医療法人 恒和会 宗内科・循環器科:神奈川県大和市鶴間にある循環器専門医による内科、循環器科クリニック tel:046-293-7774 fax:046-262-4445 E-mail: naika@yamatoclinicmall.com

予約はこちら!!

冬季休診は12月28日(土)午後から1月5日(日)までです。
ご迷惑をお掛けしますがご了承下さい。

 
宗内科・循環器科 ホーム > 院長ブログ

« 前 | メイン | 次 »

アイランドホッピング最終章

さて今日はだいぶ古いネタになってしまいましたが、1月14日成人の日の最終回を。

アイランドホッピング2日目の午後は、まず沖縄那覇12時50分発のRAC0853便で奄美大島へ。

DSC02312 (2) 

ここから飛行機が変わってDHC8-Q400CCで50人乗りのプロペラ機。

DSC02315 (2) 

開発はカナダのデ・ハビランド・カナダ社、その後会社の売却、再編により製造はボンバルディア・エアロスペース社。RACでは2016年2月に導入開始されたそうです。

DSC02319 (2) DSC02321 (2) 

プロペラは効率の良い6枚ブレード。

DSC02322 (2) 

DSC02323 (2) DSC02327 (2) 

室内は狭いけれど足回りにはゆとりがありました。

DSC02330 (2) 

またもや座席はエンジンの横。プロペラが頑張って回転しているところや車輪が格納される様子が目の前で。

DSC02328 (2) DSC02331 (2) 

上空へ上がってしばらくすると、雲が少なくなって青い珊瑚礁が眼下に見えました。

DSC02332 (2) 

機内では本日初めての飲み物サービスも。

DSC02342 (2) 

飛行時間はたったの50分。車輪が出て来て着陸~。

DSC02371 (2) DSC02372 (2) 

奄美大島着は予定の13時50分より10分ほど早着でした。

DSC02375 (2) 

晴れて朝より気温は上がって19℃になっていました。

DSC02378 (2) 

さて次の喜界島行きは15時25分発。ここで今回のホッピングで最長の1時間35分の乗り継ぎ時間が!。

DSC02381 (2) 

この時間を有効に使わないと・・・と言うことで、近くの“あやまる岬”まで足を延ばして来ました。

DSC02382 (2) 

DSC02385 (2) DSC02387 (2) 

既に陽射しは弱まっていて海の青さはもう一つでしたが・・・。

DSC02389 (2) 

それでも十分に美しい海。

DSC02391 (2) 

上空から見るのと違って潮風を体感出来ました。

DSC02393 (2) 

さらにその先の笠利埼灯台へ。

DSC02396 (2) 

海岸から見上げるとはるか高い場所に灯台が見えました。

DSC02410 (2) 

タイムリミットが迫る中、坂道をぜーぜーしながら小走りで上がると・・・。

DSC02408 (3) DSC02397 (2) 

灯台の建物は何の変哲もないもの。

DSC02407 (2) 

でもそこからの眺望は絶景でした。

DSC02400 (2) 

ここで小休止する間も無く・・・。

DSC02401 (2) 

来た道を海岸まで速足で下りて空港へ。今度は奄美大島15時25分発のJAC3835便で喜界島へ。

DSC02411 (2) 

機種は今回初登場のSAAB340B。

DSC02415 (2) 

JALグループ最小の36人乗りのプロペラ機です。

DSC02417 (2) 

DSC02419 (2) DSC02421 (2) 

座席配置は右2列、左1列。満席でした。

DSC02423 (2) 

プロペラ機らしいやや高めのエンジン音で離陸、上昇。

DSC02429 (2) 

・・・したと思ったら、ベルト着用サインが消える事無く着陸態勢に。それもそのはず喜界島までは所要20分ですが、実際には離陸後10分で着陸。CAの方が離陸時に座ったきり着陸までそのままという飛行機には今回初めて乗りました。

DSC02431 (2) 

15時45分着。曇りで19℃でした。

DSC02433 (2) 

今回の2日間のホッピングツアーではここが唯一の出番だったSAAB340Bは人気者。老若男女、多くの方がカメラを向けていました。

DSC02435 (2) 

DSC02436 (2) DSC02438 (2) 

空港ターミナルは今回最小。

DSC02439 (2) 

DSC02442 (2) 

さて次の鹿児島行きは17時00分発なので、ここでも1時間15分ほどの乗り継ぎ時間が!。

DSC02444 (2) 

・・・ということで、ここでも急いで島の展望台へ上がってみました。

DSC02447 (2) 

上がってみれば意外に高低の大きな島なのでした。

DSC02454 (2) 

綺麗に区画されたサトウキビ畑が広がっていました。

DSC02457 (2) 

最高地点からは太平洋が一望のもと。

DSC02459 (2) 

DSC02460 (2) 

さて急いで空港へ戻って手荷物検査を受け、小さな出発ロビーに入ると直ぐに搭乗が始まりました。

DSC02465 (2) 

今度は喜界島17時00分発JAC3784便で鹿児島へ。

DSC02468 (2) 

機種は今回最もお世話になってお馴染みになったATR42-600。

DSC02470 (2) 

離陸すると眼下にはサトウキビ畑。

DSC02485 (2) 

そして空港とは対角線上にある太平洋に面した港が。

DSC02491 (2) 

屋久島上空を過ぎたところで日没。

DSC02498 (2) 

下の写真は屋久島。さすがに鬱蒼とした大きな島です。

DSC02499 (2) 

街の明かりが灯る鹿児島市内を眼下に見ながら鹿児島空港には18時05分に着陸。天候は晴れ、気温は14℃でした。そして今回最後のフライトは鹿児島18時40分発 JAL0652便東京行き。

DSC02515 (2) 

機種はボーイング767-300。261人乗り。

DSC02517 (2) 

普段乗り慣れたサイズの飛行機がやたら巨大に見えました。羽田着20時10分着。羽田は曇りで8℃でした。

DSC02531 (2) 

今回2日間乗り詰めで計14フライトをこなしましたが、意外に、体力的にも精神的にもまだまだ行けそうな感じ(!?)なのでした。もちろん“強がり”ではありません。また次のフライトを考えます~。完。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アイランドホッピング最終章

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yamatoclinicmall.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3289

コメントする

詳細 パソコン画面表示 スマートフォン画面表示