医療法人 恒和会 宗内科・循環器科:神奈川県大和市鶴間にある循環器専門医による内科、循環器科クリニック tel:046-293-7774 fax:046-262-4445 E-mail: naika@yamatoclinicmall.com

予約はこちら!!

新型コロナウイルスに関する最新の情報はこちらをご参照ください

宗内科・循環器科 ホーム > 院長ブログ

« 前 | メイン | 次 »

カッパドキア

8月26日金曜日。晴れのち雨。朝の空は薄い雲が広がって何だか秋の様でしたが、午後3時頃には暗雲が立ちこめ夕方から凄まじい豪雨に!。

今日のクリニックは、朝のうちは混雑気味でしたがその後は比較的平穏。ほぼ予約時間通りに診療が進みました。

夕方以降の患者さんは一様にズブ濡れ。皆さん、風邪をひきません様に~。帰りの電車は大雨の影響でダイヤが乱れていました。

さて先日も書きましたように、今年の夏はトルコまで遠征して来ました。今日はその続きを・・・。

初日イスタンブールで1泊したのち、朝7時20分のトルコ航空でカイセリという街へ。約1時間25分のフライトです。地図上ではちょうどトルコの真ん中あたり。

朝のイスタンブールの国内線ターミナルはびっくりするほどの混雑。早朝からたくさんの飛行機が発着しています。

IMG_1683

トルコ航空は短時間の国内線でも機内食が出ます。離陸から着陸まであまり時間が無いので忙しい~。機種はボーイング737-800。

IMG_1686 IMG_1690 

トルコ語は基本はアルファベット(一部でヒゲが付いていますが)の様ですが、内容は全く判りません~。

IMG_1691

カイセリ空港から陸路カッパドキア地方へ。「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」は世界遺産に登録されています。 

カッパドキアは、キノコや煙突のような形の奇岩が林立する石灰岩の台地。長年の侵食で出来た不思議な風景が拡がっています。

IMG_1701 IMG_1705 

その昔、ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教修道士たちが、この地にに移り住み、柔らかい岩をくり抜いて住居や教会を作りました。

キリスト教徒たちはイスラム勢力の脅威から身を守るために、地下都市を造りました。

IMG_1723

1965年に発見された地下都市は、地下8階、深さ65メートルに及ぶ巨大なもので、まさにアリの巣状です。通路は狭くて大きな人は入れません~。

IMG_1721 IMG_1720 

下の写真の左側に見える山は、山をくり抜いて造ったウチヒサルの城塞。

IMG_1733 IMG_1730-1

同じくオルタヒサルの城塞。右側の塔はイスラム教のモスクです。

IMG_1741 

以下はこのギョレメ国立公園内の奇岩が織りなす風景。

IMG_1767 IMG_1768

他では見かけない独特の光景です。

IMG_1775

白い石灰岩が、レフ板の効果をもたらして暑いです~。

IMG_1808

観光客はやはり距離的に近いヨーロッパ人が最も多い様ですが、韓国、中国、日本などの東洋人の姿も多数。

IMG_1813 IMG_1837

その夜は、洞窟を利用したホテルに宿泊。下の写真は赤く染まった夕景。

IMG_1893

下は洞窟ホテルの外観と内部。

IMG_1898 IMG_1860-1 IMG_1861-1

さて翌朝、早朝に外を見るとなんと無数の気球が宙を舞っていました!!。

IMG_1929

ここは世界でも有数の気球フライトのポイント。無風の早朝のみに見られる光景です。

IMG_1936

乗ってはみたい気もしましたが、元来高所恐怖症のため、どう考えても自分には無理~。

IMG_1941 IMG_1947 IMG_1951 IMG_1972 IMG_1942

上から見るとさぞや眺めが良いでしょうが・・・。

IMG_1969 

続きはまた後日~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: カッパドキア

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yamatoclinicmall.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1365

コメントする

詳細 パソコン画面表示 スマートフォン画面表示