医療法人 恒和会 宗内科・循環器科:神奈川県大和市鶴間にある循環器専門医による内科、循環器科クリニック tel:046-293-7774 fax:046-262-4445 E-mail: naika@yamatoclinicmall.com

予約はこちら!!

冬季休診は12月28日(金)午後から1月4日(金)までです。
ご迷惑をお掛けしますがご了承下さい。

 
宗内科・循環器科 ホーム > 院長ブログ

« 前 | メイン | 次 »

沖縄逃亡記その1

さて例年この時期は大和市特定健診・長寿健診の終了間際で超多忙。連日平日は朝7時過ぎから夜9時頃まで仕事に追いまくられます。そんな訳で敬老の日の連休は現実逃避の旅へ。沖縄で呆けて参りました~。

数日前まで台風22号の接近で“あわや”という状況でしたが、南寄りの進路を辿ったため何とか逃亡が実現。9月15日土曜日は午後2時過ぎに診療を終えてから羽田空港へ向かいました。17時10分発のANA1097便、ボーイング777-200で那覇へ。

DSC09193 (2) 

羽田空港混雑のために那覇到着がやや遅れたものの、夜8時半前にはもう那覇国際通りのライブハウスで沖縄料理の夕食にありついておりました。

DSC09198 (2) DSC09197 (2) 

9月16日日曜日は朝から那覇空港へ。市内は本日をもって引退する安室奈美恵のポスターだらけ。

DSC09212 (3) 

DSC09208 (2) DSC09216 (2) 

あちこちから聞こえて来るラジオや店舗のBGM・・・。

DSC09217 (2) 

はては空港まで乗った“ゆいレール”の駅構内でも安室奈美恵の楽曲がかかっておりました。

DSC09219 (2) DSC09220 (2) 

DSC09221 (2) DSC09222 (2) 

そして空港内にももちろん。

DSC09231 (2) 

あっ、私は“アムラー”ではありませんので念のため~!?。

DSC09226 (2) 

那覇空港9時25分発のANA1763便、ボーイング737-500で石垣空港へ。

DSC09229 (2) DSC09232 (2) 

離陸直後から眼下にエメラルドグリーンの海が。

DSC09240 (2) DSC09243 (2) 

途中、宮古島上空を通過。

DSC09246 (2)

DSC09248 (2) 

宮古島から橋が架かる小さな島は来間島でしょうか。

DSC09254 (2) 

さらにしばらくすると多良間島。

DSC09256 (2) 

そして石垣島が見えて来ました。

DSC09261 (2) 

那覇空港混雑で離陸が遅れたため、定刻の10時20分よりやや遅れて着陸。

DSC09264 (2) 

石垣空港は2013年3月から供用開始となった新空港。私が6年前に来た時とは違う場所になっていました。

DSC09267 (2) 

まずは街へ出て「あらかわ食堂」の“牛そば”で腹ごしらえ。その後、石垣島で一番の観光地である川平湾へ向かいました。

DSC09270 (2) DSC09313 (2) 

残念ながら、雲が多かったため海の青さは“もう一歩”といったところでした。

DSC09317 (2) 

気温は30℃チョッとで渡る風は爽やか。

DSC09318 (2) 

お決まりのグラスボートで海底の珊瑚も眺めてから、石垣港へ戻りました。

DSC09311 (2) 

石垣港から13時30分の高速船で竹富島へ。竹富島までは所要15分。ほぼ30分毎に出ています。

DSC09334 (2) 

島内はレンタサイクルで移動。

DSC09341 (2) 

下は郵便局。公共施設と言えども赤瓦にシーサーは欠かせません。

DSC09343 (2) 

石積みの塀に白い道・・・。この光景に遭いたくて実は今回で5回目の訪問!?。

DSC09348 (2) 

現在人口は350人ほど。

DSC09350 (2) 

地元の方にはあまり遭遇しませんが、観光客と観光用の水牛車にはよく出会います。

DSC09352 (2) 

赤瓦の屋根上にシーサーを据えるのは魔除けのため。

DSC09356 (2) 

同じものは2つと無くて、それぞれとっても個性的。

DSC09388 (2) DSC09344 (2) DSC09342 (2) 

DSC09571 (2) DSC09573 (2) 

DSC09554 (2) DSC09596 (2) 

さて集落を抜けて西側のコンドイ浜へ。木のトンネルを抜けると・・・。

DSC09382 (2) 

白砂のビーチが眼前に!。

DSC09364 (2) 

でも陽射しが白砂に反射してとっても暑い~。

DSC09365 (2)

白い砂の正体は珊瑚や貝の破片。

DSC09379 (2)

波は静かで遠浅なので絶好の海水浴場ですが、泳いでいる方は少なめでした。

DSC09367 (3) 

一旦チェックインして小休止の後、夕陽を見に再度西桟橋へ。日の入りは18時30分ころ。

DSC09432 (2) 

残念ながら雲が多くて海に沈む夕日を眺めることは叶いませんでしたが・・・。

DSC09431 (2) 

刻々と変わる空と海の色を堪能することが出来ました。

DSC09458 (2) 

日が暮れれば満天の星!。久空振りに星空を眺めました。

長くなって来たので続きはまた後日に~。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 沖縄逃亡記その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yamatoclinicmall.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3236

コメントする

詳細 パソコン画面表示 スマートフォン画面表示