半身がずぶ濡れになりました。

衆院選の投票はどうしたかって?。こんなことも有りなんとのことで、休診日の木曜日に期日前投票を済ませておりました。エヘン!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月20日金曜日10月21日土曜日は雨が降ったり止んだり。気温は日中16~17℃まで上がりました。台風接近に伴って天気は不安定。

DSC03077 (2) 

クリニックはそれなりに混雑。特に土曜日は台風接近を見越してか、月曜日予約の方が先回りして受診される方がちらほら。天候不順なためか、調子の悪い方も多い様です。

土曜日の夜はクリニックから中央林間経由で半蔵門へ。エリオ・ロカンダ・イタリアーナで3人で会食でした。

DSC03069 (2) DSC03070 (2) 

外は激しい雨でも店内は満席!。

DSC03071 (2) DSC03076 (2) 

いつもながらの本場イタリアンを堪能させて頂きましたが、明らかにカロリーオーバー。この償いはいずれどこかで・・・!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月19日木曜日。雨。朝は10℃、日中は11℃。終日気温は殆ど変わらず寒い一日になりました。

今日は休診日。昼前から所用で二子玉川まで出かけておりましたが、夕方になって市ヶ谷へ。イカロス出版10階ホールで開催されている写真展“「鉄路」へのときめき”を見て来ました。

DSC03066 (2) DSC03065 (2) 

その道のベテランの方々のによる、新旧、洋の東西を問わない様々なジャンルの鉄道写真が65点。見応えのある力作揃い。

DSC03068 (2) 

良いものを見させて頂きました。22日日曜日まで。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1週間前の木曜日は晴れて暑かったのに、その後10月13日金曜日以降は連日の雨模様。天気図ではしっかり秋雨前線が居座って・・・。

DSC03055 (2) DSC03053 (2) 

気温も日を追うごとに下がり、10月16日月曜日には終日11~12℃に。例年の12月の気温だったそうで、この時期としては46年ぶりの寒さだったそうです。

DSC03057 (2) 

クリニックは連日そこそこの混雑。かぜの方は寒い割にはまだそれほど多くはありません。これからでしょうか?。寒くなって来たせいか、血圧がらみの新患の方は増えて来ました。

10月13日金曜日の診療終了後は大和市地域医療センターで社会保険診療懇話会でした。これは学問的な会ではなく、文字通り保険診療に関する勉強会。保険医療を行う医療機関には参加が義務付けられています。

DSC03050 (2) 

10月17日火曜日は昼は会計業務のために医師会事務局へ。夜は大和市医師会内科医会の講演会。今宵は認知症関連の講演会で「新オレンジプランと改正道路交通法について」。講師はさいたま市認知症医療センターの丸木雄一先生でした。現在65歳以上の方は27.7%。高齢者の交通事故が盛んに報じられる昨今、認知症が疑われる方の運転免許症の取り扱いをどうするかは大きな問題。多くの事例を提示しながら解りやすく解説して下さいました。

帰り道はまだ体が寒さに慣れないせいか、真冬よりも却って辛い!?。連日の冷たい雨で青空が恋しいです~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3連休明け、10月10日火曜日から10月12日木曜日にかけては連休に引き続き概ね晴れの天気。最高気温は27~28℃とこの時期にしては高めの日々でした。

クリニックは休み明けの割には平穏。「柿が赤くなれば医者が青くなる」(注:柿が実をつけて赤くなる頃は気候が良くて病人が減り医者が困るという意味)季節だから!?。

そんな中、10月11日水曜日にはA型インフルエンザの方が来院。コントロールの青線の上にA型を示す赤線がクッキリ~。南半球帰りの方を除くと今季当院の第1号でした。

DSC02962 (2) 

10月12日木曜日は休診日。天気が良かったので調布市の深大寺まで出かけて来ました。まずは深大寺そばで早めのランチ。

DSC02966 (2) DSC02968 (2) 

食後に神代植物公園へ。ちょうど秋のバラフェスタの期間で園内は普段より混雑していました。

DSC03038 (2) 

深大寺門から入ると自然林の間を抜ける風が爽やか。

DSC02971 (2) 

見上げると木々の狭間から秋のうろこ雲が見えました。

DSC02969 (3) 

それでも驚いたことにアブラゼミやニイニイゼミの声が聞かれました。温暖化は深刻!?。

DSC02970 (2) 

林を抜けると大温室前の噴水の両脇にたくさんのバラ。

DSC02972 (2) 

国内外のたくさんの品種が花を咲かせていました。

DSC02975 (2) DSC02976 (2) DSC02977 (2)

DSC02978 (2) DSC02979 (2) DSC02980 (2)

DSC02981 (2) DSC02982 (2) DSC02983 (2) 

DSC02984 (2) DSC02986 (2)

あたり一面、バラの芳香が~。

DSC02987 (2) DSC02988 (2) DSC02996 (2)

DSC02998 (2) DSC02999 (2) DSC03008 (2)

DSC03018 (2) DSC03019 (2) 

DSC03013 (2) DSC03020 (2) DSC03009 (2) 

秋らしく赤トンボや女郎蜘蛛の姿も。

DSC02990 (2) DSC03026 (2) 

下はうろこ雲を背景に赤トンボの姿を。

DSC02995 (2) 

秋とはいえ日向はまだまだ暑くて、早々に退散して参りました。

夜になって雨が降り出しました。明日から一気に気温が下がる予報。かぜを召しませぬようお気を付け下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月8日日曜日10月9日月曜日は体育の日の連休。晴れて気温が上がり絶好の行楽日和となりました。

この連休は医師会旅行。初めてクリニック単位で参加させて頂いて六甲界隈へ行って参りました。総勢31名。10月8日日曜日新横浜8時22分発の「ひかり463号」で新神戸に11時14分着。

DSC02885 (2) 

北野でランチ後は異人館めぐり。気温は28℃くらいまで上がって汗だくに。

DSC02894 (2) DSC02895 (2) 

菊正宗の酒蔵を見学した後、六甲山展望台に上がりました。

DSC02903 (2) 

う~ん、素晴らしい景色!。夜景も見てみたいところ。

DSC02902 (2) 

宿泊は有馬温泉。夕食前、深夜、早朝と温泉を堪能させて頂きました。

10月9日月曜日の早朝には入浴後に温泉街の散策。

DSC02913 (2) DSC02914 (2) 

もちろんお土産物屋さんは開いていませんが・・・。

DSC02915 (2) 

“鉄”としてはやはり神戸鉄道有馬線の有馬温泉駅を表敬訪問しないとね~。

DSC02926 (2) 

私としたことが、神戸鉄道にはまだ乗ったことがありません。また改めてまた伺います。

DSC02925 (2) 

朝食後、9時には宝塚へ向けて出発。まずは手塚治虫記念館へ。

DSC02929 (2) DSC02930 (2) 

私自身はブラックジャックよりは鉄腕アトムやジャングル大帝の世代。

DSC02932 (2) DSC02934 (2) 

でもカラーではありませんでした・・・。

DSC02935 (2) DSC02938 (2) 

その後は隣接する宝塚大劇場へ。

DSC02940 (2) 

今回の旅行に参加しなければ一生見ることが無かったであろう宝塚歌劇団の公演を鑑賞させて頂きました。

DSC02948 (2) DSC02950 (2) 

う~ん、いろんな意味で世界が違う!?。

DSC02954 (2) 

公演後は三ノ宮、元町、南京町あたりを散策してから・・・

DSC02956 (2) 

新神戸駅へ。乗車予定の「のぞみ」の一本前の「こだま」は今や貴重な存在となった500系でした。

DSC02959 (2) 

17時06分発「のぞみ40号」に乗車。車内で新神戸駅で購入したたこつぼ風陶器に入った「ひっぱりだこ飯」の夕食。

DSC02960 (2) 

新横浜に19時34分に無事到着。限りなく“弾丸”に近いツアーでしたが、充実した楽しい旅になりました。

ご尽力頂いた皆様に感謝!。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月6日金曜日は曇りのち雨、翌10月7日土曜日は雨のち曇り。両日とも朝は14~15℃、日中は17~20℃で、折角の満月の夜は冷たい雨になってしまいました。

クリニックはそれでも比較的平穏な日々。かぜ症状の方や体調を崩された方も少なめで、診療はほぼ予約通りに進行しました。

金曜日の診療終了後はエイズの勉強会で大和市地域医療センターへ。今夜は「日常化するHIV感染症」という演題で横浜市民病院感染症内科の立川夏夫先生のご講演でした。

DSC02882 (2) 

日本ではHIV感染者・AIDS患者報告数は近年やっと横ばいになって来ましたが、世界的に見れば15~49歳の約0.8%がHIVに感染。世界一のアフリカのスワジランドではHIV感染率が何と27.4%!。まだまだ・・・。

土曜日の診療終了後は所用で品川へ。診療が時間通りに終了したので、チョッとだけ行きがけに上野駅に立ち寄ってみました。本日は団体専用の「カシオペア」の運転日。

DSC02867 (2) 

「カシオペア」の一般運転は2016年の春で終了しましたが、旅行シーズンを中心にツアー専用で時々運転されています。ただしもう青函トンネルを抜けることはありません。因みに今日は盛岡行きでした。

DSC02868 (2) DSC02877 (2) 

牽引機はEF81形交直両用電気機関車の80号機。かつて「北斗星」を牽引していたいわゆる星ガマ。

DSC02873 (2) 

一旦後継機のEF510形に任務を譲っていましたがEF510形がJR貨物に売却されたためまた返り咲き。老体に鞭打って(?)その任にあたっています。

DSC02880 (2) 

発車を見送っていては会に遅刻してしまうので早々に撤退。そのうちまた乗りたいところですが・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月5日木曜日。晴れ。朝は13℃、日中は20℃で今季一番の冷え込みになりました。本州でも岩手山と八甲田山で初冠雪の便りも。

今日は休診日でしたが所用で一日外出。日差しは暖かでしたが、空気は冷たくて上着が必要な季節になりました。

そんな中、外出先でヒメアカタテハの姿を見かけました。

DSC02849 (2) 

ヒメアカタテハは可憐に見えて実はとても強い蝶。移動性が強くて越冬出来ない寒い地方でも夏から秋にかけて侵入、発生を繰り返します。そんな訳で南極大陸以外の全ての大陸に分布しているのだそうです。

夕方からは神宮前へ。神宮前交差点で見上げた空にはうろこ雲。

DSC02850 (2) 

秋や春に多くて夏には見かけない雲ですが、天気が下り坂の時に多いとか。

DSC02852 (2) 

確かに明日は午後から雨の予報。かぜの方が増えそうな・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10月1日日曜日。晴れのち曇り。大阪地方は晴れのち曇り。朝は16℃、日中は26℃。

大阪で開催されている第65回日本心臓病学会学術集会に参加するために土曜日は京都泊まり。

なぜ大阪開催なのに京都に泊まったかって?。実は「近鉄ホテル京都駅」のコーナーツインの予約が取れたから。「近鉄ホテル京都駅」は京都駅八条口側の大阪寄り、ちょうどJR西日本の「ホテルグランビア京都」と駅を挟んで対角線上に位置します。ホテルの長~い廊下は京都駅構内の南の縁に沿って“いい感じ”の緩いカーブを描いていました。

DSC02821 (2) 

暗くなってからチェックイン。カーテンの隙間から覗いて見ると・・・。おおっ!。京都駅の大阪寄りが眼下に。

DSC02806 (2) 

列車の音が良い子守歌になるはずが・・・生粋の“鉄”の私は夜中もひっきりなしに通る貨物列車の音が気になって眠れず~(一般の方にはただの騒音かも知れませんが・・・)。

翌朝カーテンを開けると真下に近鉄京都線。

DSC02810 (2) 

電車の形式は全く専門外で判りません。

DSC02816 (2) 

その右側にはJRの線路。緑一色に塗られた117系電車の横をEF210形電気機関車に牽かれたコンテナ貨物が通過中。

DSC02812 (2) 

JR西日本の321系電車。

DSC02815 (2) 

そして関空特急「はるか」の281系の姿も。

DSC02818 (2) 

おっと、いつまでも電車を眺めている訳には参りません。今回は第65回日本心臓病学会学術集会に出席するためにわざわざ関西まで来たのでした。

早々にホテルを出て京都発7時29分の新快速で大阪へ。会場の大阪国際会議場には8時過ぎに到着。

DSC02823 (2) 

5階で受付を済ませて会場へ。私は特別会員FJCCなので参加費は免除!。その代わり会費が高いです~(涙)。

DSC02828 (2) 

8時半からのセッションにチャンと間に合いました。

DSC02802 (2) DSC02803 (2) 

あとはパネルディスカッションやシンポジウム、教育講演、一般演題の口演やポスター発表などをしっかり聴いて時間を有効活用。でもふと気付いて見れば演者はもちろん座長の先生方も大半は年下の方ばかり。まだ若いつもりだったのですが・・・。

以下は国際会議場の12階から見た周辺の風景です。

DSC02824 (2) 

暗い会場から出ると、まっ、眩しい~。

DSC02825 (2) 

こういう時に限って外は恨めしいくらいに良い天気。

DSC02826 (2) 

しばし遠ざかっていたアカデミックな雰囲気に浸って、夕刻には帰宅の途につきました。

帰りの大阪駅では大阪環状線の老兵201系の姿が。ホームには10月3日にラストランを迎える更なる老兵103系狙いと思われる同業者の方が大勢いらっしゃいましたが、残念ながらその姿を見ることは叶いませんでした。

DSC02834 (2) 

下は103系や201系を駆逐しつつある新鋭323系。モダン過ぎる姿がどうも好きになれません。

DSC02833 (2) 

でも利用者にとっては鉄道車両は新しい方が良いに決まっています。

えっ、医者も!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月29日金曜日9月30日土曜日はともに晴れベースの天気。朝は15~17℃、日中は24℃で木曜日とは一転して爽やかな秋晴れになりました。

クリニックは9月末を迎えて混雑気味。6月1日から始まった特定健診・長寿健診も今週末でおしまい。予約制を導入する前までは、駆け込み受診の方で9月末は大混乱になるのが常でしたが、予約制を取り入れてからはさしたる混乱は無し。今年も平穏無事に終了しました。もちろんまだまだ健診判定作業は続きます。

土曜日の診療終了後は第65回日本心臓病学会学術集会に参加するために新横浜から夕方の新幹線に乗車。会場は大阪の国際会議場ですが、明日早朝に大阪入りすることにして今夜は京都で途中下車。ホテルに荷物を置いて、鴨川と高瀬川に挟まれた木屋町の「鳥彌三」で夕食にしました。

DSC02785 (2) 

ここは天明8年(1788年)創業の老舗。

DSC02795 (2) 

建物は登録有形文化財。風情ある趣です。

DSC02786 (2) 

実は全くの想定外だったのですが、まだ鴨川納涼川床が設置されていました。川床とは納涼のために川岸に張り出して設置された野外席。つまるところリバーサイドのテラス席です。

DSC02787 (2) 

基本メニューは「水炊き」のコースのみ。

DSC02764 (2) DSC02775 (2) 

鶏ガラを3日間炊き込んで作る白いスープは絶品でした。

DSC02766 (2) DSC02777 (2)

鱧はお勧めに従って注文したエキストラ。こちらは今日まで。

DSC02779 (2) DSC02772 (2) 

最後は雑炊にして・・・。

DSC02782 (3) DSC02784 (2) 

お店を出て鴨川側から見たのが下の写真。

DSC02792 (2) 

京都の夏の風物詩である川床も、大和市の健診と同じく9月30日(つまり本日!)でおしまい。10月1日は一日休業にして撤去するのだそうです。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

お彼岸の連休が明けて、気が付けばいつの間にか9月も最終週に突入していました。

9月25日月曜日9月26日火曜日は晴れて秋らしい陽気になりましたが、9月27日水曜日9月28日木曜日は生憎の空模様。特に水曜日の夜から木曜日にかけては前線の影響で豪雨に見舞われたところもありました。

連休明けのクリニックはお彼岸にかぜをひいた方がたくさんいらっしゃいました。気温差の影響か体調が優れない方もちらほら。大和市の特定健診・長寿健診は今週一杯で終了。いよいよ大詰めです~。

今週前半の昼休みは月曜日は所用で官庁へ行き、火曜日は近隣同業の先生と面談、そして水曜日は当医療ビル6件7科のミーティングと、“休む”どころではありませんでした。昼以外の診療時間外は早朝から深夜までひたすら健診の判定作業や事務仕事。もっ、もう少しの辛抱!?。

木曜日は休診日でしたが終日雨が降ったり止んだり。朝から外出していましたが夕方からは所用で新宿へ。帰りにヨドバシカメラに立ち寄って買い物。

DSC02734 (2) 

雨のせいか、人出はいつもより少なめ。

DSC02737 (2) 

それにしても暗くなる時間が日に日に早くなり、気温もグッと下がって来ました。

DSC02740 (2) 

一雨ごとに秋が深まって行きます。明朝はこの秋一番の冷え込みとなる見通し。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月24日日曜日。晴れ。朝は19℃、日中は25℃。連休2日目は天気が回復。お墓参り日和(!?)になりました。わが家もチャンと午前中にはお墓参りを済ませて参りました。

DSC02701 (2) 

午後からは本を抱えて神田神保町の古書店まで。苦労して運んでも電車賃とお茶代が出るくらいの額にしかなりませんが、大切な本が必要とする方に渡ってくれればそれで良し。それに運動も兼ねてますから・・・。

わが家の近所では今年はヒガンバナが早くも枯れ果ててしまいました。先週の台風の影響も大。一方、ホトトギスは例年より早め(?)に開花。

DSC02696 (2) 

ユリ科に属するらしいですが、見れば見るほど不思議な形態。

DSC02698 (2) 

斑点模様が鳥のホトトギスのお腹の模様に似ているのが名前の由来だそうです。

DSC02694 (2) 

今年のシルバーウィークは何だか不完全燃焼のまま終わってしまいました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月23日土曜日。雨のち曇り。朝は19℃、日中は23℃。秋分の日は生憎の空模様になりました。

今日は折角朝早く目が覚めたのに天気が悪かったので、急遽思い立って横浜の原鉄道模型博物館まで出かけて来ました。現在小田急線開業90周年とロマンスカー(SE車)の就役60周年を記念した特別展が開催されています。

DSC02692 (2) 

横浜駅を東口へ降りてスカイビル脇の帷子川を渡ると横浜三井ビル。

DSC02641 (2)

その2階が原鉄道模型博物館です。私自身は2012年のオープン直後に訪れて以来なので5年ぶり。

DSC02642 (2) 

5年前は館内写真撮影不可でしたが今はOK。SNS全盛の時代ですからね~。

DSC02643 (2) 

ここではコクヨの技術者だった原信太郎氏が制作・所蔵した膨大な鉄道模型と鉄道関係コレクションを公開しています。

DSC02644 (2) DSC02645 (2)

DSC02647 (2) 

下の写真は鉄道模型の主なゲージの比較ですが、収蔵品もレイアウトも1番ゲージ(最下段の大きさ)が中心。ちなみに現在の日本の主流は上から2番目のNゲージ、私がチョッと齧っているHOゲージは上から3番目です。

DSC02688 (2) 

DSC02669 (2) 

今回の主目的は小田急関連の展示を見ること。

DSC02656 (2) 

貴重な資料や当時のパンフレットの数々が展示されていました。

DSC02653 (3) DSC02649 (2) 

下は歴代の車両が受賞したブルーリボン賞のプレート類。

DSC02650 (2) 

DSC02651 (2) DSC02665 (2)

DSC02652 (2) 

下は歴代ロマンスカーの解説パネル。

DSC02661 (2) DSC02662 (2) 

一番端には2018年3月登場予定の70000形のパネルも。

DSC02663 (2) DSC02664 (2) 

実物部品も展示されていましたが、7000形と1000形の心皿、7000形のディスクブレーキシュー、9000形シールドビーム・・・なんて言われてもマニアが悦ぶだけかな~!?。

DSC02657 (2) DSC02658 (2)

NSE3100形の座席とドア。実際に座って座り心地を確認出来ます。

DSC02659 (2) 

DSC02668 (2) 

さてここで一番大きなスペースを占めているのは1番ゲージの特大レイアウト。

DSC02670 (2) 

ヨーロッパ風の街並みの中を大きな車両が走り回っておりました。

DSC02671 (2) DSC02672 (2) 

ここは老若男女、すべての世代に人気があるようでした。

DSC02673 (2) 

DSC02677 (2) 

細かいところまで作りこみが半端ではありません。

DSC02678 (2) 

DSC02680 (2) DSC02681 (2) 

DSC02685 (2) DSC02687 (2) 

DSC02686 (2) 

一巡して外へ出ると、1階ホールには7000形用の実物の車輪。

DSC02689 (2) 

さらに2018年3月登場予定の70000形運転室モックアップが展示されていました。ここだけは撮影禁止とのことでしたので、さぞやと期待しましたが、感覚的に運転室の狭さが体感出来ただけで・・・。

DSC02691 (2) 

特別展は11月30日まで。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月21日木曜日。晴れ。朝は18℃、日中は28℃。湿度もさほど高くなく、清々しい陽気となりました。

今日は休診日。あまりに天気が良いので海を見に横浜みなとみらいまで出かけて来ました。

DSC02624 (2) 

ランチは久しぶりにマリン&ウォーク ヨコハマへ。

DSC02629 (2) 

オープン当時話題になっていたPie Holic(パイ ホリック)はいまだに満席状態でしたが、その他のお店は閑散としていました。平日のせい??。

DSC02619 (2) 

いやいや既に閉店してしまったテナントもちらほら。チョッと心配かも!?。

海側に出てみれば埠頭を渡る風がとっても爽快!。

DSC02628 (2) 

空いていたのでベンチで海を眺めながらノンビリゆったりさせて頂きました。

DSC02626 (2) DSC02630 (2) 

DSC02622 (2) 

おおっ、思わず居眠りしそう!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月16日土曜日から9月18日月曜日にかけては世の中は3連休(当院は連休ですけど・・・)でしたが、台風18号が縦断したおかげで散々でしたね~。

DSC02605 (2) 

連休一杯かけて南九州から稚内まで舐めるように通過して行きました。

DSC02613 (2) 

台風通過前17日日曜日は最高気温が19℃だったのに、台風一過の18日月曜日は32℃。これでは身体が順応出来ません。

当方はこの連休遠出を企てておりましたが完遂叶わず。不完全燃焼に終わりましたが、18日月曜日はやっと晴れたので30℃超えの炎天下を銀座まで買い物に行って来ました。

DSC02609 (2) 

周辺を歩いていたら何やら芳香が・・・。正体は暴風雨で落ちた多量の銀杏でした。いくら30℃越えでもやはり秋は秋。

DSC02610 (2) 

途中、和光のティーサロンで小休止。写真は和光70周年記念のミニケーキプレート(!)です。

DSC02606 (2) 

7つあっても個々はちっ、小さいですから~。

もちろんせっせと歩いてカロリー消費に努めながら帰路についたことは言うまでもありません。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月13日水曜日。晴れ。朝は21℃、日中は29℃。

クリニックは結構混雑。かぜ症状の方はほどほどですが、動悸や息切れ、めまいなど、体調の優れない方が多めでした。健診で引っ掛かって来院する方もちらほら。

診療終了後は町田へ。ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田で開催された内分泌・代謝疾患の研究会に参加させて頂きました。今回は精巣機能低下症の診断と治療がテーマ。普段はなかなか聴けない興味深いお話が聴けました。感謝です~。

9月14日木曜日。晴れ。朝は22℃、日中は29℃。

今日は天気の良い休診日となったので、急遽五日市まで行って来ました。日差しも強いし蝉の声も聴かれて、夏の名残がまだまだ居座っていましたが、路傍には既にヒガンバナが咲きだしていました。

ランチは2か月前にも来た山菜料理の黒茶屋へ。

DSC02568 (2) 

いつもの様に“お昼のお手軽コース”に。

DSC02569 (2) DSC02570 (2) DSC02572 (2) 

季節の山菜やキノコなど、山の幸を堪能させて頂きました。

DSC02574 (2) DSC02575 (2)

DSC02576 (2) DSC02578 (2) DSC02579 (2) 

しばし清流の音を聞き、山の空気に浸ってから帰途につきました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月10日日曜日。晴れ。朝は21℃、日中は28℃。湿度が高めで蒸し暑い一日になりました。

天気が良かったので、ウォーキングを兼ねてランチに出かけました。隣駅まで歩いて馴染みの蕎麦屋さんへ。シイタケの煮浸しと天ざるを注文。添えられた菊花が秋を演出。

DSC02560 (2) DSC02561 (2) 

食後に商店街で買い物をしてから、ケーキ屋さんを覗いたら・・・!?。折角カロリー消費をしたのにね~。

DSC02562 (2) DSC02563 (2) 

帰りは少々遠回りをして川沿いを歩いて帰宅。

DSC02565 (2) 

川ではコサギくんが真剣に仕事中でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月9日土曜日。晴れ。朝は20℃、日中は28℃。秋晴れの一日になりました。

クリニックは朝早めの時間帯がとっても混雑。なぜか予約外の方が朝に集中しました。「何で今日は混んでるんですか?」なんて患者さんに尋ねられても「??」って感じ。でもそれも束の間、昼前にはその反動か待合室はガラガラに。「今日は何で空いているんですか?」と患者さん。「う~ん・・・」。

診療終了後は事務仕事をこなし、少々遅くなってから西麻布の創作和食「サルドゥ・マキノ」さんへ。

DSC02551 (2) 

今夜は放射線科の先輩と、眼科の後輩の同業者3人で会食。お店のカウンターに座ったらどこかで見たようなお顔が・・・。近隣の大和市医師会の眼科の先生でした。そちらも同業者3人連れでしたので、医者がズラリと6人カウンターに並ぶことに。こちらサイドは大いに盛り上がりましたが、お店にはご迷惑をお掛けしたかも!?。

DSC02552 (2) DSC02554 (2) 

いつものように考え抜かれた美しい料理を堪能。

DSC02555 (2) DSC02556 (2) DSC02557 (2) 

あれっ、1品撮り忘れました~。

DSC02558 (2) DSC02559 (2) 

その後お店を変えて話の続きをしていたら、気付けば電車が無くなっているではありませんか!。ありゃりゃ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月8日金曜日。曇りのち晴れ。朝は22℃、日中は28℃。

クリニックはやっぱり混雑気味。連日の特定健診・長寿健診でチョッとお疲れモードですが、もう少しの辛抱です。

診療終了後は大和市医師会内科医会の講演会に出席。今日は消化器分野、内視鏡診断と治療のお話でした。こんなにたくさんの内視鏡写真を見せて頂いたのは初めてかも!?。

さて今日もお盆休みのレポートの続きを。8月14日月曜日はアンコール・ワットを観光したのちに密林に埋もれたベン・メリアの遺跡へ。その後シェムリアップへ戻って小休止後、今度はトンレ・サップ湖へ向かいました。トンレ・サップ湖は東南アジア最大の湖で、100万人以上の水上生活者が暮らしています。今回はその中でもベトナム人が多く住むチョンクニアへ。

大小様々なクルーズ船が発着する乗り場から沖合へ。クルーズ船とは言っても・・・。

DSC01993 (2) 

水は決して綺麗ではありませんが、水上を軽快に飛ばすボートは爽快。

DSC01988 (2) 

大きな建物は商店でしょうか。

DSC01989 (2) 

小振りの個人住宅はどの家も開放的で戸締りなど出来そうもありません。

DSC01995 (2) 

でも衛星放送アンテナが付いている家もあって、意外に裕福な暮らしぶりなのかも。

DSC01997 (2) 

子供たちは部屋から直接川へ飛び込んで遊んだり・・・。

DSC02002 (3) 

家の前で釣りをしたり、部屋に吊るしたハンモックでうたた寝したりで、それなりに快適そうには見えますが・・・。

DSC02042 (2) 

炊事も洗濯も、おそらくはトイレも同じ水・・・う~ん、なかなか日本人には辛いかも。

DSC02043 (2) 

大きな建物は学校です。

DSC02000 (2) 

船でお迎え?。

DSC02001 (2) 

こちらは集団下校でしょうか!?。

DSC02038 (2) 

所々に観光客向けの商店やレストランも。

DSC02003 (2) DSC02040 (2) 

DSC02037 (2) DSC02005 (2) 

そのうちの1軒に立ち寄って小休止。観光客向けなのでしょうが、ワニ、ナマズ、アナコンダなどが飼われていました。

DSC02018 (2) DSC02019 (2) 

DSC02009 (2) DSC02007 (2) 

2階建てのそれなりに大きな建物でしたが、基礎は竹を束ねた浮きのみ。

DSC02035 (2)

2階に上がってみると、水上は結構な賑わいでした。

DSC02027 (2) 

このあたりがメインストリートでしょうか。

DSC02021 (2) 

晴れていれば美しい夕景が見られたでしょうが残念。

DSC02031 (2) 

帰路に着いての道すがら。広大な蓮畑に立ち寄ってみました。

DSC02045 (2) 

DSC02062 (2) 

時折雲の切れ間から輝く夕日に照らされる蓮の花がとっても綺麗でした。

DSC02066 (2) 

蓮の枝に着いたピンクの塊は巨大なタニシの卵!。

DSC02049 (2) DSC02063 (2) 

チョッと喉が渇きましたが、道端の商店の店先にはたくさんの瓶が。

DSC02067 (2) 

瓶の正体はなんとガソリンでした。そう言えばガソリンスタンドをあまり見かけませんからね~。

DSC02067 (3)

夕食を済ませたあとは、繁華街のナイト・マーケットへ。

DSC02079 (2) 

世界中からの観光客で賑わっていました。

DSC02080 (2) 

売られている商品は値段が有るようで無し。交渉次第でいくらでも・・・。

DSC02082 (2) DSC02083 (2) 

朝4時過ぎから活動を開始してホテルに戻ったのは夜10時過ぎ。いつもながらチョッと動き過ぎです。もう少し優雅に旅すれば良いものを、根が貧乏性ですからね~。

カンボジア紀行はまだ続きます。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月5日火曜日は晴れのち曇り。朝は19℃、日中は28℃。9月6日水曜日は雨のち曇り。朝は21℃、日中は24℃。相変わらず暑いんだか寒いんだか良く判らない日々が続いています。

クリニックはそれなりに混雑。今週に入ってかぜ症状、特に咳が止まらない方が増えました。ここ最近の気温変化の影響でしょう。診療終了後は、昨日火曜日は大和市医師会理事会。本日水曜日は病診連携の会。今宵は全4回シリーズの初回で大和市立病院でした。夏休み体制の8月から一転、9月に入って何かと忙しくなって来ました。

さて今日もお盆休みのレポートの続きを。8月14日月曜日は早朝にアンコール・ワットの日の出を拝みに行ってからホテルに戻って朝食。その後、シェムリアップから東へ直線距離で約50kmの密林の中にあるベン・メリアという巨大寺院の遺跡を目指しました。

プノンペンにも通じる道路の両脇には多くのパラソル。

DSC01845 (2) 

どうやら竹筒に入ったご飯を売っているようです。

DSC01846 (2) 

ココナッツ風味で美味しいらしいのですが・・・やっぱり勇気がありません~。

DSC01849 (2) 

幹線道路を外れると、車よりもバイクや自転車が多くなります。

DSC01853 (2) 

覗き見る未舗装の脇道はいい感じです。

DSC01859 (2) 

車で約1時間かかってやっと到着。入口の欄干には保存状態の良い5つの蛇の頭を持つ神ナーガ。

DSC01862 (2) 

暑い参道を進むと・・・。

DSC01864 (2) 

すさまじい瓦礫の山が見えて来ました!。

DSC01866 (2) 

ここは修復されないまま放置されている遺跡の一つ。

DSC01868 (2) 

成長の早いジャングルの木が崩壊を助長している様子。

DSC01870 (2) 

DSC01876 (2) DSC01877 (2) 

ここが造営されたのはアンコール・ワット建造前の11世紀末~12世紀初頭。貴重な寺院の遺跡ですが・・・。

DSC01880 (2) 

今のところ修復の予定は無いそうです。

DSC01881 (2) 

遺跡の存在が明らかになった後も内乱で放置され、ポル・ポト派の支配が終わって地雷の撤去が進んだ比較的近年になって入れるようになったそうです。

DSC01884 (2) 

全貌が明らかになればアンコール・ワットを凌ぐ規模とか。

DSC01886 (2) 

遺跡上には簡素な木道が組まれていて、それに沿って見学することが出来ますが、それを外れるのはとっても危険!?。

DSC01888 (2) 

回廊の天井も落ちてしまっています。

DSC01892 (2) 

DSC01893 (2) 

それにしても熱帯植物の繁殖力にはビックリ。

DSC01899 (2) 

昼なお暗い密林に埋もれた遺跡はチョッと迫力があります。

DSC01902 (2) 

いつの日にかアンコール・ワットのように修復される日が来るのでしょうか。

DSC01903 (2) 

DSC01908 (2) 

凄まじい光景に圧倒されて、暑さも忘れて歩き回って来ました。

DSC01911 (2) 

DSC01917 (2) 

拙い写真では迫力が伝わらないでしょうがご容赦を。

DSC01922 (2) 

DSC01956 (2) 

DSC01964 (2) 

カンボジア紀行はまだ続きます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月4日月曜日。曇り時々雨。朝は20℃、日中は23℃。肌寒い一日になりました。

週明けのクリニックはそれなりに混雑。案の定かぜ症状の方が多くなって来ました。やはり先週末から朝晩の気温が下がったためでしょうか。長寿健診・特定健診の予約は既に9月末までパンパン。もう、こっ、これ以上は・・・。ご容赦下さいませ~。

さて今日はお盆休みの東南アジア行きの続きを。8月13日日曜日はアユタヤからバンコクのスワンナプーム国際空港へ。新しくて広大な空港です。

DSC01634 (2) DSC01639 (2) 

14時05分発のバンコク・エアウェイズPG913便でカンボジアのシェムリアップへ向かいました。機材はA320。フライト時間はたった1時間10分ですが、シートベルトサインが消えるや否や機内食が出て来ました!。

DSC01646 (2) DSC01649 (2) 

慌ただしくかきこむと、もう着陸態勢に入っていました。眼下には広大な湿地帯が。

DSC01654 (2) 

着陸直前にはヤシの木に囲まれた高床の住宅が見えました。

DSC01659 (2) 

シェムリアップ国際空港はアンコール・ワットの玄関口。日本からの直行便はありませんが、中国、韓国、香港ほか近隣諸国からの国際便が就航しています。

DSC01663 (2) 

平屋建てなので、ボーディング・ブリッジなどというものはありません。

DSC01662 (2) 

一旦ホテルにチェックインしてから・・・。

DSC01673 (2) 

夕食を食べに外出。

DSC01681 (2) DSC01683 (2) 

外国人向けにアレンジされているのでしょうが、なかなか美味でした。

DSC01685 (2) DSC01691 (2) 

さて今回シェムリアップへ来た目的は、もちろんアンコール・ワットを見るため。翌8月14日月曜日はホテルを朝4時代に出発!。まずはチケット売り場へ。夜明け前のチケット売り場は海外からの観光客で大混雑でした。チケットは不正が無いように顔写真入り。10日間のうちの3日間有効でUS$62.00でした。

DSC02526 (2) 

アンコール・ワットの入口付近に陣取って日の出を待ちました。やがて空の色が茜色に染まって来ましたが、チョッと雲が多め。

DSC01711 (2) 

残念ながら雲の間からの日の出になってしまいました。

DSC01733 (2) 

それでも幻想的な雰囲気は堪能出来ました。

DSC01750 (2) 

日が昇ると大勢の観光客が遺跡内へ移動開始。

DSC01754 (2) 

アンコール・ワットは12世紀前半に30年以上かけて建立されたヒンドゥー教寺院。

DSC01757 (2) 

プノンペンに王都が移ると一時は忘れ去られるも、その後再発見され、16世紀には仏教寺院へ改修されています。

DSC01759 (2) 

壁面を埋め尽くす細かいレリーフの数々が圧巻。

DSC01766 (2) 

1970年代からのカンボジア内戦で破壊されるも、1992年には世界遺産に登録されて現在も修復過程にあります。

DSC01769 (2) 

DSC01770 (2) 

もちろんレリーフの題材にはそれぞれ深い意味が・・・。

DSC01791 (2) 

DSC01795 (2) 

DSC01799 (2) 

急峻な階段の上は第三回廊。

DSC01802 (2)

DSC01801 (2) DSC01804 (2) 

第三回廊まで上がると風が抜けて爽快でした。周辺は鬱蒼とした森林。屋根上を歩くサルの姿も見られました。

DSC01807 (2) 

DSC01808 (2) 

下は西側の入口方向を望んだところ。

DSC01812 (2) 

下は東側へ回って見たところ。

DSC01836 (2) 

以上は“朝めし前”のお仕事。そろそろお腹が空いて来たので一旦ホテルへ戻って朝食にすることに。

長くなって来たので続きはまた後日~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月3日日曜日。晴れ時々曇り。朝は18℃、日中は28℃。久しぶりにスッキリ晴れて秋晴れの一日になりました。

あまりに天気が良かったので午後から二子玉川へ。風は涼やかでしたが、陽射しはまだまだ夏の余韻。日なたを歩けば汗が出ます。

DSC02528 (2) 

堤防沿いを下流へ歩いて、途中のカフェで一休み。

DSC02529 (2) DSC02530 (2) 

DSC02532 (2) DSC02533 (2) 

堤防から二子玉川公園へ上がる階段からは・・・。

DSC02539 (2) 

第三京浜の向こうに武蔵小杉のタワーマンション群が遠望出来ました。

DSC02537 (2) 

堤防下へ降りて、一直線の白い道を二子玉川駅方面へと戻りましたが・・・。

DSC02540 (2) 

駅に着くころにはやっぱり汗だく。日なたを歩くのは流石にまだ暑い~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

9月1日金曜日は曇りのち雨、9月2日土曜日は雨のち晴れで、両日とも最高気温は24℃止まり。特に土曜日の朝は17℃まで下がって何だか秋の気配。朝の通勤時間帯は上着が無いと寒いくらいになりました。

クリニックは相変わらず特定健診・長寿健診の方が多いものの、概して平穏な日々。かぜ症状の方は少なめでしたが、ここ数日の気温の低下でまた増えて来そうな予感!?。

土曜日の診療終了後は半蔵門へ。中央林間から東急8500系に乗車。

DSC02508 (2) 

もはやクラシックな内装外観となりましたが、何だかこの時代の電車が落ち着きますね~。

DSC02507 (2) DSC02509 (2) 

今宵は麹町のイタリアンレストラン“エリオロカンダ・イタリアーナ”で5人で会食。

DSC02516 (2) DSC02519 (2) 

メンバーはかつて一緒にイタリアを旅した面々。毎年の恒例行事となっています。

DSC02520 (2) DSC02522 (2) 

本日のメインは北海道天塩のソイを取り分けて・・・

DSC02524 (2) DSC02525 (2) 

美味しい食事と楽しい話であっと言う間に時間が過ぎて・・・。また来年を楽しみに~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月29日火曜日。曇りのち晴れ。朝は26℃、日中は33℃。またまた夏が戻って来ました。

朝方テレビを点けたら、すべてのチャンネルが同じ画面に。初めて見るJアラートの画面でした。

DSC02490 (2) 

アナウンサーが「北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」と連呼。対象地域は北海道から栃木、群馬、新潟、長野までの広範囲に及んでいました。でも“頑丈な建物や地下”と言われても困りますよね~。

最終的には6時12分頃に3つに分離し襟裳岬東の太平洋に落下。

DSC02493 (2) 

何と迷惑な隣人でしょう。いい加減にして頂きたいものです。

本日帰宅時に足元の暗闇で何やらヒラヒラしたものが目に入りました。ストロボを焚いて見たら、なんとナガサキアゲハの雌でした。両側の後翅が大きく破損していたので、鳥にでも攻撃されて飛べなくなってしまったのでしょう。

DSC02499 (2) 

元来ナガサキアゲハは南方系の蝶。江戸時代は九州以南に分布域が限られていましたが、徐々に分布域が北へ拡大。最近では当地でも毎年のように見かけるようになりました。温暖化は確実に進行していますね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月25日金曜日8月26日土曜日は両日とも晴れのち曇り。朝から26℃前後、日中は32~35℃で厳しい残暑になりました。

クリニックはほどほどの混雑。健診で引っ掛かって受診される方が多くなりました。かぜ症状の方はちらほら。喉を腫らせていらっしゃる方が増えました。めまい、息切れ、動悸、全身倦怠感など、暑い時期に多い症状の方も。

土曜日の診療終了後は東京ミッドタウンへ。夏休み最後の週末とあってか、ミッドタウンは混雑していました。

今宵はミッドタウンホールで17時から開催された糖尿病セミナーに参加させて頂きました。下の写真は左が到着時、右が帰宅時。

DSC02482 (2) DSC02484 (2) 

SGLT2阻害剤の発売から3年余り、多くの臨床データが蓄積されて循環器疾患における位置付けが定まって来ました。解りやすいご講演を聴かせて頂いたお陰で頭の中がスッキリ!?。

8月27日日曜日。曇り時々晴れ。朝は24℃、日中は29℃。昨日までに比べると、気温が下がって急に秋めいた感じに。

今日は日中近場に買い物に出かけていましたが、夕方から南青山のブルーノート東京へ。今夜はイギリスのグループMATT BIANCOのステージでした。

DSC02486 (2) DSC02487 (2) 

元来はラテン、ジャズ、ファンクの融合したようなサウンドでしたが、今回はややジャズの要素が強くなった感じのするステージでした。パワーを頂いて帰宅。

帰宅時の青山、表参道あたりはいつもより人出が少ない感じでした。夏休みも終わりに近付いたからでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月24日木曜日。曇り。朝は26℃、日中は33℃。一時やや涼しい日々が続いていましたが、昨日からまた暑さが戻って来ました。

わが家の玄関先でアブラゼミが鳴いていました。まだまだ元気!。

DSC02473 (2) 

本日は休診日。午後からは写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」を見るために恵比寿ガーデンプレイスまで出かけて来ました。

DSC02475 (2) 

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラは今年で没後50年。

DSC02476 (2) 

彼は写真を愛好し、たくさんの記録を残しています。今回の写真展は自身が撮影した写真約240点を展示。愛機はニコンS2だったそうです。モノクロ写真が大半ですが、1955年頃のカラー写真もちらほら。

DSC02477 (2) 

ゲバラはアルゼンチンに生まれ、ブエノスアイレス大学医学部に入学。在学中と医師免許取得後の2回にわたりラテンアメリカ各地をオートバイで放浪しています。その後1956年にメキシコでカストロ兄弟に出会ってキューバに上陸、そして1959年にキューバ革命成立・・・。

写真には南米各地、キューバ、さらに1959年にアジア・アフリカの親善大使として来日し、広島を訪れた際の写真も。さらに友人や家族の写真まで。

DSC02479 (2) 

ゲバラ自身が撮った写真を通してゲバラの足跡を辿り、その人物像に迫ることが出来る素晴らしい企画でした。会場内はとっても混雑していて、改めて“ゲバラ人気”にビックリ~。

DSC02480 (2) 

会期はあと3日、27日日曜日までです。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月21日月曜日8月22日火曜日はやはり相変わらず曇りベースの天気。朝は23~25℃、日中は30~32℃。週が明けてやっと夏休みモードから脱却して本格始動・・・のはずでしたが、何だかチカラが入らず~。

クリニックはそこそこの混雑でしたが、普段は土曜日にしか来れない会社員の方が現れたり、授業時間帯に学生さんが現れたりで、まだまだ世の中は夏休みが続いている様子。そういえば朝の通勤電車も空いていました。かぜの方は依然として多め。

火曜日の昼は医師会事務局で会計業務。でも他の診療時間外はひたすら健診の判定作業。この過酷な状況は9月一杯まで続きます。

さて今日は7月17日、九州行きのレポートの続きを。あれっ、お盆休みのレポートはどうしたかって?。いろいろと滞っておりまして・・・しばらくお待ち下さいませ~。

前日は熊本泊まり。翌7月17日月曜日は朝の鹿児島本線普通列車で新八代へ向かいました。

DSC01027 (2) DSC01030 (3) 

第三セクターの肥薩おれんじ鉄道(旧鹿児島本線の八代~川内)の運行する観光列車「おれんじ食堂」に乗車するためです。「おれんじ食堂」の始発駅は新幹線接続駅の新八代で、八代~新八代間はJR九州に乗り入れて来ます。

新八代駅の上り線ホームに回送列車が到着。

DSC01028 (2) DSC01032 (2) 

一旦博多方へ引き上げてから下り線側の側線で待避したのち、下り線ホームに入線して来ました。

DSC01038 (2) 

編成は2両。肥薩線同様にこちらも水戸岡鋭治氏のデザイン。

DSC01039 (2) DSC01040 (2) 

金、土、日、祝日を中心に朝、昼、夕の3便運行されています。われわれが乗車したのは2便のSPECIAL LUNCH。

DSC01046 (2) 

本来の起点駅、八代駅ではくまモンのラッピングの単行普通列車が発車を待っていました。肥薩おれんじ鉄道は19両のディーゼルカーを所有していますが、おれんじ食堂の2両編成以外は基本的に単行。

DSC01047 (2) 

この「おれんじ食堂」のコンセプトは、風光明媚な景色を眺めながら沿線の“食”を堪能すること。

旧鹿児島本線は区間によっては意外に海岸線ギリギリを走ります。

DSC01062 (2) 

車窓は梅雨が明けて夏本番の光景。向こうは天草。

DSC01065 (2) 

こんな静かな海でのんびりしたい・・・と一瞬思いましたが、この暑さではのんびりなど出来るはずはなく、冷房の効いた車内から眺めるのが一番!?。

DSC01071 (2)

各停車駅では地元の方々による「駅マルシェ」が開催され、予め配られたクーポン券と引き換えにその土地の名物のお土産を頂けるという趣向。

DSC01077 (2) DSC01055 (2) 

そんな訳でところどころで途中下車しながら、その土地の名物を堪能。

DSC01080 (2) 

今は第三セクターとは言っても、元来は鹿児島本線ですから、ローカル駅でもホームは長大。駅施設も立派です。

DSC01079 (2) IMG-2693 (2) 

DSC01082 (2) 

DSC01083 (2) 

さて停車中に車内を探索。

DSC01084 (2) 

内装は水戸岡デザインの常としてwoodyな雰囲気。

DSC01101 (2) 

DSC01102 (2) 

DSC01087 (2) 

運転台の横には小さな展望席。

DSC01086 (2) 

2号車の隅にはお菓子ブッフェ。八代市のマドレーヌと芦北町の塩せんべい。

DSC01103 (2) DSC01089 (2) 

次駅表示はマニュアル操作。

DSC01088 (2) 

お土産のカレーパンと芦北産甘夏入りのサーターアンダギー。津奈木町のジュースが配られました。

DSC01090 (2) DSC01093 (2) 

水俣駅は意外にこじんまりしていましたが・・・。

DSC01095 (2) 

内装はリニューアルされて瀟洒。やはり水戸岡デザインです。

DSC01096 (2) 

水俣を出ると、ほどなく袋駅~米ノ津駅間の小さな川(境川)にかかる小さな石橋(境橋)が見下せる場所で列車は徐行。ここが肥後と薩摩の境界で、薩摩藩主の参勤交代の主要道路であったのにもかかわらず、防衛上長らく橋は架けられていなっかったそうです。この橋が架けられたのは明治16年になってからだそうです。

DSC01111 (2) 

ここを過ぎるといよいよ薩摩の国。

でも、チョッと長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月20日日曜日。曇り。朝は23℃、日中は29℃。

今日は日曜日ですが朝少々早起きをして友人と連れ立ってお台場へ。

DSC02424 (2) 

東京ビッグサイトで開催中の第18回国際鉄道模型コンベンションへ行って来ました。

DSC02426 (2) DSC02427 (2) 

開催期間は3日間で本日が最終日。モデラー出展、企業出展のほか、ステージイベントやセミナーなど、プログラムは多彩。今年は同好の士である前原誠司さんの講演も。

DSC02466 (2) 

入って正面にはこの世界では著名な宮下洋一さんのコーナー。

DSC02428 (2) 

旧型国電やその時代の精緻なジオラマが展示されていました。

DSC02429 (2) 

私の世代よりチョッと古い??けど、私自身はこの時代が好きです~。

DSC02430 (2) 

企業展示は車両模型ばかりでなく、ジオラマ関連、実物部品、工作道具、展示ケース、出版社など多分野にわたり、大企業からガレージセール的なものまで。

DSC02435 (2) 

天賞堂のコーナーでは真鍮製HGモデルのC58形蒸気機関車の予告。

DSC02439 (2) 

超精密ですが価格がどうなるか心配!?。

DSC02440 (2) 

ED71形交流電気機関車の試作品も展示されていました。

DSC02441 (2) 

ダイキャスト製のEF58形直流電気機関車やプラスチック製の9600形蒸気機関車も展示。

DSC02442 (2) DSC02448 (2) 

個人的に注目しているのはプラスチック製の181系直流特急形電車。う~ん、なかなか良い仕上がり。年末発売だそうで。

DSC02446 (2) 

モデラー出展は中学、高校、大学などの学校関連や、クラブ、同好会などの団体や個人が参加。

DSC02459 (2) DSC02455 (2) 

下は小田急旧型車のペーパー作品の競作。懐かしい1700形や1900形が並んでいました。

DSC02457 (2) DSC02458 (2) 

例年の如く大きなレイアウトもいくつか。

DSC02432 (2) 

解説しながら走行デモ。運転体験が出来るコーナーも。

DSC02451 (2) DSC02436 (2) 

出展者のほうが楽しんでいるフシが無くもない??。

DSC02437 (2) 

DSC02438 (2) 

下はNゲージのレイアウトですが、小さいのにそのリアリティには目を見張るばかり。

DSC02452 (2) 

DSC02453 (2) 

一角にはフードコートが設けられていて、崎陽軒や峠の釜めしなどが食べられますが・・・。

DSC02456 (2) 

おじさんたちは疲れたので、例年の如く帰りがけにお台場に立ち寄ってランチにすることに。

DSC02462 (2) 

でも夏休み期間のお台場は、いつも以上に混雑していました。

DSC02464 (2) DSC02465 (2) 

空はいつ雨が降って来てもおかしくない雰囲気。今年は8月に入ってからずっとこんな感じですね~。

DSC02463 (2) 

このイベントが終わると、もう夏も終わりです(涙)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月7日月曜日から8月9日水曜日にかけては迷走する長寿台風5号の影響を受けて天候は不安定。天気が目まぐるしく変化しました。

8月8日火曜日には北陸地方を通過して本日8月9日水曜日の午前3時に山形県沖の日本海で温帯低気圧に。18日18時間の長寿台風で史上3位の記録になったそうです。台風一過の今日は東京で37℃、横浜で35℃!。

DSC01364 (2) 

クリニックはお盆休み前でさぞや混雑するかと思いきや、意外に平穏な日々。悪天候の影響もあったのかも知れません。陽気のせいか長引く咳の方がちらほら。「息苦しい」とか「動悸がする」とか「めまいがする」なんて方がこの季節は増えますが、今週になってから目立つようになりました。

昨日の朝、自宅の外壁に小さな緑色のムシが張り付いているのを見つけました。クサカゲロウの一種です。

DSC01359 (2) 

英名はGreen lacewingもしくはGolden eyeと美しい名前が付いています。Green lacewingは納得しましたが、Golden eyeかどうかは相手が小さ過ぎてはっきりしませんでした。

DSC01361 (2) 

台風の強風によってどこからか連れて来られたのでしょうか。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月6日日曜日。晴れ時々曇り。朝は26℃、日中は32℃。今日も蒸し暑い一日になりました。

近所では朝から蝉の声が賑やか。今日はミンミンゼミの姿を捉えることが出来ました。

DSC01343 (2) 

今日は午後から恵比寿ガーデンプレイスへ。

DSC01347 (2) 

隣接する東京都写真美術館で開催されている世界報道写真展に行って参りました。

DSC01346 (2) 

オランダで毎年開催される「世界報道写真コンテスト」の約5千人、8万点を超える応募作品の中から、厳選された45人の受賞作品を展示。

DSC01344 (2) 

報道写真の性質上、目を覆いたくなるような作品も多数。

DSC01353 (2) 

毎年この写真展に来ると、紛争や戦争の無い国で安穏と日々を過ごせる自分の境遇に感謝したくなります。自分の身の回りで起こっている出来事などほんの些細なことばかり!?。

残念ながら本日が最終日でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

8月最初の週末、8月4日金曜日8月5日土曜日は相変わらず曇りベースの不安定な天気。金曜日は雨が降って気温は29℃止まりでしたが、土曜日は一時晴れ間が出たためか31℃まで上昇してムシムシ。いい加減にスッキリした夏空が見たいものです~。

7月21日9時に発生した長寿台風5号は明日九州を縦断しそう。九州豪雨から1か月。復旧ままならぬ被災地が心配。

DSC01338 (2) DSC01335 (2) 

クリニックは長寿健診・特定健診で検査が多いことを除けば比較的平穏な日々。診療終了はほぼ時間通りです。ただこの時期はお盆前に片づけておかねばならない事務仕事が山積。週末の診療後は黙々と事務仕事をこなしておりました。

土曜日の帰宅時は小田急線が遅れていました。最近は大雨や人身事故でたびたび遅れていましたが、今宵は代々木上原駅での乗客と電車の接触事故に加えて、参宮橋駅での“車掌の欠乗”とのこと。

DSC01328 (2) 

“欠乗”って車掌さんが置いてけぼりになってしまったということでしょうか!?。う~ん・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月31日月曜日から8月2日水曜日にかけての月末月初は、相変わらず不安定な天気が続きました。特に8月1日火曜日は神奈川県内で記録的な大雨!。海老名では1時間に120ミリの雨を記録したそうで、大和では引地川で氾濫危険水位を超えました。小田急線も一時運転見合わせに。

日本の南の海上では台風5号が迷走中。大雨の犯人は君か!?。

DSC01316 (2) 

クリニックは8月1日火曜日の午後は大雨のため閑散としていましたが、その反動のためか8月2日水曜日は朝から混雑しました。気候が不安定なためか、暑い割にはかぜ症状の方が多め。長寿健診・特定健診は既に今季の予約は満杯!。ビックリです~。

診療終了後は月曜日は大和市地域医療センターで大和市医師会の入会金規定に関する会議。火曜日は大和市内某所で納涼会を兼ねた大和市医師会移動理事会。もちろんチャンと会議を済ませてから納涼会に突入したことは言うまでもありません。水曜日の昼は近くの循環器専門病院の院長先生が来訪、夜はひたすら健診結果判定作業。

厚生労働省が先週公表した簡易生命表によると日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性が80.98歳で男女とも世界2位!(ちなみに1位は男女とも香港だそうです)。日本の優れた医療制度を誇るべきでしょうが、最近長寿を素直に喜べない風潮が蔓延しているのは淋しい限り。健康な日常生活を送れる健康寿命は女性74.21歳、男性71.19歳だそうで、この10年前後のギャップを少しでも縮めていくことが私どもの仕事と覚えたり。“ピンピンコロリ”は難しいですね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月27日木曜日。曇り。朝は23℃、日中は28℃。昨日から急に涼しくなりました。暑すぎるのも困りものですが、真夏に涼しいのもチョッと淋しい感じ。わがままなものです。

今日は休診日でしたが、私用で朝から出ずっぱりでした。夕方、江ノ島線の上り線から大野工場を覗いて見たら、遠くに10000形ロマンスカーHiSEの先頭車1両だけがポツンと留置されているのが見えました。長年せっかく3両で保存されていたのに相方2両が解体されてしまってさぞや寂しい思いをしているのでは・・・。

DSC01295 (2) 

さて今日は先週の連休、九州行きのレポートの続きを。7月16日日曜日は鹿児島中央駅から「はやとの風2号」に乗って11時11分に吉松駅に到着。少々乗り継ぎ時間があるので、改札を出て駅周辺を散策してみました。

DSC00731 (2) 

吉松駅はかつては鹿児島本線と日豊本線の接続駅。熊本、宮崎、鹿児島の各方面からの線路が集まる交通の要衝として繁栄していました。

駅構内には「大正二年十月八日吉都線全線開業百周年記念碑」と「明治三十六年九月五日吉松駅開業百周年記念碑」。

DSC00752 (2) 

その左隣には8620型蒸気機関車の動輪。刻印を探すと48674の文字がありました。長らく鹿児島機関区で入換に従事して昭和47年3月に廃車になったカマです。

DSC00753 (2) DSC00754 (2) 

そして左端に草に埋もれかかった「肥薩鐡道開通記念碑」。これは明治42年11月21日に人吉~吉松間が開通したことによって、鹿児島から福岡、門司、さらに関門連絡船を介して大阪、東京まで繋がったことを記念したもの。

DSC00755 (2) 

鹿児島本線は昭和2年に八代から海岸沿いの新線が開通し、さらに日豊本線も昭和7年に霧島越えルートが開通したことにより、以後は肥薩線と吉都線の単なる二つのローカル線の接続駅となりました。

駅構内北側には小さな鉄道資料館。看板にはかつての蒸気機関車の写真が掲げられていました。

DSC00732 (2) 

そして隣接してC55形蒸気機関車52号!!。

DSC00738 (2) 

C55形は昭和10年から12年にかけて62両製造された旅客用蒸気機関車。数ある国鉄蒸気機関車の中でも、私が最も好きな形式です!。

DSC00733 (3) 

この52号機は戦前から九州にいて、鳥栖、大分、宮崎、若松を経て昭和47年3月に吉松へ。本機の除煙板(デフレクター)は昭和28年7月に小倉工場で試験的に改造された唯一無二の独特の形状。

DSC00734 (2) DSC00740 (2) 

そして直径1750mmの水かきの付いたスポーク動輪。

DSC00743 (2) 

手入れが行き届いて現役然とした足回りに感激。

DSC00742 (2) DSC00741 (2) 

区名札も南九州の特徴だった砲金製のものがそのまま取り付けられていました。

DSC00744 (2) 

キャブに上がってみると、各種メーター類も良く残っていました。

DSC00746 (2) 

焚口戸も動きそう。

DSC00747 (2) 

炭水車(テンダー)は大分時代にロングラン用にD5112のものと振り替えられています。しまった!。刻印を確認して来るのを忘れました。

DSC00749 (2) DSC00745 (2) 

復元して走らせたら、大いに観光客の呼び水になりそうですが・・・。

DSC00750 (2) 

さて先を急がねばなりません。下の写真は吉松駅の跨線橋から北方向を望んだところ。先で右へ岐れて行くのが吉都線、左に岐れて行くのが肥薩線八代方面。

DSC00757 (2) 

長くなって来たので、続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月23日日曜日。雨のち曇り。朝は26℃、日中は32℃。久しぶりに雨模様の一日でした。

今日は夕方になって南青山のブルーノート東京へ。

DSC01275 (2) 

店内は夏休み期間の日曜日のため(?)か、とっても混雑していました。

DSC01272 (2) DSC01273 (2) 

今夜のステージは「ブルーイfromインコグニートpresents“シトラス・サン&テムズ・リヴァー・ソウル”」。要はイギリスのジャズ・ファンク・グループです。

DSC01277 (2) 

最近はインコグニート関連のステージには足繫く通っておりますが、聞くとやっぱり元気が出るんですよね~。

来週のスケジュールはハードな予定ですが、これで頑張れそう!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月21日金曜日は晴れ、7月22日土曜日は晴れのち曇り。両日とも朝は25℃、日中は31~32℃で相変わらずの暑さ続きでした。

クリニックはこの暑さにもかかわらず、かぜ症状の方がたくさん。“冷房かけっぱなしで寝たら・・・”なんて方が多いようで。

金曜日の診療終了後は大和市勤労福祉会館へ。大和市立病院主催の地域医療連携懇談会でした。

DSC01266 (2) 

診療科ごとの小規模の連携の会は今までも有りましたが、病院を挙げての会は今回が初めて(画期的!)。市立病院側も医師会側も大勢が参加して、正に“顔の見える連携”に役立ちそうでした。

土曜日の診療終了後は院内のワックス掛け。開院以来、医療機関を多数手掛ける専門業者の方にお願いしています。

DSC01267 (2) 

数時間の作業で隅々まで見違えるように綺麗になりました。

DSC01271 (2) 

人間も身体の隅々までワックスが掛けられれば良いのにね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月18日火曜日。曇り一時激しい雷雨。朝は26℃、日中は32℃。天候は不安定で各地で突風や雷雨、大きな雹(ひょう)が降ったところも。神奈川県下でも広範囲で停電。

連休明けのクリニックは、大混戦を覚悟して診療に望みましたが意外に平穏。特に午後からは悪天候のため一時は待合室はガランとしていました。昼は会計業務のため医師会事務局へ出かけていましたが、帰りにしっかり雷雨に捕まりました~。

7月19日水曜日。晴れ。朝は24℃、日中は30℃。昨日とは打って変わって天気は安定。風は爽やかでした。本日関東甲信から中国、四国地方にかけて一気に梅雨明け。

クリニックは昨日の反動か、はたまた周辺のクリニックが休診のためか、予約外の方が多くて終日混雑気味でした。診療終了後は健診の結果判定作業。

さて今日は先週末の鹿児島行きのご報告を。7月16日日曜日の鹿児島地方は晴れ。朝は25℃、日中は34℃。まずは逆光の桜島に挨拶。

DSC00652 (2) 

混雑した鹿児島中央駅のコンコースを抜けて在来線ホームに降りると・・・。

DSC00672 (2) 

そこには懐かしき国鉄形415系交直流両用近郊形電車の姿。まだ健在でしたか~。

DSC00658 (2) 

でも主流はブラックフェイスの817系。

DSC00666 (2) 

こちらとて運用開始は2001年10月ですから、決して新車ではありません。

 DSC00671 (2) 

さて今回鹿児島まで来た第一の目的は肥薩線の完乗。肥薩線は鹿児島県霧島市の隼人駅から吉松、人吉を経由して熊本県八代市の八代駅に至る124.2kmの非電化路線。開業は古くて1903年1月。海側を通る路線が開通するまで、こちらが鹿児島本線でした。

(下の地図はJTB時刻表2017年6月号より)

DSC01252 (2) 

学生時代に来た時は都城から吉都線で吉松に入ったため、隼人~吉松間を乗り残しておりました。

今回まず乗車するのは9時26分発の「はやとの風2号」。鹿児島中央駅と肥薩線吉松駅を結ぶ観光特急です。2両編成。

DSC00675 (2) 

漆黒のボディのデザインはクルーズトレインの“ななつ星”を手掛けた水戸岡鋭治氏ですが、種車は国鉄時代の一般型気動車キハ40系です。車内はレトロな木目調。

DSC00678 (2) DSC00679 (2) 

乗客の中には外国人観光客の姿も。いわゆる“鉄”の姿は見かけませんでした。

ほぼ満席で定刻に発車。う~ん、加速も振動も騒音もレトロ!?。お世辞にも“特急”の乗り心地ではありません。鹿児島駅を過ぎると大きな桜島の姿を眺めつつ錦江湾に沿って快走。

DSC00683 (2) 

桜島がだんだんと遠ざかって小さくなり、10時6分に隼人着。

DSC00688 (2)

予め予約をしておくとここで積み込まれた「百年の旅物語かれい川」弁当が食べられたのですが、しっ、知らなかった~。

隼人から肥薩線に入ると意外に山深くて険しい地形を国鉄型キハ40系は“国鉄速度”で走ります。

今や超有名駅となった嘉例川駅に10時22分着。ここで8分停車します。

DSC00706 (2) 

その間に駅舎内で地元の方々が販売している特産品を購入したり駅舎を見学したり。特急が停車する無人駅は珍しい!?。軒下には七夕飾り。

DSC00707 (2) 

駅舎は1903年(明治36年)の開通当時からの木造駅舎で登録有形文化財。なかなか良い味を出しています。

DSC00694 (2) 

JTB時刻表2017年6月号の表紙も飾りました。

DSC01227 (2) 

今や有名観光地の仲間入り~。

DSC00695 (2) DSC00697 (2) 

DSC00699 (2) DSC00698 (2) 

10時30分に嘉例川駅を発車。次の霧島温泉駅で5分停車ののち、大隅横川駅に10時48分着。ここでは6分停車。

DSC00722 (2) 

軒下にはほうずきが飾られていました。

DSC00726 (2) 

ここの駅舎も嘉例川駅と並んで開業当初からの木造建築。やはり登録有形文化財に登録されています。

DSC00709 (2) 

柱には第二次世界大戦時に機銃掃射で撃ち抜かれた弾痕が。

DSC00717 (2) DSC00718 (2) 

10時54分に発車。かつて山野線(栗野~水俣間、1988年2月廃止)との分岐駅であった栗野駅に停車後、終点の吉松駅に11時11分に到着。

DSC00727 (2) 

かつては鉄道の要衝であった吉松駅構内は広いけれどガランとしていました。

DSC00729 (2) DSC00730 (2) 

長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月13日木曜日。曇り時々晴れ。朝は26℃、日中は31℃。

今日は休診日。朝は意外に天気が良かったので、五日市まで行って来ました。到着は11時半頃。まずは山里料理の黒茶屋へ。

DSC00617 (2) 

窓外は緑が鮮やか。外は湿度が高くて窓が曇るほど。

DSC00616 (2)

平日限定のお手軽コースにしましたが、量的には決してお手軽ではありません。

DSC00602 (2) DSC00603 (2) DSC00605 (2)

DSC00609 (2) DSC00610 (2) DSC00612 (2) 

山の幸を堪能させて頂きました。

DSC00613 (2) DSC00614 (2) DSC00615 (2) 

食後はさらに山の中にある“ギャラリー・ネオ・エポック”へ。ここは数年前に偶然立ち寄ったお店。

DSC00623 (2) 

ここは戦時中に日本光学の保養施設として神社の敷地内に建てられた建物だそうですが、来るたびに少しずつ手造りの内装が進化を遂げています。2階にはアンティークな「とんば玉」が展示されていました。中には2000年前(!?)の物も。

DSC00618 (2) DSC00619 (2) 

“その筋”の方々には垂涎の的の品々なのでしょうが・・・。

雲行きは怪しくて、夕方早めに帰宅~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月10日月曜日7月11日火曜日はともに晴れ。朝は24~25℃、日中は31~32℃で連日の真夏日。

高気圧が南から張り出して、日本中どこへ逃げても暑い!?。

DSC00583 (2) DSC00586 (2) 

週明けのクリニックはとっても混雑。かぜ症状の方がたくさんいらっしゃいました。厳しい暑さのためか、“身体が重くて怠い~”なんて方がちらほら。特定健診・長寿健診は佳境を迎えて予約はパンパン。既に9月の予約も入り始めました。

7月10日月曜日の診療終了後は大和市医療センターで新入会希望の先生と面談。神奈川県内の保健所長を歴任されて来られた大先輩で、逆に教えて頂くことばかり!?。

7月11日火曜日は少々診療を早仕舞いさせて頂き相模大野へ。久しぶりにやや明るいうちに電車に乗りましたが、相模大野の解体線にはHiSE10000形ロマンスカー中間車の姿が!。これは2018年3月のダイヤ改正を前に、喜多見検車区の保存車を整理して新型ロマンスカー70000形2編成分のスペースを空けるための苦肉の策とか。せっかく保存されていたのに今更解体はチョッと残念~。

DSC00597 (2) 

さて、今宵は循環器関連の講演会「血管病変とリスクマネージメントを考える会」の座長を仰せつかっておりました。

DSC00601 (2) 

動脈硬化性疾患では抗血栓療法が多用されますが、当然出血が止まりにくくなるため消化管出血は大敵。循環器内科、心臓血管外科、消化器内科、消化器外科、脳外科など、多くの領域の先生方が一同に会してディスカッション。日常臨床にとても役立つ講演会でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月9日日曜日。晴れ。朝は24℃、日中は31℃。暑いけれど好天の日曜日となりました。

天気が良かったので、急遽、羽化のピークを迎えたという国蝶オオムラサキを見に出かけることにしました。

新宿駅から“8時ちょうどのあずさ2号”ならぬ“スーパーあずさ5号”に乗車。車両はE351系振子式特急電車。既に後継のE353系が2015年夏に登場しており、早合点して慌てて昨年の春に乗り収めをしたのですが、E353系の試験が不調でいつまでも量産されぬまま。いまだにE351系が現役を続けています。

DSC00511 (2) 

隣のホームには“ホリデー快速富士山”に駆り出された189系の姿も。今や6両編成4本を残すのみで風前の灯。

DSC00514 (2) 

8時ちょうどに新宿を発車。立川、八王子と停まり、高尾を通過すると俄然緑が濃くなります。下の写真は小仏峠を越えて鳥沢付近。

DSC00520 (2) 

さらに笹子峠を越え、ブドウ畑の中を甲府盆地へ駆け下りて甲府には9時28分着。4分の乗り継ぎで211系の普通電車小淵沢行きに乗車して9時59分に日野春に到着しました。

DSC00522 (2) 

日野春駅の木造駅舎の佇まいは昔から変わらぬまま。

DSC00568 (2) 

軒下には燕の巣がたくさん。

DSC00570 (2) DSC00572 (2) 

長坂、日野春、穴山あたりは、日本の中でも有数の国蝶オオムラサキの多産地。高校時代からこの季節になると時々来ていました。直近は2年前7年前

DSC00567 (2) 

八ヶ岳の輪郭もうっすら見えていました。

DSC00527 (2) 

周辺を散策すればもちろん野生のオオムラサキに出会えますが、最近は安易に北杜市オオムラサキセンターにお邪魔しています。へへっ。

DSC00530 (2) 

早速鉄骨ネット張りの生態観察施設「びばりうむ長坂」へ。

いましたいました!。飛翔しているもの、葉上で休んでいるもの、樹液を吸っているもの・・・。オオムラサキは野原で花を訪れることはなく、雑木林内でクヌギの樹液に集まります。

DSC00537 (2) 

鮮やかな青紫色の個体はオス。

DSC00551 (2)

なかなか翅を広げてくれないので、写真を撮るのは根気が必要。

DSC00554 (2) 

一方、メスはオスより大振りでどっしり。

DSC00547 (2) 

メスは青紫色の斑紋の無いシックな出で立ちです。

DSC00544 (2) 

それにしても迫力の大きさ~。

DSC00557 (2) 

食草はエノキ。蛹がいくつも付いていました。右下のものは羽化直前。

DSC00558 (2) DSC00562 (2) 

葉上には卵も。今回は幼虫はついに見つけることが出来ませんでした。

DSC00559 (2) 

敷地は広大ですべてを回りきることは困難。入り口付近のハグロトンボに別れを告げて・・・。

DSC00531 (2) 

日野春駅を12時19分発の普通列車で甲府へ。

DSC00575 (2) 

甲府で「ほうとう」のランチ。やっぱり暑い時には熱いものを食べなきゃね~!?。

DSC00577 (2) 

14時09分発の「スーパーあずさ18号」に乗って、早くも15時33分には新宿に戻って来ました。ううっ、暑い~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月7日金曜日7月8日土曜日はともに晴れ。朝は22~23℃、日中は30℃前後で相変わらずの暑さ続きでした。九州地方では記録的な集中豪雨で甚大な被害が・・・。

クリニックは相変わらず特定健診・長寿健診の方々に加え、かぜ症状の方や感染性胃腸炎の方もいらして、かなりの混雑。この季節は例年予約がパンパンになってしまい、お待たせしてしまう可能性が高いです。どうかお時間にゆとりを持っていらして下さると助かります~。

7月7日金曜日の診療終了後は大和市医療センターで医師会入会希望の先生と面接。普通だったらもう引退を考える年齢でのご開業で、そのバイタリティには脱帽ですが、自分より年上の先生との面会は緊張します。

7月8日土曜日の診療終了後は横浜へ。横浜西口のイタリアンレストランCAMBUSA(カンブーザ)で当院スタッフと納涼会でした。

DSC00489 (2) DSC00490 (2) DSC00492 (2) 

厳選された素材を使った料理の数々。特にピザが秀逸でした。

DSC00494 (2) DSC00495 (2) DSC00498 (2) 

DSC00499 (2) DSC00501 (2) DSC00502 (2) 

カプチーノのラテアートには3Dバージョンも。

DSC00503 (2) DSC00504 (2) DSC00505 (2)

DSC00506 (2) DSC00507 (2) DSC00508 (2) 

これで健診の後半戦を乗り切れるでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月6日木曜日。曇り時々雨。朝は22℃、日中は29℃。

今日は休診日でしたが、朝から所用で駅前まで外出。今年も近所のボタンクサギ(牡丹臭木)が開花。原産地は中国南部からインド北部だそうです。

DSC00468 (2) 

一旦帰宅後にランチと買い物に二子玉川へ。多摩川を挟んで武蔵小杉の高層マンション群が見えました。

DSC00469 (2) 

夕方からは所用で池袋へ。今年5月22日以降順次量産車の投入が始まったばかりの山手線の新型車E235系がやって来ました。トウ05編成です。

DSC00472 (2) 

平成29年製でピカピカ~。でも周囲の乗客の殆どは新車であることを気にも留めていないようでした。それが普通!?。

DSC00470 (2) 

車内広告は液晶ディスプレイが多用されていますが、中吊り広告は従来通り。

DSC00473 (2) 

池袋駅に着いたら、隣のホームに偶然にも池袋始発の仕業に就く量産先行車トウ01編成の姿が!。

DSC00477 (2) 

こちらは2015年製。登場当初はトラブル続きで本格的な営業運転は2016年3月7日からでした。

DSC00480 (2) DSC00474 (2) 

下の写真は出発して行く後ろ姿。行先表示にはアサガオのイラスト表示。月替わりらしいです。

DSC00481 (2) 

今年度内に15編成が投入され、来春には3割近くがE235系に代わる予定。

下の写真は2002年から投入された現在の主力車輛のE231系500番代。

DSC00478 (2) 

オリンピックの2020年春までには全車両が置き換えられてE231系500番代は他線へ転用される予定。置き換えが始まればアッと言う間に完了しちゃいますから、今のうちにチャンと記録しておかなければね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月2日日曜日。曇り。朝は24℃、日中は31℃!。とっても蒸し暑い一日になりました。

今日は日中は所用で外出しておりました。夕方からは買い物で明治神宮前まで。周辺は買い物客や観光客でいつものように大混雑。外国人の方もたくさん。蒸し暑いのにご苦労様です~。

神宮前交差点から表参道方面を眺めると・・・。

DSC00444 (3) 

とっても蒸し暑い写真(!?)が撮れました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7月1日土曜日。曇り時々雨。朝から25℃、日中は30℃まで上がって蒸し暑い一日になりました。

天気図では梅雨前線がどっしり~。

DSC00418 (2) 

7月初日の土曜日、クリニックはそれなりに混雑。特定健診・長寿健診の方に加えて、かぜ症状の方が増えて来ました。こんな陽気のせいか、息苦しい、ドキドキする、めまいがする、疲れる・・・なんて訴えの方が次々と。掴みどころの無い訴えで困ってしまう方も。

診療終了後は、事務仕事を少々こなしてから中央林間から田園都市線で都内へ。今宵は表参道駅で合流して4人で会食。時々お世話になっている西麻布のsalle de Makino(サルドゥマキノ)さんへ。

DSC00419 (2) DSC00422 (3) DSC00423 (2) 

独創的でいながら和の基本を忠実に守り抜いた繊細な料理の数々。いつもながら感心!。

DSC00426 (2) DSC00427 (2) DSC00428 (2) 

お腹にも優しいです~。

DSC00430 (2) DSC00435 (2) 

帰りは乃木坂まで歩いて千代田線で帰宅。小田急線は人身事故の影響で混雑していました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月26日月曜日から6月28日水曜日にかけては曇りか雨のスッキリしない梅雨らしい天気が続きました。朝は21~22℃、日中は26~27℃で蒸し暑い日々。

クリニックは相変わらず長寿健診・特定健診で混雑気味。健診で来院された方に「ところでがん検診の方は受けられていますか?」とお尋ねしてみると意外に受けていない方が多数。「この歳になって今更がんが判ってもね~」とか「ボケて長生きするよりがんで早死にする方が」なんてやや厭世的な返答をされる方も。何だか私が医者になった30年前よりも皆さん生きることに対する執着が薄れてしまったような気がします・・・。

6月28日水曜日の診療終了後は町田へ。夕刻の町田駅前はいつものように大混雑。

DSC00406 (2) 

今夜はベストウェスタンレンブラントホテル東京町田(もとのホテルザエルシィ町田)で開催された糖尿病関連の講演会に参加して来ました。

DSC00408 (2) 

ご高名な木村玄次郎先生のご講演は、判りやすくてしかも目からウロコの内容。流石!。参加して良かった~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月24日土曜日は診療終了後に大阪へ。夕食は新幹線車内で駅弁。カロリーが少なそうなものをわざわざ選んだのですが、あとでお腹が空いて・・・。

DSC00332 (2) DSC00334 (2) 

大阪駅では今や貴重な存在となりつつあるJR西日本の「ひかりレイルスター」に遭遇しました。今宵は大阪泊まり。夜になって雨になりました。

DSC00336 (2) 

6月25日日曜日は終日雨が降ったり止んだり。大阪城ビジネスパーク内のホテルで目覚めてカーテンを開けると・・・そこは何と読売テレビ新社屋建設の工事現場。

DSC00349 (2) 

クレーンに掲げられていたスローガンは「安全第一」はともかく「笑門来福」は??。大阪的ノリでしょうか。

DSC00344 (2) DSC00343 (2) 

目を左手に転じれば大阪城の天守閣。

DSC00339 (2) 

年齢のせいか、いつもの様に早く目が覚めたので早めの朝食後に大阪城公園内を散歩。天守は昨年9月に近くから眺めたので今回は周辺を散策。公園内のローソンの前に蒸気機関車の動輪を発見!。

DSC00354 (2) 

周辺に説明板らしきものは見当たりませんでしたが、輪芯部分の刻印と嵌め込まれていたナンバープレートから国鉄8620形蒸気機関車の68660号機のようです。1923年日本車輛製で1973年9月に九州の若松機関区で廃車になったカマですが一体なぜここに??。

DSC00353 (2) DSC00352 (2) 

その向かい側には居心地の良さそうなガラス張り一戸建てのスタバ。う~ん、朝ごはん食べたばかりで残念~。

DSC00355 (2) 

先に進むと大阪環状線の大阪城公園駅。

DSC00356 (2) 

構内には昨年末に新しく投入された323系の姿が見えましたが、乗って環状線を1周するほどの時間は無し。

DSC00364 (2) 

橋上駅の駅舎前には下方を見下ろす人々がたくさん。

DSC00366 (2) 

上空にはヘリコプターが飛翔し、テレビクルーの姿も。

DSC00362 (2) DSC00365 (2) 

今日はなんと大阪城トライアスロン大会2017の開催日なのでした。駅下の公道はバイクのコース。

DSC00367 (2) 

約900人が大阪城の東外濠を泳ぎ(スイム)、大阪城公園から大阪ビジネスパークまでを自転車で駆け抜け(バイク)、公園内を走る(ラン)というコースに挑戦したそうです。

DSC00369 (2) 

しばし待っていると、8時にスタートしてスイムを終え、バイクで疾走する選手たちの姿が!。

DSC00379 (2) 

置き換えの始まった環状線の201系との組み合わせは来年は見られるでしょうか。

DSC00382 (2) DSC00389 (2) 

ずっとレース展開を見ていたいのは山々ですが、今回大阪までやってきたのは高尿酸血症治療の講演会に出席するため。開演時間が迫って来たので講演会場へ。

会場内は日曜日の朝というのに全国からやって来た大勢の同業者で埋まっていました。新しい知識をキッチリ仕入れて参りました~。

帰りは大阪駅、新大阪駅でJR西日本の車両たちにチャンと挨拶をしてから・・・。

DSC00397 (2) DSC00402 (2) 

夕方の新幹線で帰宅の途に。

DSC00404 (2) 

帰りの新幹線の車窓もやっぱり雨が降ったり止んだりのどんよりした天気でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この1週間は天気が目まぐるしく変わって梅雨らしい日々になりました。 クリニックは特定健診・長寿健診で慌ただしいことを除けば概して平穏な日々。それでも会社や学校での健診で引っかかった方の受診が目立ちました。

6月17日土曜日は診療終了後に都内へ。友人と会食後、ホテルのラウンジに場所を移して悪だくみ(?)を考えていたら、いつの間にか結構な時間になっていました~。

DSC00318 (2) 

6月20日火曜日の昼は医師会事務局で会計業務。その他の時間は山積みの健診の結果判定作業。6月21日水曜日は前線を伴った低気圧の通過で台風並みの暴風雨。さすがにこの日は患者さんは少なめでしたが、雨が上がった夕方から混雑する良くないパターンに。昼は当医療ビル6件7科のミーティング。

DSC00321 (2) 

6月22日木曜日の夜は新百合ヶ丘のホテルモリノで開催された‘TAMAカンファレンス’に出席。今年は母校の感染症学と代謝内分泌学の2教授の講演。専門外の講演を聴ける貴重な機会です。

DSC00325 (2) 

終了後は誘われるがままラウンジで歓談。同席された元上司はこの春に学長を退任されていつの間にか副理事長。同席の教授たちも皆顔見知りの後輩。肩書きは恐れ多いけれど、昔のよしみでお互いに好き勝手に言いたいことを言えるところが良いところ(失礼~)。会場を出たのは夜11時過ぎでした。

最近、月日の流れが 速くてね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月15日木曜日。曇りのち晴れ。朝は18℃、日中は25℃。

今日は休診日でしたが、午前中は院内設備の点検のためにクリニックへ。早めに終了したので、昼から東京都調布市の深大寺まで行って来ました。いつものように“深大寺そば”でランチののち境内を散策。梅雨時の平日のためか、人出は普段よりも少なめでした。

DSC00267 (2) 

本堂の向かって左手の看板には“国寶”の文字。そう、今まで重要文化財だった「銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)」(通称白鳳仏)が、今年になってあらたに国宝に指定されたのだそうです。

DSC00316 (2) 

改めて拝顔させて頂きましたが、もちろん重文の時と変化がある訳ではありません。

本堂の軒下には見事なハスの花。

DSC00271 (2) 

悪いところをなでると「病気平癒」の霊験があると言われている木彫りの賓頭廬尊者(びんずるそんじゃ)は、毎日たくさんの人に撫でられて表面はつるつる~。

DSC00277 (2) 

境内のアジサイもちょうど見頃でした。

DSC00273 (2) 

本堂脇の元三大師堂はなかなか良い雰囲気。

DSC00280 (2) 

軒下ではヤマバトが日光浴の最中でした。

DSC00279 (2) 

一見すると深山の如しですが調布です。

DSC00281 (2) 

日向は暑いけれど日陰は爽やかな一日でした。

DSC00282 (2) DSC00286 (2) 

ちょっとしたリフレッシュになりました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月11日日曜日。曇り時々晴れ。朝は18℃、日中は25℃。湿度は高めだけれど気温は昨今では低めの方で、過ごしやすい一日になりました。

今日は朝からクリニックへ。日曜日なのに何故って?。今日は恒例の鉄道模型の運転会の日だからです!。

朝9時前から搬入作業を開始。10時前には本線試運転とヤードの入線試験を無事に終えて運転開始となりました。メンバー4人が三々五々集合~。

例年通りエンドウ製の組立式レールを組んだだけ。平坦な複線エンドレスとヤード10線だけのシンプルなレイアウトですが、待合室一杯に広げればそれなりに迫力のスケールになります。

診察室前の廊下には10線のヤードを設置。

DSC00179 (2) 

今年はカラフルな“国電”103系が並びました。全てキットからの自作だそうで、車内には大勢の乗客の姿も。

DSC00176 (2) DSC00257 (2) 

下はブラスの113系直流近郊型電車とプラの153系直流急行型電車。1980年代の横浜辺りかな~?。

DSC00256 (2) 

受付カウンター前の本線上では近代的なJR北海道のDF200形ディーゼル機関車に牽かれたコンテナ列車が疾走。

DSC00158 (2) 

このDF200形ディーゼル機関車は、先日発売されたばかりのトミックスのプラ製ですが、とっても素晴らしい出来栄え。着実に進化を遂げていますね~。

DSC00212 (2) 

待合室の窓際のベンチに沿って設置されたクラシカルな駅を先ほどのコンテナ列車が通過中。おやっ、駅には見慣れない“湘南顔”の車両が・・・。

DSC00160 (2) 

1950年代に登場した旧国鉄のキハユニ15形気動車ではありませんか!。これは珍しや~。

DSC00164 (2) 

そうこうしているうちに駅には次々と国電が発着。

DSC00149 (2) DSC00174 (2) 

メンバー4人とも同年代のため、基本的には古めの車両ばかりかも!?。

DSC00171 (2) 

こちらは153系直流急行型電車は急行「伊豆」編成。

DSC00216 (2) 

今年は小田急車両は少なめでした。でも飛び切りの珍車が登場。小田急百貨店完成記念で1967年11月から1968年3月まで特別塗装された4000系3連です!。

DSC00225 (3) 

こちらは旧塗色の4000系。この塗色を覚えている方はだいぶ少なくなったかも!?。

DSC00180 (2) 

やがてEF58形直流電気機関車に牽かれた急行客車寝台と583系寝台特急電車が入線。

DSC00191 (2) 

583系はよく見ると、この4月まで走っていた秋田総合車両センターの最後の1編成のようです。

DSC00195 (2) 

20系寝台客車の特急「あさかぜ」はオールブラスの15両フル編成。

DSC00199 (2) 

EF65形直流電気機関車、EF30形交直流電気機関車、ED73形交流電気機関車が交代しながら牽引。

DSC00209 (2) DSC00254 (2) 

EF62形直流電気機関車が牽引する寝台客車は急行「越前」でしょうか。

DSC00214 (2) 

同じく寝台客車を牽くEF57形直流電気機関車や・・・。

DSC00246 (2) 

メンバーの予想を裏切る活躍ぶりを見せたプラの8620形蒸気機関車。

DSC00243 (2) 

さらに急行「ニセコ」を牽くC62形蒸気機関車重連や・・・。

DSC00233 (2) 

C59形蒸気機関車も登場。

DSC00239 (2) 

そんなことをしている間に、いつの間にか夕方になっていました。遊んでいると時間の流れが速くてね~。

近年は手慣れて来て、レイアウトの設営も撤収も迅速になりました。夕方5時前には解散。

また次回を楽しみに、明日から仕事に励みます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入って、いよいよぐずついた天候の日が多くなって来ましたが、ついに6月6日火曜日に九州地方と山口で梅雨入り、そして翌6月7日水曜日には一気に関東甲信越までの梅雨入りが発表されました。

DSC00129 (2) 

クリニックは特定健診・長寿健診が始まって連日忙しい日々。でもどういう訳か火曜日だけ患者さんが少なくて優雅に(!?)過ごせましたが、その反動はしっかり水曜日に。やっぱりね~。

6月6日火曜日の診療終了後は総会後新体制下での(・・・とは言ってもほとんど顔ぶれは変わりませんが)大和市医師会理事会。議事、報告事項とも多岐にわたる課題が山積。

6月8日木曜日は休診日でしたが、朝から学校健診へ。風が強い上に時折雨が。

DSC00123 (2) DSC00124 (2) 

私の担当は1年生から3年生までの低学年と特別支援学級の約350人。朝8時50分にスタートしてぶっ続けで飛ばして何とか昼過ぎに終了~。

DSC00125 (2) 

午後はそのまま所用でつきみ野に立ち寄ってから夕方帰宅。何だかどっと疲れました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6月最初の週末は晴れベースの天気。朝は15~16℃、日中は24~25℃で日陰は爽やかでした。

DSC00109 (2) 

6月3日土曜日の診療終了後は、所用で都内へ出かけました。途中横浜駅では185系踊り子に遭遇。185系は国鉄が1981年に運用を開始した特急形直流電車で、国鉄で最後に製造した優等列車用車両ですが、いまだに現役!!。

DSC00113 (2) 

6月4日日曜日は糖尿病関連の講演会に参加するためにお台場まで。

DSC00115 (2) 

朝早めに着いたので周辺を散策。海を渡る風はとっても爽やかでした。

DSC00117 (2) DSC00116 (2) 

この週末は梅雨入り前の貴重な晴れ間だったかも!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半5月22日月曜日から5月24日水曜日にかけても晴れベースの天気。連日朝は19℃、日中は26~28℃まで上がって夏日が続きました。

クリニックは相変わらずかぜ気味の方が多め。季節柄か健康診断の方がちらほら。それでも概して平穏な季節です。

路傍では今年もドクダミの花が咲き始めました。ジメジメした日陰にヒッソリと咲いているし名前もおどろおどろしいので、あたかも毒が有りそうなイメージですが、“どくだみ”の名称は「毒矯み」(毒を抑える)から来ているのだそうです。名前でだいぶ損をしてるかな!?。

DSC00070 (2) 

22日月曜日の診療終了後は税理士の先生と面談、23日火曜日の夜は大和市医師会定時総会でした。会計担当理事の私が平成28年度決算報告と平成29年度収支予算書の報告。事務局の皆様や税理士の先生方のおかげで無事に終わってホッと致しました。

DSC00080 (2) 

24日水曜日の昼は会計業務で医師会事務局へ。夜は胸部レントゲン読影会に参加。

何だか相変わらず小忙しい日々が続いております~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この週末は移動性高気圧に覆われて晴天に恵まれ、気温は7月中旬並みになりました。大和でも最高気温は5月20日土曜日は26℃、5月21日日曜日は29℃。もう熱中症や光化学スモッグに注意しなければならない季節になりました。

クリニックは暑い割にはかぜ症状の方がたくさん。長引く咳の方が例年より多い様な気がします。動悸や息切れ、めまいを訴える方は暑さのせいもあるかも!?。

20日土曜日は診療終了後に横浜へ。一昨日に引き続き横浜ベイシェラトンで開催された聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院開院30周年記念祝賀会に参列させて頂きました。

DSC00033 (2) 

横浜市副市長を筆頭に、医療局、健康福祉局、各福祉保健センター、消防署、警察署、さらに周辺の医師会、医療機関、大学関係、それに西部病院OBや現職の方々が集まって、盛大な会でした。懐かしい顔ぶれにもお目にかかれて楽しいひとときでした。

お土産に頂いたクッキーには大学校章の焼印まで!。

DSC00037 (2) DSC00066 (2) 

その後は湘南新宿ラインで新宿へ移動。

DSC00035 (2) 

21日日曜日は朝から高輪へ。グランドプリンスホテル新高輪で開催された循環器関連の講演会「高齢者心房細動のトータルケアを考える」に出席させて頂きました。

DSC00055 (2) 

各領域の第一人者の先生方が判りやすく解説して下さって非常に有意義な会でした。

でも行楽日和だった週末はこれでおしまい~(涙)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月18日木曜日。晴れのち曇り一時雨。朝は16℃、日中は21℃。

今日は休診日でしたが、午前中は所用でつきみ野へ。用事を済ませてから田園都市線で二子玉川へ出てランチ。

玉川高島屋の植え込みには不思議な赤い花が満開でした。

DSC00018 (2) 

見れば見るほど不思議な形態。まるでビン洗いのブラシみたい。

DSC00010 (2) 

試しに“赤い花”、“ブラシみたい”で検索してみたら、一発でこの花に行き当たりました。名前は「ブラシの木」(!?・・・そのままやんけ)。別名は「花槇(はなまき)」、「カリステモン」。英語でもBottle brushというそうです。オーストラリア原産。

DSC00013 (2) 

二子玉川でランチと買い物を済ませてから、さらに都内で別の用事を済ませ、夕方からは横浜へ。

DSC00026 (2) 

今宵は横浜ベイシェラトンで開催された第11回神奈川循環器睡眠障害研究会に出席。

DSC00020 (2) 

睡眠時無呼吸症候群は2003年に山陽新幹線の運転手が運転中に居眠りをしてオーバーランを起こしてから一躍脚光を浴びるようになりましたが・・・。

DSC00027 (2) 

単に眠気だけの問題ではなく、高血圧、心筋梗塞、大動脈解離、心房細動、肺血栓塞栓症、心不全、脳卒中等々、怖~い病気の頻度が増えます。「寝てる時に呼吸が止まっている」と言われた貴方、是非検査を~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

5月11日木曜日。晴れ。朝は17℃、日中は27℃まで上がって夏日になりました。

今日は休診日でしたが、午前中は所用でつきみ野まで出かけておりました。

夕方からは三軒茶屋の昭和女子大人見記念講堂へ。井上陽水コンサート2017“Good Luck!”へ行って参りました。

DSC09989 (2)_thumb[1] 

休憩15分を挟んで6時半から9時過ぎまで。御年68歳とは思えぬバイタリティ溢れるステージで、長年の間に培われた珠玉の名曲の数々を堪能させて頂きました。

明日からの仕事、頑張ります~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今年のゴールデンウィークは後半も天候に恵まれて行楽日和が続きました。北海道ではフェーン現象のため一気に30℃以上に上がったところもあったようです。

私自身は、5月3日水曜日は実家でこの時期恒例の身内の集まり。10人と2匹で集まってのランチパーティーでした。5月4日木曜日は午前、午後とも所用で外出。5月5日金曜日のみ朝からフリーでした。

5月5日金曜日は取り敢えず小田急線、千代田線で都心方面へ。電車内で行先をつらつら考えて、今まで乗ったことのない東武大師線に乗ってみることに。

北千住経由で東武スカイツリーラインで西新井へ。西新井で東武大師線に乗り換え。

東武大師線は西新井~大師前を結ぶ盲腸線で、途中駅は無し。路線距離はたったの1.0km、全線単線です。

西新井で隣のホームに停車していた2両編成のワンマンカーに飛び乗ったら直ぐ発車。本線から岐れて左へカーブし、これから加速かと思ったらもう終点でした。

DSC09911 (2)

車両はグリーンに白帯のリバイバルカラーを施された8000系2両編成。東武亀戸線と共通運用されているそうです。

DSC09912 (2) 

大師前駅は緩くカーブした屋根に覆われた1面1線のホームでチョッとだけヨーロッパ風!?。かつては2線だったのかもしれません。

DSC09916 (2) 

無人の改札口を抜けると、西新井大師は目の前。隣接する牡丹園の牡丹は既に終わり。境内の藤棚の藤は・・・。

DSC09919 (2) 

辛うじてセーフ?。

DSC09921 (2) DSC09923 (2) 

でも日差しが強かったので、藤棚の日陰はホッとする空間でした。

DSC09924 (2) 

境内にはいぼ取りに霊験在りとの「塩地蔵」や・・・。

DSC09943 (2) 

寿命長遠の功徳がある「水洗い地蔵」のお姿が。

DSC09927 (2) 

水屋の手水鉢は重そう!?。

DSC09940 (2) 

そして立派な大本堂。もちろんチャンとお参りして来ました。おみくじは“吉”。

DSC09931 (2) 

本堂の軒下には立派な牡丹が飾られていました。

DSC09934 (2) DSC09935 (2) 

DSC09936 (2) 

現在修復中の山門の脇を抜けて参道へ出てみると・・・。

DSC09945 (2) 

両脇には草だんごと煎餅のお店が多数。

DSC09946 (2) DSC09948 (2) 

DSC09947 (2) 

周辺は昭和の香りがする商店が散見されました。

DSC09949 (2) DSC09950 (2) 

さて周辺を一巡して大師前駅に戻って来ました。

DSC09951 (2) 

大師前駅には自動改札機・自動券売機・自動精算機は設置されておらず、西新井駅構内の乗り換え通路上に設置されています。そのため改札口はがらんとした感じ。

DSC09953 (2) 

ホームに上がってしばし待っていると、来た時と同じ2両編成の8000系がやって来ました。

DSC09954 (2) 

“津覇車輛”は小田急や東急では見かけない銘板。

DSC09959 (2) DSC09957 (2) 

一駅乗って西新井駅のホームに降りると、掲示板には“中央林間”の表示。ここから乗り換え無しで中央林間まで行けるのが、何だか不思議な感じです。

DSC09961 (2) 

ただし中央林間までは約1時間半かかります。曳舟を出て押上から半蔵門線に乗り入れたら眠くなって・・・。目覚めれば電車はいつの間にか馴染みの区間を走っておりました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月28日金曜日。晴れ。朝は12℃、日中は18℃。

ゴールデンウィーク入りを目前にしてクリニックは案の定混雑しました。軽微な症状でも“連休に入るので念のために来ました”なんて方が多数。毎回長期の休み前になると、随分前に引っ掛かった健診の結果を携えて来院される初診の方が増えるのは何故でしょう。昼はレントゲンCR装置のメンテナンス作業。夜は紹介状や書類書き。

4月29日土曜日のゴールデンウィーク初日は、朝は快晴でしたが不安定な天候で夕方一時豪雨になりましたが、翌4月30日日曜日は終日晴れて行楽日和になりました。気温も日中は22~23℃まで。

近所の桜並木はすっかり若葉に。

DSC09881 (2) 

ツツジの植え込みもイチョウ並木もいつの間にか初夏の装いに変身。

DSC09882 (2) DSC09884 (2) 

4月29日土曜日も30日日曜日も朝から横浜へ出かけておりました。

DSC09887 (2) 

このゴールデンウィークは、やんごと無き私的用件で連日横浜通いをしなければなりません。

DSC09890 (2) 

申し訳ありませんが明日5月1日月曜日は午前中臨時休診させて頂きます。午後は通常通りです。

DSC09891 (2) 

変則的な診療体制でご迷惑をお掛けしますが、どうぞご容赦下さいませ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月27日木曜日。曇り時々晴れ。朝は12℃、日中は18℃。

今日は休診日。日中は所用で外出していましたが、夕方からは水道橋へ。

DSC09685 (2) 

今宵はポール・マッカートニー「One on Oneジャパンツアー」東京ドーム公演初日に行って来ました!。

DSC09688 (2) 

私自身は今回が2回目。2013年11月はチケットが手に入らず、2014年5月はチケットは手に入ったのに会場の国立競技場まで行っていて公演中止の憂き目に。そして前回2015年4月に念願叶って初めて公演を見ることが出来たのでした。今回も前回と同じ1階3塁側。ステージは遠いけれど、大画面のモニターがカバーしてくれそうです。

DSC09689 (2) 

DSC09692 (2) 

約30分遅れの7時過ぎからスタート。オープニングは「ハード・デイズ・ナイト」でした。

DSC09703 (2) 

約2時間半にわたって39曲を熱唱。

DSC09708 (2) 

その内24曲がビートルズナンバーでした!。

DSC09713 (2) 

74歳という年齢を感じさせない歌唱力。

DSC09722 (2) DSC09729 (2) 

力強いステージでした。

DSC09747 (2) DSC09764 (2) 

DSC09795 (2) 

Live and Let Die(007死ぬのは奴らだ)では爆音とともに火の手が上がる演出!。

DSC09822 (2) 

DSC09813 (2) DSC09858 (2) 

アンコールでは日章旗を振りながら再登場。

DSC09853 (2) 

DSC09855 (2) 

あっと言う間の2時間半でした。

DSC09869 (2) 

DSC09879 (2) 

あまりの感動で・・・ううっ(注:嘔気ではありませんので念の為~)。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月24日月曜日4月25日火曜日は晴れて青空が広がりましたが4月26日水曜日は曇りがちの天気になりました。朝は10~13℃、日中は17~18℃。

4月も終わりに近付いて気温が高くなったのに、今週に入ってから感染性胃腸炎の方がちらほらお見受けするようになりました。インフルエンザの方もまだまだいらっしゃいます。報道によると先週埼玉ではインフルエンザのために学校閉鎖になった高校があったそうで、例年と違う流行パターンのようです。新年度に入って健康診断の方も増えました。さらに大型連休を見据えて「今のうちに」受診される方も増えてきて小忙しい日々でした。

月曜日の夜は大和市医師会事務局で会計士さん交えて医師会の決算書類の点検、火曜日の夜は診察室のパソコン入れ替え作業、そして水曜日の夜は大和市地域医療センターで胸部レントゲン読影会。なかなか真っ直ぐ自宅に帰れません・・・。

DSC09679 (2) 

この4月になって大和市教育委員会から大和市学校嘱託医の委嘱状、聖マリアンナ医大から内科学(循環器内科)講師の辞令、さらにこの春に更新した日本内科学会認定医や循環器学会専門医の認定証が続々と送付されて来ました。これらが送られて来ると新年度に改まったことを実感させられます。

もう年度替わりかと思っていた矢先に、早くも大型連休直前になっていました。最近とみに月日の流れが速くてね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月23日日曜日。晴れ。朝は9℃、日中は18℃。天気の良い爽やかな日曜日になりました。

写真は近所のハナミズキ。

DSC09636 (2) 

今日は日中は自宅で雑用をこなしておりましたが、夕方からは久しぶりに「ゆりかもめ」に乗って参りました。

「ゆりかもめ」は新橋駅で乗り換え。

DSC09638 (2) 

ちょうど豊洲行きが行ったばかりでしたが、そのお陰で次の列車の最前席に座れました。「ゆりかもめ」は自動無人運転なので運転席は有りませんから、文字通り最前席です。

DSC09639 (3) 

車内には外国人の方がたくさん。未来都市のような汐留地区を抜けて・・・。

DSC09640 (2) 

芝浦ふ頭からレインボーブリッジに差し掛かります。

DSC09643 (2) 

橋の付け根付近では勾配を稼ぐためにループ線になっていて・・・。

DSC09644 (2) DSC09646 (2) 

ぐるっと回って橋梁部に。

DSC09648 (2) DSC09649 (2) 

橋梁部に差し掛かると、駅間が長いし一直線なので結構スピードが出ます。

DSC09652 (2) 

歩道をジョギングしている方々は一体どこから来たのでしょう??。

DSC09655 (2) DSC09657 (2) 

橋を渡り終えると・・・。

DSC09658 (2) 

ほどなくお台場海浜公園。

DSC09659 (2) DSC09660 (2) 

そして台場駅に到着。

DSC09662 (2) 

下の写真は台場駅で後発列車を捉えたところ。

DSC09666 (2) 

今日は台場のホテルで合流して5人で会食でした。

帰りの「ゆりかもめ」から見る湾岸地区の夜景はとってもドラマチックでしたが、暗いので写真は撮れず。

新橋から銀座線、千代田線を乗り継いで小田急線で帰りを急いでいたら、豪徳寺駅の入線時にけたたましい警笛と急ブレーキ。何と乗っていた電車が人身事故に遭遇したのでした。嗚呼~。電源を切られた真っ暗な車内からホームへ降りられたのはしばらく経ってから。歩いて隣の経堂駅に着く頃には経堂から先の折り返し運転が始まっていました。やれやれ・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月21日金曜日4月22日土曜日は曇り。朝は11~12℃、日中は17~18℃止まりで、薄ら寒い週末になりました。

クリニックはゴールデンウィークを前にして(?)やや混雑気味。特に土曜日は予約外で受診された方が多くて、時間帯によってはだいぶお待たせしてしまったかも。

土曜日の診療終了後はクリニックのスタッフと表参道へ。表参道に着く頃には予想外にチャンとした雨降りになっていました。雨の中を徒歩で根津美術館の脇を抜けて西麻布まで。今日は開院16周年記念でsalle de Makinoさんで食事会。

DSC09619 (2) DSC09620 (2) DSC09622 (2) 

いつもながら独創的かつ繊細で美しい料理を堪能させて頂きました。

DSC09625 (2) DSC09627 (2) DSC09629 (2) 

本日のご飯はハヤシライス。デザートは5品!。

DSC09631 (2) DSC09632 (2) 

これでまたしばらくは仕事する意欲が湧いたかな~!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月19日水曜日4月20日木曜日は両日とも晴れベースの天気で、日中は20℃代まで上がりました。

クリニックは陽気が良くなったのに、かぜ気味の方はそれなりに多め。動悸や息切れ、全身倦怠感、気分不快など、いわゆる“不定愁訴”の方が多くなったのは季節的な問題かもしれません。まだインフルエンザの方がいらっしゃいました。

近所ではツツジが満開に近づいて来ました。

DSC09604 (2) 

ツツジはかつては5月のイメージでしたが、最近は早咲きの品種が増えたのか、温暖化の影響なのか・・・。

DSC09605 (2) 

イチョウも少し見なかったうちにさらに青々として来ました。

DSC09608 (2) 

そしてケヤキの葉も大きく育ってモサモサに。季節の進みが速い!。

DSC09609 (2) 

木曜日の休診日は近所で用事を済ませてからそのまま所用で横浜へ。午後から雲が出て風が強くなって来ました。

DSC09615 (2) 

横浜駅ではMUE-Trainに遭遇。

DSC09617 (2) 

MUE-TrainはJR東日本が2008年に209系電車を改造して製作した試験車両。普段はなかなかお目にかかれない代物です。

DSC09618 (2) 

その後は横浜から新宿へまわって別の用事を済ませてから明治神宮前で友人と合流。銀座へ移動して会食ののち日比谷へ移動して・・・。う~ん、チョッと疲れました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月16日日曜日。晴れ。朝は11℃、日中は24℃。

近所ではソメイヨシノはもう散ってしまいましたが、八重桜の系統はまだ見ごろ。

DSC09574 (2) 

植え込みでは早くもツツジが開花。

DSC09592 (2) 

ドウダンツツジも白いトックリ型の小さな花を付けました。この時期、季節の移ろいは早いですね~。

DSC09595 (2) 

さて今日は午前中から有楽町の東京国際フォーラムへ。

有楽町のガード沿いのイチョウも芽吹いていました。

DSC09577 (2) 

今日は一昨日から開催されている第114回日本内科学会総会・講演会へ。

DSC09591 (2) 

本日が最終日ですが、診療を休まない限り日曜日以外の参加は困難な日程。

DSC09596 (2) DSC09597 (2) 

でも内科認定医や専門医の資格更新のためには、参加して“認定更新研修単位”を取らなければなりません。私はこの4月に更新したばかりですので、今はまっさらな状態ですから、単位の取りがいがあるというもの!?。これから5年以内に単位を充足すればOKです。

DSC09580 (2) 

ガラス棟の地下2階にはポスターセッション会場と・・・。

DSC09581 (2) 

書籍展示、中継・休憩会場。内科全科ですから参加人数は膨大なはず。

DSC09583 (2) 

講演会場は別棟のホールA。ポスターセッションでは自分の専門の循環器関連の演題を聴いて来ましたが、講演は自分の専門外の領域を。専門外でも知っておかねばならないことがたくさん。

DSC09586 (2) 

屋外では「大江戸骨董市」が開催されていましたが・・・。

DSC09584 (2) 

午後からは気温が上がって出展者もお客さんも暑そうでした。私も帰り際に覗いて行こうかと思いましたが、あまりに暑くて早々に退散~。

DSC09590 (2) 

夕方には帰宅。ネクタイに上着姿は早くも辛い季節になりました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月15日土曜日。晴れ。今日は朝から14℃、日中は21℃まで上がりました。

一気に暖かくなった上に風が強めだったせいか花粉が一斉に飛散したようで、花粉症症状が悪化した方が多数いらっしゃいました。かぜの方は少なくなりました。

診療終了後は東京ミッドタウンへ。ミッドタウン内の桜はほぼ散り去っていました。

DSC09532 (2) 

今日はビルボードライブ東京でギルバート・オサリバンのステージでした。私自身はギルバート・オサリバンのステージを観に来るのは今回で3回目(!)。

DSC09534 (2) 

代表曲「アローン・アゲイン・ナチュラリー」は誰しもが耳にしたことがある名曲ですが、私は中学生の頃にリアルタイムでラジオで聴いていた世代。あまりの懐かしさに感涙!?。

懐メロを堪能したあとは六本木から銀座へ移動。

DSC09543 (2) 

週末の夜、銀座は賑わっていました。外国人観光客が多数。

DSC09545 (2) 

昨日から東京国際フォーラムで開催されている第114回日本内科学会に合わせて都内に参集した昔の医局仲間、先輩後輩6人でレストラン・オザミで会食。

DSC09548 (2) 

昔話と近況報告に花が咲いて・・・。

DSC09552 (2) DSC09553 (2) DSC09554 (2) 

DSC09555 (2) DSC09556 (2) DSC09557 (2) 

何とか終電に間に合いました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月14日金曜日。晴れ。朝は7℃、日中は20℃まで上がりました。

今日のクリニックはそれなりの混雑。気温差のためか、かぜ症状の方が多め。それでも今日はインフルエンザの方はいらっしゃいませんでした。やっと終焉でしょうか!?。新年度になって健診を希望される方がチラホラ。昨今なぜだか動悸を訴える方が多くて2台のホルター心電図はフル稼働中。これも陽気のせい??。

気付けば通勤途中のイチョウ並木では若葉が芽吹いていました。

DSC09507 (2) 

鮮やかな緑が美しい季節です。

DSC09506 (2) 

そして下はケヤキ。

DSC09509 (2) 

数えきれないくらいの若葉が一斉に。木々の生命力には感服させられます。

DSC09514 (2) 

唐突ですが“若葉のころ”と言えば、われわれ世代が真っ先に思い浮かべるのはビージーズの曲でしょうが、気付けば既に半世紀近く前の曲。今の若者にはどのように聴こえるのでしょうか。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月13日木曜日。晴れ。朝は6℃、日中は17℃。

今日は休診日でしたが、所用で朝から外出しておりました。外出時に駅までの道すがら写真を撮りながら・・・。

桜とほぼ同時期に開花したヤマブキも今が満開。

DSC09495 (2) 

しつこい様ですが今日もやっぱり桜の写真を。

DSC09505 (2) 

今だけですからね~。

DSC09521 (2) 

ひときわ大きくて濃い色の花を付けている手前の桜は「ベニユタカ」。

DSC09500 (2) 

八重咲でソメイヨシノより遅咲き。ゴージャスです。

DSC09499 (2) 

葉が出るのと同時に白い花を咲かせているのは「オオシマザクラ」。

DSC09501 (2) 

緑と白の組み合わせが上品。

DSC09496 (2) 

この分なら今週末もいけるかも!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

桜が満開時期を迎えたのに週の後半の天気は優れず。4月7日金曜日は曇り空でしたが、8日土曜日9日日曜日は雨が降ったり止んだりの生憎の空模様になりました。気温は朝は14~16℃、日中は16~19℃。

クリニックは少々混雑気味。気温差のせいか、かぜ症状の方がちらほら。動悸、息切れ、全身倦怠感を訴える方や、高血圧症の初診の方が多めでした。インフルエンザはA型、B型ともにまだ細々ながら残存しています。

7日金曜日の夜は少々早仕舞いをさせて頂き大和へ。もちろんプレミアムフライデーでも花見でもありません。

大和は駅構内は混雑しているのに駅の西側はとっても静か。

DSC09426 (2) 

今夜は抗凝固薬関連の講演会「かかりつけ医が知っておきたい深部静脈血栓症」。座長を仰せつかっていたので少々早仕舞いさせて頂いたのでした。 特別講演は新潟大学の榛沢和彦先生による災害後の静脈血栓塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)に関するご講演で、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震などの避難所で実際に活動された経験に基づくお話は、非常に示唆に富む内容でした。30名以上の先生方にご参集頂いて大盛況でした。

DSC09433 (2) 

8日土曜日の夜は芝公園で開催された昨年11月に発売された抗凝固薬ダビガトラン(商品名プラザキサ)の中和薬イダルシズマブ(ブリズバインド)に関連する講演会に参加。使用機会は極めて少ないとはいえ、出血性合併症などの非常時に備えるための注射薬。薬価が約20万円(!)もするので自院に常備は出来ませんが、知識としては知っておかないとね~。

DSC09430 (2) 

そして9日日曜日の朝は品川へ。上野東京ラインの開通から丸2年も経つのに、いまでも品川で常磐線の車両を見ると違和感を覚えます。

DSC09434 (2) DSC09436 (2) 

日曜日の朝なのに品川駅はやっぱり混雑。

DSC09437 (2) DSC09438 (2) 

DSC09444 (2) 

今日は新しく慢性心不全の適応が追加されたエプレレノン(セララ)の講演会に参加させて頂きました。武器が増えれば治療の幅が広がりますが、上手く使いこなさなければ宝の持ち腐れ。今回の講演会で頭の整理が出来ました!?。

こうしてお花見時期の週末は講演会への参加で終始してしまいましたが、ど~せ雨降りでしたから、逆に良かったかも~??。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月6日木曜日。晴れのち曇り。朝は11℃、日中は19℃まで上がってポカポカ陽気になりました。

本日は休診日でしたが、所用で朝のうちから横浜へ。ランチ時間に横浜スカイビルに上がってみました。

下の写真は横浜駅東口側から駅を挟んで西口側を見たところ。横浜ベイシェラトン以外高い建物が無いので、意外に遠くまで見えますね~。

DSC09420 (2) 

左側に目を転じると南西方向。

DSC09421 (2) 

右側に目を転じると金港ジャンクション。

DSC09422 (2) 

日中よりも夜景の方が良さそうです。

DSC09423 (2) 

夕方には雲が多くなって来ました。週末にかけて天気は下り坂の予報。折角のお花見どきなのにね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月3日月曜日から4月5日水曜日にかけての今週前半は、晴れて穏やかな天候になりました。気温は朝は5~8℃、日中は14~19℃。

クリニックは新年度に入っても比較的平穏な日々。4月になったというのにまだインフルエンザの方が時々いらっしゃいます。“新年度早々に休みか~”なんて嘆く方も。時節柄か新しい職場や資格の申請・取得に必要な健康診断を希望される方が増えました。

水曜日の午後はペースメーカー外来。勤務医時代からの“腐れ縁”の方を中心に開業後も継続していました。近年は新規の方をお受けしておりませんでしたので患者さんもだいぶご高齢になられました。通院が困難になった方も増えて来て、そろそろ当院におけるペースメーカー外来の役割も終了!?。

下は街中で花を咲かせた若い桜。何だか花の付き方が例年より疎らかも。

DSC09396 (2) 

一方、下は近くの桜並木の老木。こちらは安定した貫禄の花の付き方。

DSC09402 (2) 

ちょうど今が満開のようです。

DSC09403 (2) 

桜並木でも植え替えが進んで新旧交代が進んでいますが、老木でもまだまだ元気な木がたくさん。

DSC09404 (2) DSC09414 (2) 

夜になっても暖かいので、夜桜見物しながら帰宅。

DSC09406 (2) 

インターネットのニュースでも「ホームレスの平均年齢60歳超す」とか「高齢化するヤクザ、50歳超えが4割」なんて見出しが気になる今日この頃でした~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

4月2日日曜日。晴れ。朝は3℃、日中は13℃。

4月になってもまだまだ寒い日々が続いていたせいか桜の開花はゆっくり進んで、本日になってやっと東京で満開が発表されました。開花宣言から実に12日を要したそうです。

わが家の近所の桜もまだまだこれから。

DSC09307 (2) 

同時期に開花するヤマブキもまだポツリポツリです。

DSC09313 (2)

今日は暗くなってからは夜桜見物に出かけて来ました。行先は2015年4月にも訪れた東京世田谷の東宝スタジオです。

東宝スタジオの玄関前の壁面にはお馴染みの“ゴジラ”と“七人の侍”。

DSC09386 (2) 

DSC09375 (2) 

スタジオ敷地内を流れる仙川(多摩川の支流です)沿いに桜が植えられていて、例年そこでライトアップが行われます。

DSC09371 (2) 

川幅の狭い両岸に植えられた桜が、川を覆う様に両側から枝を伸ばしています。

DSC09366 (2) 

DSC09365 (2) 

今年は残念ながらまだチョッと早めでしたが、木によってはそれなりに開花。

DSC09347 (2) 

一昨年に訪れた時は満月でしたが、今夜は三日月でした。

DSC09364 (2) 

ここのライトアップで特筆すべきは川面に映る桜の美しさ。

DSC09355 (2) 

それもそのはず、ここのライトアップは東宝スタジオの照明スタッフの手によるものなのだそうです。DSC09331 (2) 

プロの手による間接照明の賜物なのでした。

DSC09340 (3) 

あと数日で満開なのでしょうが・・・。

DSC09356 (2) 

ライトアップは4月1日から5日までの18:00~20:00のみ。もう平日しかチャンスはありません。残念~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月30日木曜日。晴れ。朝は3℃、日中は17℃まで上がって春の陽気になりました。

今日は休診日。天気に誘われて東京都府中市の神代植物公園まで行って来ました。日向を歩くと汗ばむくらいの陽気でした。

見上げてみれば、いつの間にかケヤキの若葉が出始めていました。

DSC09230 (2) 

足元にはレンギョウの黄色い花。

DSC09231 (2) 

そして菜の花も満開。モンシロチョウの姿も今年初めて見ることが出来ました。

DSC09242 (2) 

菜の花の向こう側にピンク色の桜が!。

DSC09246 (2) 

桜はまだまだこれからですが、それでも期待以上に開花していました。

DSC09257 (2) 

下は枝垂桜。

DSC09252 (2) 

DSC09256 (2) 

品種によっては既に満開に近いものも。

DSC09265 (2) 

下はヤマザクラでしょうか。

DSC09291 (2) 

DSC09290 (2) 

足元にはシバザクラも。

DSC09263 (2) 

白い大きめの花はコブシ。

DSC09283 (2) 

早くもモクレンも満開でした。

DSC09273 (2) 

下はミツマタとアカバナミツマタ。

DSC09274 (2) DSC09275 (2) 

そしてウメザキウツギ。

DSC09279 (2) 

園内のそぞろ歩きは気分爽快でした。

DSC09294 (2) 

でも明日からまた天気は下り坂の予報。春の天気は移ろいやすくてね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月27日月曜日。雨のち晴れ。朝は4℃、日中は9℃までしか上がらず、午前中は凍えるような冷たい雨になりました。

悪天候のためか、週明けの割にはクリニックは平穏。診療時間中に“空白”の時間も。これぐらいゆとりがあると楽チンです~。

桜は開花宣言が出された割には寒さのためか開花が進んでいませんでしたが、帰宅途中の桜の幹に小さな花が付いているのを発見!。

DSC09221 (2) 

見上げてみると暗闇に薄ぼんやりと白いものが。ストロボを焚いてみたら既に結構花が開き始めていました。

DSC09222 (2) 

見ごろは今週末から来週にかけてでしょうか~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月26日日曜日。雨。朝は4℃、日中は7℃。寒々とした日曜日となりました。

今日は東京芸術劇場で開催されていた第2回鉄道模型芸術祭を覗いて来ました。入場料は500円。

DSC09152 (2) 

屋外では実物の小型蒸気機関車が走行中。懐かしい煙の臭いを堪能出来ました。その図体に似つかわしく無い大型蒸気機関車D51の汽笛が装着されていて、池袋の街に重厚な汽笛が鳴り響いていました。

DSC09146 (3) 

会場は6か所。出展は中学生、高校生からベテランモデラーまで。

DSC09153 (2) 

スケールはZゲージからOゲージまで多種多様。

下はDCC(デジタル・コマンド・コントロール)で扉とステップが動きます!。

DSC09155 (2) 

下は東京運転クラブの巨大レイアウト。

DSC09161 (2) 

蒸気機関車が巨大なラウンドハウス(扇形庫)からターンテーブルで回転してスムーズに出庫して行きます。

DSC09159 (2) DSC09162 (2) 

LEDによる室内照明が綺麗。

DSC09168 (2) 

長大編成が次々に走行中。

DSC09170 (2) 

入場者よりも出展者が楽しんでいるフシも!?。

DSC09171 (2) 

下はアメリカ型専門クラブのOナローゲージの大型モデル。

DSC09173 (2) 

カブース(車掌車)の屋根が外れて中が観察出来るようになっていました。

DSC09174 (2) DSC09175 (2) 

下はNゲージのモジュールレイアウト。

DSC09178 (2) 

レールの組み込まれたジオラマのセクション(=モジュール)を連結させて作られたレイアウトです。

DSC09177 (2) 

モジュールごとに風景が変化するのが面白いところ。

DSC09180 (2) 

DSC09181 (2) 

下は昭和30年代の軽井沢をテーマにしたクラブのレイアウト。

DSC09186 (2) 

さらにリアルなジオラマの数々・・・。

DSC09189 (2) 

在りそうで無さそうな(?)外国の風景。

DSC09190 (2) 

DSC09192 (2) 

こちらは昭和20~30年代の日本の軽便鉄道駅でしょうか。

DSC09193 (2) 

DSC09191 (2) 

何だか懐かしいような私鉄駅の光景も。

DSC09203 (2) 

DSC09204 (2) 

アメリカの保存鉄道Denver&Rio Grande Western鉄道はあちこちで人気の題材。

DSC09202 (2)

DSC09206 (2) 

下は昭和50年代の信越本線関山駅の再現だそうです。

DSC09207 (2) 

京都四条大橋あたりの光景も。

DSC09209 (2) 

DSC09213 (2) 

中には“これも鉄道模型??”なんてポップなものも。

DSC09210 (2) 

DSC09211 (2) DSC09212 (2) 

でも一番人気は何と言っても巨大なプラレール。

DSC09197 (2) 

そしてブロック組み立てのレイアウトでした。

DSC09218 (2) 

DSC09200 (2) DSC09214 (2) 

帰りは東武デパートの地下で食料品を調達してから帰宅。行き慣れないデパ地下は意外に刺激的?。

帰りも春とは思えない冷たい雨が降り続いていました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月24日金曜日25日土曜日は晴れ。気温は日中12℃前後でした。

クリニックはほどほどの混雑。インフルエンザはまだ僅かに残存。季節柄か健康診断の希望者がちらほら。

土曜日の朝、通勤途上の街中では辛夷(こぶし)の花が満開になりました。

DSC09141 (2) 

一方、帰宅時に所用で立ち寄った相模大野の駅頭では桜が満開!。・・・もちろんイミテーションです。

DSC09140 (2) 

東京都心では21日、横浜では25日に桜開花が発表されました。

でもクリニックや自宅周辺ではまだ開花の気配は無し。これから寒の戻りもあるそうでまだ時間がかかりそう!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

さて今日は先週19日日曜日の続きを。前日18日土曜日の夜に富山入り。翌朝ホテルの窓から見た新しい富山駅。画面右下に見えるのが昨夜環状線を一周乗ってみた路面電車の軌道です。

DSC09068 (2) 

反対方向に目を向けると東側へ延びる新幹線の高架線。

DSC09066 (2) 

さて、今回なぜ富山に泊まったかというと、金沢で開催されている第81回日本循環器学会学術集会に参加するため。

日本循環器学会は会員数約2万6000人の日本でも有数の学会。例年はコンベンション施設の整った仙台、横浜、京都、大阪、福岡などの大都市圏で開催されていましたが、今回は2年前の新幹線開業も相俟ってか規模の大きくない中核市(人口規模で言えば34位)の金沢市で開催されることに。春の連休に人気観光地でこの規模の学会が開催されれば宿泊施設が不足するのは明らかで、主催者側では早くから周辺の加賀温泉や福井、小松、白山、高岡、富山、魚津などの近隣都市に分散しての宿泊を呼び掛けていました。そんな訳で学生時代に黒部を訪れる際に泊まって以来縁の無かった富山に泊まってみることにしたのでした。

DSC09070 (2) 

富山からは学会専用の無料シャトルバスが運行されていましたが、会場までの所要時間は1時間15分。新幹線なら所要時間はたったの22分ですし、やはり“鉄”としてはここは新幹線を使わねばなりません。富山7時51分発の「つるぎ707号」で金沢8時13分着。日曜日の早朝のこととて、乗客の8割以上が同業者とお見受けしました。

DSC09074 DSC09075 (2) 

下の写真は金沢駅東口側の“おもてなしドーム”

DSC09082 (2) 

そして金沢の新名所になった感のある“鼓門”。

DSC09084 (2) 

おもてなしドームの天井には学会の垂れ幕も。

DSC09085 (2) 

会場は金沢駅周辺のホテルや商業施設、石川県立音楽堂など、10か所に分散。

DSC09126 (2) 

おもてなしドームの地下イベント広場全体が学会の受付になっていました。まずはここで受付と専門医の単位登録。

DSC09077 (2) 

循環器専門医資格更新は5年ごと。学会に参加して研修を受けることが義務付けられています。

DSC09128 (2) 

タイムテーブルを見ながらあちこちの会場を巡りながら聴講。駅周辺はスーツ姿の同業者で大混雑でした。

DSC09080 (2) DSC09081 (2) 

石川県立音楽堂の立派なコンサートホールがメイン会場。初日には高松宮妃を迎えて開会式があったそうです。

DSC09094 (2) DSC09092 (2) 

3日間の学会期間に多くの特別講演やシンポジウム、教育セッション。それに一般演題が2479題!。

DSC09093 (2) DSC09096 (2) 

会場の中でも今回特筆すべきは金沢フォーラスの会場。ここは本来イオンシネマのシネコン。シネコンが会場になるのは前代未聞!?。

DSC09090 (2) 

連休なのに9スクリーンのうちの7スクリーンを占拠するなんて一般の方々に申し訳ない感じ。でも静粛性と音響、さらにシートの座り心地は抜群!?。

DSC09089 (2)

朝から夕方まで頑張って勉強して参りましたが、流石に疲れました。

夜は隣接する白山市内で4人で会食。美味しいものを頂きました。えへへ~。

DSC09099 (3) DSC09100 (2) DSC09101 (2) DSC09106 (2) 

当日の地元の北國新聞には見開きの広告記事。金沢繁華街「ドクター特需」なんて見出し記事も。

DSC09108 (2) image1[1] (2) 

最終的に参加人数は約1万3000人、海外からも400人を超える参加があったそうです。その経済効果たるや計り知れないものが!?。

来年は大阪です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3連休明けの3月21日火曜日は雨になってしまいました。気温も終日ひとケタ止まり。天候に恵まれた休み明けが雨では労働意欲が削がれます。

クリニックは連休明けで大混雑になるのではないかと覚悟していましたが、この悪天候に阻まれて意外に平穏でした。昼は医師会に出向いて会計業務。

3月22日水曜日は昨日から一転して青空が広がりました。朝は5℃、日中は14℃。

昨日の悪天候で出足をくじかれていた患者さんが一気に来院されたのか、クリニックは久しぶりに結構な混雑に。インフルエンザはまだまだしぶとく生き残っています。昼は当医療ビル6件7科のミーティング。

さて今日は先週末の続きを。3月18日土曜日は診療終了後に富山へ。

DSC09029 (3) 

富山駅の新幹線改札口を出たら正面に路面電車のりばがありました。

DSC09030 (2) 

新幹線改札口と路面電車のりばが直結しているのは全国でもここだけかも!?。この路面電車の正式名称は富山地方鉄道株式会社富山軌道線。

DSC09031 (2) 

運行は南富山駅前~富山駅、南富山駅前~大学前、それに環状線の3系統です。

DSC09034 (2) 

見ているとやって来る車両は新旧様々。

DSC09015 (2) 

結構な頻度で年代物の車両も登場します。

DSC09017 (2) DSC09033 (2) 

DSC09018 (2) 

折角なので環状線をぐるっと乗ってみることに。

DSC09035 (2) 

1周28分で200円均一でした。

DSC09037 (2) 

乗り合わせたのは比較的新しい車両で乗り心地はなかなか。でも土曜日の夜のせいか乗客は疎らでした。

DSC09038 (2) 

さて環状線一周後は、富山駅に隣接する富山地方鉄道株式会社鉄道線の電鉄富山駅を覗いて見ることに。2011年公開の映画「RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ」の舞台になった鉄道です。

DSC09027 (2) 

こちらは宇奈月温泉までの本線、立山までの立山線、それに不二越・上滝線の3路線。

DSC09025 (2) 

改札口から中を覗くと2本の10030形電車が停まっていました。車内にテレビを設置したテレビカーとしてその名を馳せた元京阪電鉄特急用車両3000形です。

DSC09026 (2) 

う~ん、これに乗ってしまうと帰って来れない・・・。

諦めて今度は地下道を通って富山駅の北口側へ。北口からは平成18年4月29日に開業した富山ライトレール株式会社によるポートラムが富山駅北~岩瀬浜間を結んでいます。

DSC09044 (2) 

元を辿れば国鉄富山港線。終点までは24分ですが、やはり往復する時間は・・・。

DSC09039 (2) DSC09042 (2) 

次に富山駅北口から入場券を買って構内へ。新幹線開業によって切り離されたJR西日本の旧北陸本線は今では“あいの風とやま鉄道”(倶利伽羅駅~市振間)という第三セクター鉄道となっています。

DSC09052 (2) 

現在富山駅は富山駅付近連続立体交差事業の一環で工事の真っ最中。旧来からの地上ホームに降りてみたら停車していたのは“あいの風とやま鉄道”と同時に第三鉄道化された“IRいしかわ鉄道”(倶利伽羅~金沢間)からの乗り入れ車両でした。JR西日本からの譲渡車両で元JR西日本521系電車です。

DSC09050 (2) 

やがて隣のホームにJR高山線からのキハ120形気動車2両編成が入線して来ました。

DSC09048 (2) 

キハ120形気動車は1991年から1995年にかけて製造されたローカル線用の小型気動車。

DSC09054 (2) DSC09056 (2) 

新幹線開業前までは優等列車が頻繁に発着していたであろうに、今では高山線の特急“ワイドビューひだ”を除けばローカル列車ばかりになってしまいました。

DSC09053 (2) 

今度は先に立体化された真新しい1~3番線に上がってみました。3番線には先ほどの“IRいしかわ鉄道”からの乗り入れ車両による金沢行きが入線。

DSC09062 (2) 

新しいホームに新しい車両。これからさらに整備が進む予定だそうですが、富山駅付近連続立体交差事業の完成は2022年予定。まだまだ先の話です。

さて到着後バタバタしていて夕食がまだでした。夜9時半まで開いていた駅構内にある「白えび亭」で富山名物の“白えび刺身丼”を頂きました。

DSC09063 (2) 

白えびの刺身はなかなか美味でした。カウンター席に座って名物を食している周囲のオジサンたちはどうやら同業の方々のようで・・・。

駅周辺でうろうろしていたら遅くなってしまいました。明日の学会に備えてサッサと寝ることにします~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月17日金曜日18日土曜日はともに晴れ。朝は3~4℃、日中は13℃くらいまで上がって、この時期らしい陽気になりました。おかげで朝から花粉がたっぷり飛散。トホホ~。

クリニックは、時折流行に乗り遅れたインフルエンザの患者さんがいらっしゃいますが、概して平穏な日々が続いていました。

18日土曜日は診療終了後に東京駅へ。東京駅は春休み中の3連休とあって、めまいがするほどの混雑ぶりでした。新幹線ホームへ上がると、廃車が進む2階建てのE4系Maxの姿。

DSC09005 (2) 

東北新幹線筋からは撤退して久しいですが、上越新幹線筋ではまだ活躍中。

DSC09007 (2) 

隣にはE6系“こまち”の流麗な姿が。

DSC08999 (2) 

で、今回乗るのはまたまたE7系(W7系)の“かがやき”です。

DSC09010 (2) 

今回は昨日から金沢で開催されている第81回日本循環器学会学術集会に参加するため、富山に向かいます。なぜ金沢で開催されているのに富山に行くのかって?。それは金沢のホテルが満室だったから。学会規模が大き過ぎて金沢市内のホテルだけでは収容しきれず、福井や富山などの近隣都市にも分散して宿泊することに。東京から富山まではたったの130分。

DSC09013 (2) 

富山では結構多くの方が下車していました。同業者風の方々も多数。

DSC09014 (2) DSC09020 (2) 

富山駅は新幹線が開通して近代的な姿に生まれ変わりましたが、在来線側はまだ工事の真っ最中。

DSC09029 (2) 

地方都市の常として、夜は早くて既に深夜の様相でした。

DSC09022 (2) 

とりあえず駅前のビジネスホテルにチェックインして周辺を散策することにします。続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月13日月曜日から3月15日水曜日にかけては雨か曇りのスッキリしない天気が続いていましたが、3月16日木曜日は晴れ間が広がりました。

今週のクリニックは平穏な日々。インフルエンザは絶滅危惧種と化しましたが、まだ稀には遭遇します。感染性胃腸炎はちらほら。年度末のためか健康診断書や転居のための紹介状が必要な方が多め。

16日木曜日の休診日は天気が良かったので、朝のうちに用事を済ませて、ランチがてら横浜へ海を見に出かけて来ました。

まずは横浜赤レンガ倉庫の“bills”でランチを。ベリーベリーパンケーキにしてみましたが、周囲には春休みの学生風の方々が多くて、オジサンはチョッと浮いた存在でした。

DSC08963 (2) DSC08956 (2) 

食後に外に出てみると、日差しは春めいているのに風はまだ冷たくて真冬並み。 それでも潮風に当たると爽快な気分に。

DSC08960 (2) 

定位置に海上保安庁の巡視船「あきつしま」の姿が見えました。

DSC08961 (2) 

総トン数7175トン、全長160m、全幅16.5m、速力25ノット・・・。昨年春の天皇皇后両陛下のパラオ訪問の際に宿泊された巡視船です。

DSC08962 (2) 

赤れんが倉庫に隣接して昨年3月にオープンした商業施設“MARINE & WALK”も覗いて来ました。

DSC08967 (2) 

こちらもオジサンとは無縁のファッショナブルなお店がズラリ。さすがに有名なパイ専門店“Pie Holic”は満席。でも他のお店は平日の昼とあってか閑散としていました。

DSC08973 (2) DSC08968 (2) 

2階に上がってみるとテラスから眺める眼前の港の風景はなかなか良い感じです。

DSC08972 (2) 

潮風にタップリ当たってリフレッシュ出来ました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月11日土曜日。晴れ。朝は3℃、日中は11℃。

クリニックは朝のうちはそこそこ混雑していましたが、昼前からはとっても平穏。かぜ症状の方も少なくなりました。花粉症の方は今がピーク。もうしばらくの辛抱です~。

近所ではこぶし(辛夷)の花が開花。

DSC08938 (2) 

診療終了後は都内品川まで。下の写真は午後6時前の品川駅ですが、いつの間にか随分と日が長くなりました。

DSC08943 (2) 

今宵は品川で開催された「高齢者医療の将来展望~超高齢社会に医療はどう貢献するか~」を拝聴させて頂きました。言うまでもなく問題が山積していることは十分に理解出来ましたが、個々で何が出来るのか、何を為すべきなのか・・・。う~ん、考えているうちに自分自身が高齢者に!?。

そして本日は東日本大震災から6年。長かったような短かったような・・・。

DSC08946 (2) 

6年経って死者と行方不明者は1万8446人。依然として全国で12万人もの方々が避難生活を強いられているそうです。そして遅々として進まぬ原発事故への対応。それなのに徐々に風化していく人々の記憶。嗚呼!。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

さて今日は先週5日日曜日の北海道行きの続きを。釧路から「快速しれとこ」に乗って昼前に網走に到着。午後の流氷観光砕氷船「おーろら号」に乗るつもりでしたが、流氷は沿岸から遠ざかっていて船に乗っても流氷は見られそうもありません。そこで急遽予定を変更して知床方面へ向かうことに。

釧網本線に沿って知床斜里方面へ戻ります。途中で昨年の10月にも立ち寄った北浜駅の展望台に上ってみましたが、波打ち際に氷塊が僅かに残るのみ。

DSC08856 (2) DSC08866 (2) 

下の写真は展望台の上から網走方面を眺めたところ。

DSC08862 (2) 

さらに逆方向の知床斜里方面を眺めても海上には氷片すら見当たらず。紺碧のオホーツク海が広がるのみでした。

DSC08859 (2) 

遠くに知床半島の山々の姿がくっきり。

DSC08868 (2) 

原生花園を過ぎて止別駅に立ち寄ってみると、ここも木造駅舎でした。ここでは駅舎内にラーメン屋さんが併設されていました。

DSC08869 (2) 

ここは海岸からは距離があってホームから海は見えず。

DSC08872 (2) DSC08871 (2) 

さらに知床斜里駅を過ぎて知床半島の付け根を宇登呂方面へしばらく行ったところで、遠くの岸辺に残る流氷を発見!。

DSC08893 (2) 

本体から離れて吹き溜まりに残ってしまった流氷のようで、沖合には見えません。

DSC08879 (2) 

それでも迫力は十分!?。

DSC08877 (2) 

DSC08895 (2) 

下の写真は同行の友人が撮ってくれたもの。日差しがあったので、見た感じほど寒くはありません(もちろん寒くない訳ではありません)。

FullSizeRender1 (2) 

下の写真は、更に宇登呂近くの入り江の様子。

DSC08920 (2) 

DSC08915 (2) 

やはり友人が撮ってくれた私の後ろ姿です。

FullSizeRender (2) 

DSC08899 (2) DSC08902 (2) 

でも岬の突端を回り込むともう流氷の姿は無し。ほんの僅かの地形の違いと風向きで海の様子が一変。今回流氷の姿を拝めただけでもラッキーだったかもしれません。

DSC08909 (2) 

さてそろそろ時間切れ。背後の山の斜面にいたエゾシカに別れを告げて・・・。

DSC08911 (2) DSC08912 (2) 

女満別空港へ急ぎます。空港で早めの夕食を済ませてから18時30分発のANA/ADO共同運航便に搭乗。機材はボーイング737-800でした。

DSC08913 (2) DSC08921 (2) 

羽田空港には定刻の20時25分よりやや早めに到着。

関東地方もそれなりに気温は低めだったのに、とっても暖かく感じられました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は3月6日月曜日こそ曇りのち雨の生憎の天気でしたが、3月7日火曜日から3月10日金曜日までは晴れベースの天気が続きました。

週明けのクリニックは結構混雑。週の前半まではインフルエンザの方がポツリポツリといらっしゃって、A型とB型が拮抗していましたが、それも週後半になると殆ど見かけなくなりました。今シーズンの流行はほぼ終息でしょうか。代わって週後半はスギ花粉の飛散がさらに本格化。鼻水と涙で辛そうな方が増えました。

写真は駅前のビルの谷間の街路樹で花開いたオカメザクラ。昨日9日の写真です。

DSC08926 (2) 

カンヒザクラとマメザクラの交配種で早咲き。マメザクラが咲くともう春の気分!?。

DSC08923 (2) 

今週はチョッと忙しい週でした。月曜日の診療終了後は大和市地域医療センターで大和市医師会内科医会学術講演会。甲状腺に関する講演で内容が盛り沢山。終了は9時半過ぎでしたが後日後半戦の予定(?)。火曜日は大和市医師会理事会。水曜日は新百合ヶ丘のホテルモリノで開催された糖尿病関連の講演会に出席。木曜日の休診日は朝から夕方まで所用で外出。本日金曜日の夜はやっと腰を落ち着けて院内の書類の片付けが出来ました。

年度末に向けて、まだまだ過酷な日々が続きます~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

さて今日は先週末の北海道行きのレポートの続きを。

3月5日日曜日は釧路地方は快晴でした。やっぱり“日頃の行い”が良いですからね~(!?)。朝の気温は-5℃で、この季節にしては暖かいほう。

下の写真はホテルの窓から見た釧路の海沿いの光景。

DSC08769 (2) 

釧路川が海にそそぐ辺りです。雪は少ないけれど寒そう~。

DSC08770 (2) 

旅先ではいつも早朝覚醒。早々に朝食を済ませてホテルをチェックアウト。8時には釧路駅に着いてしまいました。

DSC08783 (2) 

改札を入ると1番線には8時23分発のスーパーおおぞら4号札幌行きが入線していました。

DSC08777 (2) 

札幌には12時26分着の予定。

DSC08781 (2) 

1番線ホームには嬉しいことに駅弁の売店があって、ホームでの立ち売りの方の姿も見られました。ただし売れ行きは・・・。

DSC08775 (2) DSC08780 (2) 

4番線には8時18分発の根室行き普通列車。根室には10時48分到着予定。

DSC08787 (2) 

キハ54形500番台の1両編成でしたが、そこそこの乗車率。

DSC08789 (2) 

キハ54形500番台は国鉄末期の1986年に29両製造された酷寒地仕様の気動車です。朝日にステンレスの車体が輝いていました。

DSC08794 (2) 

隣の2番線、3番線ホームには古い上屋。かつては長大編成の列車が発着した長いホームは、今や無用の長物かも!?。

DSC08790 (2)

その長い2番線にたった1両の池田からの普通列車が到着しました。

DSC08801 (2) 

こちらはキハ40形。やはり昭和50年代に製造された国鉄車両です。

DSC08803 (2) DSC08805 (2) 

さて今回の旅の目的は釧網本線に乗ること。そしてオホーツク海の流氷を見ることです。まずは「快速しれとこ」8時57分発網走行きに乗車します。実はこの列車を逃すと次は14時14分発の普通列車まで列車が有りません。網走まで行って今日中に無理なく帰るには、実質この列車に乗る以外の選択肢は有りません。

DSC08799 (2) 

発車時刻の約10分前に列車が入線して来ました。やっぱりキハ54形500番台の単行。“単行”でも“列車”というのはこれ如何に・・・。

DSC08806 (2) 

ビックリしたのは、乗客の殆どが観光客であること、そしてその半数以上が外国人であること!。

DSC08810 (2) 

とても“地域の足”になっているとは言い難い状況が今のローカル線の現実。

特急並み(?)のヘッドマーク付きですが・・・。

DSC08808 (2) 

快速列車ですので網走まで普通運賃3670円のみ。

DSC08847 (2) 

「快速しれとこ」は定刻の8時57分に釧路駅を発車。しばらく釧路の市街地を走っていましたが、遠矢を過ぎると釧路湿原の真っ只中へ。

DSC08811 (2) 

塘路駅で対向列車と交換。ここでは外国人観光客を含めて数人が下車。塘路ネイチャーセンターでは冬でも釧路湿原カヌー下りやワカサギ釣り、エコツアーなどがとり行われている様なので、そちらに参加する人達でしょうか。

DSC08813 (2) 

強力パワーのキハ54の足回りは強靭で、軽快に飛ばします。

DSC08816 (2) 

時折制動がかかるのは、エゾシカが行路を妨害するから。

DSC08817 (2) DSC08818 (2) 

DSC08819 (2) 

DSC08820 (2) DSC08821 (2) 

沿線風景は雪のために、湿原なのか、牧草地なのか、はたまた荒地なのか全く区別がつきません。

DSC08825 (2) 

茅沼駅はタンチョウヅルが来ることで有名ですが、残念ながら本日はツルの姿は無し。

DSC08827 (2) 

かつての標津線(1989年4月30日廃止)との分岐駅であった標茶駅で若干の乗降。その後は摩周駅(旧称は弟子屈駅)でも若干乗客が入れ替わりましたが、依然として列車内は観光客ばかり。

DSC08832 (2) 

隣の美留和駅の駅舎は貨物列車の車掌車でした。

DSC08838 (2) 

知床斜里で地元の高校生が乗り込んで来て、やっと地域のローカル列車らしくなりました。知床斜里を発車すると、待望のオホーツク海が見えて来ましたが・・・。

DSC08840 (2) 

期待していた流氷は影も形も無し~。青い海に僅かに氷片が浮かぶのみでした。

DSC08844 (2) 

そして“オホーツク海に一番近い駅”として有名な北浜駅に差し掛かると、警笛を鳴らしながら最徐行で入線。ク〇ブツーリ〇ムのバッジを着けた団体さんが観光バスから乗り換えて来たのでした。きっと列車内から流氷を見る企画だったのでしょう。

満席の1両編成の列車にさらに観光バスの団体さんが乗り込むのには少々無理が・・・。終点網走までの4駅間は都会の通勤電車並みの大混雑になりました~。

終点網走駅は11時53分着。

DSC08849 (2) 

北浜から乗車して来た団体ツアーの方々はまた観光バスに吸い込まれて行きました。

DSC08850 (2) 

流氷があれば“流氷観光砕氷船おーろら”に乗るつもりでしたが・・・。

DSC08855 (2) 

流氷が無ければただの遊覧船。試案のしどころですが、長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月4日土曜日。曇りのち晴れ。朝は1℃、日中は14℃。日中は気温が高くなって花粉がたっぷり飛んだようです。

クリニックは朝から混雑。インフルエンザの方は僅かですが、かぜ症状の方は多め。花粉の方も大勢。

診療終了後は羽田空港へ。途中大和駅で3月1日にデビューしたばかりのロマンスカーEXEαに遭遇しました。

DSC08748 (2) 

新造ではなくリニューアルですが、塗装が大きく変わったので注目度は高い様子。スマホで写真を撮っている人が大勢いました。

DSC08751 (2) 

羽田空港で友人と合流。今回の目的地は北の大地、釧路です。

DSC08752 (2) 

17時55分JAL545便釧路行きに搭乗。ターミナルビルから飛行機まではボーディング・ブリッジではなくてバスで移動。久しぶりに間近に機体を見ることが出来ましたが、やっぱり不便。機体はボーイング737-800でした。

DSC08755 (2) DSC08754 (2) 

離陸直後に日没。

DSC08757 (2) 

釧路空港には定刻の19時30分よりやや早めに到着。

DSC08762 (2) 

釧路空港は-1.5℃でした。この季節のこの時間にしては高めかも!?。

DSC08763 (2) 

今夜は釧路市内に投宿。明朝はいつものように(!?)列車に乗る予定です~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

さて、当院開院以来16年にわたって待合室内に置いてある幸福の木(ドラセナ)が今年も花を咲かせました。

下は2月25日の様子。まだ蕾です。

DSC08679 (2) 

さらに2月27日。暗くなると花が咲き、翌朝には萎んでしまう様です。

DSC08696 (2) 

花が咲くと、待合室はおろかクリニック中に芳香が立ち込めます。

DSC08698 (2) 

3月1日にはもう一部茶色くなっていました。

DSC08704 (2) 

そして下の写真は本日3月3日。まだ頑張って咲いています。

DSC08744 (2) 

最初に花が咲いた平成20年2月には、滅多に見られない貴重な花ということで、患者さんも交えて一同色めき立ちましたが、その後は2回目平成27年2月、3回目平成28年2月、さらに4回目今年と、ここのところ3年連続で開花。こうなるともはや有難みは・・・。

原産は熱帯アフリカ。インターネット上では夜の最低気温が7℃以下になると咲くという記述もあって、危機に晒されると開花するとか。当院の環境はやはり厳しいということでしょうか!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3月2日木曜日。曇り時々雨。朝は6℃、日中は10℃。

今日は休診日でしたが、朝から所用で外出。夕方からは久しぶりにミッドタウンのBillboard Live 東京へ出かけて来ました。

DSC08739 (2) 

DSC08740 (2) 

ステージの後ろはガラス張り。ガラス越しに外の夜景が見えます。

DSC08733 (2) 

目の前の芝生広場に白く光って見えるのはスケートリンク。3月5日までの期間限定。

DSC08731 (2) 

今夜は主に80年代を中心に活躍したRay Parker Jr. & Raydioのステージでした。

DSC08734 (2) 

黒人8人編成の迫力のステージ。秀逸なギターテクニックにも魅了されました。やっぱりブラックミュージック好きだな~。

今夜は雨の影響か夜になっても8~9℃。暖かいと北に向かう駅からの帰り道も楽チン!。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月27日月曜日の週も晴れて乾燥した冬型の天気が続いていましたが、3月1日水曜日の夜は久しぶりに雨になりました。

クリニックは今週に入ってとっても平穏。インフルエンザの方はほとんど見かけなくなりましたが、A型とB型が混在しています。年度末が近付いたせいか、健康診断を希望される方が増えました。

28日火曜日は診療終了後ただちに中央林間経由で二子玉川へ。二子玉川の駅に降り立つと暗闇に何やら近未来的光景が広がります。かつてここにあった二子玉川園(遊園地です)の面影は微塵も残っていません。

DSC08699 (2) 

今宵はこの一角の奥、二子玉川エクセルホテル東急へ。

DSC08700 (2) 

動脈硬化をテーマにした第7回SKYカンファレンスに参加して来ました。今回の特別講演は「高齢化社会における慢性腎臓病診療の方向性」。寿命を延ばすことに偏重して来た現代医学の有り様に、一石を投じる興味深い講演を聴かせて頂きました。

講演会のあとは懐かしい面々としばし歓談。会場を出たのは夜10時過ぎでした。早くも弥生3月。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月25日土曜日。晴れ。朝は1℃、日中は9℃。

クリニックは朝早くと昼過ぎに一時混雑しましたが、概して平穏でした。インフルエンザの方はごく僅かになりましたが、花粉症の方がその分多くなりました。

診療終了後はチョッと買い物に出かけてから紹介状や診断書、証明書、意見書などの事務仕事をこなし、夕食はクリニックでコンビニ弁当(肉野菜炒め626kcal)。

DSC08678 

今夜は休日夜間急患診療所の当番でした。勤務時間は夜8時から11時まで。

今夜の受診者数は35人で、この時期にしては平穏。インフルエンザはやはり少数でA型、B型それぞれ3人ずつ。他は全身倦怠感、血圧上昇、頭痛、腹痛、パニック障害など。ほぼ時間通りに終了しました。

鶴間駅に着いてみると21時過ぎに発生した和泉多摩川での人身事故の影響でダイヤが乱れていました。相模大野駅では4番線に停車中のLSEロマンスカー7004F編成(回送)の横を7003F編成(やはり回送)が通過。暗い中での咄嗟の出来事ゆえ写真は撮れず。

DSC08684 DSC08687 

2月26日日曜日。晴れのち曇り。朝は1℃、日中は11℃。

今日は朝から二子玉川へ。話題の映画「ラ・ラ・ランド」を観て来ました。ミュージカル映画を観るのはとっても久しぶり。

DSC08691 (2) 

アカデミー賞大本命の話題作は意外にもクラシカルなラブストーリー。安心して見ていられる反面、ひねりは無いので物足りなく感じる方もいるかも!?。昼は近くのカフェでサンドウィッチ。

DSC08693 (2) 

今日は都心では36000人参加の東京マラソンが開催されました。厳重な警備の中で大過なく終了したそうで何よりでした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は天気が不安定な1週間になりました。先週17日金曜日に“春一番”が吹きましたが、20日月曜日には“春二番”、そして23日木曜日に“春三番”。いずれも前線を伴った低気圧の通過で、そのたびごとに気温が乱高下するので体調管理が大変!?。

クリニックはインフルエンザの方が一気に減って落ち着きを取り戻しましたが、強風の日が多かったので花粉症の方が激増。辛い季節の本格到来。

気候変動が激しいためか、長引くかぜ症状の方や全身倦怠感、息切れ、動悸、胸部不快感などの不定愁訴で来院される方も多くなりました。そして今年度内の肺炎球菌ワクチンの接種、新年度に向けての健康診断を希望する方がちらほら。

写真は通勤途中で見かけた“ミモザ”の花。本来のミモザはマメ科オジギソウ属(学名 Mimosa)の植物の総称だそうですが、マメ科アカシア属の植物の俗称として誤用されて昨今ではこちらを指すことが多くなったそうです。

DSC08633 

前線通過後の寒空のブルーをバックに黄色が鮮やか。

DSC08636 

診療終了後は20日月曜日は大和市地域医療センターで医師会の予算会議、22日水曜日は新しい抗アレルギー薬の発売記念講演会で横浜ベイシェラトンへ。えぇ?、アレルギー性鼻炎??。自分のためです~。そして休診日の木曜日夜は東京の新橋で友人と会食。

下の写真は横浜ベイシェラトンのロビー。

DSC08666 

気付いてみれば短い2月はもう僅か。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月19日日曜日。晴れ。朝は1℃、日中は11℃。日射しは春らしくなりましたが、風が冷たい一日でした。

今日は所用で秋葉原まで。電気街口を出ると未だに見慣れぬ光景。

DSC08640 DSC08641

電気街は相変わらずの混雑でした。外国人観光客もたくさん。

DSC08642

風は冷たいけれど天気が良いので、用事を済ませてから少々周辺を歩くことに。昌平橋から神田川を眺めたのちに外堀通りを南下。

DSC08643

見慣れた総武線が通る鉄橋の正式名は“松住町架道橋”。

DSC08647

形式は複線下路ブレーストリブタイドアーチ(難しい!?)。何と1932年(昭和7年)5月の竣工だそうです。

DSC08650

優美な姿を保ったままいつまでも現役でいて欲しいもの。

DSC08651 

南下して淡路町交差点で靖国通りを九段下方面へ。小川町のスポーツ用品店を覗き、楽器店を冷やかしながら、駿河台下交差点まで来れば三省堂本店。三省堂で医学書を数点購入。さらに周辺の書店で趣味の本などを漁って、三省堂近くの裏路地にあるレトロな喫茶店「ラドリオ」でランチ。

DSC08657 DSC08659

なかなか迫力ある外観なので、初めて入る人は勇気が要るかも!?。でもシャンソンが流れる店内は結構落ち着きます(喫煙可なのがタマにキズ)。

DSC08652 DSC08656 

その後は古書店街へ。

DSC08661

何軒か古書店に立ち寄るもさしたる収穫はなし。

DSC08662 DSC08660 

神保町駅から半蔵門線に乗って帰宅。チョッと疲れましたがこの程度の距離では歩数は伸びず~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月18日土曜日。曇り。朝は4℃、日中は9℃。暖かかった昨日とは打って変わって一気に10℃も低くなりました。

クリニックは昨今の土曜日の中では久しぶりに平穏な一日。インフルエンザの方もポツリポツリになりました。診療終了後は事務仕事を片付けてから新宿へ。丁度良い時間にロマンスカーがあったので町田から久しぶりに乗車。「はこね30号」は7000形LSEでした。

DSC08600

直前に鶴間駅でキップを買ったのですが・・・。

DSC08612 DSC08602

最後部1号車4番の展望席が空いていました。後ろ向きがタマにキズですが、それなりに楽しい~。

DSC08607

でも新宿駅までの所要時間がたった31分では乗り足りません。このあと車内清掃の後、下り17時10分発「はこね43号」として折り返し。土曜日の夕方のためか満席でした。

DSC08621 

ところで新宿のロマンスカーホーム小田原方の壁面には、以前から歴代のロマンスカーが描かれていますが・・・。

DSC08619 

いつの間にやら今年3月1日にデビューするEXEαが書き足されていました。

DSC08620

車内や駅のポスターにも掲げられていて、新車では無い単なるリニューアル車にしては破格の扱い。気合いが入っている様子です。

DSC08639 

さて今宵は京王プラザホテルへ。

DSC08630 

大学同窓会40周年の祝賀会でした。会員数は昨年6月時点で4171名。教授28名、准教授21名、講師73名・・・。全国各地からOBが参集して盛大な会になりました。

DSC08631 

全体の会が終了後は、続いて卒業年次毎の同期会。懐かしい顔ぶれに時の経つのはアッと言う間。お開きは夜10時半でした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週前半は晴れベースでこの時期らしい気温でしたが、後半は気温が上がって2月17日金曜日には最高気温が19℃まで(!)上がりました。気象庁は17日、関東地方に春一番が吹いたと発表。

クリニックは今週に入ってインフルエンザの方がグッと減って落ち着きを取り戻した感じ。替わって花粉症の方が激増。遅ればせながら私自身も内服を開始しましたが、憂鬱な季節の到来です。

14日火曜日の夜は循環器系の講演会でみなとみらいまで。みなとみらいは11日土曜日にも来たばかりですが、なぜか続く時は続きます。15日水曜日の夜はウェブデザイナーのYさんと打ち合わせ。企てていたソフトの更新がままならず再チャレンジすることに。

16日木曜日は休診日でしたので、サッと調布市の神代植物園まで梅を見に行って来ました。いつものようにまずは深大寺そばで腹ごしらえ。

DSC08536 DSC08574

早咲きの梅はもう終わっていましたが、まだまだこれから開花する木も。

DSC08561 

周辺には良い香りが。

DSC08544 DSC08546 

DSC08566 

蝋梅(ロウバイ)やマンサクの花もまだまだ見頃でした。

DSC08551

DSC08555 DSC08553

DSC08552 

花粉症さえ無ければとっても良い季節なのにね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は2月6日月曜日は晴れて朝は5℃、日中は14℃まで上がって春の息吹を感じさせる陽気でしたが、週後半にかけて徐々に気温が降下。左下は2月10日午前3時、右下は2月11日朝の上空5500mの気温。山陰地方を中心に日本海側は記録的な大雪に。2月9日木曜日2月10日金曜日は当地でも一時雪が降りました。

DSC08489 DSC08491

今週もクリニックはやっぱり混雑。それでもインフルエンザはどうやらピークを越えた感じ。感染性胃腸炎はまだ燻ぶっているようです。寒くなったせいか長引く咳の方や血圧が上がって受診される初診の方がちらほら。春に向けての健康診断を希望される方も多くなって来ました。

2月11日土曜日は建国記念日で休診。午後から所用で有楽町へ。予想外に早く用件が済んだので「とらや」に立ち寄って“あんみつ”(ええ~っ!?)。その後、日比谷から明治神宮前経由でみなとみらいへ。

DSC08495 DSC08499

連休のみなとみらいは予想通り混雑していました。

DSC08510 

今夜はこの春で教授職を退官される恩師の先生を囲んでの食事会でした。思えば厳しいけれど部下を暖かい目で見守って下さる最良の上司でした。長きにわたりお世話になりました。深謝~m(_ _)m。

DSC08524

同席した現役医局員の先生方の活躍ぶりにもビックリしながら、時の流れの早さを実感するひとときでした。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2月3日金曜日は節分、2月4日土曜日は立春。晴れ。暦の上ではいよいよ春ですが、両日とも朝は1℃、日中は11℃。

下の写真は通勤途上で撮った4日立春の夜明けです。

DSC08468

クリニックはやっぱりインフルエンザの方がたくさん。かぜ症状でも熱が無く、インフルエンザ迅速診断が陰性あっても、翌日になって熱が出て来て検査が陽性化することはままあること。昨今、臨床症状よりも検査結果が重要視される風潮がありますが、この時期は疑わしければ罰した方が(つまり抗インフルエンザ薬を服用した方が)安全です。タイムリミットは熱が出てから48時間です。

土曜日の診療終了後は所用で横浜へ。横浜駅西口は相変わらず工事中で巨大クレーンの姿が。当初より遅れて2020年のオリンピック開幕前の開業予定だそうです。

DSC08471 DSC08475

2月5日日曜日。晴れのち雨。朝は1℃、日中は8℃。午後から久しぶりにほんの少しだけ雨が降りましたが、カラカラ状態を解消するほどでは無さそう。

本日は朝から所用で外出しておりましたが、日射しが無い分寒々と感じました。

DSC08476

路傍ではスイセンの花が春の訪れを告げておりました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今週は1月30日月曜日は朝は6℃、日中は18℃まで上がって春の陽気になりましたが、1月31日火曜日から2月2日木曜日までは朝は0~2℃、日中は10℃前後でこの時期らしい気温に戻りました。晴れが続いて空気はカラカラ~。

クリニックはまだまだインフルエンザの方が大勢。校医をさせて頂いている学校からも連日学級閉鎖の連絡が入っています。先週末に一時的に気温が上がったせいか花粉症の方が増えました。日本気象協会によれば、今年のスギ花粉飛散開始は例年並み。2月10日~15日ころだそうです。

火曜日の診療終了後は大和市地域医療センターで大和市医師会の入会相談委員会。春から開業される先生と面談させて頂きました。新たな仲間が増えることは嬉しいことです。

下の写真は近所の庭先の梅の花。

DSC08463

紅梅も白梅もそろそろ見頃。

DSC08464

でも例年梅が見頃になるとスギ花粉の季節に突入。私めも近年は条件反射的に梅を見るとトホホの気分に!?。

今週末はもう立春・・・。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月27日金曜日から1月29日日曜日までは晴れベースの天気。連日朝は1℃、日中は12~14℃程度で、しばらく氷点下の朝が続いていたせいか暖かく(?)感じられる日々でした。

クリニックは相変わらずインフルエンザの患者さんがたくさん。金曜日、土曜日はB型インフルエンザの方が1人ずつ。こちらも少しずつ増えて来るのでしょうか。

土曜日は診療終了後に糖尿病関連の講演会出席のために都内芝公園まで。少々早めに着いたので間近で東京タワーを見上げてから会場に入りました。何故か子どもの頃から富士山と東京タワーが見えると嬉しくなる習性が・・・。

DSC08452

29日日曜日は夕方からBunkamuraオーチャードホールへ八神純子のコンサートを聴きに行って参りました。

DSC08459 DSC08461

夕方4時30分からの開演でしたが、力のこもったコンサートで中休み15分を挿んで夜8時を過ぎてもまだ佳境(!?)。こんな時に限って後に約束がつかえていたので、残念ながらアンコールを聴くことなしに退席~(涙)。その後待ち合わせのお店に急行して4人で会食。帰宅は夜10時をまわってから・・・。

何だか気忙しい週末になってしまいました~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

かねてからのパソコンの不調で久しぶりの更新になってしまいました。さすがにもうWindows Vista搭載機は限界でしょうかね~!?。そんな訳で今日はこの1週間を手短に。

1月20日金曜日は大寒でした。小寒から立春までの30日間を“寒の内”と言うそうですが大寒はその真ん中。今年の大寒は発達した低気圧の通過で天気は不安定。大寒らしく北国では大雪、当地でも雪がチラつきました。

DSC08438 

1月21日土曜日は診療終了後に銀座まで出かけて旧知の友人と会食。遅くまで悪だくみ!?。1月22日日曜日の午前中は限界に来ていたパソコン持参で最寄りのPC店へ。午後からは前日に公開されたばかりの遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督のハリウッド映画「沈黙・サイレンス」を見に行って来ました。あまり期待していなかったけど(失礼~)、なかなか秀逸な映画でした。重~いですけど・・・。キャスティングも豪華です。

1月23日月曜日から1月26日木曜日までは朝は連日の氷点下。クリニックはインフルエンザが更に増えて来ましたが、感染性胃腸炎は減少傾向。それでも概して見れば例年より平穏な日々です。

DSC06472 DSC02321 

日も長くなって来て、通勤途中の電車の中から日の出が拝めるようになりました。梅の開花の便りも(ただし今年はまだ観梅の機会は無くて写真は昨年のものです)。春遠からじ~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月11日水曜日から1月15日日曜日にかけては晴れベースの天気が続きましたが、今季最大の寒波の襲来で厳しい寒さとなりました。当地でも今朝は氷点下に~。

下は土曜日の衛星画像と天気図。いや~、見るからに寒そうです。北国では雪が降り続き、14日、15日のセンター試験に影響が出たところも・・・。

DSC08422 DSC08424

週後半のクリニックは、やはりかぜ症状の方々が多くて連日混雑気味。それでもインフルエンザは恐れていたほどには増加せず、例年に比べればまだ平穏な方かもしれません。

13日金曜日の診療終了後は「公益法人大和市医師会」の新年会に参加するため小田急ホテルセンチュリー相模大野へ。医師会の内輪だけの忘年会に対して新年会は対外的公式行事。市長さんや国会議員の先生、市役所、消防、警察、市立病院、県医師会や近隣医師会、歯科医師会、薬剤師会等々、大勢の方々にご参加頂きます。

DSC08420

普段あまりお会いする機会の無い他科の先生にもお目にかかることが出来る貴重な機会ですので、毎年可能な限り参加するように心掛けておりますが、最近は“立食”が辛くなって来ました~。

新年会が終わるとやっと“日常”に戻った感じに。でも気付けば1月も既に半分経過。この分では今年もアッと言う間に1年が終わってしまいそうです!?。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月8日日曜日の午後から1月9日月曜日成人の日の午前にかけては、発達した低気圧の通過に伴って荒れ模様になりました。成人の日はいつも天気が悪いような??。雨の中でも街中では晴着姿の新成人の姿が散見されました。

この週末、私はといえば土曜日の講演会参加に始まって、日曜日、月曜日は家での雑用や買物、会食、映画観賞などなど、結構動き回っていました。ジッとはしていられない損な性格でして・・・。

映画は遅ればせながら「君の名は」を観て参りました。噂に違わぬ素晴らしい映画でした。アニメアレルギー気味の方でも大丈夫!?。上映館が減ったせいもあるのでしょうが、いまだに館内満席でビックリ~。

下の写真は随所にまだ残っていた正月飾りやポスター。

DSC08352 DSC08378 

松の内は7日まで、鏡開きは11日。

DSC08087 DSC08118 

これらの正月飾りやポスターもこの連休までで撤収される運命!?。

DSC08353 DSC08354 

もうそろそろ正月気分とも訣別しないとね~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1月6日金曜日1月7日土曜日はスッキリした冬晴れになりましたが、朝は0~1℃、日中は7~10℃とこの時期らしい寒さになりました。

年明けのクリニックは、案の定それなりに混雑したものの、それでも例年よりは平穏なスタートでした。インフルエンザの方は更に増えて来ましたが、ピークはもうしばらく先になりそうです。長引く咳の方は多くて、肺炎の方もチラホラ。土曜日の診療終了後は、新年早々にも拘わらず都内で開催された感染症関連の講演会に参加させて頂きました。

さて今日は先日の金沢行きの続きを。三が日を金沢で過ごして1月4日の帰宅前に主計町(かずえまち)茶屋街あたりを歩いて来ました。ここは浅野川沿いの昔ながらの料亭や茶屋が立ち並ぶエリア。浅野川大橋を挟んで対角にある有名な東山ひがし茶屋街に比べるととっても静か。小雨交じりの天気で、かつ朝10時前とあって人影疎らでした。

DSC08308

その中の1件町家カフェ「土家」で小休止。建物は大正2年に建てられた茶屋を修復した市指定伝統建築物。

DSC08309